October 30, 2006

マドリーも復活!

b2652f6e.jpgフエィラ、ヒムナスティック戦は先制を許したものの、1−3でマドリーが勝利VVVVいやぁ〜復活したんじゃん!マドリーも!
クラシコは完全にマドリーが支配できた。でも、今のマドリーに重要な事はこの流れをキープする事。そのためにこの試合、格下相手とはいえ、大事な1戦でもあった。

前半、カンナバーロがペナルティエリア内で相手FWを倒してしまいPKを与えてしまい、少しいや〜な雰囲気が漂ったマドリー でも、今日の新生マドリーは今までとは違う、いや、本当に強くなった昔に戻ったマドリーだった
先制後、勢いにのるヒムナスティック相手に、マドリーは落ち着いて対応してた。
やっぱりエメルソン、ディアラの加入って大きい。
彼ら2人がうまく攻撃の目を止めていた。
そして守備がしっかりしてるぶん、ホビーニョのようなドリブルのうまい選手がいきいきとプレーできていた。
そして、遂に追いついたマドリー
直接FKをゴール正面で得たマドリー、キッカーはホベルト・カルロス
壁になってた相手DFの足にあたり、コースが若干ズレてゴール右隅へ!GoooLL!!
よっしゃ〜!ここからじゃい!
と思ったら、前半終了。
ヒムナスティックは同点に追いつかれてショックだったでしょう。
ボールポゼッションもヒムナスティックが60%と試合をやや支配できていたし、全力で戦ってきていたぶん、この同点での振り出しはキツいですね..
マドリーは早めに戻せてひと安心して後半に挑めると思います。

後半、マドリーはメンバー交代はなし。
そして逆転に早い時間で成功!
49分、CKのチャンス グティが蹴ったボールにいました〜昔の背番号"6"エルゲラ!
ニアに走り込んでヘッドで合わせてGOOOOLL!!
エルゲラは今季LIGA初得点!
...思えば、エルゲラはカッペイロから戦力外通知をうけていたのに、ここ何試合かスタメン起用
そしてきっちりカッペイロの期待にも答えてる。
背番号新旧6番同士(新6*デイアラ、旧6*エルゲラ)で抱き合っている姿はなんかちょっと悲しい感じがしたな。
逆転をきめたマドリーはこのあとも自分たちのペースでしっかりと試合を進めていた
79分、相手のマークに痛めつけられた闘将グティに変え、レジェスエントラ
グティが好調なのも今のマドリーの復活のポイントでもあるよな〜
おつかれ!グティ!
そして遂にダメ押しの追加点が
ラモスくんからのクロスに好調ホビーニョがボレーシュータ!
GOOOOLLLL!!!
いやぁ〜素晴らしいですね〜☆
WOWOW解説の早野さんが散々「セットプレーからのゴールばっかりですね〜」ってぼやいてたから、すっきりしましたよ!
もうね、昨日のバルサ戦の時といい、このマドリー戦の時といい、WOWOW解説&実況は「不安」とかっていう意味の言葉をやたらと口にしてる気がします。そんなことないさ!相手のチームがキックオフ直後から闘志120%出してきてるから立ち上がりは大変なんですよ!

なので、このダメ押し3点後ヒムナスティックは完全沈没してしまいました。

ヘタフェ戦の時の悪夢はもう無くなったマドリー
同じ事は繰り返しませんよ それが世界のビッククラブですから。
そして、カッペイロFUTBOLはあまり好きではないけど、やっぱりうまく選手を起用してるカッペイロは
本当にいい監督ですね。ホナウド出すかと思ったけど、結局出さなかったし...
MARCA http://sports.livedoor.com/article/detail-3719151.html では「ホナウドへの罰」って記事がでてるし...ま、ださなくていいですよ(笑)

さ、CLグループリーグも勝って、LIGAも勝っていくぜぃ!








