知っておきたい車の情報

新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。 新たにお気に入りの店を掲載しましたのでお楽しみいただけたら幸いです。

2019年05月

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

速旅を使って新東名120km/h区間を走る

速旅を使って新東名120km/h区間を走る

新東名の制限速度が120km/hになったということで、速旅静岡三重発着プラン(2日間乗り放題10,800円)を使って、伊豆へ行ってきました。

名阪国道を東へ、亀山インターから東名阪自動車道へ入ります。
通常、速旅等のプランは、適用インターで一旦乗り換えないといけないのですが、名阪国道は一般道ですので、そのまま降りずに進むことができます。

新名神も開通したので、そちらも走ってみたかったのですが、亀山ジャンクションから乗るルートは現在工事中ということで、残念ながら従来の東名阪を使うルートにしました。
天気予報は雨なのですがここのところまでは、なんとか曇りで降ってきてません。

四日市ジャンクションから、伊勢湾岸道へ入ります。

そのまま進めば、自然と新東名へ繋がるようになってます。
そのせいか、トラックの通行量が非常に多いです。

豊田東を過ぎた頃に雨が降ってきました。
豊田東ジャンクションから、新東名へ入る頃には、もう土砂降りです。

ナビには非常警戒情報が表示されてるほどです。
制限速度も80km/hになってます。

制限速度120km/hは、森掛川~新静岡間です。
その森掛川に到着しましたが、変わらず雨が降ってます。
制限速度も80km/h規制です。

残念ですが、高速体験は明日に持ち越すことに。

天気が悪いので、新清水ジャンクションから、東名の清水インターで降り、由比の桜えびを食べに行くことにしました。

sDSC_0523

前日に電話して、今年の春桜えび漁は終わったが、生桜えびをまだ提供できますとの確認をとっての訪問です。

sDSC_0535


sDSC_0528

sDSC_0526

sDSC_0532

近年稀に見る不漁で、ゴールデンウイークの桜えび祭りも中止になったとのこと。
将来食べられなくなるかもと、ちょっと奮発して、美味しんぼにもでた「くらさわや」さんへ入りました。

