知っておきたい車の情報

新車試乗レポートから思いがけないトラブルまで みんな書いてしまいましょ。 新たにお気に入りの店を掲載しましたのでお楽しみいただけたら幸いです。

試乗

お客様にとって、有用な情報を掲載するように心がけております。
要望等がございましたら、遠慮無くお申し付けください。

スズキ スイフト MX

DSC_0952

スズキ スイフト MX
☆☆☆☆★

フルチェンジしたスイフトです。

エンジンが3気筒になりました。1200cc、マイルドハイブリッドです。

力に不足はなく、フィーリングもとても良いです。CVTも新しくなり、パワートレインの進化が感じられます。効率の良さが体感できます。

ハンドリングも良く、自然に走行でき、長距離も難なくこなせそうです。
ACCも進化し、安心して使うことが出来ます。

乗り心地は・・
車が全くの新車ということもあるかも知れませんが、微妙な振動があります。しっとりとした乗り心地にはなってません。実際車重が軽いのですが、乗り心地も少し軽い感じがします。

DSC_0951

高速の安定性は、非常に良いです。コンパクトカーらしくない安心感があります。
ロードノイズも十分合格点が出せます。

視界が良くて、運転しやすい、万人におすすめできる車かと思います。

CENTER_0001_BURST20240208160951074_COVER

燃費は、21.7km/lでした。

スズキ スペーシアカスタム XS(ターボ)

DSC_0924

スズキ スペーシアカスタム XS(ターボ)
☆☆☆☆★

これ一台でいけそうな車です。
性能的には。
値段もそれなりになってしまいましたが。

機能が素晴らしくなってます。
ACCは操作性が上がり、カメラを使っての前車追従が採用されたので、高速道路では安心して任せることができます。
ステアリング制御は本当に賢いです。

電動パーキングもやっと装備され、便利になってます。
エンジン停止からの再発進も、ブレーキホールドからであっても、スムーズになりました。

乗り心地も良くなってます。段差を超えたときの突き上げもほとんど無く、これを超える軽は、デリカミニの4WDくらいのものでしょう。

CENTER_0001_BURST20231228154429315_COVER

トータルで考えて、現状では軽ハイトワゴンのベストじゃないでしょうか。

DSC_0926
燃費は、22.6km/l でした。良いですね。

メルセデス・ベンツ CLA 200d

DSC_0919

メルセデス・ベンツ CLA 200d
☆☆☆☆★

ディーゼルはやはり乗りやすいです。
違和感なく加速減速します。

将来的に、バッテリーの問題がなくなればEVなんでしょうが、現在での最適解は、欧州車のディーゼル、トヨタのハイブリッドなのでしょうか。

FFの癖はかなり少ないですが、発進時、アクセル、オン・オフ時には、注意を払わないと、ギクシャクします。
スムーズさ、においてはFRの方がやはり優れてます。

DSC_0920

19インチという大きなタイヤを履いてるせいか、下道での乗り心地はそんなに良くないです。
見栄えは良いのですが、コスト面を考えても、必要性は低いと思います。

高速に乗れば、流石に安定して走ります。
高速重視の方なら、不満はほぼないかと思います。

ここかしこにコストダウンが感じられますが、お値段は約600万円。
高く感じます。
日本人は、貧乏になったのでしょうか。

DSC_0921
燃費は、19.6km/l でした。

スズキ ソリオ ヴァンデッド フルハイブリッドSZ

DSC_0865

スズキ ソリオ ヴァンデッド フルハイブリッドSZ
☆☆☆☆★

復活した、ソリオフルハイブリッドです。
5速マニュアル車がベースで、変速時にモーターを介入させてスムーズに走らせる。
シングルクラッチの5AGSをハイブリッド化させたものです。

