知っておきたい車の情報

新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。 新たにお気に入りの店を掲載しましたのでお楽しみいただけたら幸いです。

2021年09月

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

フロントガラスの撥水

フロントガラスの撥水

夜間の雨とかには、視界確保に非常に有効なフロントガラスの撥水加工。
寒い冬の日の霜が付きにくい効果もあります。

撥水加工には大雑把に分けて2種類あります。
市販されてるものに多いシリコン系と業者で加工する場合に使われる、フッ素系です。

違いはコーティングの寿命です。
シリコン系は長いもので1ヶ月、フッ素系は約1年の効果があります。

シリコン系は施工が簡単なので、市販のものに多いです。
フッ素系は、下地処理をちゃんとする必要があるので、業者加工になるわけです。

最近のワイパーブレードの圧着力が強い車種では、施工するとワイパーがビリつくことがあります。

特に、アウトバーンを走る機会の多い欧州車にその傾向が強いです。

その場合、シリコン撥水ワイパーブレードに交換すると、直ることが多いです。
フッ素系の撥水をした場合も、この対応で大丈夫です。

多くのメーカーから発売されてますが、お勧めは、「ベロフ」、「PIAA」、です。
ご自分のくるまの車種を確認して、どちらかを選べば良いかと思います。

ワイパーのビビリで相談を受けることが多いので、ちょっと書いてみました。

蕎麦切り よしむら

蕎麦切り よしむら

0742-36-0520
予約可

奈良県奈良市五条町9-37

観光地でこの質、この値段、頑張っておられます。

DSC_1304
お昼セット

CENTER_0002_BURST20210913110528028

DSC_1306

DSC_1307



フォルクスワーゲン ゴルフ 1.0アクティブ

HORIZON_0001_BURST20210910150136045_COVER

フォルクスワーゲン ゴルフ 1.0アクティブ
☆☆☆★★

3気筒1000ccにマイルドハイブリッドを搭載した車種です。
値段は、なんと350万円もします。

乗ればなるほど値段の価値を感じますが。
一言で言えば、先日乗った1500cc版をグレードダウンした車です。

後輪のサスペンションの構造が違うため、乗り心地は1500に一歩譲ります。
エンジン性能も排気量が小さく3気筒のため音質が違い、馬力の余裕もありません。
必要十分ではありますが。

ただ、おとなしく走ってる分には十分満足できます。
ボディ、機能に変わりはなく、高速道路もACCを使って走れば、なんの不満も感じません。
加減速の違和感もほぼありません。DCTをここまで制御してるのは大したものです。

高速安定も良く、ACCの制御も的確で、安心して任せられます。車の加減速も非常にスムーズで、上手な人が運転してるかのようです。
DSC_1297

私個人としては、50万円高くても1500にしたいところですが、1000でもほとんどの方が満足できると思います。

車の制御は1500同じくエンジンブレーキがかからないタイプですので、そこのところは慣れるまで違和感があるとは思いますが。

安楽に、ドイツ車の高速性能を楽しみたいと言う方にはぴったりだと思います。
1000ccに350万円が納得できれば・・

DSC_1299

DSC_1298
燃費は、19.0km/lでした。

ワゴンR スマイル X

DSC_1295

ワゴンR スマイル X
☆☆☆☆★

ダイハツのキャンバス対抗の車です。
背の低いスライドドア。使い勝手が良さそうです。

開発が新しい分、キャンバスで感じた不満部分はほとんど解消されてると思います。あの可愛いスタイルは別ですが。

接着剤を使ったプラットホームで剛性感は上がり、荒れた路面を走ってもミシリともいいません。静粛性も普通車並みです。

マイルドハイブリッドは、快適そのもの。エンジンストップからの再発進もスムーズです。パワーも、ターボの必要性を感じさせません。

背の高さもちょうどよく、キャンバスのように信号が見にくいということもありません。
後から出てきただけにライバル車をよく研究してます。

ただ高速安定性は普通です。背の高いスペーシアのほうが安定性は高いかもしれません。高級感も少し落ちます。

オプションにはなりますが、ACC(追従オートクルーズ)、HUD(ヘッドアップディスプレー)もつけられます。アラウンドビューもデジタルなのでくっきりはっきりと映ります。

アラウンドビューをつけると対向時にカメラが自動で起動し間隔が確認できるのは秀逸です。運転が苦手な人には非常に有り難いのではないでしょうか。

HORIZON_0002_BURST20210910130125596

スライドドアを装備して、この値段だからしょうがない面もあるものの、下道中心の通常使いにはなんの不満もありません。

運転の苦手な人、子育て世代にはピッタリではないでしょうか。

DSC_1296
燃費は、22.7km/lでした。

ダイハツ タフトG

DSC_1292

ダイハツ タフトG
☆☆☆★★

発売されてしばらく経ちますが、乗る機会があったので掲載します。

非常に乗りやすい車です。
視界がよく、操作類が自然にできます。
CVTの違和感もそんなに無く、ハンドリングも素直です。
直進安定性も良いです。
ブレーキホールドも非常に便利です。

ただ細かい点を見ていくと、不満も出てきます。

アイドリングストップからの発進はショックが感じられます。
ノンターボの動力性能はそれなりです。
下道が主な使い方ならそれほど不満は出ないとは思いますが。

内装はチープです。
ガラスルーフは、レスオプションがあればと思います。やはり暑いです。
高速の継ぎ目ではショックがあり、荒れた路面では振動が出ます。

DSC_1293

本当に運転が楽な車ですので、地方の足代わりという使い方ならピッタリではないでしょうか。

DSC_1294
燃費は22.4km/lでした。最近の車の燃費は本当に良いですね。

フォルクスワーゲン ゴルフ 1.5スタイル

DSC_1279
フォルクスワーゲン ゴルフ 1.5スタイル
☆☆☆☆★

ゴルフ8代目です。
本国ではかなり前にモデルチェンジしたのですが、繊細な日本人用に調整するのに時間がかかったのか、やっと導入されました。

実際制御に関しては違和感は殆どありません。
マイルドハイブリッドによる影響は良い面にしか現れてません。

DCTによる発進のギクシャク感もモーターに助けられ本当にスムーズになりました。
ACCの制御も大したもので、安心して任せられます。

ただ、従来のゴルフととは別物です。
保守的なドイツメーカーがここまで方向転換するとは・・

まず操作が全て軽くなってます。乗り心地のどっしり感も少ないです。
高速の安定感はちゃんとしてますので、慣れれば受け入れられる変更ではあるとは思いますが。

DSC_1278

受け入れ難いのは、操作類の物理スイッチの廃止です。
直感で操作するというのは無理です。
当分の間、マニュアルが手放せないと思われます。
高齢者には非常に乗りにくいのではないでしょうか。

あとエンジンブレーキが効かず、転がります。アメ車の感覚ですか。
アクセルとブレーキの踏み変えが頻繁になります。

パドルシフトを使えばエンジンブレーキが効きますが、これも慣れが必要な部分ですね。

一言で言えば、アメリカ車を正常進化させればこうなるというような車です。
安楽に乗りたい方にはぴったりだと思います。

値段は・・・ ちょっと高いです。

DSC_1280

DSC_1281

燃費は、17.7km/l でした。
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

gontiti1228

メッセージ