くるま購入の顛末記

くるま購入のトラブル回避に。 新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

レスポンスによりますと

160万km走行したトヨタ タンドラ
    • 160万km走行したトヨタ タンドラ
    • 160万km走行したトヨタ タンドラ
    • 160万km走行したトヨタ タンドラ
    • 160万km走行したトヨタ タンドラ
トヨタ自動車の米国向け大型ピックアップトラック、『タンドラ』。およそ160万kmを走行した同車のオーナーに対して、トヨタがサプライズなプレゼントを贈った。

これは5月11日、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。「ビクター・シェパード氏の100万マイル(約160万km)以上走行したタンドラを、新車のタンドラと交換した」と発表している。

ノースダコタ州在住のビクター・シェパード氏は、2007年モデルのタンドラを新車で購入。以来、主に仕事で使用し、年間平均12万5000マイル(約20万km)を走行してきた。

その結果、購入から9年間で、オドメーターの距離は100万マイル(実車は99万9999マイルまでしか表示できず)に到達。それでも、エンジンやトランスミッションなどは、しっかりとメンテナンスされ、好調。塗装もオリジナル状態を保っている。

ビクター・シェパード氏のタンドラの話を伝え聞いたトヨタの技術者は、「このタンドラが将来の商品開発に役立つ」と判断。同氏に新車のタンドラとの交換を申し出たところ、快諾が得られたという。

最新のタンドラと対面したビクター・シェパード氏は、「走行距離が100万マイルに到達しても、車両に何の問題もなかったよ。安全で信頼できる。トヨタ車が路肩に停まっているのを見たなら、ほとんど故障しないのだから、幻だね」とコメントしている。
《森脇稔》
トヨタの耐久性はたいしたものです。ただ国内販売のトヨタ車が全てそうでないのは残念ですが。 

走行中にタイヤが突然バースト、身に覚えないキズの修理代請求も…格安レンタカーでトラブル多発

走行中にタイヤが突然バースト、身に覚えないキズの修理代請求も…格安レンタカーでトラブル多発

産経WESTによりますと 

行楽や出張など多くの人の旅先の足として活躍するレンタカー(本文とは関係ありません)行楽や出張など多くの人の旅先の足として活躍するレンタカー(本文とは関係ありません)


 行楽や出張などで多くの人が旅先の足として利用するレンタカー。訪日外国人の増加もあって、登録台数は急増している。そんな中、「乗ってから1時間ほどでパンクした」「身に覚えのないキズの修理代を請求された」といったトラブルも多発。特に大手の半額近い低料金が売りで、近年増えてきた格安レンタカーでのトラブルが目立つといい、大手レンタカーなどが加盟する業界団体は「レンタカーのイメージダウンにつながる」と懸念している。


車内はパニック


 「生きた心地がしなかった」。レンタカーで思わぬトラブルに見舞われた京都府の介護事務所職員の男性(70)が振り返った。


 4月1日、男性は家族10人とともに愛媛県内の格安レンタカー店を訪れた。ワンボックスカー1台を借り、乗ってきた自家用車と2台に分乗し、目的地である同県宇和島市に向けて松山自動車道を走行した。


 ところがワンボックスカーを運転していた男性の長男(36)は約130キロ走った時点で、車が左右に振られるように感じた。その後、右後輪が突然バースト(破裂)。「バリバリ」という音で車内はパニックになったが、幸い道路は直線で、長男は冷静に避難地帯に車を寄せ、乗っていた7人にけがはなかった。


 「タイヤに溝はあるが、側面にすごいヒビがある。いつバーストしてもおかしくない。前輪だったら命はなかった」。駆けつけたロードサービス会社の担当者はこう指摘した。


 だが、問い合わせた格安レンタカー店は「パンクは借り主の責任」と主張して代金の支払いを渋った。


 困惑する男性を見かねたロードサービス会社の担当者らがレンタカー会社を説得。他のタイヤも危険と判断し、新品タイヤ4本の交換代金約3万7千円を男性が一時、立て替え、車の返却時にレンタカー店が支払うことで決着した。


