くるま購入の顛末記

くるま購入のトラブル回避に。 新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

年度末によく取り締まられる小さい交通違反とは

年度末によく取り締まられる小さい交通違反とは

ラジオライフ.com によりますと

交通違反の取り締まりは、特に厳しくなる時期があります。それが春と秋の全国交通安全運動週間。あとはノルマの締めとなる月末です。同じ月末でも、年末の12月と年度末の3月はさらに注意が必要になります。年度末によく取り締まられる小さい交通違反を見ていきましょう。

小さい交通違反で目標件数を達成

実際、交通取り締まりを専門とする交通機動隊には「目標件数」といわれるノルマが存在。新人は月に100件の交通違反を取ることが目標とか。目標件数を達成しないと、部署の来期予算を減らされることになるので必死に守ろうとするのです。


そもそも優秀な交通機動隊員は各自、捕まえやすい交差点など“持ち場”を押さえています。そういう人は、持ち場を回ってスピード違反車を取り締まり。できる人なら1日で20件も取って来るといいます。


しかし、優秀ではない隊員は月末になっても必死に違反車を探すことになるというわけ。先輩の持ち場を借りたりして、なんとか目標件数を越える努力をします。このため、月末に取り締まられるのは小さい交通違反ばかりになるのです。

スピード違反以外の交通違反を狙う

月末や年度末によく取り締まられる交通違反の筆頭が「通行帯違反」。高速道路では、追い越し車線を走り続けると違反です。「左側追い越し」もよく取り締まられる交通違反。追い越し車線を使わず、左側の通行帯から追い越すのは違反です。


「一時停止無視」にも要注意。踏み切りや一時停止線などで停まらないクルマを、月末の交通機動隊員は見逃してくれません。このほか、携帯電話やシートベルトの不備などスピード違反以外の交通違反ばかりを狙っています。


テールランプの電球切れなど整備不良もターゲット。運転者は意外に気づかない場合が多いので注意しましょう。原付きの2段階右折無視もよく取り締まられます。白バイが交差点で待機していると思って間違いありません。

なんにせよ違反はしたくないですね。
参考にしてください。 

ボッシュ、オドメーターの不正操作防止技術を開発

ボッシュ、オドメーターの不正操作防止技術を開発

レスポンスによりますと

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュは3月中旬、自動車のオドメーターの不正操作防止のための技術を、TUV(ドイツの技術検査協会ラインラント)と共同開発していると発表した。

ドイツ国内だけで、オドメーターの不正による損害は60億ユーロにのぼると推測されている。不正行為撲滅アイデアの基本が、多数のコンピューターへのデジタルログブックの伝送。


これは、車両が定期的に、オドメーターの数値を、単一のコネクターから複数のコンピューターに送信するもの。車両のオーナーは、スマートフォンアプリで現在の走行距離を確認し、車載ディスプレイの表示と比較できる。


また、車を売却する際には、オーナーはオドメーターの表示が正しいことを裏付ける証明書の発行を受けることも可能。この証明書をインターネット上、たとえば、中古車販売店のオンラインプラットフォーム上で共有することもできる。


ボッシュは、「中古車の走行距離をごまかすという広く行われている慣行に、終止符を打つ」と語っている。


(レスポンス 森脇稔)


今現在の中古車はかなりの数が改竄されてると思われます。早急な開発が望まれますね。

この暗闇に何が見える? フォードが夜間の安全性を高める新安全システムを発表!

この暗闇に何が見える? フォードが夜間の安全性を高める新安全システムを発表!

ル・ボラン ブースト によりますと

フォードはこのほど、夜間や暗闇でのドライブにおける歩行者保護に有効な予防安全技術「ナイトタイム・ペデストリアン・ディテクション」を発表。欧州で発売される新型「フィエスタ」、北米では2018年モデルの「F-150」と「マスタング」に採用する。

 

夜間ドライブでの恐怖感解消に向けて

 

Ford at Geneva 2017

 

この技術は、フロントバンパー内に設置されたセンサーと、フロントガラスに取り付けられたカメラにより、歩道を含めた前方の視界をスキャン。歩行者と衝突する可能性をシステムが検知すると、警告音やインジケーターによってドライバーに注意を促す。ドライバーが回避行動に移らなければ、自動ブレーキが作動するというもの。

 

開発の背景にあるのは、フォードが独自に実施した世論調査だ。ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、イギリスの5030名のドライバーを対象にした調査の結果、81%のドライバーが夜間でのドライブ中に歩行者と接触するリスクを恐怖に感じていることがわかった。さらにそれは、女性に限定すれば87%におよぶという。

 

フォードが採用したこの技術により、歩行者が携帯電話などに気を取られていてクルマの存在に気づかなくても、クルマ側が歩行者の存在を検知することで、事故の危険を回避できるというわけだ。

 全ての車がこうなればいいですね。歳を取ると夜間走行が不安になります。出来るだけ夜間は走らないようにはしてるのですが。

 

リコールまとめ (2017.3.25)

kurumagによりますと
<リコール・不具合情報>

●BMWJ、「X5」「X6」のリコール届出(3/24)

 対象車種 :X5、X6
 部位・状況:フロントプロペラシャフトの不具合。ユニバーサルジョイン
       トが破損するおそれ
 製作期間 :平成22年11月22日~平成25年4月22日
 対象台数 :3,157台

●マセラテイJ、「ギブリ」等のリコール届出(3/24)

 対象車種 :ギブリ、クアトロポルテ
 部位・状況:シフトレバーの不具合。駐車ブレーキをかけずに車外に出ると
       車両が動き出すおそれ
 輸入期間 :平成25年4月17日~平成27年7月22日
 対象台数 :1,573台

●マセラテイJ、「ギブリ」等のリコール届出(3/24)

 対象車種 :ギブリ、クアトロポルテ
 部位・状況:燃料供給パイプの不具合。燃料が漏れ、火災に至るおそれ
 輸入期間 :平成25年9月12日~平成27年7月22日
 対象台数 :1,250台
お気を付けください。 

車の急発進防止装置 安全性を評価へ 国土交通省

車の急発進防止装置 安全性を評価へ 国土交通省

高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違え事故が相次ぐ中、国土交通省は、誤ってアクセルを踏んでも急発進させない装置の普及を促すため、新たに装置の安全性の評価を始める方針を固めました。

警察庁によりますと、おととしまでの5年間で、アクセルとブレーキの踏み間違えによる死亡事故は、合わせて226件に上り、トライバーが75歳以上の事故が109件と、半数近くを占めています。


先月も大阪で、80歳の男性が車を止めようとして建物に衝突し、2人がけがをしたほか、今月は愛媛県で、77歳の男性が運転する車が店に突っ込んで2人がけがをするなど、踏み間違いによる事故は、後を絶ちません。


各自動車メーカーは誤ってアクセルを踏んでも、レーダーやカメラで障害物を検知して、エンジンの出力を自動で抑え、急発進を防止する装置の開発を進めてきましたが、搭載された車は、おととしに販売された新車の36%にとどまっています。


このため、国土交通省は再来年度から、車種ごとに搭載した装置について、安全性の評価を始める方針を固めました。


国土交通省は今後、有識者による会議を設けて具体的な評価方法を検討していく方針で、国が装置を評価することで、消費者に有効性を伝え、普及の促進を図りたい考えです。

有効なものはどんどん推進してほしいものです。 

最新コメント
ランキング
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
メッセージ