ちょっと待って、ラ・テ

オジサンのこころに響いた番組の、あの場面、あの言葉、あの人の表情。 毎日、放送される多くのラジオ、テレビ番組の中から、選りすぐって取りあげ、 聞いていない人、見ていない人が自分のなかで再生して、その番組の感動や楽しさを味わうことができる、そんなことの役にたてればと思います。 ついつい流される日々のなかで、ちょっと立ち止まって、日常を一歩離れて、考えてみるためのラジオ、テレビ。だから「ちょっと待って、ラ・テ」。

カテゴリ: ラジオ

たった今、知ったのだが、今夜10時30分からNHKFMで「ラジオ歌舞伎 胸キュンナイト」が放送される。
これは、以前、歌舞伎俳優の中村壱太郎がパーソナリティをつとめていた、やはりNHKFMの番組「邦楽ジョッキー」で、壱太郎自身が企画し、台本を書き、音楽の選曲まで担当して制作した「歌舞伎予告編」を、あらためてラジオドラマ風にリメイクして何本か放送する、というものらしい。

出演は、中村壱太郎はもちろん、声優の古谷徹と三石琴乃という
実力派ふたり。このキャスティングに関係者の、この番組にかける期待と意欲が伝わってくる。
関係者の中には、そもそもの企画立案者である中村壱太郎も含まれる。
当ブログでは、昨年の4月25日に「『歌舞伎予告編』で披露した壱太郎の創造力」と題して、その短い「予告編」の面白さを紹介したが、残念ながら実際の音声を聞いてもらうことはできなかった。

その傑作ぞろいの作品を、まとめて、しかも人気、実力文句なしのベテラン声優の応援を得てラジオドラマとして聴けるというのだから、これは聞き逃せない。

「邦楽ジョッキー」のなかで壱太郎が言っていたが、この企画の発想は、
映画に予告編があるように、歌舞伎にも予告編があってもいいではないか、
というところから始まり、ラジオ番組で放送するのだから音だけで作る、
それはBGMや効果音まで凝って、ときにはクラシック音楽まで使い、
予告編のナレーターは、当然、壱太郎が担当、歌舞伎ファンにはよく知られた演目、「俊寛」「加々見山旧錦絵」「一本刀土俵入り」の予告編を、昨年の番組で放送した。

その日のゲストの市川染五郎が、心の底から感心したといった様子で、
「いやあ面白いですねぇ。ほんとにおかしい人です、あなたは」
「いやあ見たいねぇ、見たくなるねえ、この予告編を聴いていると」
「これ、なんか展開したいねぇ、展開できないかなあ」
「いやあアカデミー賞だね、これ。面白いねぇ、スゴイですねぇ」
と、1本聴くごとにもらした感想を並べてみても、
この「歌舞伎予告編」の面白さが伝わってくる。

続きを読む

「週刊文春爆弾」は、芸能界、政界、プロ野球界と広い分野で炸裂し、その威力の
すごさは、これまで週刊誌によって暴かれた数々のスキャンダルとは
比べものにならない破壊力を見せている。

その週刊文春の標的になったのが、ショーンK氏。
学歴、経歴を詐称していたことを文春がスクープして、本人も認め、
すべてのラジオ、テレビ番組の出演を取りやめ、4月スタートの予定だった、
フジテレビの「ユアタイム ~あなたの時間~」の司会も辞退、ということになった。

「報道ステーション」のコメンテーターも週刊文春発売の日、
16日の夜の放送に出演せず、古舘氏から、今後の出演取りやめが発表されたらしい。
私は、ショーンK氏の番組はJ-WAVEしか知らず、いつだったか、
たまたま報道ステーションを見たら、ショーン氏が出ていたので、
あれ、いよいよテレビに出てきたんだ、と思ったのだが、
そのときのショーン氏の印象は、ラジオとは少し違っていた。

何か、かしこまっているというイメージがあり、そのときの話題がそうだったからか、
表情も暗く、深刻な話ぶりで、あとで思ったのは、雰囲気が姜尚中氏に似ている、
ということだった

J-WAVEでのショーン氏は、長いこと「MAKE IT 21」という番組のナビゲーターを
つとめてきた。この番組は15年以上つづいているが、時間は多少変わろうと、
土曜の夜であることはずっと変わらず、スポンサーが替わることはあっても、
ナビゲーターは常にショーン氏だった。

土曜の夜のラジオといえば、「MAKE IT 21」。
そこでのショーンKは、くったくのない明るいキャラクターで、チラッと見ただけだが、
テレビの真剣な表情とは違った、ベンチャー企業の若いトップがゲストのときなど、
そのビジネスの成功を心から願っているということが伝わってくる、誠実な応対で、
ユーモアも交え、いつ聞いてもイヤミのない、あきることのないトークを展開していた。

あす19日、土曜日の番組は、すでに休止が発表されているが、J-WAVEは番組の
ホームページで、当日の代替番組の冒頭で、「MAKE IT 21」について説明すると言っている。
どのような説明になるか待つしかないが、そのホームページのコメント欄には
番組ファンからの声が多数寄せられている。

以下、いくつか紹介する。
続きを読む

よく、「ラジオは映像がないぶん、想像力を働かせて聞くから、そこがいい」
というようなことを言う人がいるが、
ふだん、結構ラジオを聞いているほうだと思う私は、そんな面倒なことをしていない。
「へえぇ」という話、笑っちゃう話、しみじみと心に沁みてくる話、そういうものが
聞けて楽しいから聞いているのだ。