  

Posted by gonza21 at 14:29TrackBack(0)LIGA情報 

February 13, 2006

vsアスレチック

360ffa95.jpg










やりました〜〜〜〜〜!
いや〜この試合は先日のCOPA DEL RAYでのいた〜い6失点という敗戦を終えての試合でした。
そして相手も好調ビルバオのCASAラ・カテラドルでの1戦。

この日のマドリーは4-3-2-1
カシージャス
ロベルトカルロス、ウッドゲイト、セルヒオラモス、サルガド
パブロガルシア、グティ、シシーニョ
ジダン、ロビーニョ
ロナウド

怪我から復帰したサルガド、そして背筋痛のため欠場したベッカムの代わりに好調シシーニョが先発
4-3-2-1ですがかなり攻撃的なマドリーです。

この試合を見るためカテラドルには4万人近くのファンが詰めかけ、マドリーの選手には終始ヤジを飛ばしてます...GKカシージャスの足下にはゴール裏から投げられた物が散乱してるし...すごいな〜

そして試合も観客の歓声をうけ、ビルバオの選手は攻める攻める!
それに負けずにマドリーも攻めます!なので試合は両チームの超攻撃が繰り広げられます!
そして前半5分、グティ〜ジズーそしてジズーの絶妙な縦のロングスルーパスに左サイドから駆け上がったロビーニョが上手くDFを振り切り、GKと1対1になりGKの股を狙いシュート!GOOOOOOOOOOL!!
いや〜〜すごい!すごすぎる!さすが「ジズー」って感じのスルーパスです!それに合わせた動き、シュートのロビーニョもうまい!それにこの瞬間に左サイドからもシシーニョもあがってきていて、いや〜完璧な攻撃です!ジズーは本当に今絶好調ですよね〜

この1点を機に両チームの戦いはますますヒートアップしていきます。
パブロガルシアvsウルサイスの2人がお互いにやりあい、結果パブロガルシアは怪我をしてしまいグラベセンと交代...おいおい〜って感じですが...

そして前半30分〜40分の10分間 
もうこれぞ"LIGA ESPANOLA"!って感じの激しい攻防が!
この10分間は瞬きするのがもったいない程に素晴らしい戦いでした。
31分、カウンター攻撃でロナウド〜ロビーニョと渡りロビーニョがシュート!
が、え〜まじ?って感じにクロスバーのはるか上をボールは通過...
34分ロナウドがシュートをしますが、GKがセーブ
35分、グティ〜ロナウド、そしてロビーニョの元へボールを落とし、ロビーニョがシュート!ですが、これはGKの真正面!ウィ〜〜
37分、ロナウドがビシクレータでディフェンダーをかわしながら持ち込みシュートを放ちましたがラフエンテがクリア。そのリバウンドがロビーニョの元にいきましたが、惜しくもGOLならず。
39分、ジダンのパスを受けたロベルト・カルロスがシュート。惜しくもGOLならず。
そしてビルバオもグルペギ、イラオラ、オルバイスと立て続けにシュートを打つも、ことごとくカシージャスがセーブ!う〜んいいですね〜さすがカシージャス。安定してます。

そしてこのまま0-1で前半終了。いや〜凄い戦いでした〜
前半はジズーとグティが起点となりサイドのシシーニョ、ロビーニョが動きだすといった感じのカウンター攻撃や、縦へのロナウドへのスルーパスなどが何度も見られ、好調マドリーが沢山見れました。そしてロナウドも怪我から復帰しつつあるな〜という感じの動きが見れたし。これは後半どうなるか楽しみです!

そして後半キックオフ。マドリーの選手交代は無し
後半はとにかくビルバオペース。ジズーも消える程の防戦一方の展開
ですが、その中でもマドリーは何度かのカウンターで追加点を狙います
そして試合も体力の無くなってきたビルバオが隠し球のFWジョレンテを投入
ですが、ボールを支配しつつも沢山のチャンスも物に出来ないビルバオ...
でもいつ点が入ってもおかしくない状況です。もうかなりハラハラ...
そしてジズー、シシーニョに疲れが見えてきます...あ〜がんばれ〜
試合もこのまま0-1で逃げ切るかと思った頃マドリーが動きます
シシーニョに替え、ブラボ そしてグティに替えパチスタ
この2人が投入されなんと結果まで残してしまいました!
ロスタイムに、左サイドロビーニョ〜中央のロナウド〜右サイドパティスタ〜最後ブラボに渡り、シュート!GOOOOOL! オフサイドっぽい気もしましたが、GOLです!0-2!もう試合は決まりました!
これでLIGA5連勝!1位バルサとの差はなんと"7"いや〜これはまだまだわからない!

