知っておきたい車の情報

くるま購入の顛末記ご愛読いただき有難うございました。 お客様の要望により初期の趣旨と内容が変わってきましたので題名を変更いたします。 新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

外国人タクシー運転手が見た日本

外国人タクシー運転手が見た日本 自動ドアに驚き、一番多い「苦情」は…「地名覚えるためひたすら走る」

エジプト国籍で日本のタクシー運転手になった、モハメッド・モスアド・セリムさん=日の丸交通提供

 外国人の観光客が増える中、外国人で日本のタクシーの運転手をしている人がいます。中国、韓国、ブラジル、エジプト…。「やっぱり、自動ドアに驚いた」「都心なのに公園が多い。母国だと会員制のクラブにしか緑がないので…」「高いビルが印象的だった」と語る彼ら。「地名を覚えるのはやっぱり難しいです」「ルートのトラブルが大変」とも。タクシーの車窓から見た日本について話を聞きました。


韓国、中国、ブラジル、エジプト

 話を聞いたのは5人。国籍は中国、韓国、ブラジル、エジプトです。

・韓国出身の金(キム)さん(45歳・来日14年目、乗車歴2年目)
・中国出身の梁(リャン)さん(26歳・来日7年目、新人)
・中国出身の林(リン)さん(25歳・来日7年目、新人)
・ブラジル出身のウエハラ・リカルドさん(45歳・来日23年目、乗車歴3年目)
・エジプト出身のモハメッド・モスアド・セリムさん(30歳・今年6月に4回目の来日で、9月7日に初勤務を果たした)

「白髪の運転手さん、ありえない!」

 まず、日本のタクシーでびっくりしたこと。

 金さん(韓国)は「値段の高さ」を挙げました。

 「韓国の3倍くらいあります」という乗車賃については、全員がうなずきました。

 そして「自動ドア」。ウエハラさん(ブラジル)は「普通自動車なのに、ドアが自動で開くなんて…これは、びっくりしました」。

 実際は、運転手さんが手で操作しているのですが、梁さんと林さん(中国)も「中国にはないサービスです」と言います。

 また、運転手に高齢者が多いことにも、びっくりしたそうです。

 中国は車社会になったのはこの20年近くのことなので、タクシー運転手も若者か中年が多いことから「白髪の運転手さんがいるなんて、中国で考えられない」と梁さん、林さんは話しました。

「驚いた風景は高くて大きなビル」

 タクシーから見た日本の風景はどのようなものなのでしょう?

 初勤務を果たしたエジプト出身のセリムさんが驚いたのは、「東京駅や皇居近くの高層ビル」だそうです。「エジプトのカイロにも高いビルがありますが、このような高くて大きいビルがないです。やはりびっくりしました。」

 そして「日本は緑の多い国です」と話ました。「大都市の場合、どうしてもビルやマンションが多く、緑が少なくなりますが、東京は公園に豊かな緑があります。エジプトの場合、メンバー制のクラブに行けば緑に触れられますが、町中はなかなかないですね……」

 初日の感想として、「日本人のお客さんがやはり優しいです!でも道路が込んでいて、信号も多いです。エジプトの道路では、信号がそれほど多くないので大変でした」

 普段、見慣れたビル・公園・信号も、外国人の運転手からは印象的に見えるようです。

「読めない地名が大変」

 日本でタクシーの運転手をする上で一番、大変なのは、やはり地名です。

 金さん(韓国)は「地名や施設は固有名詞なので、日本人ならすぐピンと来ますが、外国人で、かつ、東京での暮らしが長くないと、わからないこともあります」。

 ウエハラさん(ブラジル)は「カーナビを使おうとしても、『ー』か『う』か、長音を正しく入力しないとルートが出てこない」そうです。

 また、カーナビも100%頼りにならない場合があるそうです。

 「時々カーナビで検索しても出てこない場合があります。グーグルマップやヤフーのナビゲーションを併用することがあります」(ウエハラさん)。

 「ナビは、データが古いこともあります。23区なのに、実際に道がないところもありますね」(金さん)。

「ルートのトラブル、降りるまで文句」

 乗ったタクシーの運転手が外国人だった時、日本人のお客さんは、どのような反応をするのでしょう?

