ボクシング備忘録

ボクシングについてマイペースに書くブログ

アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

タグ:キリル・レリク

WBSSシーズン2バンタム級準決勝

①WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦

元日本ライトフライ級王者
元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBC世界ライトフライ級王者
元WBO世界スーパーフライ級王者
この試合が2度目の防衛戦
WBA世界バンタム級レギュラー王者:井上尚弥(大橋)
戦績:17戦17勝15KO無敗
備考:1回戦ではファン・カルロス・パヤノに1ラウンドKO勝ち。

VS

この試合が2度目の防衛戦
IBF世界バンタム級王者:エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
戦績:19戦19勝12KO無敗
備考:1回戦ではジェイソン・モロニーに2ー1(115-113、115-113、113-115)判定勝ち。



②WBAスーパー・WBO世界バンタム級王座統一戦

元IBF世界フライ級王者
元WBA世界スーパーフライ級暫定王者
元WBO・WBC統一世界バンタム級王者
元WBO・IBF統一世界スーパーバンタム級王者
元WBA世界フェザー級スーパー王者
元WBO世界スーパーバンタム級王者
WBCバンタム級ダイヤモンドベルト保持者
この試合が初防衛戦
WBA世界バンタム級スーパー王者:ノニト・ドネア(フィリピン)
戦績:44戦39勝25KO5敗
備考:1回戦でライアン・バーネットに4ラウンド終了・棄権によるTKO勝ち。

VS

元IBF世界スーパーフライ級王者
この試合が4度目の防衛戦
WBO世界バンタム級王者:ゾラニ・テテ(南アフリカ)
戦績:31戦28勝21KO3敗
備考:1回戦でミハイル・ミーシャ・アロイアンに12ラウンド3-0判定勝ち。


準決勝のカード確定を受けて、バンタム級決勝で見たいカードのアンケートを実施します。



WBSSシーズン2 スーパーライト級準決勝

①IBF世界スーパーライト級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
IBF世界スーパーライト級王者:イバン・バランチェク(ロシア)
戦績:19戦19勝12KO無敗
備考:1回戦ではアンソニー・イギとのIBF王座決定戦に7ラウンドTKO勝ち。

VS

この試合が世界王座初挑戦
IBF世界スーパーライト級7位
WBC世界スーパーライト級1位:ジョシュ・テイラー(英国)
戦績:14戦14勝12KO無敗
備考:1回戦ではライアン・マーティンに7ラウンドTKO勝ち。
WBSS参戦前にはビクトル・ポストルを破る金星を挙げ、このトーナメントの優勝候補と目されている。



②WBC暫定・WBA世界スーパーライト級王座統一戦

この試合が3度目の防衛戦
WBC世界スーパーライト級暫定王者・ダイヤモンドベルト保持者:レギス・プログライス(アメリカ)
戦績:23戦23勝19KO無敗
備考:1回戦ではテリー・フラナガンに12ラウンド3-0判定勝ち。
WBC正規王者はホセ・カルロス・ラミレス
テイラーと並んでこのトーナメントの優勝候補と目される。

VS

この試合が2度目の防衛戦
WBA世界スーパーライト級王者:キリル・レリク(ベラルーシ)
戦績:25戦23勝19KO2敗
備考:1回戦は日本でエデュアルド・トロヤノフスキーに12ラウンド3-0判定勝ち。


準決勝のカード確定を受けて、スーパーライト級決勝で見たいカードのアンケートを実施します。







WBSSシーズン2クルーザー級準決勝


①クルーザー級12回戦

WBSSシーズン1・クルーザー級ベスト4
元WBA世界クルーザー級王者
WBA世界クルーザー級1位:ユニエル・ドルティコス(キューバ)
戦績:24戦23勝21KO1敗
備考:1敗はWBSSシーズン1・クルーザー級準決勝で、準優勝者ムラット・ガシエフに敗れたもの。
シーズン2・1回戦ではマテウス・マステルナクに判定勝ち。

VS

IBF世界クルーザー級1位:アンドリュー・タビチ(アメリカ)
戦績:17戦17勝13KO無敗
備考:1回戦ではルスラン・フェイファーに判定勝ち。






②WBO世界クルーザー級暫定タイトルマッチ

元WBO世界クルーザー級王者
WBO世界クルーザー級暫定王者:クジストフ・グロワッキ(ポーランド)
戦績:32戦31勝19KO1敗
備考:1敗はオレクサンデル・ウシクに敗れてWBO王座を奪われた際のもの。
1回戦ではマクシム・ヴラソフとのWBOクルーザー級暫定王座決定戦に判定勝ち

