知っておきたい車の情報

くるま購入の顛末記ご愛読いただき有難うございました。 お客様の要望により初期の趣旨と内容が変わってきましたので題名を変更いたします。 新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。

試乗

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

メルセデスベンツ C200 AMGライン

DSC_0377

メルセデスベンツ C200 AMGライン
☆☆☆☆★

1500のターボエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせた仕様です。

出だしのトルクをモーターで補うため、停止からスムーズにアクセルに付いてきます。
より大きなエンジンを積んだ車のように感じます。

ただ初めての機構のためか、制御に少し不満があります。
ほんの少しですが、ギクシャク感があります。
停止するときも、カックンブレーキになりやすいです。
回生ブレーキが働くため、同じ踏み加減で停車すると、最後にかっくんとなりやすいです。

パワートレインに関しては、高級感は少し落ちるように思います。

AMGラインなので、エアサスが付いてます。
以前よりふわふわ感は少なくなり、快適さを取るなら、この選択もありかなと感じました。
ただAMGラインとセットでしか選択できないので、人工皮革のシートと18インチの扁平タイヤもセットです。


DSC_0379

ちょっと悩みどころですね。
わたしなら、値段も含めて、普通の仕様を選びますね。

高速は流石に素晴らしいです。
先程述べた低速での不満は一挙になくなります。

高速域を主に選択基準にするのなら、この仕様が合うように思います。
オートクルーズも、モーターのアシストが入るためか、C220dと同じくスムーズです。

不満は制御から来てるように思いますので、どんどん良くなっていくことでしょう。
現時点でも選んで後悔はしないでしょうが、待てるなら待ったほうが良いのかも知れません。

DSC_0381

燃費は、14.9km/l でした。思ったほど伸びませんね。




三菱 アウトランダーPHEV eプラス

DSC_0361

三菱 アウトランダーPHEV eプラス

☆☆☆☆★

外観はほとんど変わりませんが、中身は全然違います。

Cクラスのマイナーチェンジを彷彿とさせられます。

ほぼほぼEVの走行フィーリングは変わらず、より洗練された感じになってます。

アクセルに車速がリニアに付いてきます。
くるまの重さを感じさせない快適さです。

直進安定性は相変わらずしっかりしてます。
そこに乗り心地の良さが加わりました。

特に段差を乗り越えたときに、以前あったリヤサスペンションのバタつきが無くなってます。

フラット感が上がり、路面に吸い付くフィーリングです。

エンジンの排気量が上がり、始動時のショックはほぼありません。
静かになってます。

残念な点は、外観が変わってないことと、車内の仕上げがチープなこと。
これではいくら中身が別物になっていても、初期モデル愛用者からの乗り換えは難しいでしょう。

ステアリングの制御がないのも、最近の車としては減点ですね。

あと気になる維持費ですが、今問題となってる日産車とは違い、容量が70パーセントを割れば交換を確実にしてくれます。

7年14万キロ以内に、テスターをかけて70パーセントを割っていれば、ちゃんと交換してくれます。
大体2割くらいの車が無償でバッテリー交換をしてるそうです。

使い倒す方でも安心ですね。

本当に、良く出来てました。
三菱車で1台選ぶなら、間違いなくこれですね。

国産SUVの中でもトップクラスの出来です。


DSC_0362


DSC_0363

燃費は・・・
充電が十分だったのか、数値が出てません。
通勤で使う程度の距離ならガソリンは要らないかも。

ダイハツ トコットG

DSC_0326

ダイハツ トコットG
☆☆★★★

コンセプトは賛同できます。
視界がよくて、ウエストラインが地面と平行。スクエアなスタイル。

でも、これ机上の理想論車としか感じません。
実際の走行テストをして煮詰めてますか?

CVTはルーズ。
乗り心地は、ひょこひょこ。
ステアリングは、だるーい。

唯一背の低さのせいか、高速安定はそこそこです。

女性、高齢者向けは、運転走行性能はどうでも良いのでしょうか。
ミライースの方が、はるかにバランスが良いです。

10万円以上高い値段を出す必要は全く感じられません。

実際、発売当初はそれなりに売れましたが、今はまったくダメなようです。

素材、コンセプトは悪くないと思います。
でもこのままでは、受け入れられません。

付けたくないですが二つ星です。

DSC_0328

燃費は、26.7km/lでした。優秀です。


DSC_0330

速旅を使って岐阜へ

速旅を使って岐阜へ

商品名:速旅(はやたび)快走G割! 岐阜県周遊ドライブプラン【A.(発着エリア指定なし)岐阜県周遊エリア】
出発地域:指定なし(周遊エリア内のみ乗り放題)
日数:2日間
ご利用開始日:2018年10月02日
ご利用終了日:2018年10月03日

