新車のバッテリーについて

先日、新車で納めて一年たたないクラウンのバッテリーがダメになりました。
ルームランプをつけっぱなしにしたわけでもなく、普通に使用していてダメになりました。
長年お付き合いのある方なので、おっしゃることは信用できます。

弊社でも確認しましたが、もう充電を受け付けない、バッテリーの寿命が尽きた状態です。

一年も経ってませんから、お客様は当然保証で交換できるとお考えでした。
走行距離も1万キロ程です。

アフターマーケットのバッテリーは3年保証が普通です。
使い方に少々問題があっても、充電できなくなれば保証で交換できます。

そのつもりで、ディーラーに連絡しました。
補償できないようです。

念のため、トヨタのHPも確認しました。

タイヤ、バッテリーは消耗品なので一切の保証はないようです。

流石に一年経っていないので、ディーラーと再交渉しました。
結果・・ダメでした。
会社の最終見解だということなので、ここに公表します。

純正バッテリーは3万5千円から4万円します。
保証は明記してません。

お客様納得の上、GSユアサの3年保証バッテリー、2万円に交換しました。

最近の新車搭載バッテリーは本当に寿命が短いです。
最初の検査の時には、ほぼ寿命が尽きてます。
ただ、一年未満は初めてです。

長期在庫の車ではなく、製造待ちで納めた車です。
モデルチェンジが近かったので、値引き交渉もしたのですが、あまり引いてもらえなかった車です。

新車クラウンのバッテリーは消耗品です。
一切の保証はありません。
心に留めておいてください。
腕時計に最初に入ってる電池のようにお試し用なのでしょうか。

後日他のトヨタディーラーへも確認を取りました。
メーカーの保証は上記に挙げたとおりです。
ディーラー本部の対応も同じだということです。

ただし、各店舗の判断で(店舗負担で)補償することはある。
不良バッテリーの調査提供も依頼されなかったのは、ちょっとおかしいのではとのことです。

最近KYBの不正が世間をにぎわしてますが、この会社はトヨタ車のショックアブソーバーも提供してます。
ちょっと勘ぐってしまうのは不謹慎でしょうか。