知っておきたい車の情報

新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。 新たにお気に入りの店を掲載しましたのでお楽しみいただけたら幸いです。

2017年10月

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

スイフト スポーツ 6AT

20171023_131156779

スイフト スポーツ 6AT
☆☆☆☆★

従来のタイプとは別物です。
ボディは3ナンバーとなり、外装の部品も違うものです。
ヨーロッパで販売するタイプはこちらのようです。

試乗してもヨーロッパ車です。

ボディ剛性が高く、結構固めの足回りなのですが履きこなし感があります。
キビキビ走ります。

高速安定性も高く、このサイズの車としては非常によくできていると思います。

シートはバケットタイプで十分なサイズがあります。座り心地もしっかりしてます。
スズキの車としては当然テレスコピックは搭載。
納得のいくドライビングポジションが取れます。

6ATは、ロックアップを素早くするタイプでダイレクト感が高いです。減速するとシフトダウンしていくヨーロッパ車の設定です。
乗り方によっては、ギクシャクすることもありますが、この車の性格としては合ってると思います。

ブレーキも踏んだら踏んだだけ効くタイプです。

1.4ターボなのですが、ミッションの相性が良いので乗りやすいです。
小排気量ターボには、多段ATが一番ですね。

この値段で、この仕上がりは非常にお買い得ではないでしょうか。

ただこのサイズですから、どっしり感は期待できません。フラット感もそれなりです。
でもホットハッチとしては、国産随一の出来だと思います。
乗っていて楽しいです。

前回も書きましたが、スズキの試乗車が少なくなってます。
この車は橿原営業所へ乗りに行きました。
MT車は奈良神殿の本社だけです。


20171023_135058799

燃費は17.8㎞/lでした。ハイオクなのがちょっと気になります。

雨の四国旅行 最終日

雨の四国旅行 最終日

長く降り続いた雨も小休止。今日は少し晴れ間も見えます。

DS7_0407

しまなみ海道の景色が楽しめます。
急いで朝食を摂り出発です。

まずは大島の亀老山展望公園を目指します。


DS7_0425


DS7_0436

DS7_0428


晴天ではありませんが、雨がホコリを洗い流したせいか遠望が利きます。
風が強く寒いですが、景色を楽しみます。
瀬戸内海、良いですね。最近高級クルージング船が出来たとか。是非乗ってみたいものです。

続いて同じ大島のカレイ山展望公園へ。
実はここが一番来たかったところなのです。
和田竜さんの村上海賊の娘を読み、是非とも能島を自分の目で見たかったのです。


DS7_0472

想像以上に小さな島です。


DS7_0476

宮窪瀬戸

潮流が見れなかったのは残念ですが、小説の世界に浸れたひと時でした。

最後に大三島にある伊予の国一宮大山祇神社に向かいます。

ちょうど昼時なので、行列のできる店に並びます。

20171018_114622626

平日にもかかわらず評判通りすごい行列です。
名前を書いて先に大山祇神社に参拝します。


DS7_0482

DS7_0484

境内に樹齢2600年の大楠があります。

感動をいただき参拝に。


DS7_0487


DS7_0514

日本総鎮守のお社ですので、日本の安全を祈願。
入口の所に、連歌の詠み処が。再度小説の世界に浸り食事処へ。

DS7_0510

まだ少し待ち、いよいよ中へ。


20171018_115928759


20171018_115852757

うーん、値段は確かに安いですが並ぶほどでは・・・

天気予報ではまた雨になりそうなので、帰宅を急ぐことに。
雨の高速は避けたいですから。

幸い高速を走ってる間は雨に遭わず奈良県へ。

夕方になったので、行きに叶わなかった釜揚げうどんを奈良で食べることに。

20171018_181941491

真美ケ丘の鈴庵さん。評判が高いお店なのですが機会がなく未訪問でした。
噂にたがわず素晴らしい味で最期を締めくくることが出来ました。

全行程1,100㎞。無事帰ってきました。
現存天守12城も残すところ、備前松山城、弘前城となりました。
備前松山城は近々訪れたいと考えていますが、弘前城はいつになることやら。