料金(利用車種):¥5,300(普通車)

これを使って岐阜へ旅行しました。

台風が多い今年の気候ですが、奇跡的に晴れの二日間でした。

名阪国道から東名阪を走行し、東桑名で降ります。
高速代をケチるためと、悪名高い名古屋高速を避けるためです。
折角の岐阜県内乗り放題という特権もフルに利用したいという気持ちもあります。

名神高速大垣インターから、一宮ジャンクションを経て、東海北陸自動車道へ。
昼食のため、郡上八幡で降ります。

「吉田屋美濃錦」でひつまぶしです。

sDSC_0301


sDSC_0298

天然アユも食べたかったのですが、少し時期が遅かったようです。
ここでさくらももこさんの色紙を見つけました。

sDSC_0294

清水のスーパーへ、ちびまる子ちゃんの展示をわざわざ見に行ったこともあります。
亡くなられたことは本当に残念でなりません。
ももこさんもここで過ごされたのだと感無量でした。ご冥福をお祈りしました。

再度高速に乗り白川郷を目指します。

東海北陸自動車道は、まだ完全4車線化はされてません。
対向部分がかなり残ってます。

その区間で60㎞/h走行してる軽自動車がありました。
別に急ぐ旅でもありませんし、追い抜くことは物理的に不可能なので、車間距離をあけてゆっくり追従してました。

そこに後続のトラックが。
このご時世に、煽ってきます。

避けようがないのですから諦めたら良いと思うのですが。
そのうち前の方が気付いたようで、狭い非常停車場所で停車されました。

トラックですから、頻繁にこの道を利用してることでしょう。
退避場所も良く知ってるはずです。なんなんでしょうね。

走行してるうちに白川郷へ到着です。
対向ではありますが、高速道路のおかげで、自宅から4時間で来れます。
近くなったものです。

sIMG_1171

流石は世界遺産、外国の方がたくさんおられます。
久しぶりに来たのですが、村はきれいになってます。
sIMG_1153


sIMG_1188

合掌造りの建物は維持に多額の費用が掛かるそうです。
維持に役立てば、観光地化されることもやむを得ないのかも。

次は高山へ向かいます。
せっかくの乗り放題なので、高速を使います。

高山の町は何度も観光してますので、最近ハマってる神社巡りです。
飛騨の一宮、水無神社へ参拝します。

sIMG_1209


sIMG_1216

あとは一路今日の宿、下呂温泉へ。

sIMG_1233

sDSC_0322
宿の前の朝市

素通りしたことは何度もあるのですが、宿泊するのは初めてです。
評判通りの良いお湯でした。

あくる日は、岩村町へ。

日本三大山城の一つ、岩村城へ行きます。
車で城跡まで行けます。
sIMG_1241


sIMG_1242

sIMG_1254


sIMG_1250

あと二つは、奈良の高取城、備中松山城です。
備中松山城は、登るのが大変ですが、ここは楽です。

これで三大山城は制覇です。
お天気も良く、展望もきき最高の条件でした。
sIMG_1258

次はNHKの半分青いのロケ地見学です。
街を上げてのタイアップで、結構な観光客です。

sIMG_1267

sIMG_1268


sIMG_1275

この調子が永く続けば良いのですが。

昼食は、ロケ隊がよく利用したという、「かわい」へ。

sDSC_0323

評判のソースカツ丼を美味しくいただきました。

あとは季節限定販売の栗きんとんを買うだけです。
お気に入りの「すや」へ寄って一路自宅へ。

中央道から名神高速へ入って行きと同じ大垣インターを使って帰りました。

sIMG_1281
恵那峡SAから御岳山が見えました。

本来の高速料金

大垣 から 郡上八幡 2,160円
郡上八幡 から 白川郷 2,750円
白川郷 から 高山 1,220円
中津川 から 大垣 2,580円

トータル 8,710円

お得になった金額 3,410円

フルに使ったつもりでしたが、意外と浮いた金額は少なかったです。
土日利用なら使わないほうが得ですね。
もうちょっと料金設定を考えてほしいものです。

sDSC_0325

総走行距離 777.9km
燃費は 22.6㎞/lでした。

交通お得情報を主体に書いてます。
観光地に興味をお持ちの方がおられましたら、他のサイト等で見ていただけましたら幸いです。
最後までお読みいただき有難うございました。