平日と言うことで、待つことなく席に案内されました。
そしてこんなところでも、海外の方が・・
すごい精力を感じさせます。

おいしくいただき、その後一気に下田まで走ることにしました。

初めて走る伊豆ですが、天気は回復せず、途中の観光地は全てパスです。
新天城トンネルを通るときも、旅行前にみたブラタモリ天城トンネルを思い描き、通過します。

河津七滝ループ橋も無事通過。フェイスブックに写真を使いたかったのですが、雨ですので諦めます。

下田に到着。
下田公園に車を停め、ペリー艦隊来航記念碑を見学。

sIMG_2650

教科書を思い出し、感慨にふけりました。
黒船は・・
観るのを忘れました。


sIMG_2670

雨が小ぶりになったので、ペリーロードを散策し、伊豆嵯峨沢温泉へ向かいます。
土砂降りの中を走ったので、もうヘロヘロです。
おいしい食事をいただき、今日は就寝。

翌日、雨も上がり日も照ってきました。

修善寺温泉を経由して、三嶋大社へ参詣します。


sIMG_2751

sIMG_2740

交通安全をお祈りします。

sIMG_2760

訪問の目的は、金木犀で唯一国の天然記念物である樹齢1200年の古木です。
秋には花がすごいそうです。

天気も回復してきたので、富士山が見れるかもと、日本平へ行くことにしました。
昨年、日本平夢テラスという施設ができ、素晴らしい展望が望めるとのことです。


IMG_2787

sIMG_2780

sIMG_2806

うーん、晴れてるのですが、富士山は雲に隠れて見えません。
案内の方に、見える方向を聞き、見たつもりで写真を撮ります。

このあと、メーンイベントである、新東名へ向かいます。
フルに走るため、清水インターまで戻り、新東名に入ります。

120km/h走行。やはり緊張します。
3車線と、2車線が交互に現れます。
思ったよりトラックが多いです。

2車線区間でも、トラックが平気で追い越し車線へ出てきます。
120km/hで走っていたのが、80km/hまで急減速です。

気持ちよく120km/hで巡航できるのかと思っていましたが、違いますね。
120km/h or 80km/h という感じです。

この区間初体験なので、極力制限速度一杯で走ろうとしたので、すごく疲れました。
時間的にも、120km/h制限速度のメリットはあんまり感じられませんでした。

トラックの追い越しは3車線区間だけに限るとかして、追い越し車線は常に120km/hで流れるようにして欲しいですね。

行きと同じルートで帰ったのですが、ゴールデンウイーク明けの東名阪集中工事渋滞に嵌ってしましました。

年齢のせいか視力が落ちてるので、明るいうちに帰りたかったのですが、不可能です。御在所岳サービスエリアで、食事を摂りゆっくり帰ることにします。

名阪国道を夜に走ったのは、久しぶりなのですが、道路の手入れの悪さが目立ちます。
センターラインも消えかけてて、ただでさえ見えにくいのに、余計に神経を使います。

そこを暴走軽自動車が多数走ってます。

うーん、怖いから2度と夜の名阪国道は走らないことにします。

何とか家まで無事に付き、翌日の仕事に備え早めに布団に入りました。

今回の高速道路料金は・・

亀山~清水まで 6,040円
清水~沼津まで 1,340円
沼津~清水まで 1,340円
清水~亀山まで 6,040円

合計 14,760円が速旅で10,800円

差額 3,960円のお得ということでした。

燃費は、土砂降りの中を走り、120km/h走行をして、合計937kmで、22.7km/l。
残量がまだ4分の1あるので、1,200kmは余裕ですね。

次回はマイペースでいきます。120km/h走行は疲れます。

三菱 ekワゴン M

DSC_0570

三菱 ekワゴン M
☆☆☆☆★

ベーシックグレードです。

エンジンは普通のタイプ、自動ブレーキは付いてますが、運転支援は全く装備されてない車です。

素性の良さがよく分かります。

ブレーキの剛性、ステアリングの剛性がしっかり感じられます。
シートもサイズがたっぷりした、ちゃんとしたものが付いてます。

ヨーロッパのベーシック車両の良さをこの車からも感じられます。

ちゃんと思った走行ラインをトレースできます。
直進性も十分です。

へたをすれば最近の日産普通車よりも乗った感じは良いかも知れません。
いい時代の日産車を彷彿とさせます。

新設計なのでクロスのときも書きましたように、ちょっと様子をみたいですが、期待感は大です。

DSC_0571


DSC_0572

燃費は、25.1km/lでした。

メルセデスベンツ CLA220 4MATIC

DSC_0517

メルセデスベンツ CLA220 4MATIC

☆☆☆★★

Aクラスベースのスタイリッシュハードトップワゴンです。

走り始めがどうも私には合いません。
ベンツの7DCT(ツインクラッチ)は、停車状態からの加速がリニアではありません。
走り出してしまえば大丈夫なのですが、街中走行とかで停止発進が多いと気になってしまいます。

ガバっと最初から踏んでしまえばそうでもないのですが、ゆっくりと加速したい、徐々にアクセルを踏み込むようにすると、車速とアクセルがシンクロしないのです。

緻密な運転より、荒い運転が合うようなセッティングです。

高速に乗ってしまえば、流石はベンツという走りをするだけに、ちょっともったいない気がします。

ブレーキも踏力に比例しません。
停車寸前に踏力を抜かないと結構なカックンブレーキになってしまいます。

高級感という点では、ちょっと疑問を感じます。

ただ押し出しはあるようです。
普段の愛車はシルバーのCクラスワゴンなのですが、同じように走っていても、対向車が待ってくれたりする頻度が高いのは、CLAの方です。

高速重視もしくは、街中でオラオラ感を堪能したい人には合うのかも。


DSC_0519



DSC_0520

燃費は、13.8km/lでした。
Aクラスがモデルチェンジした今、派生車種は待つのが懸命かもしれません。
最新コメント
ランキング
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

gontiti1228

メッセージ