翌日知ったのですが、中国道でタイヤに乗り上げた例の事故が。
皆さんもくれぐれも安全運転で。

最後までご覧いただき有難うございました。

雨の四国旅行 2日目

雨の四国旅行 2日目

今日も朝から雨なので、旅館のバイキングをたっぷり詰め込んで早々に出発です。

天気が良ければ四国カルストを見たかったのですが。
高速乗り放題を活用して四万十経由で宇和島へ行くことにしました。

高速終点の四万十町中央で降り、四万十川に沿って宇和島城を目指します。
山の中の道なので、カーブやアップダウンを懸念していたのですが、すごく快適な道です。
四万十川が大河なのでか、それに沿った道は非常に走りやすいです。

雨のせいか、川の水は思ったほどは澄んでいませんでしたが、ゴミが全く流れてません。流域の方々の意識が高いのが伺えます。
流石は日本一の清流です。

20171017_105817182

20171017_105820918

20171017_110715882
四万十栗の栗きんとん買いました。

お昼前に宇和島に到着。
地元のグルメを楽しむために、人気ナンバーワンといわれる店に。


20171017_122548553

鯛めしとさつま飯を注文。家内とシェアします。
鯛めしに、宇和島式と松山式があると聞いていたので。

宇和島式鯛めしは、鯛の刺身が入った卵かけご飯です。
さつま飯は、ほぐし焼魚の入った味噌汁ぶっかけ飯。


20171017_120433280
さつま飯


20171017_120824605
宇和島式鯛めし

名物を食べたということで満足。

宇和島城へ向かいます。
写真で見る限り、あんまり期待していなかったのですが、予想外でした。

城山が結構高く、天守まで徒歩でしか行けません。

DS7_0200

結構ハードな行程で、これは足腰が弱ると無理ですね。


DS7_0202

苦労して上ったせいか、かわいらしい天守が意外に立派に思えました。少なくとも丸亀城よりは素晴らしいです。


DS7_0217


DS7_0247

実は学生時代のクラブ合宿で40年前に宇和島へ来てます。
何も覚えてません。情けない話です。
釣り宿に泊まったことだけは覚えてるのですが。

次はいよいよ松山城です。
時間が押してきたのと、宇和島城で想定外に疲れたことで、ロープウェイでの往復です。

DS7_0250


観光地として整備されてるので、外国の方の登城も多く見受けられます。


DS7_0256


DS7_0263

四国の城の中ではナンバーワンです。
広さといい、天守の立派さといい。
最後に取っておいて良かったです。
順番を間違うと、感動の度合いが違ったかも。


DS7_0270


DS7_0309


宿に着いたのは、午後5時。松山城が素晴らしかったので、予想外に時間を取ってしまいました。

宿に着いて早々に、道後本館に向かいます。
来年に改修をするということで、見られるのは今年いっぱいです。
少し暗くなってきたので急ぎます。


DS7_0322
DS7_0363


DS7_0383

テレビでは見たことがあるのですが、現物はやはり素晴らしいです。
一周して堪能しました。いや良いものを見ました。
夏目漱石「坊ちゃん」の世界が目の前に広がりました。

DS7_0390

宿に戻り、松山式鯛めしを食べて今日は終わりです。

20171017_200858024

一般的に鯛めしといえば、松山式のほうが思い浮かびますね。

雨の四国旅行 初日

雨の四国旅行

初日

遅い夏休みを取って、家内と結婚うん周年旅行(数字をいうとすごく怒られます)へ行ってきました。

今お城(現存12天守制覇)と、一宮巡りにはまってます。
今回は、高知城、宇和島城、松山城、土佐神社、大山祇神社が目的です。

別稿で書きましたが、みち旅を使って高速料金は安く済みました。

大阪の渋滞を避けるため、いつもより早く起き出発です。
近畿道の摂津北の渋滞はうまく避けられたのですが、中国道に入ってからが大変。
宝塚インターチェンジ先の事故渋滞で全く動きません。

