ブログ存続のためにAmazonアフィリエイトでの購入をお願いします。

カテゴリ:
①WBA世界スーパーウェルター級王座決定戦(1991年2月23日
※当時の前王者はジュリアン・ジャクソン
カーロス・エリオット(アメリカ出身・八戸帝拳)vsジルベール・デュレグアドループ出身・フランス)
結果:デュレが7ラウンドTKO勝ちで新王者
備考:カーロス・エリオットは三代目J Soul BrothersELLYの父。


②WBA世界ライト級タイトルマッチ(2001年7月1日
畑山隆則(横浜光)vsジュリアン・ロルシー(フランス)
結果:ロルシーが3-0判定勝ち(118-110、117-112、117-111)で新王者


③WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(2002年10月9日
佐藤修(協栄)vsサリム・メジクンヌ(フランス)
結果:メジクンヌが3-0判定勝ち(116-112、117-111、119-110)で新王者


④WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(2005年4月29日
マヤール・モンシプール(イラン出身・フランス)vs仲里繁(沖縄ワールドリング)
結果:モンシプールの6ラウンドTKO勝ち。4度目の防衛に成功。


⑤WBA世界ミドル級レギュラー王座決定戦(2017年5月20日
※当時の前王者はダニエル・ジェイコブス(アメリカ)
アッサン・エンダム(カメルーン出身・フランス)vs村田諒太(帝拳) 第1戦
結果:エンダムが2-1判定勝ち(115-112、116-111、110-117)で暫定王者から正規王者に昇格。

ここまでフランスの全勝。

そして・・・

⑥WBC世界フライ級タイトルマッチ(2017年10月22日
比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)vsトマ・マソン(フランス)
結果:?


⑦WBA世界ミドル級タイトルマッチ(2017年10月22日)
アッサン・エンダムvs村田諒太 第2戦
結果:?

明日の結果やいかに。

カテゴリ:
11月18日
アイルランド ベルファスト
SSEアリーナ


WBO世界バンタム級タイトルマッチ

元IBF世界スーパーフライ級王者
この試合が初防衛戦
WBO世界バンタム級王者:ゾラニ・テテ(南アフリカ)
戦績:28戦25勝20KO3敗
備考:日本で帝里木下にワンハンドレッスン(ほぼ右ジャブのみでの完封)を施して、IBF世界スーパーフライ級王座を獲得。
前WBO世界バンタム級王者マーロン・タパレスが日本での大森将平戦で計量オーバー、王座を剥奪されたためにテテとアーサー・ビラヌエバによる挑戦者決定戦が暫定王座決定戦に変更された経緯がある。テテはビラヌエバに勝利してその後正規王者に昇格。
3敗はモルティ・ムタラネファン・アルベルト・ロサスロベルト・ドミンゴ・ソーサに敗れたもの。

VS

WBO世界バンタム級3位:シボニソ・ゴニャ(南アフリカ)
戦績:12戦11勝5KO1敗
備考:1敗はチャボ・シスワネに敗れたもの。
前回の試合で来日経験のあるイマヌエル・ナイジャラに勝利して今回のチャンスを得た。




カテゴリ:
11月18日
アイルランド ベルファスト
SSEアリーナ

IBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ

この試合が2度目の防衛戦
IBF世界スーパーフライ級王者:ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)
戦績:29戦27勝18KO1敗1分
備考:1敗はマーク・アンソニー・ジェラルドに敗れたもの
前回、帝里木下とのイージーな防衛戦をこなした。


VS


WBO世界スーパーフライ級3位
IBF世界スーパーフライ級5位:ジェイミー・コンラン(アイルランド)
戦績:19戦19勝11KO無敗
備考:弟はマイケル・コンラン。マネージャーはマシュー・マックリン



カテゴリ:
約10問ほど、日本ボクシング検定っぽい問題を考えてみました。

①次のうち、メジャー4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)の世界王座をすべて獲得したことがないのは誰?
1:フロイド・メイウェザー
2:ミゲール・コット
3:ブライアン・ビロリア
4:ファン・マヌエル・マルケス


