タグ

タグ:ショーン・ポーター

カテゴリ:
11月4日
アメリカ ニューヨーク州ブルックリン
バークレイズセンター

ウェルター級10回戦

元IBF世界ウェルター級王者
WBC世界ウェルター級1位:ショーン・ポーター(アメリカ)
戦績:30戦27勝17KO2敗1分
備考:2敗はケル・ブルックキース・サーマンに敗れたもの。

VS

WBC世界スーパーライト級14位:アドリアン・グラナドス(メキシコ)
戦績:25戦18勝12KO5敗2分
備考:岳たかはしアミール・イマムエイドリアン・ブローナーなど幅広い対戦経験を持つ。


カテゴリ:
8月26日
アメリカ ネバダ州ラスベガス
Tーモバイルアリーナ

※この日のメインイベントはフロイド・メイウェザーvsコナー・マクレガー

ウェルター級10回戦

元IBF世界ウェルター級王者
WBC世界ウェルター級1位:ショーン・ポーター(アメリカ)
戦績:30戦27勝17KO2敗1分
備考:2敗はケル・ブルックキース・サーマンに敗れたもの。

VS

元NABO北米スーパーライト級王者:トーマス・デュロルメ(フランス出身・プエルトリコ)
戦績:26戦24勝16KO2敗
備考:2敗はルイス・カルロス・アブレグテレンス・クロフォードに敗れたもの。

カテゴリ:
7月29日
アメリカ 会場未定


スーパーライト級12回戦

元WBO世界フェザー級王者
元WBO世界スーパーフェザー級王者
前WBC世界ライト級王者
3階級制覇王者:ミゲール・マイキー・ガルシア(アメリカ)
戦績:36戦36勝30KO無敗

VS

元WBO世界スーパーフェザー級王者
元WBC世界ライト級王者
元WBA世界ウェルター級王者
元WBA世界スーパーライト級王者
4階級制覇王者:エイドリアン・ブローナー(アメリカ)
戦績:36戦33勝24KO2敗1無効試合
備考:2敗はマルコス・マイダナショーン・ポーターに敗れたもの




カテゴリ:
5月27日
英国 ヨークシャー州シェフィールド
ブラモール・レーン・フットボール・スタジアム(野外)



IBF世界ウェルター級タイトルマッチ

この試合が再起戦にして4度目の防衛戦
IBF世界ウェルター級王者:ケル・ブルック(英国)
戦績:37戦36勝25KO1敗
備考:1敗は前回の試合で2階級上のミドル級王者ゲンナディ・ゴロフキンに挑戦し、敗れたもの。
ショーン・ポーターから王座を奪うなどの実績を持ち、ウェルター級では無敗。

VS

この試合が満を持しての世界王座初挑戦となる指名挑戦者
IBF世界ウェルター級1位:エロール・スペンス・ジュニア(アメリカ)
戦績:21戦21勝18KO無敗
備考:マニー・パッキャオを相手に12ラウンド判定に持ち込んだクリス・アルジェリに5ラウンドTKO勝ち
キース・サーマンに判定で敗れたレオナルド・ブンドゥに6ラウンドKO勝ち
他にもスパーリングでフロイド・メイウェザーエイドリアン・ブローナーを圧倒したという噂もある。
ファンの間では「ポストメイウェザー」の最有力候補とされる


カテゴリ:
4月22日
アメリカ ニューヨーク ブルックリン
バークレイズセンター


ウェルター級12回戦

前IBF世界ウェルター級王者
WBC世界ウェルター級5位:ショーン・ポーター(アメリカ)
戦績:29戦26勝16KO2敗1分
備考:2敗はケル・ブルックキース・サーマンに敗れたもの。

VS

元WBC世界ウェルター級王者
元IBF世界ウェルター級王者
IBF世界ウェルター級王者:アンドレ・ベルト(アメリカ)
戦績:35戦31勝24KO4敗
備考:4敗はビクター・オルティスエクスペンダブルズ3に出演)、ロバート・ゲレロヘスス・ソト・カラスフロイド・メイウェザーに敗れたもの

カテゴリ:
2017年2月11日2月18日
アメリカ オハイオ州 シンシナティ
シンタスセンター

スーパ-ライト級12回戦

元WBO世界スーパーフェザー級王者(体重超過で剥奪)
元WBC世界ライト級王者
元WBA世界ウェルター級王者
前WBA世界スーパーライト級王者(体重超過で剥奪)
元4階級制覇王者:エイドリアン・ブローナー(アメリカ)
戦績:35戦32勝24KO2敗1無効試合
備考:2敗はマルコス・マイダナショーン・ポーターに敗れたもの

vs

WBC世界スーパーライト級5位
WBA世界スーパーライト級3位:アドリアン・グラナドス(メキシコ)
戦績:24戦18勝12KO4敗2分
備考:アミール・イマムに初黒星をつけて台頭してきた。


