タグ

タグ:アルツール・アブラハム

クリス・ユーバンク・ジュニアvsアフニ・イルディリム

カテゴリ:
10月7日
ドイツ シュトゥットガルト
ハンス・マルティン・シュライヤーホール


IBOスーパーミドル級タイトルマッチ
ワールドボクシングスーパーシリーズ1回戦

元WBA世界ミドル級暫定王者
この試合が2度目の防衛戦
IBOスーパーミドル級王者
IBF世界スーパーミドル級4位:クリス・ユーバンク・ジュニア(英国)
戦績:26戦25勝19KO1敗
備考:1敗はビリー・ジョー・サンダースとの無敗対決に敗れたもの。
父は元WBO世界ミドル級&スーパーミドル級王者のクリス・ユーバンク(・シニア)
前回の試合でアルツール・アブラハムとの「ワールドボクシングスーパーシリーズ出場査定試合」に勝利して出場権を得た。

VS

WBCインターナショナルスーパーミドル級王者
WBC世界スーパーミドル級3位:アフニ・イルディリム(トルコ)
戦績:16戦16勝10KO無敗
備考:ここまでのキャリアでグレンコフ・ジョンソンマルコ・アントニオ・ペリバンとタフなベテランを下しており、ユーバンクジュニアと同じく2世ボクサーのアーロン・プライヤー・ジュニアも下している。

・ワールドボクシングスーパーシリーズ スーパーミドル級のトーナメント表。
00sfdsfdsds

カテゴリ:
9月22日
アメリカ アリゾナ州ツーソン


WBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ

この試合が2度目の防衛戦
WBO世界スーパーミドル級王者:ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)
戦績:35戦35勝24KO無敗
備考:アルツール・アブラハムから王座を奪取。

VS

この試合が世界王座初挑戦
WBO世界スーパーミドル級2位:ジェシー・ハート(アメリカ)
戦績:22戦22勝18KO無敗

クリス・ユーバンク・ジュニアvsアルツール・アブラハム

カテゴリ:
7月15日
英国 ロンドン
ウェンブリーアリーナ


IBOスーパーミドル級タイトルマッチ
※この試合の勝者がワールドボクシングスーパーシリーズに進出する

元WBA世界ミドル級暫定王者
この試合が初防衛戦
IBOスーパーミドル級王者
WBC世界スーパーミドル級4位:クリス・ユーバンク・ジュニア(英国)
戦績:25戦24勝19KO1敗
備考:1敗はビリー・ジョー・サンダースとの英国ミドル級最強決定戦(当時)に敗れたもの。
父親は元世界王者のクリス・ユーバンク

VS

元IBF世界ミドル級王者
前WBO世界スーパーミドル級王者
WBO世界スーパーミドル級1位:アルツール・アブラハム(アルメニア出身・ドイツ)
戦績:51戦46勝30KO5敗

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ、スーパーミドル級のカードは下の画像を参照。
00sfdsfdsds

カテゴリ:
6月17日
ドイツ ヘッセン州ヴェッツラー
リッタルアリーナ 


WBA世界スーパーミドル級タイトルマッチ

この試合が2度目の防衛戦
WBA世界スーパーミドル級レギュラー王者:タイロン・ジーゲ(ドイツ)
戦績:21戦20勝11KO無敗1分
備考:スーパー王座にはジョージ・グローブスが就いている。

VS

この試合が3度目の世界王座挑戦
WBA世界スーパーミドル級5位:ポール・スミス(英国)
戦績:44戦38勝22KO6敗
備考:6敗はジェームス・デゲール、グローブス、アルツール・アブラハムアンドレ・ウォードらに敗れたもの

4月22日
ドイツ


スーパーミドル級12回戦

元IBF世界ミドル級王者
前WBO世界スーパーミドル級王者
WBO世界スーパーミドル級2位:アルツール・アブラハム(アルメニア/ドイツ)
戦績:50戦45勝30KO5敗
備考:5敗はアンドレ・ディレルカール・フロッチアンドレ・ウォード(この3人にはスーパーミドル級トーナメント『スーパー6』の中で敗れた)、ロバート・スティーグリッツヒルベルト・ラミレスに敗れたもの

VS

WBO世界スーパーミドル級3位:ロビン・クラスニキ(コソボ/ドイツ)
戦績:50戦46勝17KO4敗
備考:4敗のうち2敗はキャリア初期に喫したもの。あとの2敗はライトヘビー級の世界戦でネイサン・クレバリーユルゲン・ブレーマーに敗れたもの

