知っておきたい車の情報

くるま購入顛末記ご愛読いただき有難うございました。 初期の趣旨と内容が変わってきましたので題名を変更いたします。 新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

JAF沖縄 大雨・台風時 冠水路にご用心!

JAF沖縄 大雨・台風時 冠水路にご用心!

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)によりますと

~クルマの浸水トラブルを避けるために~


一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)沖縄支部(支部長 堀川 恭進)は、台風等による大雨が多発する時期を迎え、大雨・集中豪雨下での運転の注意点をまとめました。


2017年4月26日沖縄県石垣島(石垣市)では、4月の一時間当たりの雨量としては過去最高の98.0ミリを記録し、この影響で道路が冠水し動かなくなった車両が相次ぎました。近年は台風等で、集中豪雨が多発していますので、次のポイントに留意して、大雨によるクルマの浸水トラブルを防ぎましょう。


***************************************************


大雨・集中豪雨時にクルマの浸水トラブルを防ぐポイント


1 大雨・集中豪雨の際はなるべく運転を控えましょう

視界や見通しが悪く危険です。運転する場合は決して無理をしないでください。


2 周囲より低い位置にある道路は避けましょう

地下道やアンダーパス(高架橋の下を通過する道路)は低い位置にあり、水がたまりやすいため、短時間でも水位が上昇する恐れがあります。


3 冠水している道路は避けましょう

比較的水深が浅く(5~10cm程度)ても、水中の様子は分かりにくく落輪の危険性も高まります。


4 クルマの保管場所は安全ですか?

地面より低い駐車場には水がたまりやすいので、安全を確保した上で状況を確認しましょう。


5 いざという時の脱出道具はありますか?

冠水により窓やドアが開かない時、シートベルトがはずれない時のため、ガラス割りハンマーやシートベルトカッターを車内に常備しましょう。

もうすぐ梅雨の季節が来ます。
前もって心構えを。

韓国で無免許運転ばかりを狙ったあたり屋が横行

韓国で無免許運転ばかりを狙ったあたり屋が横行 無免許をつけこみ恐喝まで

ゴゴ通信によりますと

【簡単に説明すると】

・韓国で無免許運転の車を狙うあたり屋
・免許再発行に車で行った人を狙った
・5000万円を恐喝した14人を逮捕


韓国で無免許運転の車を相手にわざとぶつかるあたり屋が横行している。

このようなあたり屋はわざと事故を起こしたあと、巨額の和解金を要求するというのだ。


では、あたり屋は何故運転手が無免許だと分かったのだろうか? それは運転免許が取り消され再発行の講習に来た人達を狙ったのだ。講習に来た人達は本来免許が無い状態なので運転出来ないが、コッソリ運転して会場まで訪れている。それを見られており、あたり屋のターゲットとなったようだ。


講習に来た人はようやく運転免許証が再発行されるかと思ったら、免許が無い状態で事故を起こしてしまったため巨額の和解金にも応じるという。


中にはトラックの運転手など運転により生計を立てている人やお年寄りまでいるという。

これにより得られた和解金は5億ウォン(約5000万円)で、一味14人が逮捕された。


免許が停止された状態で講習に来る人も悪いが、それにつけ込むあたり屋も問題となっている。

よく考えるものですね。

やはり日本車の耐久性は本物だ!

やはり日本車の耐久性は本物だ! 10年落ちでも問題なく走る=中国

日本車はコストパフォーマンスの高さで世界的に人気だ。中国の自動車市場でも合弁メーカーとして人気が高いのは特に日系車とドイツ車だが、果たしてどちらの車の方がより良い車なのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本車はコストパフォーマンスの高さで世界的に人気だ。中国の自動車市場でも合弁メーカーとして人気が高いのは特に日系車とドイツ車だが、果たしてどちらの車の方がより良い車なのだろうか。

 中国メディアの今日頭条は6日、耐久性という観点で日系車とドイツ車を比較する記事を掲載。それぞれを代表する車として、トヨタ・カローラとフォルクスワーゲン・ジェッタの10年使用した場合における耐久性を比較した。

 記事がこの2つの車種を選んだのは、どちらも質の高い「大衆車」として知られているためだという。中国で自動車を購入する大多数は民間企業の給与所得者であり、短期間で車を買い替える余裕はない。そのため、廃車になるまで乗り続けたいと考える中国人にとって耐久性は非常に重要だ。

 最初に記事が紹介したのは、10年落ち走行距離18万キロのカローラだ。ボディにかすり傷があるものの、これまでに交換したのはタイヤ、バンパー、ヘッドライト程度で、大きな問題が起きたことがない優良車だ。持ち主は頻繁に点検・修理に出していたようで、きれいに使用していたようだ。ただ、助手席からの異音と、燃費の良さが売りの日本車にしては100キロメートルあたり7リットルという燃費が気になったとしている。

 では、フォルクスワーゲンのジェッタはどうだろうか。カローラと同じ10年落ちだが、走行距離は15万キロ弱で保存状態は良いという。特筆すべきは、カローラにはない高速道路での安定感と、吸い込まれるようなマニュアル変速機の感覚だ。しかし、残念な点はカローラよりも異音が気になることだという。運転席、サスペンション、座席下から異音があり、さらにフォルクスワーゲン共通の欠点として、オイル下がりの問題もあるという。

 では、この2台を比べた結果はどうだろうか。記事は、この2台を中古車市場における価格で比較。カローラは3万元(約50万円)で販売されているのに対し、ジェッタは2万5000元(約41万円)が相場であり、同じ10年落ちの場合はカローラの方がより高い価格がついていることを紹介した。日系車は古くてもトラブルが少ないためなのだろう、3万元という金額で売られているとは驚きだ。やはり日本車の耐久性は本物と言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF) 
中国でも評価されてるということは、うれしいですね。

高速道路に歩行者、はねたら処罰や損害賠償はどうなる?

