くるま購入の顛末記

くるま購入のトラブル回避に。 新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

車リコール通知、1割が未着 車検証の住所未変更が原因

車リコール通知、1割が未着 車検証の住所未変更が原因

朝日新聞デジタルによりますと

車リコール通知、1割が未着 車検証の住所未変更が原因

 車のリコール(回収・無償修理)を通知するダイレクトメール(DM)の1割が、持ち主に届いていないことが国土交通省の調査でわかった。2015年度は推計約180万台分が届かなかった。転居時に車検証の住所変更をしない人がいるためだ。死亡事故につながる欠陥に対処できないケースもあり、メーカーは対応に苦慮している。


 国交省が昨秋、国内の自動車メーカー各社に聞き取り調査を実施。昨年9月までの1年で約100万通を発送したある自動車メーカーでは、9・3%が持ち主に届かず、戻ってきていた。別の会社は、昨年上半期発送分の9・1%が届かないまま。その他の会社も、集計期間にばらつきはあるものの、多くが「1割が届かない」と回答した。


 各社が15年度に国交省へ届け出た全リコールの対象車は1899万637台。前年度の2倍で、過去最多を3年度連続で更新した。国交省は今回の調査をもとに、うち約180万台分のDMが届かなかったと推計する。


 リコールは、販売後の車に見つかった不具合を無償で改修し、事故を未然に防ぐ制度。メーカーや販売店は、法令に基づいて提供された車検証の情報や、独自の顧客情報を使って持ち主を探し、DMで知らせる。このため、転居時に住所変更を怠り、販売店にも知らせていない場合、DMが届かなくなる。個人情報保護の観点から、住民票など、別の個人情報をもとに持ち主をたどるのは困難だ。

車検時にはリコール済みかどうか、陸運局が知らせるのですが、一刻も早い対応が必要なのは言うまでもありません。 

TNGA第2弾のトヨタ・C-HRが採用したこだわりのショックアブソーバーとは?

TNGA第2弾のトヨタ・C-HRが採用したこだわりのショックアブソーバーとは?

オートブログによりますと

■欧州の逸品ショックアブソーバー「ザックス」を採用


新型C-HRは、4代目プリウスに続く新世代プラットフォーム「TNGA」の第2弾として登場しました。FF仕様はプリウスのプラットフォームをベースに、センターコンソールやシートの土台、前後メンバーのジョイント等の小変更で対応。また4WD仕様では、ドライブシャフトを通すために、リアのフロア構造を大きく変更しています。

8235

アッパーボディは新型C-HRの専用設計で、ドア等の開口部に高張力鋼板を活用。特にドアやリアゲートの開口面を環状構造にすることで、軽量かつ高剛性なボディを構成しています。


さらにドイツで公道テストを実施するなど走りにこだわり、専用装備で磨きをかけています。足回りでは、欧州でも特にドイツ車が装備することで名高い、ザックス社製のショックアブソーバーを採用。スタビライザーの口径もアップして、高い次元でハンドリングと乗り心地を両立しました。

最近トヨタ車の走りは格段に良くなってます。
海外製品にこだわらず、良いものを取り入れてる成果なのでしょう。
日産もエクストレイル、デュアリスにザックス製のショックアブソーバを使って走行性能を全面的にアピールしてましたが知らない間に日立製に代わってました。
宣伝に使って、ほとぼりが冷めると違うメーカー製にする、詐欺のような商法でした。
天下のトヨタですから、そういうことは無いとは思いますが。 

リコールまとめ (2017.1.14)

kurumagによりますと
<リコール・不具合情報>

●トヨタ、「レクサスIS」等のリコール届出(1/13)

 対象車種 :IS250/250C、IS350/350C、IS F、LFA
 部位・状況:助手席用エアバッグのインフレータの不具合。エアバッグ展開時
       に容器が破損するおそれ
 製作期間 :平成22年11月12日~平成24年12月26日
 対象台数 :2,244台

