特別転回制度にご注意を!

先日所用で姫路に行きました。

播但連絡道路経由、山陽道で帰ろうしました。

山陽道への分岐点へ到着し、ナビ通りに進行しようとしましたが、道路工事で行けません。
案内もありません。

手前にサービスエリアがあったのですが、そこから行かないといけなかったようです。

当然逆行は出来ませんから、ここで頭の隅にあった特別転回を使おうと、次のインターで降り、一般車のゲートに入りました。

ところが使えません。

係員に特別転回を説明しましたが、使えませんの一点張り。
たんたんと対応することをみると、工事による乗り間違えが頻発してる様子です。

案内を立てるように連絡するとは言うものの、特別転回の適用は出来ないとの返事です。
しょうがないので料金を払うと、先の信号でUターンして再度播但連絡道に乗れば、山陽道へ行けると・・・

播但連絡道路は、もう使う気が失せました。

後で考えれば、ネクスコグループじゃない道路なので、特別転回は使えないと思えるのですが、工事による案内がないのは不親切だと感じました。

逆行がおこらないように、特別転回を告知してますが、例外があることも大きく知らしめて欲しいものです。

姫路に行くことがある方は、ご注意を。

参考にネクスコ中日本の該当ページへのリンクを貼っておきます。