しかし、今回、取り上げるNHK FM「夜のプレイリスト」を聞いて、思わず想像してしまった。
何を想像したかというと、秋吉久美子の高校生時代である。
この番組は、月曜から金曜の毎日深夜0時から1時間、
1週間を通してひとりの出演者が、自分が好きなミュージシャンのアルバムを、
毎夜1枚ずつ、5日間で5枚紹介しながら、その音楽や、自分との関わり、エピソードなどを話す、という番組だ。

2月1日からの週は、女優の秋吉久美子が担当で、自らの若き時代に
大好きだった音楽を語り、その中で、高校生活の日々を話した。
これが、オジサン世代にはちょっとたまらんトークであった。

2日火曜日に彼女がピックアップしたのは、レッドツェッペリンの3枚目のアルバム「Ⅲ」。
番組冒頭、「今晩は、秋吉久美子です」という最初の声が、そのトーンが、
ピタッと深夜という時間にはまっていて、この人は、それが分かっていて、この発声を
しているのではないかと思うくらい、スーッとこちらの胸に入って来た。

その時点で、これはいい番組だ、と私の中の何かが勝手に決めつけて、
その予想は裏切られることなく、冬の夜のひととき、気持ちのいいノスタルジーに
浸れたし、翌日も、その翌日も、寝てしまった場合の保険として録音予約をして、
しかしちゃんと起きていて、いろいろな感慨にふけったり、昔見た映画のことを思いだしたりしながら、70年代の空気に包まれたのだ。

さて、最初の挨拶のあと、今夜紹介するアルバムについての簡単な説明があり、
このへんは、台本を読んでいるというのが分かるという話し方だったが、
そのアルバムが発売されたのが1970年、というあたりから、
フリートークで、あの、彼女独特の、舌足らずというか、「秋吉調」といってもいい
不思議な魅力の話術が展開され始める。
続きを読む


これは、「吉幾三×ももクロ」画期的なコラボを生んだラジオ番組、の続きです。
 そちらを先に読むことをお勧めします。


番組は、そのあと、吉幾三の歌手デビューは実はアイドルだった!という話題のあと、
「吉幾三の演歌人生交友録」ということで、千昌夫との出会いの物語が語られる。
その内容は、

「俺はぜったい!プレスリー」が売れはじめ巷に流れているころ、
吉幾三は「覆面歌手」だった。
テレビ、ラジオに一切出ていなかった。 本人いわく、
東京の下町のコーヒーショップで、コーヒーをいれていた。
そういうところへ、千昌夫が、吉幾三という男にどうしても会いたいと
言っているという話がくる。
千昌夫からは、それまで事務所に何度か電話がかかってきていた。
吉は出かけて行き、千昌夫と初めて会う。

当時、千は歌手活動は休止した状態で、実業家としてのほうが話題になっていた。
一方、吉は、このまま歌手として活動していくか否か、中途半端なところにいた。
ふたりは当然、一杯やりながら、いろいろな話をした。

その日をきっかけに会うようになったあるとき、千が吉に言った。
「きみの『津軽平野』という歌をおれに歌わせろ。
 きみは『俺ら東京さ行ぐだ』を出せ、ぜったい売れるから」

その結果がどうだったか、説明の必要もないだろう。
ももクロのひとりが「それまで、お友達だったんですか」と聞いたのに対し、
吉は、「おともだちっていうより、向こうはただの金持ち、ぼくは、
行き場のない歌手だった」

その行き場のない歌手を、引っぱり上げてくれたのが千昌夫だった。


 番組は、いよいよ大詰めに近づいて行く。続きを読む

元日の夜7時20分、NHKラジオ第一で放送された
「吉幾三とももクロの新春歌バトル!~演歌にあらずんばウタニアラズ!~」は、
この番組を企画した関係者も予想しなかっただろう、思わぬ副産物を生みだした。

20才前後の年令のももクロのメンバーが、自分たちにとって未知の世界、
「演歌」について、様々な角度から学んで行こう、というのが、番組の趣旨で、
そのための講師、先生を、「演歌の大御所」(と番組では言っていた)
吉幾三にお願いする、ということだから、タイトルの「歌バトル」は完全に
その番組の内容から外れている。

あいだに定時のニュースなどが入りながらの約1時間30分、
初対面だという吉幾三とももクロメンバーが、最初は手探り状態で、
やがて少しずつ、お互いの理解が深まり、結果として「大御所」吉幾三からの
意外な、そして素敵なプレゼントがももクロに送られるという、
昼間の松方弘樹に続いて、またしてもNHKラジオに、いいものを聞かせて
もらった。

番組は、お互いの紹介もかねて、それぞれの歌を1曲聞いた。
吉幾三は「津軽平野」。
曲のあと、出稼ぎについて吉がわかりやすく説明し、ももクロ側が、演歌には
「酒」がよく出てくると言ったことから、酒を飲むということ、年令よって飲み方も
変わっていく、という話を吉が始めた。
「あなたたちだって、ある程度トシいってお酒飲んで、お姉ちゃんどうしてるかな、
 弟どうしてるかな、帰りたいな、帰れるような仕事だったらいいけど、
 ぼくら帰れないじゃない」
そこで、ももクロのひとりが、
「でも私たち、今まだ全員、実家ぐらしなんで」
「実家?」と聞き返した吉幾三が、それまでのやさしい話し方から一転、激怒した。
「一人前になれ! 何やってんだ、あんたら」

続きを読む

このページのトップヘ