●FCAJ、「グランドボイジャー」等のリコール届出(1/13)

 対象車種 :クライスラー・グランドボイジャー、ダッジ・JC
 部位・状況:イグニッションキーシリンダの不具合。走行中にエンジンが停
       止してしまうなどのおそれ
 輸入期間 :平成20年2月1日~平成22年11月29日
 対象台数 :606台
お気を付けください。 

ボーズ社が滑らかな乗り心地を提供する自動運転車向けシートをCESで発表

ボーズ社が滑らかな乗り心地を提供する自動運転車向けシートをCESで発表


ボーズ社が滑らかな乗り心地を提供する自動運転車向けシートをCESで発表
音響機器で有名なボーズ社だが、実は様々な自動車関係の技術も手掛けている。中でも最も意外なのが、滑らかな乗り心地を実現するトラック用シート・サスペンション・システムだろう。同社は今月8日まで米国ラスベガスで開催されたCES(国際家電ショー)において、自動運転車向けに開発した同様の技術を実演した。これは「Bose Ride」と呼ばれるサスペンション・シーティング・システムを搭載した自動運転車のシミュレーションによるデモで、このシートが「路面から受ける振動や揺れ、不快な動きから乗員を解き放つ」と説明されている。

これはつまり、せっかくロボットが運転してくれるクルマに乗るのだから、クルマに揺られているよりも、リビングやオフィスにいるような感覚を味わおうという発想によるもの。ボーズのオートモーティブ部門ヴァイス・プレジデントを務めるマーク・マンセル氏は、2010年に誕生したトラック用のBose Rideシステムに言及し、「我々のパーソナル・サスペンション技術はすでに有効性が実証されており、乗員の体感を劇的に向上させることが可能です」と語っている。

ボーズ社がサスペンション技術の開発に乗り出したのは1980年代初頭のこと。同社の創業者アマー・G・ボーズ博士がクルマの乗り心地を向上させるべく、当時としては時代のはるか先を行くサスペンション・システムを考案した(下の動画)。それがようやくトラックのシートに採用されると、ビッグリグ(大型トラック)の粗野な乗り心地は改善され、ドライバーの疲労や腰痛の軽減につながったと言われている。

ボーズ社によると、今回の新たなシステムでは大型トラック用で使われている単軸モーション・コントロールを、乗用車により適したアクティブ多軸モーションを採用する設計に移行させたという。現段階ではコンセプトであるものの、機会があれば体感してみる価値はあるだろう。
こんなものも開発していたのですね。 

スイフト RSt

20170112_131742013

スイフト RSt
☆☆☆☆☆

定評のあるスイフトの新型です。

新しいプラットフォームを使ってるので懸念があったのですが、熟成が進んだようで大丈夫です。

1リッターの小排気量ターボですが、6ATと組み合わせることによりダイレクト感がある変速が可能です。
バレーノに搭載されていたものをレギュラーガソリン化して洗練させたものです。 

やはりミッションは多段ATかツインクラッチが小排気量ターボにはマッチします。

いや良くできてます。

当然コストの関係で遮音等はそれなり、路面の凸凹にも反応してしまいますが、バランスが良いです。気持ちよく乗れます。長距離も疲れにくいと思います。

スズキの利点であるテレスコピックも標準装備。運転ポジションは完璧にとれます。

180万円で、自動ブレーキのみならず、アダプティブオートクルーズまで装備されます。
自動ブレーキもトヨタ車に採用された定評のあるもの、国交省のテストでも最高評価を得ることでしょう。

アクセル操作が自然、ハンドル操作も自然、ブレーキはスポーツタイプなので強力。乗り心地が少し硬めなのを許容できれば、最高の熟年者向け車両ではないでしょうか。

家内のスプラッシュも交換の時期がきたのかな。

20170112_135156392

燃費は、20.1km/lでした。
 
最新コメント
ランキング
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
メッセージ