②次の事象の組み合わせの内、起きた日付(〇月〇日)が同じでないものはどれ?
1:「パーネル・ウィテカの誕生日」と「大場政夫vsチャチャイ・チオノイ戦」
2:「ロイ・ジョーンズvsジョン・ルイス戦」と「ミッケル・ケスラーの誕生日」
3:「白井義男の誕生日」と「長谷川穂積の誕生日」
4:「ジョー・フレイジャーの誕生日」と「村田諒太の誕生日」


③マニー・パッキャオが2階級制覇を達成し、後の快進撃のきっかけとなったリーロ・レジャバ戦。
このとき、実はパッキャオは代役で本来は別の挑戦者がレジャバに挑戦予定だった。
では、その選手とは次のうち誰?
1:クラレンス・アダムス
2:マルコ・アントニオ・バレラ
3:エンリケ・サンチェス
4:オスカー・ラリオス


④プロデビュー以来の50連勝を記録したフロイド・メイウェザーが最後に敗れたのはアマチュア時代のアトランタ五輪フェザー級準決勝でのこと。
ではその時、メイウェザーを破り、アトラン五輪でフェザー級金メダルを獲得した選手は誰?
1:ガブリエル・トドロフ
2:エンジェル・トドロフ
3:ラファエル・トドロフ
4:セラフィム・トドロフ


⑤英国のスミス4兄弟、リアム、ポール、ステフェン、カラム。この4人を年齢が上の順から並べた時、正しいのはどれ?
1:ポール、カラム、リアム、ステフェン
2:ステフェン、ポール、カラム、リアム
3:ポール、ステフェン、リアム、カラム
4:ポール、リアム、ステフェン、カラム


⑥日本ボクシング界において、日本王座3階級制覇以上を制覇した選手は5階級制覇を達成した選手を含めて過去に4人存在する。
では次の中で最後に「日本王座3階級制覇を達成した」のは誰?
1:湯場忠志
2:五代登
3:中川大資
4:前田宏行


⑦ジェイク・ギレンホール主演のボクシング映画「サウスポー」、この映画で主人公のトレーナー役を演じたのは?
1:ビクター・オルティス
2:ロイ・ジョーンズ
3:セルヒオ・マルチネス
4:フォレスト・ウィテカー


⑧漫画「はじめの一歩」の主人公の必殺技として有名なデンプシーロール。
では、このデンプシーとは次のうち誰?
1:パトリック・デンプシー
2:ジョシ-・デンプシー
3:クリント・デンプシー
4:ジャック・デンプシー


⑨1956年メルボルン五輪ボクシングヘビー級金メダリストであるピート・ラデマッハー。
彼はプロデビュー戦で世界ヘビー級タイトルマッチに挑戦して敗れるのだが、その挑戦を受けた当時の世界ヘビー級王者は次のうち誰?
1:モハメド・アリ
2:ソニー・リストン
3:フロイド・パターソン
4:ジョー・フレイジャー


⑩以下のボクサーの組み合わせのうち、実の親子である組み合わせはどれ?

1:オスカー・デラホーヤとディエゴ・デラホーヤ

2:マイケル・スピンクスとコーリー・スピンクス

3:フリオ・セサール・チャベスとオマール・チャベス

4:ロジャー・メイウェザー とフロイド・メイウェザー ・ジュニア



・最終問題(クールダウン)
ボクシング史上3人目の4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)統一王者となったテレンス・クロフォード。
では、彼の出身地であるアメリカ・ネブラスカ州の都市と言えば?
1:バハマ
2:オバマ
3:オマハ
4:インティライミ


↓正解はこの本を読んで、勉強すればわかる!!(正解記事は12月10日以降に更新予定)