雨が降ると、整備不良の車が事故を起こします。
タイヤのチェックは確実に。

1時間半ほど渋滞の中、やっと動き出して、やれやれと思っていると、今度は西宮北で事故。
出発早々、渋滞で2時間以上のロスです。

昼食は香川でうどんを予定していたのですが、仕方なく吉備SAで食事。
旅行だから名物をと、デミかつ丼をチョイス。


20171016_120744626

うーん、それなりです。

ずっと雨です。
視界も良くなく、路面が濡れてますから、安全運転です。
普段以上、運転に疲れます。

第一目的地の土佐神社に到着です。
旧土佐の一宮、流石に立派です。
駐車料金も取られませんし。

DS7_0089

DS7_0108


雨の中、無事参拝し高知城へ向かいます。

まず今日の宿泊の旅館へ車を預け、徒歩で高知城へ。
(高知城の駐車場は料金が要ります。)
高知へは何度も来ているのですが、以前は興味がなかったため高知城への登城は初めてです。

お城は見えるのですが、どこから入っていいか分かりません。
通りがかりの人に声をかけると何と入り口まで案内していただきました。

以後何回か地図を広げて確認していると、誰となく声をかけていただきます。
流石はお遍路の地、みなさんおもてなしの心が素晴らしいです。
気持ちよく観光ができます。
四国、お勧めです。

高知城、想像以上に素晴らしいものでした。
解説は、ネットで確認していただくということで、写真だけ掲載します。

DS7_0121

DS7_0125

DS7_0171


ひろめ市場へ寄り、宿へ。

DS7_0182


カツオのたたきも堪能し初日は終了です。


20171016_182151914

龍馬生誕地もお約束で寄りました。


DS7_0189


DS7_0190

追突事故被害の場合

追突事故被害の場合

先日お客様が追突被害に遭遇されました。

場所は京奈和道橿原IC降り口。
京奈和道は8月に橿原から和歌山まで全線開通し、無料ということもあって非常に混雑します。特に橿原ICから少しは繋がっていないこともあって常時渋滞してます。

お客様もその渋滞に遭われ、停車していたところに追突されました。

加害車両は京都ナンバーのチェイサー。
被害車両は、キューブ、お客様のシエンタ、プリウスです。

チェイサーはノーブレーキでキューブに追突。その反動でシエンタ、プリウスへと玉突き衝突です。

お客様のシエンタは、キューブとプリウスに挟まれ、ざっと80万円の損害。
当然お身体も負傷されました。

水曜日夕方の事故です。

翌木曜日朝一で、シエンタをお預かりしました。
お客様はお仕事のため、事故状況は電話でお聞きしました。

加害者は、国内大手のM社に加入とのこと。

M社からの電話を待ちましたが連絡がありません。
午後になっても連絡がないので、こちらから連絡しました。

完全な被害事故ですのでレンタカーが要求できます。お仕事で車をご使用なので、早急に手配したいので。

電話したところ、お客様の承諾があるのでレンタカーは軽自動車にしろとのこと。お客様に確認すると、一方的に軽自動車にしろとのことだったのでしぶしぶ了承したとのこと。
お客様のお怪我は普通車だったので、この程度で済んだのでは?くらいの状況です。お客様の奥様も怪我の点から普通車を希望だったので交渉して何とか普通車を認めさせました。

