たった今、知ったのだが、今夜10時30分からNHKFMで「ラジオ歌舞伎 胸キュンナイト」が放送される。
これは、以前、歌舞伎俳優の中村壱太郎がパーソナリティをつとめていた、やはりNHKFMの番組「邦楽ジョッキー」で、壱太郎自身が企画し、台本を書き、音楽の選曲まで担当して制作した「歌舞伎予告編」を、あらためてラジオドラマ風にリメイクして何本か放送する、というものらしい。

出演は、中村壱太郎はもちろん、声優の古谷徹と三石琴乃という
実力派ふたり。このキャスティングに関係者の、この番組にかける期待と意欲が伝わってくる。
関係者の中には、そもそもの企画立案者である中村壱太郎も含まれる。
当ブログでは、昨年の4月25日に「『歌舞伎予告編』で披露した壱太郎の創造力」と題して、その短い「予告編」の面白さを紹介したが、残念ながら実際の音声を聞いてもらうことはできなかった。

その傑作ぞろいの作品を、まとめて、しかも人気、実力文句なしのベテラン声優の応援を得てラジオドラマとして聴けるというのだから、これは聞き逃せない。

「邦楽ジョッキー」のなかで壱太郎が言っていたが、この企画の発想は、
映画に予告編があるように、歌舞伎にも予告編があってもいいではないか、
というところから始まり、ラジオ番組で放送するのだから音だけで作る、
それはBGMや効果音まで凝って、ときにはクラシック音楽まで使い、
予告編のナレーターは、当然、壱太郎が担当、歌舞伎ファンにはよく知られた演目、「俊寛」「加々見山旧錦絵」「一本刀土俵入り」の予告編を、昨年の番組で放送した。

その日のゲストの市川染五郎が、心の底から感心したといった様子で、
「いやあ面白いですねぇ。ほんとにおかしい人です、あなたは」
「いやあ見たいねぇ、見たくなるねえ、この予告編を聴いていると」
「これ、なんか展開したいねぇ、展開できないかなあ」
「いやあアカデミー賞だね、これ。面白いねぇ、スゴイですねぇ」
と、1本聴くごとにもらした感想を並べてみても、
この「歌舞伎予告編」の面白さが伝わってくる。

今夜の番組では「与話情浮名横櫛」「番町皿屋敷」などの演目が
ラジオドラマ風「予告編」として放送されるらしい。

ひとつ気がかりなのは、昨年の「邦楽ジョッキー」では数分間の
「予告編」として制作したものだったが、今夜、それがもう少し長めの
「ミニラジオドラマ」になっているのか、あるいは、そのときと同じ、
あくまでも「予告編」のテイストを前面に出し、そのなかの芝居部分を
ゲストふたりが演じているのか、どちらだろうかという点だ。

あのときの、映画館で近日公開の新作映画の予告編を見るときのような
「歌舞伎、面白そうじゃん、行ってみようかな」と思ってしまう、
ちょっとした興奮と感動を味わえる番組であることを期待しよう。

三石琴乃と古谷徹が演じる「お富与三郎」が聴けるかもしれない。
歌舞伎ファンにとっても、アニメファンにとっても楽しみだろう。


昨年4月25日の当ブログ
http://ohsei.today/archives/28297033.html

クリックお願いします。⇓
 
人気ブログランキングへ