 ロードサービス会社は「タイヤはひどく劣化していて、(バーストは)空気圧が原因と思った。自分で壊したのなら自業自得だが、普通に走行してバーストしたら店側が負担すべきと考えた」と振り返った。


 岡山県内の別の大手レンタカー店も、男性が撮影したバーストしたタイヤなどの写真を見せたところ、こう答えた。「溝があってもこんなにヒビがあったら、怖くて絶対に貸し出せない。(うちは)タイヤは約2年で交換している」


 さらにタイヤについて「写真なので正確なことは言えないが」と断った上で「スリップラインが出ており、長い期間使われて劣化している印象を受ける」などと指摘した。


相次ぐトラブル


 「高速道路で走り出してまもなくパンクし、タイヤの交換費用を請求された」「乗ってから1時間ほどでパンクし、レッカー代や修理代として約4万円を請求された」…。国民生活センターにはレンタカーに関する類似のトラブルの相談が多く寄せられている。


 中には、「身に覚えのない車体のキズの修理代として5万円を請求された」「車内に臭いがついているといわれ、掃除代2万円を請求された」との相談もあった。


 相談や苦情の件数は、平成18年度の152件から27年度には537件と大幅に増加。同センターは「格安レンタカーが増加していることを受けて、相談件数も増えたように感じる」と話す。


 レンタカー大手が加入する業界団体「全国レンタカー協会」にも苦情が寄せられているが、約半数が格安レンタカーなど非会員事業者への苦情という。同協会は「レンタカーは安心安全が売りの乗り物なのにイメージダウンになる」と顔をしかめる。


安く借りられるが


 格安レンタカーは10年余り前から出店が目立つようになった新業態。自動車整備工場やガソリンスタンドなどがサイドビジネスで営業しているケースが多く、店舗運営コストを削減できる上、レンタカー大手が最長でも約5年で新車に交換するのに対し、中古車を使っているため、低価格で車を貸し出せる。


 店舗はフランチャイズ制で、料金は大手がコンパクトカーで1日7千円程度なのに対し、格安レンタカーは1日4千円程度と、ほぼ半額だ。


 国土交通省地域交通室によると、国内のレンタカー事業者数と車両数は毎年増加しており、過去10年の統計によると平成16年度には3573事業者17万5462台だったが、26年度には8216事業者31万5011台と、2倍近くに増加した。


 全国レンタカー協会は増加の要因を、訪日外国人が増えているためと分析。利用目的は観光と、出張などビジネス利用が大半を占めるという。


 利用者増に伴って、レンタカーの事故件数も増加している。交通事故総合分析センターのまとめでは、全国の交通事故は95万2191件(16年)から57万3842件(26年)に大幅に減少。しかし、レンタカーによる交通事故は6210件(16年)から6366件(26年)と少し増え、事故全体に占める割合は約2倍になっている。


毎日のように苦情が


 格安レンタカーの安全管理はどうなっているのか? タイヤのバーストに見舞われた男性によると、車の返却時、格安レンタカー店側は「レンタカーの車検は1年に1回。(貸し出した車は)3月に車検から返ってきたばかりだった。車検会社が(タイヤは)1年保つと判断したと思う」と説明。さらに、「タイヤは毎回見ていないが、1週間に1回くらい全車チェックをしている。空気圧も1週間に1回くらい測っている。(バーストしたタイヤは)5年ほど前のもの。タイヤの交換記録はない」と話したという。


 ところが、改めて同店を取材したところ、店側は「タイヤは毎回見ている。1週間に1回程度みているのは、タイヤの空気圧だ」と反論した。


 国交省整備課によると、レンタカーは道路運送車両法で、年1回の車検や半年ごとの定期点検、運行前の1日1回の日常点検が定められている。定期点検や日常点検でも、タイヤの溝や亀裂、空気圧などを調べることを義務付けているが、罰則はない。


