2017年に日本を訪れた外国人観光客は推計で約2,867万人だそうである。
この3年間、年400万人増加のペースで増えているということなので、
政府が言っている、2020年東京五輪の年に4,000万人という目標数値は、
当初、この数字が発表されたときは「夢のようなことを言っているな」と
思ったものだが、こうなると達成可能なものになってきた。

先日、ラジオを聴いていたら、「私が今年、チャレンジしてみたいこと」というテーマに対し、
60代の女性からの「英会話の勉強をしてみたい」という投稿が読まれていた。
勉強をしたい理由は、2年後のオリンピックで日本を訪れる外国人も増えるだろうから、
街で見かけた外国からの観光客が地図を見て、考えているような場面に出会ったら、
積極的に声をかけられるようになりたいからだという。

このふたつのことから、「時代は変わった」と思わされる、あることが浮かんだ。
それは、私たちが若いころ、「英会話を学ぶ」のは、外国に行って仕事がしたい、
あるいは、そういう仕事ができる会社に就職するのに有利だから、ということや、
学生時代に一年間ぐらい海外に留学する準備として、
英会話の教室に通うというケース、つまり、多くの場合、「外国に行くために」というのが
理由だったのではないかと思う。

しかし今は、「日本で外国人と話すために」英会話を勉強するという人が増えているのではないか。
外国人が日本にやってくる。
年間3,000万人近い人が、日本の観光地を訪れたり、文化に触れたり、ショッピングを
楽しむために、私たちの国にやってきている。

今年は「明治維新150年」という記念の年らしいが、
その維新から10数年前、浦賀沖にペリーさんが黒船でやってきてから以降、
「外国」は日本人にとってあこがれであり、いつも「目指す」ところ、「出かけて行く」ところだった。
それから160年あまりの歳月を経て、世界中の人にとって、日本が「出かけて行く」ところになった。
ペリーさんも感慨深いものがあるのではないだろうか。

続きを読む