カテゴリ:
4月22日
アメリカ カリフォルニア州カーソン
スタブハブセンター

WBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ

この試合が王座獲得から1年ぶりの初防衛戦
WBO世界スーパーミドル級王者:ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)
戦績:34戦34勝24KO無敗
備考:2016年4月にアルツール・アブラハムを下してWBO世界スーパーミドル級王座を獲得。

VS

この試合が2度目の世界王座挑戦
WBO世界スーパーミドル級10位:マックス・ブルサク(ウクライナ)
戦績:38戦33勝15KO4敗1分
備考:4敗はハッサン・ヌダム・ヌジカムとのWBO世界ミドル級暫定王座決定戦で敗れたもの、ジャロッド・フレッチャーマーティン・マレーザック・ダンに敗れたものの4つ。

カテゴリ:
4月22日
英国 マーシーサイド リバプール
エコー・アリーナ


ミドル級12回戦

元WBA世界ミドル級暫定王者:マーティン・マレー(英国)
戦績:39戦34勝16KO4敗1分
備考:4敗はセルヒオ・マルチネスゲンナディ・ゴロフキンアルツール・アブラハムジョージ・グローブスに敗れたもの。1分はフェリックス・シュトルムのWBA世界ミドル級スーパー王座に挑戦して引き分けたもの。

VS

元WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王者:ガブリエル・ロサド(アメリカ)
戦績:43戦23勝13KO10敗1無効試合
備考:10敗したうち、主なものとしてはアルフレド・アングロ、ゲンナディ・ゴロフキン、ピーター・クイリンジャーメル・チャーロデビッド・レミューウィリー・モンロー・ジュニアに敗れている。


カテゴリ:
3月18日
ドイツ ライプツィヒ
ライプツィヒアリーナ


EBU欧州ライトヘビー級タイトルマッチ

元WBO世界スーパーミドル級王者
この試合が初防衛戦
EBU欧州ライトヘビー級王者
WBO世界ライトヘビー級4位:ロバート・スティーグリッツ(ロシア/ドイツ)
戦績:56戦50勝29KO5敗1分
備考:5敗はアレハンドロ・ベリオリブラド・アンドラーデに敗れたものと、アルツール・アブラハムに3度敗れたもの。

VS

元WBC地中海スーパーミドル級王者:ニコラ・スジェクロカ(セルビア/モンテネグロ)
セルビア・モンテネグロについてはこちらを参照
戦績:36戦32勝11KO4敗
備考:4敗はサキオ・ビカ、アルツール・アブラハム、カラム・スミスタイロン・ツォイゲに敗れたもの

カテゴリ:
3月25日
ドイツ ブランデンベルグ
ポツダム
MBSアリーナ


WBA世界スーパーミドル級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBA世界スーパーミドル級王者:タイロン・ツォイゲ(ドイツ)
戦績:20戦19勝11KO1分
備考:ジョバンニ・デ・カロリスへの2度目の挑戦で王座奪取。

VS

この試合が2度目の世界王座挑戦
イサック・エクポ(ナイジェリア)
戦績:33戦31勝24KO2敗
備考:2敗はチャールズ・チサンバロバート・スティーグリッツに敗れたもの。

カテゴリ:
11月12日
モナコ・モンテカルロ


①WBA世界スーパーフェザー級レギュラータイトルマッチ
※スーパー王者はジェスレル・コラレス

この試合が初防衛戦
WBA世界スーパ-フェザー級レギュラー王者:ジェイソン・ソーサ(アメリカ)
戦績:24戦19勝15KO1敗4分
備考:前回、無敗の2階級制覇王者ハビエル・フォルトゥナにKO勝ちで王座獲得。

VS

WBC世界スーパーフェザー級5位:ステフェン・スミス(英国)
戦績:26戦24勝14KO2敗
備考:スミス4兄弟の次兄。
ちなみにスミス4兄弟は上から
ポール・スミス(アルツール・アブラハムと2度対戦)
ステフェン・スミス
リアム・スミスサウル・アルバレスと対戦)
カラム・スミス(無敗のホープ)
で、頭文字をとって「ポスリカ」と覚えるとよい、と第2回ボクシング検定の際にボクシングライターの原功さんに教えていただいた。


