October 30, 2006

マドリーも復活!

b2652f6e.jpgフエィラ、ヒムナスティック戦は先制を許したものの、1−3でマドリーが勝利VVVVいやぁ〜復活したんじゃん!マドリーも!
クラシコは完全にマドリーが支配できた。でも、今のマドリーに重要な事はこの流れをキープする事。そのためにこの試合、格下相手とはいえ、大事な1戦でもあった。

前半、カンナバーロがペナルティエリア内で相手FWを倒してしまいPKを与えてしまい、少しいや〜な雰囲気が漂ったマドリー でも、今日の新生マドリーは今までとは違う、いや、本当に強くなった昔に戻ったマドリーだった
先制後、勢いにのるヒムナスティック相手に、マドリーは落ち着いて対応してた。
やっぱりエメルソン、ディアラの加入って大きい。
彼ら2人がうまく攻撃の目を止めていた。
そして守備がしっかりしてるぶん、ホビーニョのようなドリブルのうまい選手がいきいきとプレーできていた。
そして、遂に追いついたマドリー
直接FKをゴール正面で得たマドリー、キッカーはホベルト・カルロス
壁になってた相手DFの足にあたり、コースが若干ズレてゴール右隅へ!GoooLL!!
よっしゃ〜!ここからじゃい!
と思ったら、前半終了。
ヒムナスティックは同点に追いつかれてショックだったでしょう。
ボールポゼッションもヒムナスティックが60%と試合をやや支配できていたし、全力で戦ってきていたぶん、この同点での振り出しはキツいですね..
マドリーは早めに戻せてひと安心して後半に挑めると思います。

後半、マドリーはメンバー交代はなし。
そして逆転に早い時間で成功!
49分、CKのチャンス グティが蹴ったボールにいました〜昔の背番号"6"エルゲラ!
ニアに走り込んでヘッドで合わせてGOOOOLL!!
エルゲラは今季LIGA初得点!
...思えば、エルゲラはカッペイロから戦力外通知をうけていたのに、ここ何試合かスタメン起用
そしてきっちりカッペイロの期待にも答えてる。
背番号新旧6番同士(新6*デイアラ、旧6*エルゲラ)で抱き合っている姿はなんかちょっと悲しい感じがしたな。
逆転をきめたマドリーはこのあとも自分たちのペースでしっかりと試合を進めていた
79分、相手のマークに痛めつけられた闘将グティに変え、レジェスエントラ
グティが好調なのも今のマドリーの復活のポイントでもあるよな〜
おつかれ!グティ!
そして遂にダメ押しの追加点が
ラモスくんからのクロスに好調ホビーニョがボレーシュータ!
GOOOOLLLL!!!
いやぁ〜素晴らしいですね〜☆
WOWOW解説の早野さんが散々「セットプレーからのゴールばっかりですね〜」ってぼやいてたから、すっきりしましたよ!
もうね、昨日のバルサ戦の時といい、このマドリー戦の時といい、WOWOW解説&実況は「不安」とかっていう意味の言葉をやたらと口にしてる気がします。そんなことないさ!相手のチームがキックオフ直後から闘志120%出してきてるから立ち上がりは大変なんですよ!

なので、このダメ押し3点後ヒムナスティックは完全沈没してしまいました。

ヘタフェ戦の時の悪夢はもう無くなったマドリー
同じ事は繰り返しませんよ それが世界のビッククラブですから。
そして、カッペイロFUTBOLはあまり好きではないけど、やっぱりうまく選手を起用してるカッペイロは
本当にいい監督ですね。ホナウド出すかと思ったけど、結局出さなかったし...
MARCA http://sports.livedoor.com/article/detail-3719151.html では「ホナウドへの罰」って記事がでてるし...ま、ださなくていいですよ(笑)

さ、CLグループリーグも勝って、LIGAも勝っていくぜぃ!










Posted by gonza21 at 14:29│TrackBack(0)LIGA情報 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gonza21/50835392