カテゴリ:
11月11日
東京 後楽園ホール


OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
OPBF東洋太平洋ミニマム級王者
WBC世界ミニマム級11位:小浦翼(E&Jカシアス)
戦績:11戦11勝8KO無敗

VS

この試合が2度目のタイトル挑戦
日本ミニマム級4位
IBF世界ミニマム級15位:谷口将隆(ワタナベ)
戦績:9戦8勝6KO1敗
備考:1敗は小西怜弥との日本ミニマム級王座決定戦に敗れたもの

カテゴリ:
12月11日
東京 後楽園ホール


日本スーパーフライ級王座挑戦者決定戦
※王者は船井龍一

この試合が4度目の王座挑戦となる
日本スーパーフライ級1位:翁長吾央大橋
戦績:34戦28勝19KO3敗3分
備考:3敗は佐藤洋太帝里木下レネ・ダッケルに敗れたもの。

VS

第51回(2004年)全日本ライトフライ級新人王
1度の日本王座挑戦経験
4度の世界王座挑戦経験を持つ
元WBCインターナショナルフライ級シルバー王者
この試合が再起戦となる日本スーパーフライ級2位:久高寛之仲里
戦績:43戦25勝11KO17敗1分
備考:リングネームの名字部分の読みを「ひさたか」から「くだか」に変更。
4度の世界王座挑戦は坂田健史デンカオセーンウーゴ・カサレスオマール・ナルバエスに敗れて王座獲得ならず。


カテゴリ:

11月4日

メキシコ ティファナ

ガスマートスタジアム



バンタム級ノンタイトル10回戦


WBC世界バンタム級王者:ルイス・ネリ(メキシコ)

戦績:24戦24勝18KO無敗

備考:王座を獲得した山中慎介戦でのドーピング疑惑により、今後王座剥奪などの処分を受ける可能性がある。その処分を待たずしてノンタイトル戦の挙行を発表した。


VS


元OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者

WBC世界バンタム級12位:アーサー・ビラヌエバ(フィリピン)

戦績:33戦31勝17KO2敗

備考:2敗はマックジョー・アローヨとのIBF世界スーパーフライ級王座決定戦に敗れたものと、ゾラニ・テテとのWBO世界バンタム級暫定王座決定戦に敗れたもの。


カテゴリ:

10月28日

英国 カーディフ

プリンシパリティスタジアム



WBCヘビー級シルバー王座決定戦

※前王者は来日経験のあるヨハン・デュオパ




元英国ヘビー級王者

WBCインターナショナルヘビー級王者

WBC世界ヘビー級3位:ディリアン・ホワイト(ジャマイカ出身・英国)

戦績:22戦21勝16KO1敗

備考:1敗はアンソニー・ジョシュアとの無敗対決に敗れたもの。


VS


IBF世界ヘビー級9位:ロバート・ヘレニウス(スウェーデン出身・フィンランド)

戦績:26戦25勝16KO1敗

備考:1敗は来日経験のあるヨハン・デュオパに敗れたもの。



10月28日
ウェールズ カーディフ
プリンシパリティスタジアム


IBF・WBA統一世界ヘビー級タイトルマッチ

2012年ロンドン五輪スーパーヘビー級金メダリスト
この試合がIBF4度目、WBA王座は初防衛戦
IBF・WBAスーパー統一世界ヘビー級王者:アンソニー・ジョシュア(英国)
戦績:19戦19勝19KO無敗
備考:前回、元3団体統一世界ヘビー級王者のウラジミール・クリチコとの死闘を制してWBAスーパー王座も獲得。クリチコはこの試合を最後に引退した。

VS

この試合が世界王座初挑戦
IBF世界ヘビー級3位:カルロス・タカム(カメルーン出身・フランス)
戦績:39戦35勝27KO3敗1分
備考:3敗はグレゴリー・トニーアレクサンデル・ポベトキンジョセフ・パーカーに敗れたもの。