「なんでこんなところに」高速道路に歩行者、はねたら処罰や損害賠償はどうなる?

弁護士ドットコム によりますと

「なんでこんなところに」高速道路に歩行者、はねたら処罰や損害賠償はどうなる?


4月24日夜、神奈川県綾瀬市の東名高速道路上で、成人男性とみられる遺体が見つかった。車に引きずられたような痕があり、警察がひき逃げ事件として捜査していると報じられた。


報道によると、遺体が見つかったのは、片側4車線ある本線の中央付近。通りかかった車の運転手から「高速道路上に人が倒れている」との通報があったという。


ドライバーにとって、高速道路の走行路に人がいることは想定されていない。一般論として、高速道路で人をひいてしまった場合、処罰や損害賠償の程度はどうなるのだろうか。桑原真理弁護士に聞いた。


●「過失運転致死罪」になるかが争点、不起訴の確率高し


まずは刑事罰から見てみよう。一般に問題になるのは、自動車運転死傷処罰法に定められた「過失運転致死罪」に当たるかどうかだ。この点について、桑原弁護士は次のように説明する。


「過失運転致死罪が成立するには、ドライバーに前方不注視などの過失(注意義務違反)があることが必要です。ただし、過失運転致死罪が成立するときでも、検察官が起訴するのは酷だと判断した場合には起訴猶予となります」


桑原弁護士によると、高速道路の場合、ドライバーの過失を問うのは一般道より難しいのではないかとのことだ。補修工事関係者の立ち入りや、事故後の非常措置などの例外を除き、正当な理由なく高速道路に立ち入ることは「高速自動車国道法」で禁止されているからだ。


「高速道路は人の立ち入りを予定していないため、人の存在や行動の予測が困難な状況もありえます。また、前方を注視し人に気付いた時すぐに急ブレーキを踏んでも停止距離の関係で回避できないこともありえます。そのため、一般道に比べてドライバーの『過失』を問えないこともあると考えます。


また、過失運転致死罪が成立する場合でも、本来高速道路への人の立ち入りは禁止されており、被害者の過失が大きいことから、起訴猶予になったり、起訴された場合でも執行猶予になったりすることが多いでしょう。


ただし、高速道路であっても、人をひいたら『救護義務』が発生します。本件のような、ひき逃げは道路交通法違反となります。過失運転致死罪で起訴するかどうかや、量刑の判断においても不利に働くのではないでしょうか」


●仮にドライバーの過失が認められても、大幅な過失相殺


ここまでは刑事責任の話。民事的にはドライバーの責任はどう考えられるのか。


「ドライバーは自分の無過失を証明できない限り、民事上の損害賠償責任を免れることはできません。ただし、高速道路を歩いていること自体、歩行者の重大な過失として相当大きな過失相殺がなされます」


ちなみに、基本の過失割合はドライバー20、歩行者80とされているそうだ。民事の場合でも、ドライバーの責任の割合はかなり小さいと言えそうだ。なお、履歴書の賞罰欄の「罰」は、確定した有罪判決、すなわち前科のことをいうため、刑事裁判で有罪にならなければ、書く必要はない。


【取材協力弁護士】

桑原 真理(くわばら・まり)弁護士

平成18年弁護士登録(59期)。第一東京弁護士会所属。民事・刑事を問わず幅広い分野を取り扱っているが、特に、男女問題、離婚、相続に注力している。

事務所名:日本橋桑原法律事務所

事務所URL:http://kuwabara-law.jp/

弁護士ドットコムニュース編集部

参考にしてください。

リコールまとめ (2016.5.20)

kurumagによりますと
<リコール・不具合情報>

●三菱、「アウトランダー」のリコール届出(5/18)

 対象車種 :アウトランダー PHEV
 部位・状況:エンジン制御プログラムや点火プラグ等の不具合。EVバッテ
       リーの充電が行われず、走行不能となるおそれ
 製作期間 :平成25年1月17日~平成27年6月15日
 対象台数 :23,179台

●スバル、「エクシーガ」のリコール届出(5/18)

 対象車種 :エクシーガ
 部位・状況:ルーフレールフロントカバーの不具合。走行中に脱落し、他の
       交通の妨げになるおそれ
 製作期間 :平成27年4月8日~平成28年5月13日
 対象台数 :5,227台

●スバル、「エクシーガ」の改善対策届出(5/18)

 対象車種 :エクシーガ
 部位・状況:サイドシルガーニッシュの取付強度不足。ガーニッシュが外れ
       てしまうおそれ
 製作期間 :平成27年4月8日~平成27年11月26日
 対象台数 :3,249台

●ボルボJ、「XC90」等のリコール届出(5/18)

 対象車種 :V90クロスカントリー、XC90
 部位・状況:制動装置コントロールモジュール等の不具合。エンジンが始動
       できなくなるおそれ
 輸入期間 :平成27年12月25日~平成29年2月17日
 対象台数 :1,278台

●ボルボJ、「XC90」等のリコール届出(5/18)

 対象車種 :V90/V90クロスカントリー、XC90
 部位・状況:カーテンエアバッグの不具合。衝突時に適正に展開せず、乗員
       に過度の傷害を与えるおそれ
 輸入期間 :平成29年1月12日~平成29年2月26日
 対象台数 :145台
お気を付けください。

最新コメント
ランキング
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
メッセージ