大切に乗られ、距離もそんなにあがっていないシエンタですが、年式からすれば全損の恐れがあります。

金曜日にM社のアジャスターがシエンタを見に来ました。
アジャスターに全賠特約の有無を確認しました。が、教えてくれません。後日知らせるとの返事です。

金曜日になっても返事がありません。再度こちらから問い合わせますが、まだ確認できないとの返事。

相手保険会社の対応に不安を感じたので、お客様に時間を取っていただき面談することにしました。

代車特約がお客様の保険契約に付帯されてること、弁護士費用があることを確認し、使っても保険料が上がらないことを説明し、必要に応じて使うことを承諾いただきました。

月曜日午前中返事を待ちましたが連絡はありません。
午後になって、またもやこちらから連絡しました。

損害金額は見込み通り約80万円。ただし時価額は約40万円なので全損ですねとの話。幸い全賠特約があり加害者の使用承諾も得られたので、修理するなら90万円までお支払いしますとのこと。ただし特約を使うので、中古部品を使えとの指示。

100パーセントの被害事故。中古部品は納得できません。なんとか新品部品での修理を承諾させました。

経過をお客様に知らせ判断を仰ぐことに。乗り換えるのなら全損金額の40万円と臨時費用の4万円で約44万円。修理するなら、幸い走行に後遺症が残るような修理じゃないので、負担なしに仕上げますと。

1日悩まれた結果、修理することになりました。

木曜日にお客様の保険会社と相談。
M社は、代車を原則2週間しか認めないので、先行して代車費用を使うことになりました。代車費用は事故日から1か月の代車を認める特約なので、先に代車費用を使い、それをオーバーした分からM社の代車を使うことに。当然お客様の承諾のもとに。

約80万円の修理。1か月以上かかります。代車費用がなければ、お客様に負担が出るところでした。

幸い1月と10日ほどで修理は完了し、お客様に負担していただくことなく物損の処理は終わりました。修理代金は、中古部品を使わなかったせいか理由もなく1万数千円値切られましたが。

あとは人身の示談ですが、幸いこれも弁護士費用があるので安心です。お客様の1日も早い快復を願って、この記事は終了いたします。

参考に
先日弊社従業員も追突事故に遭いました。
幸い入院まではいきませんでしたが、全治まで半年かかりました。
相手保険会社は、国内大手のA社です。
人身の慰謝料ですが、弁護士を入れたら約3倍になりました。
最初の提示は自賠責基準です。弁護士費用がなければ、ほぼ上積みはなかったでしょうね。

スイフト ハイブリッド

20170925_143300983

スイフト ハイブリッド

☆☆☆☆★

スズキのシングルクラッチオートマチック、5AGSにフルハイブリッドを組み合わせた車種です。

ソリオのフルハイブリッドと同じ方式です。

ソリオに比べ、スムーズさは劣ってます。
反面、シフトダウン、アップの反応は良くなってます。

マニュアルシフトの車のように楽しむにはスイフトのほうが向いていると思います。
普通の5AGSのようにアクセル操作をすれば、ショックなしに走行も可能です。

運転していて楽しい車です。

新型プラットホームになり時間が経過してきましたが、熟成はまだ過渡の段階です。
下道走行では、乗り心地も良くフラット感も悪くないです。

しかし高速になると、以前のスイフトほどしなやかさは感じません。
少し浮いたようなハンドリングになってしまいます。

ただACCは結構優秀で、これをセットして高速クルージングすれば疲れも少なくて済むと思います。

このクラスでACCが付いているのはスズキだけです。これは高く評価できると思います。

足回りに関しては、まだ以前のレベルには達していないと思います。

スイフトスポーツに期待しましょう。

一つ注文を。

スズキの試乗車が少なくなってます。

今回も、お客様の要望で試乗したのですが、スイフトハイブリッド試乗車は奈良県で1台しかなく、奈良市の本社まで乗りに行きました。

エスクードの1,4ターボも乗りたかったのですが、こちらは試乗車さえありません。

お客様に車の確認をしていただくのに、非常に困った状態となっています。
車は乗ってみないと分かりません。

この状態が続けば、スズキ車の販売に支障が出る懸念もあります。
もっと試乗車の用意をお願いしたいものです。


20170925_140616790

燃費は、20.9km/lでした。

最新コメント
ランキング
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

gontiti1228

メッセージ