ボクシング備忘録

ボクシングについてマイペースに書くブログ

タグ:カール・フランプトン

アメリカ マサチューセッツ州ボストン
TDガーデン


フェザー級8回戦

元WBA世界スーパーバンタム級王者
この試合が再起戦
WBC世界フェザー級8位:スコット・クイッグ(英国)
戦績:38戦34勝25KO2敗2分
備考:2敗はカール・フランプトンオスカル・バルデスに敗れたもの。
バルデス戦では体重超過の失態を犯した。

VS

この試合が再起戦
メキシコ・フェザー級:マリオ・ブリオネス(メキシコ)
戦績:38戦29勝21KO7敗2分
備考:7敗の中にはAJバナルロベルト・アラーニャ・バスケス坂田健史との試合で有名)、ホルヘ・ララなどに敗れたものを含む。

英国スコットランド グラスゴー
SSEハイドロ


ワールドボクシングスーパーシリーズ・シーズン2・バンタム級1回戦
WBA世界バンタム級タイトルマッチ

元IBF世界バンタム級王者
この試合が2度目の防衛戦
WBA世界バンタム級スーパー王者:ライアン・バーネット(英国)
戦績:19戦19勝9KO無敗

VS

元IBF世界フライ級王者
元WBA世界スーパーフライ級暫定王者
元WBO・WBC統一世界バンタム級王者
元WBO・IBF統一世界スーパーバンタム級王者
元WBA世界フェザー級スーパー王者
元WBO世界スーパーバンタム級王者
この試合が再起戦にして7年ぶりのバンタム級での世界戦
5階級制覇王者:ノニト・ドネア(フィリピン)
戦績:43戦38勝24KO5敗

アイルランド ベルファスト
ウィンザー・パーク


WBO暫定世界フェザー級タイトルマッチ
※正規王者はオスカル・バルデス

元IBF・WBA統一世界スーパーバンタム級王者
前WBA世界フェザー級スーパー王者
この試合が初防衛戦
WBO世界フェザー級暫定王者:カール・フランプトン(英国)
戦績:26戦25勝14KO1敗
備考:1敗はレオ・サンタ・クルスとの再戦に敗れてWBA世界フェザー級スーパー王座を奪われたもの。
その試合からの再起戦で長谷川穂積と対戦経験のあるオラシオ・ガルシアに判定勝ち、前回の試合では西岡利晃と対戦経験があり、井上尚弥と同じく「ワールドボクシングスーパーシリーズ」バンタム級に参加するノニト・ドネアに勝利してWBO世界フェザー級暫定王座を獲得。

VS

この試合が世界王座初挑戦
WBO世界フェザー級5位:ルーク・ジャクソン(オーストラリア)
戦績:16戦16勝7KO無敗
1985年1月1日生まれ。

↑このページのトップヘ