くるま購入の顛末記

くるま購入のトラブル回避に。 新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

エコカー減税「より高み目指す目標を」...高市総務相

エコカー減税「より高み目指す目標を」...高市総務相

レスポンスによりますと


    • 会見する高市早苗総務相(29日・霞が関)
2017年春で期限を迎えるエコカー減税について、政府・与党で議論が続いている。一部を除きほとんどが減税対象となる現行制度の見直しを求め、高市早苗大臣が29日、総務省で次のように語った。

「車体課税の見直しは、行政サービス提供するために必要な税収の確保の視点だけでなく、自動車産業が我が国や地域の経済や雇用を支える重要な基幹産業であるという認識で取り組んできた」

さらに、エコカー減税の効果についても前向きに語った。「エコカー減税の効果を評価している。日本にとって自動車産業は重要な基幹産業であり、エコカーの普及、燃費値の向上に一定の成果を上げてきた」。

さらに、その制度の維持についても「エコカー減税の延長は、燃費基準を適切に切り上げてきたことが、エコカーの普及や燃費値の向上に一定の成果を上げてきた」とする。

しかし、総務省にとって車体課税は、市区町村道の維持管理に欠かせない財源だ。今回も制度の2年の延期は決まっているが、その対象範囲は、何としても絞りたい。高市氏は中味については、税制改正の議論だとしながらも、次のような考え方を示した。

「より性能のいい車を生み出していくということは、日本の国際競争力の強化にもなる。今後どうしていくかということでは、さらに性能のいい車、燃費値のいい車を普及させていくことを新たな目標を考えるのが好ましいのではないか。より高みをめざしていくことも必要ではないか」

エコカー減税の議論は、省庁間で明確な違いがある。総務省とは逆に、経済産業省は自動車業界などの意向を背景に対象の拡大を主張する。
《中島みなみ》

車購入予定の方は、エコカー減税の額にご注目ください。 

リチウムイオン電池の寿命が12倍以上に---安永が技術を開発

リチウムイオン電池の寿命が12倍以上に---安永が技術を開発

レスポンスによりますと

サイクル寿命の評価結果
    • サイクル寿命の評価結果
    • 正極板の外観
安永は、リチウムイオン電池の正極極板製造に独自の技術を導入、リチウムイオンバッテリーの寿命を従来品比12倍以上に向上する技術を開発した。

新開発のリチウムイオン電池の試作セルで、充放電の耐久試験評価を実施し、3000サイクルまでの結果を元に寿命予測線を引いたところ、初期容量から70%に減る時点までを寿命とした場合、従来品5000サイクルに対して開発品は6万サイクル以上と12倍以上の寿命向上が見込まれるとしている。

従来、活物質と集電体はバインダーの結着力のみで面結合しており、セル製作時の曲げ応力や充放電での活物質の膨張収縮によって徐々に剥離が起こり、寿命に多大な影響を与えていた。

今回、独創的な発想による「微細金型形成技術」を使った集電体への特殊加工と、従来の考え方とは全く異なる電極製造技術により形成される「電極表面の規則正しい幾何学模様の微細溝」は、電極表面積の拡大、活物質層に対してのアンカー効果で剥離を抑制させることに成功した。

また、集電体への加工時に形成された貫通穴は、両面からの活物質同士の結合による剥離耐性向上と、電解液が移動することによる電解液の偏在防止という相乗効果もあり、寿命を向上させることに成功した。

これら結着性向上効果による集電箔と活物質間の界面抵抗減少効果によって特に導電性の低いリン酸鉄リチウム(LFP)やチタン酸リチウム(LTO)などの材料において、抵抗低減効果による高速充放電性能の向上につながるとしている。
《レスポンス編集部》

これが実用化されたならハイブリッド車も電池交換を考えなくてすみますね。 

車の燃費、18年度から新表示に 実態に近い数値に

車の燃費、18年度から新表示に 実態に近い数値に

朝日新聞デジタルによりますと

 自動車の燃費表示が、2018年度から新しくなる。「実態とかけ離れている」との批判を受け、国土交通省が基準を改める。市街地か高速道路かなど走る条件ごとに燃費が示され、数値も実態に近いものになりそうだ。現行よりも数値が悪くなりがちなため、メーカーにとっては厳しい変更だが、三菱自動車の不正問題で消費者に広がった燃費表示への不信を晴らす効果も期待される。

 

新燃費表示のイメージ© 朝日新聞 新燃費表示のイメージ


 現在、各メーカーがカタログで表示している燃費は、07年に導入された「JC08モード」という方式。日本独自の基準で、「平らでまっすぐな道をエアコンを使わず走る」という現実的ではない状況を想定している。このため実際の燃費との差異が生じる。特にハイブリッド車や軽自動車など、低燃費と言われている車種ほど、実際に走れる距離は数値より少なく、ズレが大きくなっていた。


 約65万人の会員が実際の燃費を投稿するインターネットサイト「e燃費」の運営会社イード(東京)によると、燃費表示が1リットル当たり40キロに迫る低燃費車が実際には30キロに満たないなど、ズレが3割を超えることも多い。日本自動車工業会は公式パンフレットで「実燃費はカタログより平均2割悪くなる」と説明している。


 新たに導入する表示方式は「WLTP」と呼ばれる。14年に日本も加わった国連の作業部会が取りまとめた国際基準だ。

くるまの燃費もやっと国際化するということでしょうか? 