6月25日
アメリカ・ニューヨーク州ブルックリン
バークレイズセンター

①WBA世界ウェルター級タイトルマッチ

この試合が6度目の防衛戦
WBA世界ウェルター級王者:キース・サーマン(アメリカ)
戦績:27戦26勝22KO無敗1無効試合

VS

元IBF世界ウェルター級王者
WBA世界ウェルター級2位:ショーン・ポーター(アメリカ)
戦績:28戦26勝16KO1敗1分
備考:1敗は現IBF世界ウェルター級王者のケル・ブルックに王座を奪われたもの。
WBA1位は暫定王者で、先日シェーン・モズリーを下したデビッド・アバネシャン



②WBA世界フェザー級タイトルマッチ

この試合が6度目の防衛戦
WBA世界フェザー級王者:へスス・クエジャール(アルゼンチン)
戦績:29戦28勝21KO1敗
備考:1敗はオスカル・エスカンドンに敗れたもの

VS

元IBF世界バンタム級王者
元WBC世界スーパーバンタム級王者
元WBC世界フェザー級王者
WBA世界フェザー級4位:アブネル・マレス(メキシコ/アメリカ)
戦績:32戦29勝15KO2敗1分
備考:2敗はジョニー・ゴンサレスレオ・サンタ・クルスに敗れたもの。


カテゴリ:
3月12日
アメリカ・コネチカット州アンカスビル
モヒガン・サン・カジノ


WBA世界ウェルター級タイトルマッチ

この試合が6度目の防衛戦
WBA世界ウェルター級王者:キース・サーマン(アメリカ)
戦績:27戦26勝22KO無敗1無効試合

VS

前IBF世界ウェルター級王者:ショーン・ポーター(アメリカ)
戦績:28戦26勝16KO1敗1分
備考:1敗はケル・ブルックに敗れたもの



カテゴリ:
6月20日
アメリカ・ネバダ州ラスベガス
MGMグランド

ウェルター級12回戦

元WBO世界スーパーフェザー級王者
元WBC世界ライト級王者
元WBA世界ウェルター級王者:エイドリアン・ブローナー(アメリカ)
戦績:32戦30勝22KO1敗1無効試合
備考:1敗はマルコス・マイダナにWBA世界ウェルター級王座を奪われた時のもの。

VS

前IBF世界ウェルター級王者:ショーン・ポーター(アメリカ)
戦績:27戦25勝16KO1敗1分
備考:1敗はケル・ブルックにIBF世界ウェルター級王座を奪われた時のもの

カテゴリ:
3月13日
アメリカ・カリフォルニア州オンタリオ
シチズンズ・ビジネス・バンクセンター

ウェルター級10回戦

元NABO北米スーパーウェルター級暫定王者
元NABF北米ウェルター級王者
元NABO北米ウェルター級王者
元IBF北米ウェルター級王者
前IBF世界ウェルター級王者(防衛1度)
WBC世界ウェルター級6位
WBA世界ウェルター級6位
IBF世界ウェルター級6位
WBO世界ウェルター級5位
ショーン・ポーター(アメリカ)
戦績:26戦24勝15KO1敗1分。
1敗はケル・ブルック、1分はフリオ・ディアス
VS
元テキサス州スーパウェルター級王者
ミラーライト社認定テキサス州スーパーウェルター級王者
元WBCカリブウェルター級暫定王者
元IBAアメリカウェルター級王者
ロバート・ガルシア(メキシコ)
戦績:40戦36勝23KO3敗1無効試合。最後の黒星の相手はアントニオ・マルガリート
その後、ホセ・シバタ・フローレスビクトル・マヌエル・カヨブレイディス・プレスコットを下してきている。



ウェルター級10回戦

元WBCインターナショナルスペイン語圏スーパーフェザー級王者
元WBCスーパーフェザー級ユース王者
元WBC米大陸ライト級王者
元WBCライト級ユース王者
元NABF北米スーパーライト級王者
元WBCウェルター級シルバー王者
IBF世界ウェルター級14位
WBC世界ウェルター級11位
ホセシト・ロペス(メキシコ)
戦績:40戦33勝19KO6敗1分。
6敗のうち、直近の3敗はジェシー・バルガスサウル・アルバレスマルコス・マイダナ
VS
元NABF北米ウェルター級王者
元WBC世界ウェルター級王者(防衛5度)
元IBF世界ウェルター級王者
この試合が再起第2戦
アンドレ・ベルト(アメリカ)
戦績:32戦29勝22KO3敗。
3敗はビクター・オルティスロバート・ゲレロヘスス・ソト・カラス

10戦10勝8KOのスーパーウェルター級、オスカー・モリナも出場予定

このページのトップヘ

見出し画像
×