知っておきたい車の情報

新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。 新たにお気に入りの店を掲載しましたのでお楽しみいただけたら幸いです。

2018年04月

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

新名神開通で宝塚I.C.付近の渋滞は。

新名神開通で宝塚I.C.付近の渋滞は。

新名神開通により、宝塚インターチェンジ付近の渋滞が解消されたとのことで、確認を兼ね岡山へ旅行しました。

平日朝7時過ぎに自宅を出発。

京奈和を使い、郡山インターから西名阪へ乗ります。
インターを降りる車線は渋滞してますが、西名阪方向は大丈夫です。

阪和道へ進路を取り走行。料金所付近は2㎞の渋滞。これは毎日のことです。

いつも混む、摂津北付近も今日は少しマシです。

無事大した混雑もなく、いよいよ中国吹田から入ります。

目的地が岡山ということで、ETC周遊を使うかどうか悩んだのですが、天気が予想できなかったので、臨機応変に対応できる、ぶらり中国ドライブパス2018 (京滋・大阪エリア発着中国周遊プラン 全日3日間)を使用しました。

一泊の予定ですが、2日のプランはないのでこれにしました。

中国道に入って走行は本当にスムーズです。
渋滞は全くなく、あっという間に山陽道との分岐点です。
帰りもこうだと良いのですが。

スムーズに走行できたので、思ったよりも早く岡山に着きました。

吉備スマートインターを降り、吉備津彦神社へ。
恒例の一宮参りです。

sIMG_0541

sIMG_0547

ここは祭神が吉備津彦の尊、孝霊天皇の皇子で桃太郎といわれる人です。
わが田原本が生んだ偉人です。黒田に生誕地がありますよね。

日本最大の石灯籠を見て参拝します。

sIMG_0537

古代祭祀跡も見ました。

sIMG_0565

そうこうしているうちに11時。
昼食を摂る予定のえびめしやさんへ。

ケンミンショーに出たので、混雑が予想されます。早めに入ることにします。
開店直後ということで、無事入店。

DSC_0053


名物のえびめしと、100円のポトフを堪能しました。

DSC_0058

DSC_0057

DSC_0055

名物に旨い物なしといいますが、これは及第点。特に100円のポトフの味とボリュームには驚きました。

DSC_0051

秘密のタレ製造工場も見学し、次の目的地へ。
車が次々と入ってきます。庄内ナンバーもあります。
テレビの威力は絶大です。早く入って正解でした。

次は吉備津神社です。ここも一宮。

sIMG_0576

国宝の本殿にお参りして、回廊を通りお釜神事の建物へ。

sIMG_0581

sIMG_0586

sIMG_0593
sIMG_0605

神事を執り行うところということで撮影は禁止。
拝観しているときに、メールが入ったのでスマホを確認すると、管理のおばちゃんに叱られました。
神事を執り行うところでは、機械ものの使用は一切ダメだということです。写真を撮らなければ大丈夫だと思っていた認識を新たにしました。

ここまで曇り空ではありますが雨の気配はありません。
流石は晴れの国。

予定通り、現存十二天守の一つ、備中松山城へ登ります。
思ったより急な山道です。

sIMG_0623

sIMG_0627
山登りをしていた時ならともかく、現在の体力では息が切れます。
こんぴらさんよりは遥かにマシなのですが。

sIMG_0640

sIMG_0660

無事天守に到着。
これでリーチです。
後は弘前城を残すのみ。何時行けるか分かりませんが。

わたしが岡山へ居ることを知った、知り合いの方が、備中松山城への景色の良いルートを教えてくださったのですが、既にお城へ到着してました。
みったんさん、次回はそのルートを通る予定を組みます。有難うございました。

疲れたので、本日の宿の湯郷温泉へ。
乗り放題パスなので、高速を使って快適に到着。

自宅に連絡を取ると、奈良は一日中雨だった様子。
晴れの国岡山に感謝。

夜に岡山も雨が降り、朝方には太陽が顔を出してます。
黄砂でけぶっていた景色も、今日はすっきりくっきり見えます。

予定では、宮本武蔵の里でしたが、この快晴を逃す手はありません。
乗り放題を活用して、再度備中松山城へ。

sIMG_0696

松山城展望台から景色を堪能します。
雲海が見れないのは残念ですが、急峻なところに城があることが分かり絶景です。

sIMG_0697

sIMG_0704

sIMG_0709

昔の人はよくこんなところに立派な城を建てたものです。

桃太郎シリーズで鬼の城へ行きたかったのですが、家内の要望で倉敷美観地区へ行くことにしました。

何十年ぶりかに訪れたので景観が全く違ってます。外国の方も多く、賑わってます。
日本国内の旅行も良いと見直した次第です。

sIMG_0729

sIMG_0730

sIMG_0737

sIMG_0744

sIMG_0749
工事中のところも散見します。

sIMG_0751

sIMG_0755

sIMG_0760

sIMG_0766

3時ごろに出発。
懸案の帰りの高速です。

拍子抜けするほどです。
渋滞は全くありません。

スムーズに通過。
無事帰宅です。

今まで渋滞が嫌で二の足を踏んでいた、西方面への旅ですが、これなら全然大丈夫です。乗り放題パスもいろんな種類が出ていますから、活用して旅行されると良いと思います。今回は、ぶらり中国ドライブパス2018 (京滋・大阪エリア発着中国周遊プラン 全日3日間)10,500円を使いました。

乗り放題区間での差額は。
中国吹田~吉備スマートインター間 4.360円
岡山総社~賀陽間 690円
賀陽~美作間 2.090円
美作~賀陽間 2.090円
賀陽~倉敷間 990円
倉敷~中国吹田間 4.630円