リコールまとめ (2016.12.3)

kurumagによりますと
<リコール・不具合情報>

●ボルボJ、「XC90」のリコール届出(12/2)

 対象車種 :XC90
 部位・状況:ドレンホースの不具合。エアコンの凝縮水が漏れ、接続コネク
       ター端子が腐食し、エアバッグが展開しないなどのおそれ
 輸入期間 :平成27年12月25日~平成28年9月13日
 対象台数 :525台

●MBJ、「Cクラス」等のリコール届出(11/30)

 対象車種 :Cクラス、Cクラスワゴン、Eクラスクーペ/カブリオレ 等
 部位・状況:助手席用エアバッグのインフレーターの不具合。エアバッグ展
       開時に容器が破損するおそれ
 輸入期間 :平成19年3月1日~平成22年5月10日
 対象台数 :35,467台

●VGJ、「パサートヴァリアント」のリコール届出(11/30)

 対象車種 :パサートヴァリアント
 部位・状況:横滑り防止装置の不具合。油圧制御が正しく行われず、走行安
       定性が損なわれるおそれ
 輸入期間 :平成27年6月13日~平成27年9月2日
 対象台数 :475台

●アウディJ、「Q7」のリコール届出(11/30)

 対象車種 :Q7
 部位・状況:リヤシートフレームの強度不足。衝突時に変形するおそれ
 輸入期間 :平成28年1月22日~平成28年7月20日
 対象台数 :582台

●JLRJ、「レンジローバー」等のリコール届出(11/30)

 対象車種 :レンジローバー、レンジローバースポーツ
 部位・状況:後席乗降扉の不具合。ドアを閉めても確実にロックされず、走
       行中に扉が開くおそれ
 製作期間 :平成24年1月25日~平成27年6月16日
 対象台数 :1,564台

●BMWJ、「MINI」のリコール届出(11/28)

 対象車種 :MINI One/Cooper/Cooper S/JCW
 部位・状況:フューエルポンプコントロールユニットの不具合。走行中にエ
       ンジンが停止するおそれ
 製作期間 :平成27年6月12日~平成27年11月19日
 対象台数 :1,152台
お気を付けください。 

リチウムイオン電池寿命を12倍に、正極加工に新手法

リチウムイオン電池寿命を12倍に、正極加工に新手法

安永はリチウムイオン電池の寿命を大幅に向上する技術を開発した。正極に微細な加工を施すことで、活物質の剥離を抑制力を高めるというもので、充放電サイクル試験では同社製品比で寿命を約12倍にまで向上させられたという。

スマートジャパンによりますと

 エンジン部品や工作機械、電池製造などを手掛ける安永は2016年11月22日、リチウムイオン電池の正極板製造に独自技術を導入し、電池寿命を同社の従来製品比で12倍以上に向上させることに成功したと発表した。微細加工技術を用い、正極板の集電体と活物質の結合力を改良することで実現した。


 電池反応の中心的役割を担い、電子を送り出し受け取る酸化・還元反応を行う活物質。この活物質と集電体(電極)は、一般にバインダーなどの結着材の力で面結合している。しかセル製作時の曲げ応力や、充放電による活物質の膨張収縮などによって徐々に剥離していく。そしてこの剥離が電池の寿命に大きく影響する。


 そこで安永はこの活物質と集電体の結合力向上に取り組んだ。独自の微細金型形成技術を用い集電体に微細な特殊加工を施し、電極表面に規則正しい幾何学模様の微細溝を形成。これにより電極表面積が拡大し、さらに活物質層に対してのアンカー効果で剥離を抑制することに成功した。さらに集電体への微細加工時に形成される貫通穴が、両面からの活物質同士の結合による剥離耐性の向上と、電解液の偏在防止という相乗効果を生むことも分かった(図1)。

図1 開発した正極板の製造技術。電極表面に微細な溝を形成する(クリックで拡大)出典:安永


 次にこの正電極を用いた試作セルで、第三者による充放電サイクルの耐久試験評価を行った。初期容量から70%に減る時点までを寿命とする。すると従来品は5000サイクルで容量が70%にまで減少したのに対し、開発した正電極を用いたセルでは6万サイクルを必要とした。つまり、寿命が約12倍に向上したことになる。なお、試作したセルは500mAh(ミリアンペアアワー)のラミネートセルで、正電極材料にはリン酸鉄リチウムを、負極は被覆天然黒鉛電極を使用している(図2)。

 

図2 充放電サイクル試験の結果(クリックで拡大)出典:安永


 同社によれば今回の微細加工による集電体と活物質の剥離抑制技術は、特に導電性の低いリン酸鉄リチウムやチタン酸リチウムなどに対し、抵抗低減効果による高速充放電性能の向上に有効だという。今後はリチウムイオン電池を長寿命化できるメリットを生かし同技術を電気自動車(EV)やモバイル機器など、さまざまなアプリケーション向けに展開していく方針だ。

実用化されれば、画期的なことになりそうですね。 

最新コメント
ランキング
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
メッセージ