 林さん(中国)によると、トラブルになりやすいのはルートだそうです。

 「乗車してからずっと文句を言い続けた人もいました」

 金さん(韓国)も、「乗車してから降りるまで、『バカヤロウ』など、ずっと悪口を言い続けていて…そんなお客さんに何人も、遭遇しました」。

 一方、外国人の乗客は大体、目的地のメモを持ってくるそうで、ルートでのトラブルはほとんどなく、経路で苦情が出るのは、ほとんどが日本人のお客さんだそうです。

 ただし、金さん(韓国)は「たとえクレーマー的な態度をとるお客さんであっても、個人の性格だと思っています。日本人全体に当てはまるのは、間違いだと思います」と言います。

 そして、トラブルが起きた時の対処方法は「ひたすら謝る」だそうです。

 「このようなお客さんは極少数派なので、さっさと忘れて、次のお客さんへのサービスを切り替えちゃいます」(林さん、金さん)。

地理覚えるため「走るしかないです」

 外国人のタクシー運転手が苦労する「地理」。

 金さん(韓国)は「走るしかないです」。梁さんと林さん(中国)も「休まず走る」と言います。

 ウエハラさん(ブラジル)は、走ったところを全部メモして、エクセルに入力しているそうです。

 研修中のセリムさん(エジプト)は「地名の読み方が難しく、分からない言葉が多いので、グーグルやヤフーなどの検索エンジンに一つ一つ入れて、覚えています」。

乗車初日、母国語で「頑張ってくださいね」

 外国人の運転手ならでの心温まる場面も教えてくれました。

 ウエハラさん(ブラジル)が乗車した初日のことでした。

 「日本語はそれほどうまくないし、また経験もないので、かなり緊張しました」

 その日、乗せたお客さんが乗務員の名札にある「リカルド」という名前を見て「ブラジル人ですか」と聞いてきたそうです。

 ブラジルで3年間、働いた経験があったという、そのお客さんは最後にポルトガル語で「頑張ってくださいね」と話してくれたそうです。

 ウエハラさんは「それは、それは、忘れられない出来事でした……」と目を潤ませながら語りました。

 母親が台湾出身という林さんは、台湾好きのお客さんとパイナップルの話で盛り上がったこともあるそうです。

 1人で仕事をするタクシー運転手という仕事柄、母国の話ができるのは、外国人運転手にとってうれしい出来事のようです。

 ルートでのトラブルがある一方、金さん(韓国)は「道を教えてくれるお客さんは、うれしいです」と話します。

 「都心部を走るほど、親切に道を教えてくれるお客さんが多い印象があります。いつも、心が温まります」

 若い中国人の新入社員2人は「チップ」がうれしいそうです。

 「お釣りがいらないって言ってくれると、それだけでも一日がうれしいです」(梁さん)。

 「5千円のチップをもらった時は、ありがたかったです」(林さん)。

夢は観光タクシー

 2020年の東京五輪に向けて、観光も意識しているそうです。

 ウエハラさん(ブラジル)と、セリムさん(エジプト)は、日本語のスキルをさらに高めて観光ガイドの資格を取得し、観光タクシーの仕事をしたいそうです。

 金さん(韓国)は安全運転を心がけ「トラブルなしの運転を目指して頑張っていく」。林さんと梁さん(中国)は「道を覚えて、ナビを頼らない」と、それぞれ目標を掲げています。

 日の丸交通・企画部の西川浩康(ひろやす)課長は、外国人の運転手を採用する理由について「それぞれ優秀な人材ばかりです。運転手にとどまらず、個々のスキルを生かし、会社のグローバル化および日本のサービスの海外進出につなげたい」と話しています。
















なぜ中国人はサンルーフの車をこよなく愛するのか?

なぜ中国人はサンルーフの車をこよなく愛するのか?=「サンルーフの用途は換気」「使ってみればその良さがよく分かる」―中国ネット

Record china によりますと

なぜ中国人はサンルーフの車をこよなく愛するのか
画像ID  578989

18日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国人がサンルーフの車を好む理由について分析する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は北京。

2017年9月18日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国人がサンルーフの車を好む理由について分析する記事が掲載された。

中国を走る車を見ていると、サンルーフ付きの車が非常に多いという印象を受ける。実際、多くの中国人が自動車購入の際に、サンルーフが付いているかどうかを非常に気にする。