多段ATやCVT車のように走らせると、違和感があると思いますが、マニュアル車、5AGS車だと思ってアクセル操作をすると、スムーズに走ります。

DSC_0866

モーター馬力が10馬力大きいのと、基本が5速マニュアルなので、CVT車に力不足を感じてる方にはぴったりです。

誰にでも進められるタイプではありませんが、コツさえ掴めば、良い燃費とパワーを得られる車です。

好みに合えば、何者にも代えがたいと思います。

DSC_0867
燃費は、24.7km/l でした。

飛騨・富山ドライブプラン2023を使って、五箇山黒部の旅

飛騨・富山ドライブプラン2023を使って、五箇山黒部の旅

前回も使ったドライブプランを利用して、再度富山を訪問しました。
unnamed1
unnamed

名阪国道天理東インターが工事中ですので、天理インターから名阪国道に乗ります。
普段より20分くらい余計にかかります。早く工事が終わることを願います。

いつも通り上柘植インターを経由して八日市インターから名神高速に乗ります。

最初の目的地は郡上八幡の魚寅さん。
鰻の名店で、過去に何度も振られ、4度目のトライです。

DSC_0836
開店10分前から並びました。

DSC_0839
ボリュームがあるので、ご飯は少なめでお願いしました。

幸いにも「ひつまぶしの日」にあたり、定休の火曜日でも営業です。
おまけに安くいただけます。本当にラッキーです。

噂に違わず、おいしいひつまぶし。
家内ともども大満足です。
こちら方面に来たときは、蕎麦のまついさんと、魚寅さんで決定です。

折角郡上八幡へ来たので、紅葉を見に、郡上八幡城へ登ります。

IMG_3114

今年は、高温が続いたためか、赤くなる前に散ってしまったカエデが多く、ちょっと残念。欧米系の観光客の方も来られてました。

次に五箇山、菅沼集落へ向かいます。
前回、相倉は訪問してますので、これで五箇山制覇です。

IMG_3154

IMG_3147

IMG_3200
トイレも合掌造り

紅葉がちょうどよく、白川郷のように観光客があふれることもなく、静かに探索できました。
台湾?香港?からの団体客が1組いらっしゃったくらいです。
ここが一番好きかも・・

今日は宇奈月温泉に泊まります。

翌日は快晴!
黒部峡谷鉄道のトロッコ、8時17分の始発に乗ります。

30数年前に乗って以来です。
ちょっと贅沢してリラックス車両にしました。
背もたれがあるのは有り難いです。

IMG_3379

欅平まで、片道1時間20分。
展望が良いのは、右側の席、右側ですよ。
予約してるのですが、車両が決まるだけで、席は自由席です。
20分前から改札ですので、席確保のために並びます。

家内がダッシュして、無事右席を確保。
IMG_3271

IMG_3272

今年は紅葉が遅く、11月8日で見頃でした。
最高の紅葉と天気で、あっという間の1時間20分でした。

IMG_3284

IMG_3293

IMG_3304
人喰岩

IMG_3323

IMG_3329

IMG_3330
足湯

帰りも景色を堪能すべく、左側の席を確保しました。
背もたれ付きでも、流石におしりは痛くなりました。

IMG_3348
前から2両目12号車に乗りました。

駅の展望席で、食事をしながら、トロッコを見納め。

IMG_3389
宇奈月の紅葉には少し早かったです。

DSC_0858
白エビの天むすとます寿司

酒井菓子舗 銘菓「湯の花ごろも」をゲットして、帰路につきます。

IMG_3398

DSC_0861

DSC_0862
しその葉の蜜漬けで包んであるのですが、在庫がなくなれば閉店とか。
食べられるのは今のうちです。

名神八日市インター ~ 東海北陸郡上八幡インター 3,820円
郡上八幡インター ~ 五箇山インター 2,810円
五箇山インター ~ 北陸道黒部インター 2,800円
黒部インター ~ 八日市インター 6,840円

合計 16,270円

ドライブプランが 9,300円なので 6,970円のお得。
燃料は、ちょうど40リッターでした。

追突事故から命を守るために

追突事故から命を守るために

コロナ禍が開け、交通量が増えるにつれ、事故も多発してます。
特に追突事故の被害に遭い、命を落とす方が増えてるように思います。

損害保険会社、警察等から、事故多発地帯の情報が公開されてます。
まずそんな場所を避けるということが大切かと思います。

奈良県の場合、名阪国道、京奈和道の降り口等が危険です。

また事故に巻き込まれたときに、安全な車に乗ってるか、そうでないかで怪我の程度は全く違います。

日本の追突事故の安全基準は、世界的に見てもかなり遅れてます。
前からの事故の場合は、実際の事故に即した、オフセット衝突を前提に設定されてますが、追突に関しては、フルラップで設計されてます。

