2012年04月12日

こびとを探す

活発な次男のおはなし

新学期になっても、毎日遊ぶ約束をしてきて、学校から帰ってくると、
ランドセルを置いて、すぐ出かけて行く毎日

近いおうちには、書置きをして行ってしまったり、ちょっと遠いおうちだと「車で送ってって〜」
ってことになります

ま、学区が広い田舎なので、仕方がないです・・・・


この前は、興奮して帰ってきて
「今日は、こびとを捕まえるミッションのその1をやるんだ


すごいミッションですね

ちまたで流行のこびとづかんですねw






男子はいつもこんな発言ばっかりなので、いまさら驚きませんが、ホント、おもしろい〜〜〜


こびとづかんのDVDを見たお友達が、「こびとは本当にいる」と確信して、
捕まえる仲間を募集したらしい・・・・

次男は即効エントリーしてきたらしいです。


まず、その1として、お友達のうちでDVDを見て、どんなこびとか確認して、捕まえ方を勉強して、
それから、時間があったら探してみる、といったスケジュールで、遊びに行きました


そして、次男も完全に洗脳されて、帰ってきました

すごかったよ。すごかったよ。の連発

ちょっと探しに出たけど、エサとか、罠とかなかったから、次回やるってことになったらしいです。


ミッションその2が楽しみだね〜〜〜


3年生だけど、ホントに信じてこびと探しをしてる少年たち。かわいいぞ





洗脳されちゃったDVDはこういうのらしい・・・・↓ ↓
たしかにオモシロイ〜





にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ
にほんブログ村
ランキング参加中です☆
ポチッとクリックくださると励みになります^^







gonta74 at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)子供のこと | 今日の出来事

2012年04月09日

足幅が狭い次男に上履き届く(アサヒ健康くん 500K)

先日書いた、次男の上履き探しのその後の話です

→→幅が狭くて薄い足の子の靴選び

学校の指示は靴底が白ければいいので、まわりの子は、普通の運動靴を上履きに使っています。

でも、上履きを履いている時間は一日の中で一番長く、
成長期の足なので、なるべく足にいい上履きを履いて欲しい というのが、母の願いでした。

近所の靴量販店に探しに行きましたが、普通の靴しかなく・・・・・(悪いわけではないのですがね)
しかも、なんとなく足に合わなくて・・・

どれも靴の中で足が暴れる感じ。
で、ぴったりするようサイズダウンするとキツイと言う

そんな訳で、楽天で上履き探しをしたわけです。

足の測り方(楽天shop 健脚自慢)のページを参考に、足を計って、
shopに電話してみました。


数字的にはそんなに狭いってほどでもないけれど・・・とのことでしたが、


【アサヒ健康くん 500K 】


を勧められました。

その言葉を信じて購入〜〜


画像 106




すぐ届いて、履いてみた次男のひと言

「すごい足が気持ちいい

靴の入り口?部分が足を支えてくれて、中もマッサージみたいで、気持ちがいいとのことでした

確かに、靴の中で足が遊ぶことはなく、足に合っているような印象です。


画像 107

中敷は、取り外せて、裏はこんな感じ
しっかりしてる〜〜〜

素材はメッシュなので、皆が履いている運動靴に似ていて、違和感もありません。

キャラ物、見た目のかっこよさ、みんなと同じかどうかをとっても気にする次男ですが、
これは、とにかく履き心地がいいから、そんなことは、ぜんぜん気にもしていませんでした。

足に合うと子どもも見た目とか気にしないんだ〜と感心ちゃいました

母子共に大満足の上履き選びでした

めでたしめでたし



【アサヒ健康くん 500K】
色は赤、青、白の3種類です。




にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ
にほんブログ村
ランキング参加中です☆
ポチッとクリックくださると励みになります^^



gonta74 at 15:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)子供のこと | オススメ!
livedoor プロフィール
うちの三兄弟
【長男】
 2001年生まれ 10歳 5年生
 やさしいお兄ちゃん。
 ちょっと神経質。
 外で頑張りすぎて、
 家ではぐったりしちゃう。
 見た目しっかり系。
 音楽大好き。ミュージカル男子。

【次男】
 2003年生まれ 8歳 3年生
 現実主義。頑固者。
 実はいちばんしっかりしてる
 明るい性格、活発。
 お友達がたくさん。

【三男】
 2006年生まれ 6歳 1年生
 甘えん坊、お調子者。
 おもしろ系。おしゃべり大好き。


スポンサードリンク



アフィリエイトのリンクシェアで、チャリティ活動