ちょっと待って、ラ・テ

オジサンのこころに響いた番組の、あの場面、あの言葉、あの人の表情。 毎日、放送される多くのラジオ、テレビ番組の中から、選りすぐって取りあげ、 聞いていない人、見ていない人が自分のなかで再生して、その番組の感動や楽しさを味わうことができる、そんなことの役にたてればと思います。 ついつい流される日々のなかで、ちょっと立ち止まって、日常を一歩離れて、考えてみるためのラジオ、テレビ。だから「ちょっと待って、ラ・テ」。

カテゴリ: 歌舞伎

たった今、知ったのだが、今夜10時30分からNHKFMで「ラジオ歌舞伎 胸キュンナイト」が放送される。
これは、以前、歌舞伎俳優の中村壱太郎がパーソナリティをつとめていた、やはりNHKFMの番組「邦楽ジョッキー」で、壱太郎自身が企画し、台本を書き、音楽の選曲まで担当して制作した「歌舞伎予告編」を、あらためてラジオドラマ風にリメイクして何本か放送する、というものらしい。

出演は、中村壱太郎はもちろん、声優の古谷徹と三石琴乃という
実力派ふたり。このキャスティングに関係者の、この番組にかける期待と意欲が伝わってくる。
関係者の中には、そもそもの企画立案者である中村壱太郎も含まれる。
当ブログでは、昨年の4月25日に「『歌舞伎予告編』で披露した壱太郎の創造力」と題して、その短い「予告編」の面白さを紹介したが、残念ながら実際の音声を聞いてもらうことはできなかった。

その傑作ぞろいの作品を、まとめて、しかも人気、実力文句なしのベテラン声優の応援を得てラジオドラマとして聴けるというのだから、これは聞き逃せない。

「邦楽ジョッキー」のなかで壱太郎が言っていたが、この企画の発想は、
映画に予告編があるように、歌舞伎にも予告編があってもいいではないか、
というところから始まり、ラジオ番組で放送するのだから音だけで作る、
それはBGMや効果音まで凝って、ときにはクラシック音楽まで使い、
予告編のナレーターは、当然、壱太郎が担当、歌舞伎ファンにはよく知られた演目、「俊寛」「加々見山旧錦絵」「一本刀土俵入り」の予告編を、昨年の番組で放送した。

その日のゲストの市川染五郎が、心の底から感心したといった様子で、
「いやあ面白いですねぇ。ほんとにおかしい人です、あなたは」
「いやあ見たいねぇ、見たくなるねえ、この予告編を聴いていると」
「これ、なんか展開したいねぇ、展開できないかなあ」
「いやあアカデミー賞だね、これ。面白いねぇ、スゴイですねぇ」
と、1本聴くごとにもらした感想を並べてみても、
この「歌舞伎予告編」の面白さが伝わってくる。

続きを読む

染五郎 ラスベガス8月にラスベガスで行われる「KABUKI Spectacle at FOUNTAINS OF BELLAGIO」は、市川染五郎が歌舞伎の「鯉つかみ」をもとにした新しい20分ほどの作品を上演するものだ。
本人のコメントによると、「アメリカ、ラスベガスのランドマーク、ベラージオのファウンテン(大噴水)におきまして、ラスベガスで初めて歌舞伎をご披露させていただくことになりました。(中略)歌舞伎とベラージオの大噴水、さらに日本の最先端の映像技術を融合させて上演いたします。
世界のエンターテインメントが集うラスベガスで、”歌舞伎の底力”をお見せしたいと思っております」と、意気込みを語っている。

ベラージオというのは、映画などで出てくる、あのホテルのことだろう。
大噴水も、映画ファンならスクリーンで見たこともあると思う。

そして、この公演を現地で鑑賞する公式ツアーの実施も発表された。
「市川染五郎オフィシャルツアーinラスベガス・サンフランシスコ」。
5泊7日のツアー日程は、8月14日成田発 ラスベガス着、ホテルベラージオ泊。
2日目、専用バスで市内観光、夜、ラスベガス公演鑑賞。
3日目、昼、市川染五郎トークショー、夜、ラスベガス公演鑑賞。
4日目、終日フリータイム、夜、「シルク・ドゥ・ソレイユ」鑑賞。
5日目、ラスベガス発、サンフランシスコ着。市内観光のあと、レストランで夕食。
6日目、サンフランシスコ発、
7日目、成田着。
というもので、エコノミークラス、2名1部屋利用で一人の料金が498,000円。
昼、夕、それぞれ一回の食事がつく。
海外旅行の経験が、だいぶ昔に数回あるだけのオジサンはよく知らないのだが、
これ以外にもいろいろ費用がかかるらしいから、旅行中の食事代なども含めると、
なんだかんだで100万という金額に近づいてくるのではないだろうか。

ちょうどお盆休みの時期だから、そのぶんお高くなっているのかもしれないが、
お金に余裕のある人でないとなかなか、ハイ行きますと言うわけには
いかないお値段だ。
しかし、そういうお客さんもいることは間違いない。

募集人員30名だそうだが、おそらくすぐ定員に達してしまうのではないか。.