つまり斜めに車が追突してくれば、簡単に潰れてしまいます。
大型車が、ぶつかってくれば画像のような状態になってしまいます。
残念なことに、この車の運転者は、お亡くなりになってます。

unnamed

すべての日本車がそうであるかといえば違います。
グローバル展開してる車種だと、欧米の基準を満たすために、追突時もオフセット基準を採用しています。

命を守る為には、そのような車種を選ぶのが良いかもしれません。

国内専用車、特に軽自動車に乗ってる場合は、先に上げた場所を通行しなければいけないときは、後ろの席は使わないというのも手かと思います。

後席を使う場合は、スライドをできるだけ前に出し、後ろのクラッシャブルゾーンを少しでも多くすれば、マシかも知れません。

あくまで、マシかも知れないという程度ですが。

小回りが利き、非常に便利な軽自動車ですが、危険と隣り合わせということは十分に認知しておくべきだと思います。

この情報が、少しでも交通事故の死者を減らすことに役立てば幸いです。

フォルクスワーゲン T-ROC TDI STYLE

DSC_0792

フォルクスワーゲン T-ROC TDI STYLE
☆☆☆★★

先日乗ったゴルフ8 TDIが非常に良かったので、期待して乗りました。

どうも以前の型のエンジンのようです。息つきします。
車は、非常に運転しやすく好印象なのですが。

乗り心地は、ゴルフ8に勝ります。
操作性も、こちらの方が好みです。
FFの癖は若干ありますが、高速道路をゆったり流すにはいい選択です。

オートクルーズの出来も、まずますですし。

DSC_0793

ただ、エンジンの吹き上がりが、アクセルとリニアに連動しません。
アクセルだけで、速度を調整するタイプの方には、相性があまり良くないです。
ワインディングを楽しむ車ではないです。車の重心も高いですし、そういう性格の車ではないのは当然ですが。

新型エンジンが搭載されるのを待つ方が良いでしょう。
載るかどうかは今のところ不明ですが。
現行も、決して悪いできの悪い車ではないです。

燃費に関しては、新型に引けを取らないでしょう。

DSC_0794

燃費は、17.7km/l でした。

飛騨・富山ドライブプラン2023を使って富山へ

飛騨・富山ドライブプラン2023を使って旅行しました。

 ②  -   B  〈発着付き〉名古屋・彦根⇒郡上・飛騨・富山プラン2日間 9,300円です。
1686711288254
1686711309511


自宅を早めに出て、名阪国道上柘植インター経由で、八日市インターへ向かいます。
名神高速、東海北陸道を通って、最初の目的地、郡上八幡へ向かいます。

DSC_0754

DSC_0753

DSC_0752

名店蕎麦正まついで食事の後、郡上八幡城へ向かいます。
昭和8年に、木造で再建されたお城です。
道は狭いですが、お城のそばまで、車で上がれます。
駐車場も無料です。
足腰が弱ってきてるので、これは有り難いです。

IMG_2892

雨が降ってるので、郡上八幡博覧館で郡上おどりを見物。

2022-06-26

大雨で写真が撮れなかったので、Googleから転載します。

時間も押してきたので、本日の宿へ向かいます。

大雨とトンネルで、オートクルーズが本当に有り難いです。

北陸道富山インターで降ります。

宿で家よりも高い、超高級オーディオを堪能しました。

DSC_0770

DSC_0783

翌日は快晴です。

主目的の雨晴海岸へ向かいます。
乗り放題なので、北陸道から能越自動車道高岡インターへ向かいます。

富山の道、空いてるのですが、信号が多く意外と時間がかかります。
乗り放題が、能越自動車道を含んでるので、あえて遠回りですが、かかる時間が変わらない高速経由で向かいます。