 大手レンタカー会社は「タイヤの溝は法定の1・6ミリを超える3ミリを基準値にしている。基準値を下回るタイヤは直ちに交換している」と話し、法定点検以上の独自基準を運用。タイヤの交換記録も残しているという。


 一方、トラブルのあった愛媛県の格安店も「日常点検などはやっている」と主張する。ただ同店が加盟する大手格安レンタカー会社は「点検項目などのマニュアルはあるが公開できない」とした上で、「バーストは年間数件ある」「毎日のように『店員の態度が悪い』などの苦情がきている」などとトラブルがあることを明かした。


「信用できないなら借りなければいい」


 今回のトラブルで、車を貸した格安店は、男性に対し「タイヤの亀裂は確認している。それが原因でパンクに至る可能性はゼロではないが、新品のタイヤでもパンクするケースはたくさんある」と説明。取材に対しても「100%安全な乗り物なんてない。信用できないなら借りなければいい」と話した。


 こうした発言について、大手格安レンタカー会社は「そういう発言があったら、謝罪する。サービス業としてあるまじき発言だ」と戒める。別の大手レンタカー会社も「安全機能を備えた車を投入するのは、当然のこととして、機能に頼らず安心安全に乗ってもらうために努力しているのに…」と驚きを隠さなかった。


 レンタカー事業者の許可や指導は各地の運輸支局が担っており、愛媛運輸支局は今回のトラブルに関し「事案の重要性を認識し、(会社側に)注意し、点検を指導していきたい」としている。(5月14日掲載) 

安いものには理由があると思うのですが。 

三菱電機など6社、自動車メーカー9社と「ダイナミックマップ基盤企画株式会社」を6月に設立

三菱電機など6社、自動車メーカー9社と「ダイナミックマップ基盤企画株式会社」を6月に設立

高精度3次元デジタル地図の共通基盤部分の整備を目指す

 三菱電機、ゼンリン、パスコ、アイサンテクノロジー、インクリメント・ピー、トヨタマップマスターの6社は5月19日、自動車メーカー9社とともに「ダイナミックマップ基盤企画株式会社」を設立して、自動走行・安全運転支援システムの実現に必要となる高精度3次元地図等の整備や実証、運用に向けた検討を進める事に合意したと発表。


 自動走行・安全運転支援システムで使用される地図には、静的な情報のみでなく動的な情報(工事/事故規制情報、信号情報、周辺車両等)も組み込んだ高精度3次元デジタル地図が必要とされる。


 同企画会社では高精度3次元デジタル地図の共通基盤部分となる「ダイナミックマップ協調領域」についてデータ仕様やデータ構築手法の標準化、メンテナンス手法などの実証ならびに決定、関係公的機関との調整および国際連携の推進を図るとともに、永続的な整備・更新を前提とした事業化の検討を進めていく。


 同企画会社は6月設立予定、出資比率は三菱電機18%、ゼンリン17%、パスコ17%、アイサンテクノロジー6%、インクリメント・ピー6%、トヨタマップマスター6%、いすゞ自動車3.3%、スズキ3.3%、トヨタ自動車3.3%、日産自動車3.3%、日野自動車3.3%、富士重工業3.3%、本田技研工業3.3%、マツダ3.3%、三菱自動車工業3.3%。代表取締役社長は、三菱電機から派遣予定。


 同企画会社は2017年度中をめどに事業会社として、日本国内における「ダイナミックマップ協調領域」の整備を順次進めることを目指す。 




自走運転に向けて、また一歩進みすね。 

NEXCO東日本/中日本、長野県内の高速道路が定額乗り放題の「信州歴史めぐりフリーパス」

NEXCO東日本/中日本、長野県内の高速道路が定額乗り放題の「信州歴史めぐりフリーパス」

5月20日~7月31日に利用可能

 NEXCO東日本(東日本高速道路)とNEXCO中日本(中日本高速道路)は、5月20日~7月31日に長野県内の高速道路が定額で乗り降り自由となる「信州歴史めぐりフリーパス」を提供する。NEXCO 2社と信州キャンペーン実行委員会と連携して実施するもの。