この試合後のグティのコメント
「サン・マメスは、ここ何年かは相性の良くないグランドだった。だけど今日は、素晴らしい試合をしたし連敗記録にピリオドを打つことができた」
そしてこの試合後の検査でパブロ・ガルシアは左膝靱帯を負傷、グティは右四頭筋を打撲してることがわかりました。う〜んなんとも痛いなぁ〜
それにしてもこの試合は肉弾戦だった。
ロビーニョもこの試合の審判への不振感をだしてます。
「たぶん主審は時々小さなミスを犯している。全くカードを出さないことがあるんだ。ビルバオは非常に力強い選手が多く、激しく戦ってくるチームだけど、何度か信じられないタックルが襲ってきた。しかし、主審はそんな彼らに警告も何もなしだ。だからといって僕自身のプレースタイルを変える気は全く無いよ。これからもどんどん相手ディフェンスに仕掛けていくさ。でも、これからも危険なプレーに対してファールを吹かないなら・・・いいんだ。これまでどおり頑張っていくよ」
と語ってます。
この試合で2選手を無くしたマドリーは、これからCLにLIGA、そして2/14いよいよCASAでCOPA DEL RAYのvsサラゴサとの2ndレグを闘います。
この試合で大量得点を取らなければならないマドリー。
ロビーニョはもしこの試合で勝てたら歴史に残る試合になると語ってます。
今のマドリーなら不可能ではないと思いますが、さてどうなることやら...
ちなみにサラゴサはオサスナと引き分け...
この試合にむけてロビーニョは















  

Posted by gonza21 at 20:42TrackBack(0)LIGA情報 

January 11, 2006

ガンバレMADRID!

こないだのビジャレアルvsマドリーの1戦は0-0のエンパテでした。
まぁでも、チーム作り中のマドリーにとっては好調のビジャレアル相手にエンパテで良かったのかもしれません。
この試合、4-1-4-1という布陣で挑んだビジャレアル戦。
※新加入のシシーニョはベンチスタート、カサ坊はフィジカル(デブなもんで)に問題がありこの招集されませんでした。次節のセビリア戦には招集、そしてスタメン予定です。
この試合のスタメンは
GK:カシージャス
DF:サルガド、セルヒオ・ラモス、ウッドゲート、ロベルト・カルロス
MF:エルゲラ、ロビーニョ、ジダン、バティスタ、グティ
FW:ロナウド
この試合はエルゲラがピボーテで出場。

対するビジャレアルはほぼベストなメンバーでCASAにマドリーを迎え撃ちました。

試合はというと、互いにチャンスを作りだしますが、フィニッシュがなかなか決まらず...なんだかこのままエンパテで終わるかな〜と思ったら本当にエンパテでした(笑)
シュート数はビジャレアル、マドリー共に15本。(うち枠内はビジャレアル4本、マドリー3本でした)ボール保有率はマドリーの57%とボールは支配できてました。

ま、でも以前に比べ危なっかしい感じが消えた感じもあるし、途中から出場してきたシシーニョにはかなり期待が持てますね。今後、ベッカム、サルガドの2人はこのシシーニョの使われ方によっては、スタメン落ちの可能性もでてくるだろうなとgonzaは思いました。
そして不安なのは攻撃人。ラウール不在中なのに、この試合でロナウドが負傷..3週間の離脱..痛いです。
まぁ新加入カサ坊がきっと大暴れしてくれるかと期待してますが..
体重も1.5kg減ったようだし。試合感を取り戻すのにそれほど時間はかからないのでは?と思います。

この新マドリーですが、明日はCOPA DEl RAYでビルバオ戦です。
予想スタメンは
ディエゴ・ロペス
サルガド、パボン、エルゲラ、ロベルト・カルロス
セルヒオ・ラモス、グティ、
ベッカム、バティスタ、ロビーニョ
ソルダード
といった4-2-3-1布陣で挑むマドリー。LIGAでは1位バルサとポイントがだいぶ離れてしまい、もはやLIGA優勝の望みは消えかけてるマドリーだけにCOPAでは是非とも久々に優勝したいマドリーです。まぁまだCLもありますが、やっぱりここはなんとしても国内CUPで久々に優勝しなくては!頑張れ〜マドリー!





  

Posted by gonza21 at 14:30TrackBack(0)LIGA情報 

January 04, 2006

カッサーノ入団!!!

