くるま購入の顛末記

くるま購入のトラブル回避に。 新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

リコール マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合

【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

レスポンスによりますと

タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
    • タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
マツダ、富士重工(スバル)、三菱自動車、メルセデスベンツ日本、UDトラックスは6月30日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とする追加リコールを(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

対象となるのは、マツダが『デミオ』『ボンゴ』『RX-8』『バネット(日産向けOEM)』『デリカ(三菱向けOEM)』の5車種で、2003年3月6日~2016年6月3日に製造された計49万1563台。スバルが『レガシィ』1車種で、2003年4月24日~2009年4月15日に製造された29万1685台。三菱自動車が『eK-ワゴン』『eK-スポーツ』『トッポ』『パジェロミニ』『デリカ』『パジェロ』『オッティ(日産向けOEM)』『キックス(日産向けOEM)』の8車種で、2006年7月11日~2016年2月19日に製造された計51万6517台。メルセデスベンツが『A170』『C200コンプレッサー』など57車種で、2004年12月27日~2014年11月10日に輸入された計9万3240台。UDトラックスが『クオン』『コンドル』の2車種で、2010年10月28日~2016年5月31日に製造された計4万7120台。総合計で73車種144万0125台。

タカタ製エアバッグ・インフレータの異常破裂については、外部調査により、インフレータの中にある火薬(硝酸アンモニウム)が湿気のある状態で長期間の温度変化にさらされると劣化することが判明。対象車両はガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、劣化によりエアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがあるという。

国交省は、対象車両約700万台のうち運転席側について、全年式を6月までにリコールとして届け出るよう自動車メーカーに指示しており、今回の一連のリコールはこれを受けたものだ。改善措置として、全車両、当該インフレータを対策品に交換する。
《纐纈敏也@DAYS》
お気を付けください。 

九州の高速、乗り放題に=観光周遊パスを導入―国交省

九州の高速、乗り放題に=観光周遊パスを導入―国交省

時事通信によりますと

 国土交通省は21日、熊本地震で被災した九州の観光振興を図るため、九州地方の高速道路が乗り放題となる「九州観光周遊ドライブパス」を7月15日から導入すると発表した。


 平均的な周遊観光の場合、料金が半額程度に抑えられる。自動料金収受システム(ETC)を搭載した普通車、軽自動車、二輪車が対象で、事前にインターネットで申し込む。


 ドライブパスが使えるのは、九州自動車道や東九州自動車道など、西日本高速道路が管理する高速道路。連続して最大3日間利用できる「九州エリア乗り放題プラン」(普通車6500円、軽自動車5200円)と、大阪以西の地域を発着地とする最大4日間の「往復料金セットプラン」(料金は発着地による)の2種類を用意した。


 利用期間は12月18日までで、お盆期間となる8月10~16日は除く。受け付けは7月1日午後1時に開始する。


お得です。

条件が合う方はご利用をお勧めします。
 

リコール トヨタ プリウス など

【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

レスポンスによりますと

トヨタ・プリウス(2012年)
    • トヨタ・プリウス(2012年)
    • 改善箇所
トヨタ自動車は6月29日、『プリウス』などのカーテンシールドエアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、トヨタ『プリウス』『プリウスPHV』、レクサス『CT200h』の3車種で、2009年3月23日~2012年4月27日に製造された計74万3080台。

カーテンシールドエアバッグ用ガス封入式インフレータの製造が不適切なため、インフレータパイプの洗浄が不十分でパイプ内に潤滑剤が残り、適切に溶接ができていないものがある。そのため、溶接部に微小な亀裂が入り、駐車中に車内温度が上がると封入ガス圧が上昇して溶接部が破断し、最悪の場合、破片の一部が車室内に飛び出すおそれがある。

改善措置として、全車両、飛散防止用プロテクタを追加する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。海外市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》
お気を付けください。 

リコール トヨタ プリウス など

【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

レスポンスによりますと

トヨタ・プリウス
    • トヨタ・プリウス
    • 改善箇所
トヨタ自動車は6月29日、『プリウス』などの燃料蒸発ガス排出抑制装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、トヨタ『プリウス』『プリウスPHV』『プリウスα』『SAI』、レクサス『CT200h』『HS250h』、ダイハツ『メビウス』の7車種で、2009年3月23日~2015年2月24日に製造された計155万2509台。

燃料蒸発ガス排出抑制装置の蒸発ガス通路(樹脂製)端部形状が不適切なため、使用過程で当該端部に亀裂が発生することがある。そのため、長期間使用を続けると亀裂が貫通し、満タン時に燃料が漏れて、燃料臭がするおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料蒸発ガス排出抑制装置を対策品と交換する。

不具合は205件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》
お気を付けください。 

リコール BMW 320d

【リコール】BMW 320d、ホース不具合で燃料漏れのおそれ

レスポンスによりますと

BMW 320d
    • BMW 320d
    • 改善箇所
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は6月29日、BMW『320d』の燃料供給ホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『320d』1車種で、2014年6月24日~10月2日に製造された1176台。

ディーゼルエンジンの燃料供給ホースの製造が不適切なため、ホースの厚みが均一でないものがある。そのため、燃料の圧力の変動よって燃料供給ホースが損傷し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料供給ホースを良品と交換する。

不具合は9件発生、事故は起きていない。本国からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》
お気を付けください。 
最新コメント
ランキング
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
メッセージ