この理由について記事は、多くの中国人にとって自動車は「新たな事物」であり、自動車のサンルーフは特別「魅力的」に映るからだと分析。さらに採光効果が高く、高速道路では窓を開けることもできずエアコンをつけると年寄りから文句が出るが、サンルーフを開けて走るとちょうど良いという理由もあるという。

記事はまた、サンルーフを採用しても安全性に大きな問題はないと指摘。衝突試験でその点は実証されており、安心してサンルーフ付きの車に乗ることができるとした。その上で、なぜ日本にはサンルーフ車が少ないのか、疑問を呈している。

これに対し、中国のネットユーザーから「自分はサンルーフなしの車を選ぶ。たばこを吸わないし、サンルーフから雨漏りするからだ」「サンルーフか。ないと不便な感じがするけど、あってもほとんど使わない」「サンルーフの唯一の利点は雨漏りだろ」など、サンルーフに対して否定的なコメントが多く寄せられた。

しかし、「サンルーフの用途は換気だ。開けると一気に車内の空気が入れ替わる」「サンルーフがあれば最も速く換気できて、夜には女の子と一緒に星を見られる。使ってみればその良さがよく分かるよ」という意見もあり、やはりサンルーフ人気は根強いようだ。(翻訳・編集/山中)

日本では、サンルーフはほとんど売れなくなりました。
換気には良いのですが、値段が結構しますから。

なぜジェームズ・ボンドは「目立つクルマ」に乗るのか

なぜジェームズ・ボンドは「目立つクルマ」に乗るのか


アストンマーティンといえば、映画『007』。そしてジェームズ君が駆るボンドカーのなかでも、もっとも有名なのが「DB5」だ。名作『ゴールドフィンガー』で秘密兵器を搭載して大活躍し、23作目の『スカイフォール』にも登場する。

なぜ、スパイが目立つクルマに乗るのだろうか? という疑問はごもっとも。冷戦の時代に海外で諜報活動をするということは、上流階級に属する人たちにとけ込む必要があり、高級車はむしろ必需品。裏を返せば、イギリスでアストンマーティンに乗ることは、「上流階級の人間である」ことを示唆する。

ロンドンから約1時間ほど郊外に向かったアストンマーティン伝統の地、ニューポート・パグネルを訪れると、そのプレステージの高さが実感できる。そこには歴代モデルのほとんどが現存しており、裕福なオーナーたちの手でレストレーションを施されている。

1947年、中興の祖であるデイビッド・ブラウン卿は、わずか2万500ポンドで小さな自動車メーカーだったアストンマーティン社を購入し、数年の間に世界の有名レースで成功をおさめるまでに成長させた。ちなみに彼の妥協のないクルマづくりは有名で、あるときブラウン卿の知人が「友だちなんだから、原価で売ってくれよ」と頼んだところ、「じゃあ、販売店でつけている売り値より高いよ」と答えたという逸話がある。

そんなブラウン卿のイニシャルが冠せられた「DB」の精神は、最新の「DB11」にも連綿と受け継がれている。

クラシックななかにフロントに搭載されたV12ユニットは、5.2Lに”ダウンサイズ”されているが、ターボによる過給で最高出力608ps/最大トルク700Nmを叩き出す。アクセルペダルにのせた右足を踏み込んだ刹那、体がシートに押し付けられるような加速感だ。エンジン回転数の高まりとともに、官能的な排気音が背後で響き渡る。

伝統的なスポーツカーのフォルムではあるが、現代風にアップデートされた外観は、鬼才、マレク・ライヒマンの手による。まさに、英国の上流階級の”今”を体感できる一台だ。

DATA
駆動形式:後輪駆動
全長:4,739mm
全幅:1,940mm
全高:1,279mm
最高出力:608ps/6500rpm
価格:23,800,000円
問い合わせ:アストンマーティン・ジャパン(03-5797-7281)

アストンマーティン初の完全な電気自動車「Rapide E」、お目見えは2019年
アストンマーティンが初の電気自動車「ラピードE」を発売する。2019年に155台という限られた台数の生産で、車名から想起される通り、4ドア・クーペとなる。

そのパフォーマンスは、6LV12エンジンを積む「ラピードS」と同等のダイナミックなもので、同時に、理論上、スタート時に最大の加速を生む電気モーターの特徴を生かすことにより、従来のエンジン車と異なる新たなドライビング・エクスペリエンスを生むという。