VS

WBSSシーズン1・クルーザー級ベスト4
元WBC世界クルーザー級王者
WBCクルーザー級ダイヤモンドベルト保持者
WBC世界クルーザー級1位:マイリス・ブリーディス(ラトビア)
戦績:26戦25勝18KO1敗
備考:1敗はWBSSシーズン1クルーザー級準決勝で優勝者のオレクサンデル・ウシクに敗れてWBC王座を吸収された際のもの。
シーズン2・1回戦ではノエル・ミカエリアンに判定勝ちでWBCダイヤモンドベルトを入手。

WBSSシーズン2 スーパーライト級準決勝

①IBF世界スーパーライト級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
IBF世界スーパーライト級王者:イバン・バランチェク(ロシア)
戦績:19戦19勝12KO無敗
備考:1回戦ではアンソニー・イギとのIBF王座決定戦に7ラウンドTKO勝ち。

VS

この試合が世界王座初挑戦
IBF世界スーパーライト級7位
WBC世界スーパーライト級1位:ジョシュ・テイラー(英国)
戦績:14戦14勝12KO無敗
備考:1回戦ではライアン・マーティンに7ラウンドTKO勝ち。
WBSS参戦前にはビクトル・ポストルを破る金星を挙げ、このトーナメントの優勝候補と目されている。



②WBC暫定・WBA世界スーパーライト級王座統一戦

この試合が3度目の防衛戦
WBC世界スーパーライト級暫定王者・ダイヤモンドベルト保持者:レギス・プログライス(アメリカ)
戦績:23戦23勝19KO無敗
備考:1回戦ではテリー・フラナガンに12ラウンド3-0判定勝ち。
WBC正規王者はホセ・カルロス・ラミレス
テイラーと並んでこのトーナメントの優勝候補と目される。

VS

この試合が2度目の防衛戦
WBA世界スーパーライト級王者:キリル・レリク(ベラルーシ)
戦績:25戦23勝19KO2敗
備考:1回戦は日本でエデュアルド・トロヤノフスキーに12ラウンド3-0判定勝ち。


準決勝のカード確定を受けて、決勝で見たいカードのアンケートを実施します。




アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

英国スコットランド グラスゴー
SSEハイドロ


スーパーライト級10回戦

ワールドボクシングスーパーシリーズ・シーズン2・スーパーライト級リザーバー
元WBC世界スーパーライト級王者:ビクトル・ポストル(ウクライナ)
戦績:31戦29勝12KO2敗
備考:2敗は後の4団体統一王者テレンス・クロフォードと、WBSSで優勝候補と目されるジョシュ・テイラーに敗れたもの。

VS

元英国南部スーパーライト級王者:シアー・オズグル(トルコ出身・英国)
戦績:15戦14勝3KO1敗


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

WBSSシーズン2ではバンタム、スーパーライト、クルーザーの3階級でトーナメントが行われる。

終了→①10月7日
日本・神奈川 横浜アリーナ
バンタム級1回戦 井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノ→井上の1ラウンドKO勝ち
スーパーライト級1回戦 キリル・レリクvsエデュアルド・トロヤノフスキー→レリクの12ラウンド3-0(3者とも115-113)判定勝ち


ロシア・エカテリンブルク エカテリンブルク・エキスポ


アメリカ・フロリダ州オーランド CFEアリーナ


アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズ レイクフロントアリーナ
スーパーライト級1回戦 レギス・プログライスvsテリー・フラナガン
スーパーライト級1回戦 アンソニー・イギvsイバン・バランチェク


英国 スコットランド・グラスゴー ザ・SSEハイドロ
スーパーライト級1回戦 ジョシュ・テイラーvsライアン・マーティン


アメリカ・イリノイ州シカゴ UICパビリオン
クルーザー級1回戦 マイリス・ブリーディスvsノエル・ミカエリアン(ノエル・ゲバーと表記されることも)

神奈川 横浜アリーナ


ワールドボクシングスーパーシリーズ・シーズン2・スーパーライト級1回戦
WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBA世界スーパーライト級王者:キリル・レリク(ベラルーシ)
戦績:24戦22勝19KO2敗
備考:2敗はリッキー・バーンズランセス・バルテレミに敗れたもの。

VS

元IBF世界スーパーライト級王者
WBA世界スーパーライト級1位:エデュアルド・トロヤノフスキー(ロシア)
戦績:28戦27勝24KO1敗
備考:1敗はジュリウス・インドンゴにIBF王座を奪われたもの。

IMG_1914

この日の横浜アリーナは井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノ拳四朗vsミラン・メリンドと合わせてトリプル世界戦、WBSSを前面に押し出したイベントになる。

・バンタム級



・スーパーライト級



↓食べて応援!カンロ飴!マイナスイメージを吹っ飛ばせ!

ワールドボクシングスーパーシリーズ シーズン2
スーパーライト級






IMG_1914
↑画像はボクシングマガジンより。



↑このページのトップヘ