合計 14.850円

トータル4.350円のお得でした。

ゴールデンウイーク中の営業について

いつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

ゴールデンウイーク中は

    5月 2~5日

休ませていただきます。

6日日曜日は営業いたします。

緊急の場合は、

JAF #8139

ロータスカード 0120-365-663

東京海上日動 0120-119-110

損保ジャパン  0120-256-110

までお願いいたします。

三菱 エクリプスクロス G PlusPackage 4WD

DSC_0049

三菱 エクリプスクロス G PlusPackage 4WD
☆☆☆★★

4WDも試乗してみました。

こちらの方が好みです。

接地感が2WDより良いです。
低速でも地に足が付いた感じがします。
どっしり感が、強いです。

反面、重量増加と接地感が上がったせいか、CVTの違和感が増えてます。
小排気量ターボとCVTの組み合わせは本当に難しいですね。

CVTの中では最良の部類に入るは間違いないのですが。

タイヤはTOYOが入ってました。
このメーカーのタイヤは接地感が薄い様に感じます。

それでこのレベルの乗り心地なら、ミシュラン、コンチネンタルを入れれば画期的に良くなりそうな気がします。

ブリヂストンあたりでも結構改善されるように思います。

来年2月にはディーゼルが登場しそうです。
分厚いトルクと、8速ATが組み合わされれば良い車になりそうな気がします。


DSC_0050

燃費は、12.4㎞/lでした。

スバル レヴォーグ 1.6GT ツーリングアシスト

DSC_0042

スバル レヴォーグ 1.6GT ツーリングアシスト
☆☆☆☆★

ツーリングアシストを体験したくて試乗しました。

最新の1.6に乗ったのですが、以前の違和感がかなり解消されてます。
普通の走り方だと、不満は感じません。

以前は低速域のトルクの薄さからか、加速感に段付きが感じられましたが。

流石に急加速を要するときは、ギクシャク感がありますが、通常走行では快適です。
これだと十分に選択肢に入ると思います。

乗り心地もひょこひょこ感がかなり解消され、ほぼ不満は感じられません。
流石にフラットな乗り心地とまではいきませんが。

肝心のツーリングアシストの感想です。
ハンドルを操作してくださいと警告ランプと共に表示が出ますが、ちゃんとハンドルを切ってくれます。

ハンドル操作を任せるタイプではなく、気を取られたりして車線を逸脱しそうになった時のサポートという感じです。

名前通りアシストですね。

ベンツの最新型まではいきませんが、十分信頼して大丈夫そうです。
もともと長距離走行には定評のある車ですが、益々運転に疲れにくくなったと思います。
日産のプロパイロットよりは制御に違和感がありません。

オートブレーキホールドも便利な機能です。スムーズに機能し解除されます。
熟成が進み、国産車の中では、やはり真っ先に候補に挙げたいくるまです。

DSC_0045

燃費は、13.9㎞/lでした。
エアコンをかけていたので、アイドリングストップが切れると、みるみる燃費が悪くなってました。アイドリングで燃料を食うタイプのようです。

フォルクスワーゲン ポロ ハイライン

DSC_0023

フォルクスワーゲン ポロ ハイライン
☆☆☆☆★

小さな高級車。
この言葉がピッタリくる仕上がりです。

質感は非常に高く、ゴルフにそん色有りません。

走行フィーリングは、ちょっと軽さを感じる以外は、これまたゴルフにまけない出来に仕上がってます。

DCTも熟成が進み完成の域に入ったといっても過言ではないでしょう。

1lターボの小さなエンジンにもかかわらず、しっかりしたボディと良く出来たDCTに支えられ、違和感なくスムーズに走ります。

瞬発力こそありませんが、高速走行での安定性、パワー共に不足はありません。

乗り心地の軽さも、軽快感と置き換えれば、街乗りにピッタリだといえるでしょう。

ポロも大きくなってしまいましたが、ゴルフと比べるとはるかに小さいので、望む人は多いと思います。

予算はあるが、大きい車の取り回しは避けたいという人には待望の車だと思います。

DSC_0025

燃費は、18.2㎞/lでした。ハイオクですが、これだけ延びれば大丈夫でしょう。

三菱 エクリプスクロス G PlusPackage 2WD

DSC_0018

三菱 エクリプスクロス G PlusPackage 2WD
☆☆☆★★

満を持して登場した久々の三菱の新型車です。

アウトランダーをベースに、最近の小型SUV人気にドンピシャなサイズとして出てきました。

正直言って期待したまではいってませんでした。
乗り心地はCH-Rやスバルの新型プラットホームのようなしなやかさはありません。
従来の日本車に較べれば良いのですが、欧州車のレベルには至ってません。

小排気量ターボとCVTの組み合わせとしては、自然に加速しますが、NAと比べるとやはり違和感は付きまといます。

遮音は優れてます。静かな車です。
ボディのつくりは良く、いやな雑音とは無縁です。

テレスコピック、ブレーキホールド等、長距離を走るに必要な装備は万全です。
静かさと合わせ、遠出は得意分野でしょう。

決して出来が悪いというわけではありませんが、最新の車だということからすれば、ちょっと物足りない感があります。

他車に比べてここが一番優れてますという点が見当たりません。

登場が遅れてますが、ここはやはりディーゼル待ちでしょうか。

DSC_0020

燃費は13.2㎞/lでした。もうちょっと伸びるかと思ったのですが。
最新コメント
ランキング
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

gontiti1228

メッセージ