ついにきた〜〜〜〜!
いや〜以前からさりげな〜くアピールしてたカッサーノ君の入団がとうとう決まりました!
契約は2010年まで。
R・マドリーがローマに払った移籍金は550万ユーロ(約7億6000万円)だそうです。
本日午前に慣例のメディカルチェックを終えたあと、13時からサンティアゴ・ベルナベウでサポーターとマスコミへの入団発表が行われる予定です。

そのカッサーノのインタビュー
「小さい頃から世界最強クラブのレアルでプレーすることを夢見ていた。今はその夢が現実になった。レアルは世界最高のチームだ。まだすべてのタイトルを獲得できる可能性が残っている。フランチェスコ(トッティ)と一緒にレアルでプレーすることを夢見たこともあった。ともかく、今大事なことは僕の夢が実現したということだ。本当にうれしい。何度も言うけど、レアルは世界最高のチームで、あらゆるものを勝ち取ってきた。特別なクラブだ」
とコメント。
ということは..もしかしたら遂に彼もマドリーに来るかな??(その彼とはローマの王子です。)
そして
再びカッペイロが来たりして〜〜
なんていろいろ考えてしまう今回のこのビックリな移籍。
そして人材不足のFWにかなりBUENOな補強ができました。
問題は多々ありますが...
まぁでも彼はこの銀河系の選手の中ではおとな〜しくいると思います。
久々のイタリア人選手加入となったマドリー。
カッサーノ君に、ここはLIGAで暴れてもらいたいもんです。

恋人つれてマドリー入りしたカッサーノ君。結婚もマジか?!
カッサ−ノ

そして先程サンチャゴベルナベウで入団発表を終えたカッサーノ
番号は19番
「世界最高のチームのユニフォームを着ることにとても満足しています。とても感動しています。僕に関心を示していただいたレアルマドリードのすべての人に感謝しています。皆さん、ありがとうございました。HALA!MADRID!」と約600人の前でコメントしました。
ユニホーム姿のカッサーノ...ちょっと似合わないな〜(苦笑)
マドリーカッサーノ















早くて次節の試合に出場するかもしれないカッサーノ。
ロナウドのようにいいデビューを飾れればいいですね〜
がんばれ〜カサ坊
















  

Posted by gonza21 at 18:37TrackBack(2)REALMADRID 移籍 

December 30, 2005

シシーニョ!!5

dccda604.jpgシシーニョが地球一を獲得し、マドリーに入団!
思い出せば、ロビーニョもコンフェデで優勝をし、マドリーに入団したっけな〜。
それもあってか?先日のTOYOTA CUPの大会中では、マドリー入団のコメントはずっと避けていたシシーニョ
まぁ、それだけ狙っていたタイトルだったんだと思います。
彼の活躍もあって、サンパウロは地球一というタイトルを取り、チームに大きな素晴らしいプレゼントを残し去ることができたシシーニョ。
本人もさぞや満足でしょう!

29日にはサンチャゴベルナベウで入団発表&お披露目会がありました。
背番号はOWENのつけてた「11」
これで9ロナウド、10ロビーニョ、11シシーニョとブラジィ〜ルなイメージがまた一団と濃くなったマドリー。

12時頃にサンチャゴについたこれまたラフな服装なシシーニョ。
ペレス会長からロモスくん&ロビーニョももらった、ベルナベウ・スタジアムのブロンズ製レプリカ、万年筆(※レアルマドリードとさらに契約を更新するようにと意味があるようです)、そして時計。(すべてに今日の2005年12月29日の日付が刻まれているそうです)

そしていざピッチへ!約500人のファンの前でボールさばきを披露したシシーニョ。
シシーニョ






















いや〜晴れてマドリーの一員となったシシーニョ。

マドリーTVではこんなコメントしてます。
「とても幸せだ。このセンセーションは、今まで経験したものに、類をみないものだ。ここマドリードのチームに来る機会を得た事をとても喜ばしく思っている。長旅は素晴らしいものだったし、これからこのユニフォームを着用するという喜びがあるし、神に感謝しているよ。短期間でチームの1部となり、監督の頭数に入れることを願うよ。監督から声が掛かる時のために、僕は万全の状態でいなければならない。レアルマドリードのユニフォームをまとうという喜びは非常に大きいものだ。」
と語ってます。
彼の加入は老朽化してきたマドリーにとって良い補強になりました。
元々はMFでプレーしていたシシーニョなので、DFとしてではなく、初めは色んなポジで使われそうですが、器用なタイプのシシーニョは、本来の力が発揮されるまで時間はかからないかとGONZAは思います。そして怪我人を多く抱えるマドリーにとっては、いい時期での補強になったと思いますね。今後のLIGAでの監督の采配が凄く気になります。









  

Posted by gonza21 at 15:39TrackBack(0)REALMADRID 移籍