暗記バカのボクシングブログ

WOWOWボクシング検定2連覇、日本ボクシング検定1級合格のボクシング知識暗記バカのにわかファンである筆者がマイペースに書くブログ。暗記バカのにわかファンと名付けていただいた酒屋の長男さん、ありがとうございます。

当ブログのアフィリエイト収入はボクシング界の振興に直結します。

2019年02月

4月27日
アメリカ


ワールドボクシングスーパーシリーズ・バンタム級トーナメント準決勝
WBAスーパー・WBO世界バンタム級王座統一戦


元IBF世界フライ級王者
元WBA世界スーパーフライ級暫定王者
元WBO・WBC統一世界バンタム級王者
元WBO・IBF統一世界スーパーバンタム級王者
元WBA世界フェザー級スーパー王者
元WBO世界スーパーバンタム級王者
WBCバンタム級ダイヤモンドベルト保持者
この試合が初防衛戦
WBA世界バンタム級スーパー王者:ノニト・ドネア(フィリピン)
戦績:44戦39勝25KO5敗
備考:1回戦でライアン・バーネットに4ラウンド終了・棄権によるTKO勝ち。

VS

元IBF世界スーパーフライ級王者
この試合が4度目の防衛戦
WBO世界バンタム級王者:ゾラニ・テテ(南アフリカ)
戦績:31戦28勝21KO3敗
備考:1回戦でミハイル・ミーシャ・アロイアンに12ラウンド3-0判定勝ち。


スコットランド グラスゴー
ザ・SSEハイドロ



ワールドボクシングスーパーシリーズ・バンタム級トーナメント準決勝

WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦
※WBAレギュラー王者には統一戦が原則認められないルールのはずなのでIBF世界バンタム級タイトルマッチになる可能性も?

元日本ライトフライ級王者
元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBC世界ライトフライ級王者
元WBO世界スーパーフライ級王者
この試合が2度目の防衛戦
WBA世界バンタム級レギュラー王者:井上尚弥(大橋)
戦績:17戦17勝15KO無敗
備考:1回戦ではファン・カルロス・パヤノに1ラウンドKO勝ち。
WBAバンタム級スーパー王者はノニト・ドネア

VS

この試合が2度目の防衛戦
IBF世界バンタム級王者:エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
戦績:19戦19勝12KO無敗
備考:1回戦ではジェイソン・モロニーに2ー1(115-113、115-113、113-115)判定勝ち。


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

東京・後楽園ホール


WBO世界ミニマム級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBO世界ミニマム級王者:ビック・サルダール(フィリピン)
戦績:21戦18勝10KO3敗
備考:3敗はパウエル・バラバ田中恒成トト・ランデロに敗れたもの。

VS

前WBOアジアパシフィックミニマム級王者
WBO世界ミニマム級2位:谷口将隆(ワタナベ)
戦績:13戦11勝7KO2敗
備考:2敗は小西怜弥の持つ日本王座、小浦翼の持つOPBF王座に挑戦して惜敗したもの。
3度目のタイトル挑戦でWBOアジアパシフィック王座を獲得し、今回のチャンスを掴んだ。


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

エディオンアリーナ大阪


OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ

WBOアジアパシフィックミドル級王者
この試合が初防衛戦
OPBF東洋太平洋ミドル級王者:細川チャーリー忍(金子)
戦績:14戦11勝10KO3敗

VS

元日本・OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級2冠王者
元日本スーパーウェルター級王者
この試合でOPBF東洋太平洋王座2階級制覇を狙う
OPBF東洋太平洋ミドル級14位:野中悠樹(井岡弘樹)
戦績:45戦32勝10KO10敗3分


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。


英国 ロンドン グリニッジ
O2アリーナ


IBOスーパーミドル級王座決定戦

2008年北京五輪ミドル級金メダリスト
元IBF世界スーパーミドル級王者:ジェームス・デゲール(英国)
戦績:28戦25勝15KO2敗1分

VS

元WBA世界ミドル級暫定王者
WBSSシーズン1・スーパーミドル級ベスト4
WBA世界スーパーミドル級3位:クリス・ユーバンク・ジュニア(英国)
戦績:29戦27勝21KO2敗
備考:2敗はビリー・ジョー・サンダースと、WBSS準決勝でジョージ・グローブスに敗れたもの
父は元WBO世界ミドル級・スーパーミドル級2階級制覇のクリス・ユーバンク


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。




アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス
ミネアポリス・アーマリー


WBC世界スーパーミドル級王座決定戦
※王者のデビッド・ベナビデスが休養王者となったため

元WBC世界スーパーミドル級王者
WBC世界スーパーミドル級1位:アンソニー・ディレル(アメリカ)
戦績:34戦32勝24KO1敗1分
備考:1敗はバドゥ・ジャックにWBC王座を奪われたもの。

VS

WBSSシーズン1・スーパーミドル級ベスト8
WBC世界スーパーミドル級2位:アフニ・イルディリム(トルコ)
戦績:22戦21勝12KO1敗
備考:1敗はWBSS初戦でクリス・ユーバンク・ジュニアに敗れたもの。


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

英国・レスターシャー州レスター
レスターアリーナ


WBOインターコンチネンタルライトヘビー級タイトルマッチ

この試合が5度目の防衛戦
WBOインターコンチネンタルライトヘビー級王者
WBO世界ライトヘビー級1位:アンソニー・ヤーデ(英国)
戦績:17戦17勝16KO無敗

VS

WBC世界ライトヘビー級14位:メディ・アマル(フランス)
戦績:43戦35勝16KO6敗2分


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス
マイクロソフト・シアター


ウェルター級10回戦

元WBC世界ライト級王者:オマール・フィゲロア(アメリカ)
戦績:28戦27勝19KO無敗1分

VS

元WBOインターナショナルスーパーライト級王者:ジョン・モリナ(アメリカ)
戦績:37戦30勝24KO7敗


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。


東京・後楽園ホール


日本スーパーライト級タイトルマッチ

この試合が3度目の防衛戦
日本スーパーライト級王者:細川バレンタイン(角海老宝石)
戦績:33戦24勝11KO6敗3分

VS

日本スーパーライト級1位:井上浩樹(いのうえ・こうき。大橋)
戦績:12戦12勝10KO無敗
備考:従兄弟に井上尚弥井上拓真がいる


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス
マイクロソフト・シアター


IBF世界ミニマム級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
IBF世界ミニマム級王者:カルロス・リコナ(メキシコ出身・アメリカ)
戦績:14戦14勝2KO無敗
備考:前回、マーク・アンソニー・バリガとの王座決定戦を制して、京口紘人が返上した王座を引き継いだ

VS

IBF世界ミニマム級8位:ディージェイ・クリエル(南アフリカ)
戦績:16戦14勝6KO1敗1分


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。


↑このページのトップヘ