 対象となるのはETCを搭載した普通車と軽自動車(二輪車含む)。販売プランと価格は、長野県内の周遊エリア内で乗り降り自由となる「周遊プラン」が普通車5500円、軽自動車等4500円。加えて首都圏まで1往復を含む「首都圏出発プラン」が普通車9500円、軽自動車等7500円。利用前にNEXCO東日本のWebサイト「ドラぷら」から申し込みが必要。


 乗り降りが自由となる周遊エリアは、上信越自動車道 碓氷軽井沢IC(インターチェンジ)~信濃町IC、長野自動車道 岡谷JCT(ジャンクション)~更埴JCT、中央自動車道 諏訪南IC~飯田山本IC。


 首都圏出発プランの出発エリアは東北自動車道 川口JCT~羽生IC、関越自動車道 練馬IC~花園IC、中央道 高井戸IC~相模湖IC、東名高速道路 東京IC~厚木IC、圏央道 寒川南IC~境古河IC。


 長野県は2016年の大河ドラマ「真田丸」の舞台ともなっており、周遊プランを使って、真田ゆかりの松代城、上田城、生島足島神社、小諸城を巡るプランなどが提案されている。

Googleストリートビューカーに偽装している警察の監視用自動車の存在が発覚

Googleストリートビューカーに偽装している警察の監視用自動車の存在が発覚

 gigazine によりますと


天井にカメラを搭載してGoogleストリートビューの画像を撮影する「Googleストリートビューカー」に偽装して、街を行き交う自動車の監視を行う監視用車両の存在がアメリカで明らかになっています。


Philly Police Admit They Disguised a Spy Truck as a Google Streetview Car | Motherboard

http://motherboard.vice.com/read/philly-police-admit-they-disguised-a-spy-truck-as-a-google-streetview-car


この車両の存在は、ペンシルベニア大学のマット・ブレイズ教授が発見してツイートしたことで明らかになったもの。「なんだこれは?ペンシルベニア州警察のナンバープレートの撮影車両がGoogleストリートビューカーにカモフラージュされている」というコメントと共にアップロードされた画像には、リヤガラスにニセモノっぽいGoogleマップのイラストが貼られ、フロントガラス周辺にカメラが搭載された車両が写っています。


車両が撮影されたのは2016年5月11日の午前11時だったとのこと。車両には保有者を明記したプラスチック製のカードが貼られており、フィラデルフィア市の所有物であることが明記されていたとのこと。


このツイートをもとに、アメリカの各メディアもニュースを報じています。


This Isn’t a Google Streetview Car, It’s a Government Spy Truck | Motherboard

https://motherboard.vice.com/read/this-isnt-a-google-streetview-car-its-a-government-spy-truck



この車両の存在に対し、フィラデルフィア市は当初、警察が使用している車両ではないと説明していましたが、後になって警察が車両の使用者であることを認めたとのこと。ネットメディア「Motherboard」の取材に対して州警察の広報官はメールで「この車両が警察に所属するものであると報告を受けましたが、貼付物の取り付けは指揮系統の中で承認されたものではありませんでした。この件を確認した警察は、速やかに貼付物を取り去るように命令しました」と返答したとのこと。


この車両に搭載されているカメラは赤外線カメラをベースにしたもので、道路を走行する自動車のナンバープレートを1秒間に1000枚以上撮影する能力を備えているとのこと。走行中のGPSデータと併せて記録することで、街中の交通データを保存できるようになっています。アメリカではすでに同様のカメラを持つ取り締まり車両が使用されているため、このシステム自体が問題というわけではありませんが、Googleストリートビューカーに偽装した状態で監視行動を行っていたことについては疑問の声が挙がっています。


Googleはこの件に関して「注意深く見守っている」というコメントを出しています。撮影された車両のデータは、1か月間にわたって保管されているとのことですが、犯罪に関係ない人のデータまでもが残されているという点に関しては、以前からも問題を指摘する声が挙がっていたとのことです。

いろんな手を使うものですね。 

最新コメント
ランキング
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
メッセージ