フォルクスワーゲン ティグアン TDI 4WD DCC付き

DSC_0286

フォルクスワーゲン ティグアン TDI 4WD DCC付き
☆☆☆☆★

待望のディーゼル4WDの登場です。

世界的にSUVブームですが日本の環境に適した大きさの車がなかなかないのが現状です。

手ごろな大きさの車はどうしてもFF車ベースとなります。

ハンドリングに違和感が出てしまいます。

ベンツ、BMWといえども例外とは言えず、ハンドリングを求めると、どうしてもFR車ベースの車となってしまいます。

そこに満を持して出たティグアン。
FF車のハンドリングに関しては、他社の追随を許さない会社だけあって、素晴らしいハンドリングです。

惜しむらくは、ディーゼルエンジンのフィーリング。
アクセルに、エンジンのトルクが付いてきません。

パサートと比べると、はるかに良いのですが、ベンツ、BMWのディーゼルには及びません。
絶対的なパワーは十分なのですが、パーシャルスロットル時に、アクセルについてきません。
余計に踏み込めばいいというものの、アクセルと車速との間に一体感が少ないのです。

DCC付きということで、コンフォートで走ってみました。
下道の路面の突き上げはほぼなくなります。

ただ高速でのフラット感はそれなりです。
この大きさのSUVなので、十分といえば十分なのですが。

大きさに制限のある方、安全装備に高いものを求められてる方には最適だと思います。
このクラスの中では、文句なしにトップの車です。


DSC_0287


DSC_0289

燃費は、15.7㎞/lでした。雨で渋滞していたので、もう少しのびそうです。

スバル フォレスター 2.5 プレミアム

DSC_0259

スバル フォレスター 2.5 プレミアム
☆☆☆☆★

前モデルでも他社に比べてアドバンテージがあったスバル。
それが正常進化してます。

乗り心地、操縦安定性、前モデルでも十分でしたが、新モデルに乗るとより良くなってることが実感できます。

エンジンの排気量が上がり、トルクが増し、より一層コントロールが楽になりました。
オフロードでは、威力を発揮することでしょう。

高速安定性は、背が高いSUVですから、それなりですが、燃費は良くなってそうです。
長距離ツアラーとしての一面が、より充実したと思います。

乗用車ベースのSUVとしては、これ以上のものは望めないレベルに達したと思います。

これ以上を望むなら、ラダーフレームを持った車種までいかないとダメでしょう。

快適装備も充実し、安全性は言うに及ばず国産最高レベル。
誰にでも、推薦できる車です。

敢えて苦言を呈すると・・・ CVTもう卒業しませんか?