当初は、クブラト・プーレフが挑戦者の予定だったが、負傷によりタカムに変更となった。


カテゴリ:
11月11日
アメリカ カリフォルニア州フレスノ
セーブマートアリーナ(西武マートではない。Save Mart)


スーパーライト級10回戦

WBC米大陸スーパーライト級王者
WBC世界スーパーライト級3位:ホセ・カルロス・ラミレス(アメリカ)
戦績:20戦20勝15KO無敗
備考:テレンス・クロフォードが返上予定のWBC世界王座を争う、王座決定トーナメントの初戦でアミール・イマムと戦うという話もある。(もう片方の山ではレギス・プログライスビクトル・ポストルが対戦するという計画)

VS

WBO世界スーパーライト級10位:マイク・リード(アメリカ)
戦績:23戦23勝12KO無敗

シーサケット・ソールンビサイvsファン・フランシスコ・エストラーダ

カテゴリ:
2018年2月24日(予定)
アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルス


WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ

この試合が2度目の王座の2度目の防衛戦(通算3度目の防衛戦)
WBC世界スーパーフライ級王者:シーサケット・ソールンビサイ(タイ)
戦績:49戦44勝40KO4敗1分
備考:前回、前々回とローマン・ゴンサレスに連勝して一気にスーパーフライ級の主役に躍り出た。
プロデビュー戦では八重樫東に敗れている。

VS

元WBO・WBA統一世界フライ級王者
この試合で2階級制覇を狙う
WBC世界スーパーフライ級1位:ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
戦績:38戦36勝25KO2敗
備考:2敗はファン・カルロス・サンチェス・ジュニアとローマン・ゴンサレスに敗れたもの。

gilgkjj


カテゴリ:
11月11日
東京 後楽園ホール


スーパーウェルター級8回戦

前日本ウェルター級王者
日本スーパーウェルター級1位:新藤寛之宮田
戦績:23戦18勝7KO4敗1分

VS

元WBCアジアスーパーウェルター級シルバー王者
元PABAスーパーウェルター級王者
元WBCアジアスーパーウェルター級王者
日本スーパーウェルター級2位:コブラ諏訪ピューマ渡久地
戦績:33戦19勝11KO12敗2分
備考:2015年から2016年にかけてタイで4試合を経験。


カテゴリ:
11月11日
アメリカ ニューヨーク
ナッソーコロシアム


ミドル級12回戦

元WBA世界ミドル級レギュラー王者
WBC世界ミドル級2位:ダニエル・ジェイコブス(アメリカ)
戦績:34戦32勝29KO2敗
備考:2敗はドミトリィ・ピログにワンパンチKO負けしたものと、ゲンナディ・ゴロフキンに判定で敗れたもの。ゴロフキン戦では彼の世界王座連続KO防衛記録を止めてみせた。

VS

WBC世界ミドル級9位
IBF世界ミドル級6位:ルイス・アリアス(アメリカ)
戦績:18戦18勝9KO無敗
備考:2008年、2010年の全米アマチュアミドル級王者



カテゴリ:
11月24日
タイ ナコンラチャシマー


WBC世界ミニマム級タイトルマッチ

この試合が8度目の防衛戦
WBC世界ミニマム級王者:ワンヘン・ミナヨーティン(タイ)
戦績:48戦48勝17KO無敗
備考:デビュー以来の連勝記録はフロイド・メイウェザーコナー・マクレガー戦で樹立した「50連勝」、それ以前の無敗記録はロッキー・マルシアノの「49連勝」、ワンヘンが福原を下せばマルシアノに並ぶことになる。
日本人との対戦は岩橋裕馬大平剛に続き3人目。

VS

この試合が再起戦にして世界王座再挑戦
元日本ミニマム級王者
前WBO世界ミニマム級王者
WBO世界ミニマム級8位
WBC世界ミニマム級10位:福原辰弥(本田フィットネス)
戦績:30戦19勝7KO5敗6分
備考:5敗には木村悠井上拓真山中竜也に敗れたものを含む。


このページのトップヘ

見出し画像
×