ボクシング備忘録

ボクシングについてマイペースに書くブログ

アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

タグ:アレクサンデル・ポベトキン

アメリカ カンザス州マルベイン
カンザススターアリーナ


ヘビー級12回戦

WBO世界ヘビー級4位
WBA世界ヘビー級2位:ジャレル・ミラー(アメリカ)
戦績:23戦22勝19KO無敗1分
備考:ジェラルド・ワシントンマリウス・ワフヨハン・デュオパと連破し、前回の試合では2階級制覇(ライトヘビー級・クルーザー級)王者トマス・アダメクに2ラウンドKO勝ち。
キックボクサーとして活動していた時期にはミルコ・クロコップと2度対戦した(2戦とも判定負け)

VS

IBF世界ヘビー級13位
WBA世界ヘビー級9位:ボグダン・ディヌ(ルーマニア)
戦績:18戦18勝14KO無敗


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

ドイツ ケルン


WBA世界ヘビー級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBA世界ヘビー級レギュラー王者:マヌエル・チャー(レバノン出身・シリア国籍、ドイツがホーム)
戦績:35戦31勝17KO4敗
備考:4敗は現ウクライナ・キエフ市長のビタリ・クリチコ氏、アレクサンデル・ポベトキンヨハン・デュオパマイリス・ブリーディスに敗れたもの。
WBAにはスーパー王者アンソニー・ジョシュア(WBO・IBFとの3団体統一王者)、暫定王者にトレバー・ブライアンがいる。

VS

この試合が4年2ヶ月ぶりの再起戦にして
4度目の世界王座挑戦
WBA世界ヘビー級2位:フレス・オケンド(プエルトリコ)
戦績:45戦37勝24KO8敗

英国 ロンドン ウェンブリースタジアム


IBF・WBA・WBO統一世界ヘビー級タイトルマッチ


ロンドン五輪スーパーヘビー級金メダリスト
この試合がIBF6度目、WBA3度目、WBOは初防衛戦
IBF・WBA・WBO統一世界ヘビー級王者:アンソニー・ジョシュア(英国)
戦績:21戦21勝20KO無敗

VS

アテネ五輪スーパーヘビー級金メダリスト
元WBA世界ヘビー級レギュラー王者(当時のスーパー王者はウラジミール・クリチコ
WBA・WBO世界ヘビー級1位:アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)
戦績:35戦34勝24KO1敗
備考:1敗はウラジミール・クリチコに敗れたもの。

↑このページのトップヘ