カテゴリ:
3月18日
アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク
マディソンスクエアガーデン


WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ

元WBA世界ミニマム級王者
元WBA世界ライトフライ級スーパー王者
前WBC世界フライ級王者
この試合が初防衛戦
WBC世界スーパーフライ級王者:ローマン・ゴンサレス(ニカラグア/帝拳)
戦績:46戦46勝38KO無敗
備考:デビュー以来の連続KO勝利を松本博志に阻止されるが
WBA世界ミニマム級王座は日本で新井田豊から奪取。
WBA世界ライトフライ級王座は日本でフランシスコ・ロサスとのリマッチ、暫定王座決定戦で獲得。
WBC世界フライ級王座は日本で八重樫東から奪取。
この王座はカルロス・クアドラスとの無敗対決に勝利して獲得、4階級制覇を達成。

VS

元WBC世界スーパーフライ級王者
この試合で王座返り咲きを狙う
WBC世界スーパーフライ級1位:シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)
戦績:46戦41勝38KO4敗1分
備考:キャリア初期に日本で八重樫東、屋富祖裕信大庭健司に敗れている。
その後は連勝で佐藤洋太からWBC世界スーパーフライ級王座奪取
2度目の防衛戦でカルロス・クアドラスに敗れた。

カテゴリ:
2月25日
英国・ヨークシャー州ハル
アイス・アリーナ

WBCシルバー・ライト級タイトルマッチ

ロンドン五輪バンタム級金メダリスト
この試合が2度目の防衛戦となるWBCライト級シルバー王者
WBC世界ライト級4位:ルーク・キャンベル(英国)
戦績:16戦15勝12KO1敗
備考:1敗はイヴァン・メンディに敗れたもの。
ロンドン五輪準決勝では清水聡を破っている

VS

WBC米大陸ライト級王者:ハイロ・ロペス(メキシコ)
戦績:27戦21勝14KO6敗
備考:日本で三浦隆司と戦ったダンテ・ハルドンエドガル・プエルタと戦った経験を持つ


カテゴリ:
2月25日
英国・ヨークシャー州ハル
アイス・アリーナ

WBC世界スーパーバンタム級王座決定戦
※前王者は勇退した長谷川穂積

この試合が世界王座初挑戦
WBC世界スーパーバンタム級1位:レイ・バルガス(メキシコ)
戦績:28戦28勝22KO無敗
備考:前哨戦でアレクサンデル・ムニョスを下している。
アマチュア時代に亀田和毅を下している

VS

この試合が世界王座初挑戦
WBC世界スーパーバンタム級2位:ギャビン・マクドネル(英国)
戦績:18戦16勝4KO無敗2分
備考:亀田和毅を2度破ったジェイミー・マクドネルの双子の弟。


カテゴリ:
2月10日
シンガポール ファー・イースト・アリーナ

WBCアジア・ミドル級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBCアジア・ミドル級王者:アジズベック・アブドゥゴフロフ(ウズベキスタン)
戦績:4戦4勝4KO無敗

VS

元WBC世界バンタム級王者(ホセ・ルイス・ブエノとの暫定王座決定戦を制して獲得、後に正規王座に昇格。当時の前王者はウェイン・マッカラー
元WBC世界スーパーフェザー級王者(日本で長嶋健吾との王座決定戦を制して獲得。当時の前王者はフロイド・メイウェザー
WBO世界スーパーウェルター級12位:シリモンコン・シンワンチャー(タイ)
戦績:93戦91勝57KO2敗
備考:2敗は辰吉丈一郎にWBC世界バンタム級王座を奪われたときのものと
ヘスス・チャベスにWBC世界スーパーフェザー級王座を奪われたときのもの。


スケンダー・ハリリvsロモン・バーバー

カテゴリ:
1月20日
アメリカ ミネソタ州 ヒンクリー
グランドカジノ


スーパーウェルター級6回戦

リングマガジン「2016年・年間ベストラウンド賞」受賞
スケンダー・ハリリ(コソボ/アメリカ)
戦績:13戦12勝12KO1敗
備考:2016年5月27日ジェイソン・トンプソン戦が2016年のリングマガジン年間ベストラウンド賞に選ばれた。



VS

ロモン・バーバー(アメリカ)
戦績:19戦7勝6KO12敗


このページのトップヘ

見出し画像
×