カテゴリ

カテゴリ:日本ボクシング検定

カテゴリ:
①日本ボクシング界の聖地と言えば、何ホール?

1:兼六園
2:失楽園
3:後楽園
4:永谷園


②元WBA世界ミドル級王者ダニエル・ジェイコブスは難病・骨肉腫を乗り越えたことから「ミラクルマン」のニックネームで呼ばれるようになったが、ではそれ以前に彼が呼ばれていたニックネームは?

1:アイアンマン
2:ブラックパンサー
3:ゴールデンチャイルド
4:ホークアイ


③次のうち、ローマン・ゴンサレスのデビュー以来の連続KO勝利記録を止めたのは?

1:中島浩
2:松本博志
3:川島敦志
4:山本博


④次のうち、マニー・パッキャオと対戦したことがあるのは誰?

1:大和心
2:ラクバ・シン
3:千里馬啓徳
4:寺尾新


⑤日本人選手の連続KO勝利記録である15連続KOを記録したのは浜田剛史と渡部あきのり。
では、次のうち3位タイの記録である14連続KO勝ちを記録していないのは誰?(2017年12月10日時点)

1:別府優樹
2:丸山大輔
3:比嘉大吾
4:金井アキノリ


⑥次のうち、WBA世界ライト級王座を獲得したことがないのは?

1:ホルヘ・リナレス
2:畑山隆則
3:ガッツ石松
4:小堀佑介


⑦次のうち、日本人として初めてWBOの世界王座を獲得したのは?

1:田中恒成
2:高山勝成
3:亀田和毅
4:井上尚弥


⑧以下に挙げたのはWBC世界ミニマム級王座の変遷の一部を抜き出したもの。
(?)に入るのは誰か?

「ホセ・アントニオ・アギーレ→イーグル京和→(?)→高山勝成」

1:カルロス・メロ
2:マリオ・ロドリゲス
3:オーレドン・シッサマーチャイ
4:イサック・ブストス


⑨プロ戦績50戦全勝の記録を持つフロイド・メイウェザー・ジュニア。
では、彼の戦績として正しいのは次のうちどれ?(2017年12月10日時点)

1:50戦50勝25KO無敗
2:50戦50勝26KO無敗
3:50戦50勝27KO無敗
4:50戦50勝28KO無敗


⑩次に挙げる5組の兄弟の内、兄弟が両方とも五輪で「メダル」を獲得しているのは何組?

レオン・スピンクス&マイケル・スピンクス
ビタリ・クリチコ&ウラジミール・クリチコ
ジェイミー・コンラン&マイケル・コンラン
ヤマグチ・ファルカオ&エスキバ・ファルカオ
ヤン・バルテレミ&ランレセス・バルテミ


カテゴリ:
①次のうち、サウスポーでないのは誰?

1:山中慎介

2:三浦隆司

3:粟生隆寛

4:村田諒太



②次のうち、日本人のボクシング五輪メダリストとして初めてプロの世界チャンピオンになったのは?

1:田辺清

2:森岡栄治

3:村田諒太

4:桜井孝雄



③次のうち、日本人として2人目のプロボクシング世界ミドル級チャンピオンとなったのは?

1:竹原慎二

2:佐藤幸治

3:保住直孝

4:村田諒太



④次のうち、元世界ヘビー級王者ジョー・フレージャーと同じく1月12日生まれなのは?

1:亀海喜寛

2:村田諒太

3:山中慎介

4:三浦隆司



⑤次のうち、大場政夫がWBA世界フライ級王座を獲得した10月22日に世界タイトルを獲得したのは?

1:村田諒太

2:坂田健史

3:井岡一翔

4:比嘉大吾



⑥次のうち、日本人として2人目のボクシング五輪金メダリストとなったのは?

1:清水聡

2:桜井孝雄

3:村田諒太

4:田辺清



⑦次のうち、2012年のロンドン五輪ボクシングミドル級で金メダルを獲得したのは?

1:エスキバ・ファルカオ

2:ゲンナディ・ゴロフキン

3:ジェームス・デゲール

4:村田諒太



⑧次のうち、ボクシング五輪ミドル級金メダリストとして初めて、プロでもミドル級世界王者となったのは?

1:ヘンリー・マスケ

2:ジェームス・デゲール

3:村田諒太

4:フロイド・パターソン



⑨次のうち、大阪の興国高等学校出身でないのは誰?

1:石田順裕

2:宮崎亮

3:村田諒太

4:井岡一翔



⑩次の特徴に当てはまるのは誰?