この背景には、「1台あたりのCO2排出量を95g/㎞まで減らす」という欧州委員会による方針がある。一般的には、この規制に適合するには、ごく小排気量のエンジンをさらにハイブリッド化する必要があるが、アストンマーティンでは大排気量エンジンの魅力はそのままに、アストンマーティンらしさを追求したピュアEVを新たに開発し、CO2排出量を抑えながらも、新たな体験を追加する方針を打ち立てたのだ。

青山 鼓

単に映画と自動車メーカーのタイアップだと思ってました。
ちゃんと高級車を使う意味があったのですね。

リコールまとめ(2017.9.24)

kurumagによりますと
<リコール・不具合情報>

●スズキ、「アルト」「キャロル」のリコール届出(9/21)

 対象車種 :スズキ・アルト、マツダ・キャロル
 部位・状況:フロントワイパーモーターの防水構造不適切。部品が腐食し、
       ワイパーが作動しなくなるおそれ
 製作期間 :平成21年12月1日~平成24年1月27日
 対象台数 :265,008台

●BMWJ、「X1」「5シリーズ」等のリコール届出(9/20)

 対象車種 :X1、5シリーズ、MINI Crossover
 部位・状況:取扱説明書に、i-Sizeチャイルドシートの座席位置別適合性一
       覧が未記載
 製作期間 :平成27年7月2日~平成29年5月8日
 対象台数 :17,643台台
お気を付けください。

なぜクルマの三角表示板は標準装備じゃない?

なぜクルマの三角表示板は標準装備じゃない?

web CARTOP によりますと

高速道路を利用しても路上で駐停車しない限りお咎めなし

 クルマが故障などの理由で、やむを得ず路上に駐停車しなければならないときは、ハザードランプを点滅させ、発炎筒を着火させ、停止表示器材を車から50m以上後方に置くことがルールになっている。


発煙筒


 とくに高速道路においては、道路交通法施行規則で、「高速自動車国道等において故障その他の理由により自動車を運転することができなくなったときは、当該自動車等が故障その他の理由により停止しているものであることを表示するために運転者が後方から進行してくる自動車の運転者が見やすい位置に停止表示器材を置かなければならない」(第二章の六 停止表示器材の基準)と定められている。


発煙筒


 にもかかわらず、発炎筒は標準装備なのに三角表示板はなぜ標準ではないのか? その理由は主に2つ。


 理由1:発炎筒の携帯は義務であり、三角表示板の携帯は義務付けられていないから。発炎筒に関しては、道路運送車両法の保安基準第43条の二に、「自動車には、非常時に灯光を発することにより他の交通に警告することができ、かつ、安全な運行を妨げないものとして、灯光の色、明るさ、備付け場所等に関し告示で定める基準に適合する非常信号用具を備えなければならない。ただし、二輪自動車、側車付二輪自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車及び被牽引自動車にあっては、この限りでない」とあり、明確にその携帯が義務付けられている。


発煙筒


 一方、三角表示板は高速道路でやむを得ず駐停車したときに、表示しないと罰則(違反点数1点、反則金6000円)があるだけで、三角表示板を携帯せずに、高速道路を利用しても、路上で駐停車しない限りはお咎めがない。これが三角表示板が標準装備ではない、主な理由。


発煙筒


 理由2:三角表示板は、ほぼ恒久的に使えるから。発炎筒は日本工業規格(JIS)によって、有効期限は4年間と定められていて、つまり消耗品のひとつ。


発煙筒


 一方、三角表示板にはとくに有効期限がなく、一度購入すれば、クルマを買い替えても次のクルマに積み直せば半永久的に用が足りるシロモノ。こうしたものは、標準化せずに希望者が購入すればいいと考え、標準化されてはいないのだろう。


 なお、各メーカーの新車のオプションで用意されている、「エマージェンシーキット」には、基本的にこの三角表示板がセットになっている。もし、自宅に三角表示板がないという人は、新車購入時にこの「エマージェンシーキット」をプラスして注文すればいいし、中古車等を買ったときは、ホームセンターや量販店で


、1000円前後で売っているので、ひとつ購入しておくと安心だ。







違反になるならずにかかわらず、自衛のためにぜひ携行しましょう。

最新コメント
ランキング
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
メッセージ