DSC_0261

燃費は、12.9㎞/lでした。


DSC_0262

メルセデスベンツ C200 アヴァンギャルド 4WD

DSC_0256

メルセデスベンツ C200 アヴァンギャルド 4WD
☆☆☆☆★

新型Cクラスが発表されてますが、試乗車はまだ用意されてないので、旧型での試乗です。

なかなか4WDに乗る機会がないので、支店まで出向いての試乗です。
お客様の要望で、特別に配車してもらいました。

平坦路を走る限りは、2WDとの差はあまり感じません。
逆に、通常走行をしてるときにハンドリングに差を感じないのは評価できます。

アクセルの感じ、ブレーキの感じ、全て乗り慣れたCクラスです。

高速走行に入っても若干安定が良いかなと感じる程度です。

しかし加速に入ると全然違います。
特に強くアクセルを踏み込むと路面を掴む感じが素晴らしいです。

路面の状況が悪くなれば、より一層安心感が出ると予想されます。
遠距離走行には定評のあるメルセデス、4WDだとより一層疲れにくいことでしょう。

新型でもC200アヴァンギャルドにしか4WDの設定がありません。
C200は、1.5リッターターボのハイブリッドになります。

未知のパワーユニットなので、ちょっと様子を見たいところです。

安全装備は、新型が格段に進歩してるので、旧型を買う選択肢はありません。
ほぼSクラスと同等です。
悩ましい所です。

ディーゼルに4WDがあるのなら、すぐにでも欲しいのですが。


DSC_0257

燃費は、10.2㎞/lでした。土曜日ということもあって、大渋滞の中の数値です。

クラウン 2.5 ハイブリッドS-C

DSC_0248_HORIZON

クラウン 2.5 ハイブリッドS-C
☆☆☆★★

クラウンファンの期待に副うモデルチェンジです。

旧来から乗り続けてこられた方には、正常進化してる思います。

変わった点といえば、ロイヤルとアスリートの区別がなくなり、サスペンションの切り替えで対処するという感じです。

2.5リッターのハイブリッドはカムリで使用されてたものの流用です。
カムリが結構良かったので期待していたのですが、クラウンとの相性はそんなに良くないようです。

速度調整が、アクセルだけでかなりできるようにはなったのですが、ギクシャクした動きがたまに出ます。
高級車としては、ちょっといただけないかも。

回生ブレーキが効くと結構大きな音がします。電車のような感じです。
ブレーキ自体のフィーリングは旧態依然です。

レスポンス的には、そんなに悪くないです。

ステアリングは軽く、道路状況によるフィーリングの変化はほぼありません。クラウンといえば納得ですが、運転を楽しむタイプではないと思います。

最近の雑誌の記事は、本当に当てにならなくなりました。
少なくとも、自分の感じたことと、記事に相違があります。

レクサスLSとプラットホームが共通ということなのですが、場合によれば旧型のほうがフィーリング的には良いかもしれません。

熟成が進めば良くなるのでしょうか。現状ではメリットは感じませんでした。

個人的には、この手の車は合わないです。
旧来のクラウンで満足してきた方には、問題はないとは思いますが。

2リッターターボのRSも試乗車にあるとのことなので、またそちらの試乗もしたいと考えてます。


DSC_0250

燃費は、16.7㎞/l でした。

BMW X2 2.0i 4WD

DSC_0243

BMW X2 2.0i 4WD
☆☆☆★★

期待をもって試乗しました。
結果は・・・ 残念です。

悪くはないのですが、FRのBMWを知ってると期待外れとしか言いようがありません。

絶妙のサイズ、抜群のスタイル、試乗するまでは欲しかったのですが。

まず、ミッションの変速が、アクセルにリンクしません。
踏んだら踏んだだけ加速するというフィーリングが感じられません。

出来の悪いCVTのような感覚です。
アクセルだけで、速度調整ができる、FRのBMWとは縁遠い感覚です。
走行中、常時アクセル調整が必要なフィーリングです。

ベンツのFF車にも感じられるのですが。

そう思って乗り出すと、不満がどんどん出てきます。

乗り心地のフラット感も、そこそこです。
高速の安定性も、そこそこです。

流石に高速になりますと、アクセルのフィーリングは良くはなりますが。

再度言いますが、決して悪くはないのです。
しかし食指が動きません。ベンツのFF車のようです。

売れてるようではありますが、個人的には好きになれません。

誰か、小さくてちゃんと走る車を作ってくれませんかね。

DSC_0246

燃費は、13.5㎞/l でした。

メルセデスベンツ AMG GT

DSC_0240

メルセデスベンツ AMG GT

ちょっと毛色の変わった車に乗れましたのでレポートを。

4000ccツインターボのスポーツカーです。
お値段も1600万円、横幅が1900㎜、左ハンドル設定しかない、通常は縁のない車です。

いつもの試乗コースを走ったのですが、これでは評価できないジャンルの車ですので、星は付けてません。

あくまで一般に使ったら、こんな感想だということでお読みください。

500馬力を超えるハイパワーですので、それなりにハードな足回りが付いてます。下道はコンフォートにしても、突き上げがすごいです。

ただ太いタイヤを履いてる割には、ハンドルが取られません。
通常使用にも、なんとか耐えれる範囲だと思います。

これで旅行に行こうなんて気は起りませんが。
なんとゴルフバッグが2つ載るそうです。
近場のゴルフ場に行くためだけに買う人がいるのでしょうね。

フェラーリの太いサイドシル、マクラーレンの高いサイドシルと比べると、なんとか乗り降りもそんなに無理をしないでも可能です。

流石に高速走行になれば安定度はすごいものがあります。
アイドリングでも盛大な音が、益々大きいことにはなりますが。

レースモードがあるように、これは一般道で評価すべきものではありませんね。
サーキットで楽しむ余裕のある人が買う車です。

非日常の車に乗れて幸せでした。

DSC_0242

燃費は、7.1㎞/l でした。うちのジムニーと同じくらいです。
最新コメント
ランキング
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

gontiti1228

メッセージ