「右利き、1月12日生まれ、14戦13勝10KO1敗、2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリスト」

1:ゲンナディ・ゴロフキン

2:オスカー・デ・ラ・ホーヤ

3:村田諒太

4:ジョー・フレージャー



WBA世界ミドル級王座奪取おめでとうございます。


カテゴリ:
日本ボクシング検定の公式テキストが10月16日に発売されています。



ボクシング検定のためだけではなく、これからボクシングを見始めようという方が基本的な知識を得るのにもオススメの1冊です。

カテゴリ:
約10問ほど、日本ボクシング検定っぽい問題を考えてみました。

①次のうち、メジャー4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)の世界王座をすべて獲得したことがないのは誰?
1:フロイド・メイウェザー
2:ミゲール・コット
3:ブライアン・ビロリア
4:ファン・マヌエル・マルケス


②次の事象の組み合わせの内、起きた日付(〇月〇日)が同じでないものはどれ?
1:「パーネル・ウィテカの誕生日」と「大場政夫vsチャチャイ・チオノイ戦」
2:「ロイ・ジョーンズvsジョン・ルイス戦」と「ミッケル・ケスラーの誕生日」
3:「白井義男の誕生日」と「長谷川穂積の誕生日」
4:「ジョー・フレイジャーの誕生日」と「村田諒太の誕生日」


③マニー・パッキャオが2階級制覇を達成し、後の快進撃のきっかけとなったリーロ・レジャバ戦。
このとき、実はパッキャオは代役で本来は別の挑戦者がレジャバに挑戦予定だった。
では、その選手とは次のうち誰?
1:クラレンス・アダムス
2:マルコ・アントニオ・バレラ
3:エンリケ・サンチェス
4:オスカー・ラリオス


④プロデビュー以来の50連勝を記録したフロイド・メイウェザーが最後に敗れたのはアマチュア時代のアトランタ五輪フェザー級準決勝でのこと。
ではその時、メイウェザーを破りアトランタ五輪でフェザー級銀メダルを獲得した選手は誰?
1:ガブリエル・トドロフ
2:エンジェル・トドロフ
3:ラファエル・トドロフ
4:セラフィム・トドロフ


⑤英国のスミス4兄弟、リアム、ポール、ステフェン、カラム。この4人を年齢が上の順から並べた時、正しいのはどれ?
1:ポール、カラム、リアム、ステフェン
2:ステフェン、ポール、カラム、リアム
3:ポール、ステフェン、リアム、カラム
4:ポール、リアム、ステフェン、カラム


⑥日本ボクシング界において、日本王座3階級制覇以上を制覇した選手は5階級制覇を達成した選手を含めて過去に4人存在する。
では次の中で最後に「日本王座3階級制覇を達成した」のは誰?
1:湯場忠志
2:五代登
3:中川大資
4:前田宏行


⑦ジェイク・ギレンホール主演のボクシング映画「サウスポー」、この映画で主人公のトレーナー役を演じたのは?
1:ビクター・オルティス
2:ロイ・ジョーンズ
3:セルヒオ・マルチネス
4:フォレスト・ウィテカー


⑧漫画「はじめの一歩」の主人公の必殺技として有名なデンプシーロール。
では、このデンプシーとは次のうち誰?
1:パトリック・デンプシー
2:ジョシ-・デンプシー
3:クリント・デンプシー
4:ジャック・デンプシー


⑨1956年メルボルン五輪ボクシングヘビー級金メダリストであるピート・ラデマッハー。
彼はプロデビュー戦で世界ヘビー級タイトルマッチに挑戦して敗れるのだが、その挑戦を受けた当時の世界ヘビー級王者は次のうち誰?
1:モハメド・アリ
2:ソニー・リストン
3:フロイド・パターソン
4:ジョー・フレイジャー


⑩以下のボクサーの組み合わせのうち、実の親子である組み合わせはどれ?

1:オスカー・デラホーヤとディエゴ・デラホーヤ

2:マイケル・スピンクスとコーリー・スピンクス

3:フリオ・セサール・チャベスとオマール・チャベス

4:ロジャー・メイウェザー とフロイド・メイウェザー ・ジュニア



・最終問題(クールダウン)
ボクシング史上3人目の4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)統一王者となったテレンス・クロフォード。
では、彼の出身地であるアメリカ・ネブラスカ州の都市と言えば?
1:バハマ
2:オバマ
3:オマハ
4:インティライミ


↓正解はこの本を読んで、勉強すればわかる!!(正解記事は12月10日以降に更新予定)

日本ボクシング検定2017開催決定

カテゴリ:
hgkhvjkk
日時:2017年12月10日(日曜日)
開催地:東京会場と大阪会場の2カ所

今回はJBCの監修のもと、3級と2級が実施される。
ホームページで受けられる練習問題を受けてみた感覚としては
3級は従来のWOWOWボクシング検定の1次試験レベル、2級は2次試験レベルといったところ。
おそらく来年以降、新設される1級・準1級で第1回、第2回の決勝戦で出題されたような超難問が解禁されるものと思われる。(例:英国のスミス4兄弟を長男から順番に答えよ、など)

詳細は公式サイトを参照のこと。

2級の最高得点獲得者は来年2月に行われる日本ボクシング年間表彰式で表彰対象選手とともに表彰される予定だという。
我こそはと思う人は表彰式出席を目標にされてみては?

↓公式テキストブックはこちら

このページのトップヘ

見出し画像
×