②スーパーミドル級12回戦

元IBF世界ミドル級王者
前WBO世界スーパーミドル級王者
WBO世界スーパーミドル級2位:アルツール・アブラハム(アルメニア/ドイツ)
戦績:50戦45勝30KO5敗

VS

元WBA世界ミドル級暫定王者
WBC世界スーパーミドル級13位:マーティン・マレー(英国)
戦績:38戦33勝16KO4敗1分
備考:4敗はセルヒオ・マルチネスゲンナディ・ゴロフキン、アルツール・アブラハム、ジョージ・グローブスに敗れたもの。


③WBA世界バンタム級レギュラータイトルマッチ
※スーパー王者はラウシー・ウォーレン

この試合が5度目の防衛戦
WBA世界バンタム級レギュラー王者:ジェイミー・マクドネル(英国)
戦績:31戦28勝13KO2敗1分
備考:ここ3試合で亀田和毅に2勝、フェルナンド・バルガスこっちではない)に9ラウンドTKO勝ち。

VS

元WBA世界スーパーフライ級王者
WBA世界バンタム級2位:リボリオ・ソリス(ベネズエラ)
戦績:30戦25勝11KO4敗1分
備考:山中慎介に挑戦後、すでに2試合を消化し、この試合を迎える。


④WBA世界ヘビー級暫定タイトルマッチ

この試合が2度目の防衛戦
WBA世界ヘビー級暫定王者:ルイス・オルティス(キューバ)
戦績:27戦25勝22KO無敗2無効試合

VS

この試合が初の世界王座挑戦
WBC世界ヘビー級9位:マリク・スコット(アメリカ)
戦績:41戦38勝12KO2敗1分
備考:2敗はデレック・チソラデオンティ・ワイルダーに敗れたもの。

カテゴリ:
4月9日
アメリカ・ネバダ州ラスベガス
MGMグランドガーデンアリーナ

元IBF世界ミドル級王者
元WBO世界スーパーミドル級王者
この試合が6度目の防衛戦
WBO世界スーパーミドル級王者:アルツール・アブラハム(アルメニア/ドイツ)
戦績:48戦44勝29KO4敗
備考:4敗はアンドレ・ディレルカール・フロッチアンドレ・ウォードロバート・スティーグリッツとの2戦目(スティーグリッツとは4戦3勝1敗)に敗れたもの

VS

この試合が世界王座初挑戦
未だ無敗の指名挑戦者
WBO世界スーパーミドル級1位:ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)
戦績:33戦33勝24KO無敗


カテゴリ:
11月21日
ドイツ・ハノーファー
TUIアレーナ

WBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ

元IBF世界ミドル級王者
この試合が5度目(通算6度目)の防衛戦
WBO世界スーパーミドル級王者:アルツール・アブラハム(アルメニア/ドイツ)
戦績:47戦43勝29KO4敗
備考:4敗はアンドレ・ディレルカール・フロッチアンドレ・ウォードロバート・スティーグリッツに敗れたもの。
スティーグリッツとは4度戦いアブラハムが3勝1敗

VS

元WBA世界ミドル級暫定王者
この試合で2階級制覇を狙う
WBO世界スーパーミドル級15位:マーティン・マレー(英国)
戦績:35戦32勝15KO2敗1分
備考:2敗はセルヒオ・マルチネスゲンナディ・ゴロフキンに敗れたもの。
1分けはフェリックス・シュトルムと引き分けたもの。



カテゴリ:
2015年2月21日
ドイツ ベルリン
O2ワールドアリーナ

WBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ

元WBAインターコンチネンタルミドル級王者
元WBFインターコンチネンタルミドル級王者
元IBF世界ミドル級王者(防衛10度)
スーパー6(2009~2011。スーパーミドル級)ベスト4
元WBOヨーロッパスーパーミドル級王者
元WBO世界スーパーミドル級王者
元WBOインターコンチネンタルスーパーミドル級王者
この試合が2度目の王座の3度目の防衛戦
WBO世界スーパーミドル級王者
アルツール・アブラハム(アルメニア・ドイツ)
戦績:45戦41勝28KO4敗
VS
元BBBofC中央地区ミドル級王者
元BBBofC英国ミドル級王者
元WBAインターナショナルスーパーミドル級王者
元BBBofCブリティッシュスーパーミドル級王者
元英国スーパーミドル級王者
ダイレクトリマッチの権利を得た
WBO世界スーパーミドル級4位
ポール・スミス(英国)
戦績:39戦35勝20KO4敗


このページのトップヘ

見出し画像
×