IMG_2995

IMG_3010

IMG_3016

本当に素晴らしいところです。立山に雪があればもっと素晴らしいでしょう。11月に再度訪れることにしました。

再度、飛騨・富山ドライブプラン2023が使えるので、宿も宇奈月温泉で確保しました。

ケンミンSHOWで気になっていた、きときと寿しで昼食。

DSC_0785

2人で富山の海産を堪能して4.000円ちょっと。お値打ちです。

IMG_3019

IMG_3024

IMG_3025

IMG_3029

気多神社で、この旅行を感謝し、帰宅の安全を祈りました。

DSC_0786

地元スーパーで買い物して帰宅です。

北陸道、リフレッシュ工事中で、意外と時間がかかります。
早めに帰ることにします。

富山、本当に素晴らしいところです。11月に再訪が決定しました。

今回の高速道路代は 9,300円。

本来なら

八日市インター~郡上八幡インター 3,820円

郡上八幡インター~富山インター 4,000円

富山インター~高岡インター 1,350円

高岡インター~八日市インター 5,860円

合計 15,030円

5,730円のお得。速旅にしてはメリットが大きかったです。

最後に愛車のデータ。

tripdata

翌日の朝一番出社後に撮影しました。
高速はオートクルーズを使いました。雨、山のアップダウンがあり、日中は36℃でしたが、22.7km/l走りました。
トータル863.6km走行し、あと593km走れるとのことなので、1,456.6km走行可能ですね。

メルセデス・ベンツ C200 AMGライン

DSC_0744

メルセデス・ベンツ C200 AMGライン
☆☆☆★★

1.5リッターガソリンターボ、マイルドハイブリッドです。

登場当時に比べると、挙動は随分良くなりました。
言われないと気づかない程度に進化しました。

ただ過渡期の技術という感は否めません。

将来は、EVになるのでそれまでの繋ぎという感じですね。
トヨタのハイブリッドが洗練されたのを見ると遅れを取ってると言わざるを得ません。

ディーゼルエンジンのマイルドハイブリッドは良く出来てるので、小排気量ガソリンターボとの相性が良くないということでしょうか。

外観も含め、足廻りはスポーツカーです。
下道を走るにはちょっとハードです。
日本の使用速度域では、もう少しソフトでも良いのではないかと思われます。
時速100kmていどでは、道路への吸い付き感はあまりないです。

DSC_0745

神経を使わないと、ギクシャク感が出てしまいます。緻密な操作が難しくなってきた、我が身にはきびしいです。

ゆったりと乗りたいと言う方には、ディーゼルが合うように思います。

当然ガソリンですから、静かだし高回転域のパンチ力は見るべきものがあります。
スポーツセダンが欲しいという方には、良いチョイスだと思います。

DSC_0746

燃費は、14.3km/l でした。

フォルクスワーゲン ゴルフ TDI Active Advance

DSC_0740

フォルクスワーゲン ゴルフ TDI Active Advance
☆☆☆☆★

ゴルフ8のディーゼルです。

ガソリンに比べると、格段に乗りやすいです。
発進の自然さ、エンジンブレーキの効き具合等、以前からのゴルフです。

ACCも進化し、より実用的になってます。湿式7速DCTもディーゼルとの組み合わせでは不満は全くありません。
下道でも注意すれば使えるようになりました。

ディーゼルエンジンは、息つきもなく軽快に吹き上がりますし、音質も音量も良くなってます。ベンツ、BMWのエンジンと比べても遜色がありません。

やっと排ガス規制違反の以前のフィーリングに戻ったようです。

惜しむらくは、高速での乗り心地が少し軽いです。路面に吸い付いたような走行感というのは、7に比べるとちょっと劣る感じがします。

DSC_0741

総額450万円ほどしますが、ベンツ、BMWと比べると100万円以上安いので、選択肢としては十分にありだと思います。

ハイブリッドでない、純ディーゼル車を買う最後のチャンスかも知れません。

DSC_0742

燃費は、20.2km/lでした。本来のワーゲンに戻ったようです。
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
プロフィール

gontiti1228

メッセージ