続きを読む

(きのうの続き)
さて、NHK FMで毎週金曜の昼11時から放送している
「中村隼人の邦楽ジョッキー」(翌日土曜の朝5時から再放送)は、
15日と22日の2回にわたって林真理子がゲスト出演したのだが、
22日の番組で、林真理子からパーソナリティの中村隼人に質問があった。

それは、「あこがれの役はありますか」というものだった。それに答えて隼人は、
「ほんとにたくさんありますね。 たとえば、『(女殺)油地獄』の与兵衛という、
やんちゃな二枚目の役なんですけど、この与兵衛は演じてみたいなあって
思っていますね。
まあ、『油地獄』という話は、反抗期のいいとこのおぼっちゃんが
ちょっとおカネに困っちゃって、年上の女性に、おカネを貸してよって
せがむんですけども、ま、その女性は既婚なんですけど、おカネを貸してくれないから
ちょっと勢い余って殺してしまいおカネを盗んでしまうという、
もうほんとに、現代でも起こり得るというか、
何か時代にあってきている作品だと思うんです。
この役を、(片岡)仁左衛門のおじさまが、ずっとつとめられていて、
若いときにおっしゃっていて、「この役には年齢制限がある」ということを
おっしゃっていて、仁左衛門のおじさまが初めてこの役をつとめられたのは
19才のときで、そこから何十回も上演しているんですけど、
自分が19のときにやっていた、そのときよりもちろん技術はあるが、
そのときの初々しさというか、若々しさを出せなくなった、というよなうことを
書いていて、ああやっぱりスゴイな、
歌舞伎は70代でも10代の役をやりますけれども、
年齢制限のある役ってあるんだなって思って、それで、今、演じてみたい役って、
この与兵衛だなって思っています」

ここで林真理子と少しやりとりがあって、そのあと、隼人は、
「それで、この男の人、許せないっていうんじゃなくて、歌舞伎独特の愛嬌というか、
何かひどい奴なんだけれど、憎めないっていう愛嬌が出せれば、という
まあ、これは目標の話なんですけれど」
「そのときはぜひ着物を着て伺います」

林真理子は、この番組に出演して話をしているうちに、すっかり中村隼人の魅力に
まいってしまったようで、「そのときはぜひ着物を着て」発言にも
社交辞令ではない、チカラがこもっていた。
ご自身のブログにも「NHK- FMでイケメンと共演」というタイトルで書いている。

http://hayashi-mariko.kireiblog.excite.co.jp/201505/article_19.html

それにしても、きのうのブログに書いたように、中村隼人は、
質問する立場でも、質問に答える立場でも、ともにうまいのだということを
与兵衛の役をやってみたいというところから始まり、「女殺油地獄」の要点を話し、
片岡仁左衛門の「年齢制限」の話に持っていく流れの淀みなさが証明している。

「けれど」が多い、なんて言ったら昨今の放送局のアナウンサーなんぞ、
半分以上、職種を変えなくてはなりません。

つまり、頭の回転がいいということではないだろうか。
これから、「邦楽ジョッキー」のゲストとの対談は聞きのがせなくなってきた。



クリックお願いします。⇓


人気ブログランキングへ

けさ5時のNHK FM「中村隼人の邦楽ジョッキー」は、
先週に引き続き作家の林真理子がゲスト。
4月に前任の中村壱太郎からバトンを受けてスタートしたこの番組、
まだ2ヶ月たっていないのに、はやくも中村隼人という男の器量の一端が見えたような気がする。

けさのゲストとの会話のなかで、質問する立場でも、質問に答える立場でも、
ともにセンスを感じた。
もちろん、まだまだいかにも台本を読んでいるといった感じの部分も多いが、
たとえば、林真理子に出版業界独特の言葉を教えてもらう、というところで、
「カンヅメ」という言葉の話になった。

出版社が作家に原稿を書いてもらうために、逃がさないぞという意味もあって、
ホテルなどの部屋をとり、そこに閉じ込めるようなかたちにすることを「カンヅメ」
というわけだが、林真理子が昔の体験談を話したあと、中村隼人が、
「じつはカンヅメは、ぼくら、若い人でも最近は使っていて」と話し始めた。

「たとえば歌舞伎役者でいうと、いやぁきのうはセリフを覚えるためにカンヅメだったよとか、高校時代は、きのうはカンヅメで勉強したとか」
林真理子が聞く。「どっかに閉じこもる」
「部屋に閉じこもる。作家さんでいうと、"閉じ込められる”という意味だと思うんですけど、ぼくらは、"部屋に閉じこもる”という意味でカンヅメって使います」という話を、これは台本にはない部分だと思うが、林真理子の話を受けて、自分の話に展開させる、その自然な会話の流れが、「ムム、こやつ只者ではないな」と思わせるものがあった。
相手の言うことを聞くより自分のことを話す方がダイスキ!というやつは
そこいらじゅうにいるが、相手の言うことをよく聞いて、強引でなく自分のことに
話を持っていけるのは、才能である。

そして、さらに「隼人の聞き上手ぶり」が発揮される。
どうしても林さんに聞きたいことがあってと中村隼人は切り出す。
それは、もし自分が小説を書いている途中で、別の作家が同じような内容の作品を
発表してしまったら、どうするのか、というものだった。続きを読む

歌舞歌舞伎座7月伎座の七月公演の演目は、思わず見直してしまいそうになるほど、その出演者の顔ぶれが画期的だ。

まず昼の部の「南総里見八犬伝」は、中村獅童、市川右近、中村梅玉、
中村歌昇、市川笑也、市川笑三郎、など。
失礼ながら、七月公演では前座のようになってしまうのではないだろうか。

続いては、「与話情浮名横櫛」。
言わずと知れた「お富与三郎」である。
このお富を坂東玉三郎、与三郎を市川海老蔵、
そしてこの芝居に市川中車(俳優の香川照之)も出る。 

昼の部最後は「蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)」
「市川猿之助六変化相勤め申し候」とある。
猿之助が六つの役を早替わりで演じるということだが、
これに海老蔵が共演する。
ふたりが共演するのは、若手のころはあったかもしれないが、
少なくとも、この20年はなかったと思う。
この芝居を見たことがないので、海老蔵演じる平井保昌という役が
どういう立場なのかわからないが、ともかくエビとサルの共演は
画期的と言っていいと思う。
続きを読む

このページのトップヘ