タグ

タグ:ジャーメル・チャーロ

カテゴリ:
10月19日
アメリカ ネバダ州ラスベガス
モンテカルロ・リゾート&カジノ


ミドル級10回戦

元ペンシルバニア州スーパーウェルター級王者:ガブリエル・ロサド(アメリカ)
戦績:35戦23勝13KO11敗1無効試合
備考:11敗の中にはゲンナディ・ゴロフキンピーター・クイリンジャーメル・チャーロデビッド・レミューに敗れたものが含まれる。
ここ2試合はウィリー・モンロー・ジュニアマーティン・マレーに連敗中。

VS

元NABO北米スーパーウェルター級王者:グレン・タピア(アメリカ)
戦績:27戦23勝15KO4敗
備考:4敗はジェームス・カークランドミシェル・ソロ、レミュー、ジェイソン・クイッグリーに敗れたもの。


10.14 スーパーウェルター級トリプル世界戦

カテゴリ:
10月14日
アメリカ ニューヨーク州ブルックリン
バークレイズセンター


①WBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

この試合が7度目の防衛戦
WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者:エリスランディ・ララ(キューバ)
戦績:28戦24勝14KO2敗2分
備考:2敗はポール・ウィリアムスサウル・アルバレスに惜敗したもの。

VS

2012年ロンドン五輪ミドル級アメリカ代表
この試合が世界王座初挑戦
WBA世界スーパーウェルター級8位:テレル・ガウシャ(アメリカ)
戦績:20戦20勝9KO無敗
備考:WSBエスキバ・ファルカオ(ロンドン五輪ミドル級銀メダリスト)に勝利した経験を持つ



②IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
IBF世界スーパーウェルター級王者:ジャレット・ハード(アメリカ)
戦績:20戦20勝14KO無敗
備考:前回の試合でジャーモル・チャーロが返上した王座をトニー・ハリソンと争い、9ラウンドTKO勝ちで王座獲得。

VS

元WBA世界スーパーウェルター級王者
IBF世界スーパーウェルター級11位:オースティン・トラウト(アメリカ)
戦績:33戦30勝17KO3敗
備考:3敗はサウル・アルバレス、エリスランディ・ララ、ジャーモル・チャーロに敗れたもの。
トラウトの最大の勝ち星はミゲール・コットに12ラウンド判定勝ちをおさめたもの。



③WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

この試合が2度目の防衛戦
WBC世界スーパーウェルター級王者:ジャーメル・チャーロ(アメリカ)
戦績:29戦29勝14KO無敗
備考:前IBF王者、WBC世界ミドル級で指名挑戦権を獲得したジャーモル・チャーロは双子の兄。

VS

この試合が世界王座初挑戦
WBC世界スーパーウェルター級1位:エリクソン・ルービン(アメリカ)
戦績:18戦18勝13KO無敗

※WBO王座は明日8月27日、ミゲール・コットと亀海喜寛の間で王座決定戦が行われる。

5wtm



また、この興行でWBA世界フェザー級スーパー王者のレオ・サンタ・クルスと、レギュラー王者のアブネル・マレスがそれぞれ防衛戦を行う予定という情報もある。こういったやり方には遺憾の意を表します。

カテゴリ:
7月29日
アメリカ ニューヨーク ブルックリン
バークレイズセンター


WBC世界ミドル級挑戦者決定戦
※WBC世界ミドル級王者は3団体統一王者のゲンナディ・ゴロフキン


WBC世界ミドル級1位:セバスチャン・ヘイランド(アルゼンチン)
戦績:35戦29勝16KO4敗2分
備考:2010年にセバスチャン・ズビックとWBC世界ミドル級暫定王座決定戦を行うも判定負け

VS

前IBF世界スーパーウェルター級王者
WBC世界ミドル級2位:ジャーモル・チャーロ(アメリカ)
戦績:25戦25勝19KO無敗
備考:ジャーメル・チャーロは双子の弟


7月29日
アメリカ ニューヨーク


IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
IBF世界スーパーウェルター級王者:ジャレット・ハード(アメリカ)
戦績:20戦20勝14KO無敗
備考:前回、ジャーモル・チャーロの返上した王座をトニー・ハリソンと争い、9ラウンドTKO勝ちで王座獲得

VS

元WBA世界スーパーウェルター級王者
IBF世界スーパーウェルター級14位:オースティン・トラウト(アメリカ)
戦績:33戦30勝17KO3敗
備考:3敗はサウル・アルバレスエリスランディ・ララ、ジャーモル・チャーロに敗れたもの。

カテゴリ:
2017年2月11日→4月22日
アメリカ ニューヨーク ブルックリン
バークレイズセンター


※この日は他にショーン・ポーターvsアンドレ・ベルトも行われる。


WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBC世界スーパーウェルター級王者:ジャーメル・チャーロ(アメリカ)
戦績:28戦28勝13KO無敗
備考:この王座はジョン・ジャクソンとの王座決定戦に8ラウンドKO勝利して手に入れた。
IBF王者のジャーモル・チャーロは双子の兄。
チャールズ・ベラミーとも対戦している。

VS

この試合が世界王座初挑戦の指名挑戦者
WBC世界スーパーウェルター級1位:チャールズ・ハトレイ(アメリカ)
戦績:28戦26勝18KO1敗1分
備考:前戦で元世界王者のアンソニー・マンディンを下している。
ホセ・シバタ・フローレスにも勝利している。




カテゴリ:
4月22日
英国 マーシーサイド リバプール
エコー・アリーナ


ミドル級12回戦

元WBA世界ミドル級暫定王者:マーティン・マレー(英国)
戦績:39戦34勝16KO4敗1分
備考:4敗はセルヒオ・マルチネスゲンナディ・ゴロフキンアルツール・アブラハムジョージ・グローブスに敗れたもの。1分はフェリックス・シュトルムのWBA世界ミドル級スーパー王座に挑戦して引き分けたもの。

VS

元WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王者:ガブリエル・ロサド(アメリカ)
戦績:43戦23勝13KO10敗1無効試合
備考:10敗したうち、主なものとしてはアルフレド・アングロ、ゲンナディ・ゴロフキン、ピーター・クイリンジャーメル・チャーロデビッド・レミューウィリー・モンロー・ジュニアに敗れている。


カテゴリ:
2月25日
アメリカアラバマ州バーミンガム
レガシーアリーナ


※この日はデオンティ・ワイルダーvsジェラルド・ワシントンと合わせてダブル世界戦となる。

IBF世界スーパーウェルター級王座決定戦
※前王者のジャーモル・チャーロがミドル級転向のために王座を返上。

IBF世界スーパーウェルター級2位:トニー・ハリソン(アメリカ)
戦績:25戦24勝20KO1敗

VS

IBF世界スーパーウェルター級3位:ジャレット・ハード(アメリカ)
戦績:19戦19勝13KO無敗


ボクシング ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村 

カテゴリ:
2017年2月11日→日時未定
アメリカ
会場未定


WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBC世界スーパーウェルター級王者:ジャーメル・チャーロ(アメリカ)
戦績:28戦28勝13KO無敗
備考:この王座はジョン・ジャクソンとの王座決定戦に8ラウンドKO勝利して手に入れた。
IBF王者のジャーモル・チャーロは双子の兄。
チャールズ・ベラミーとも対戦している。

VS

この試合が世界王座初挑戦の指名挑戦者
WBC世界スーパーウェルター級1位:チャールズ・ハトレイ(アメリカ)
戦績:28戦26勝18KO1敗1分
備考:前戦で元世界王者のアンソニー・マンディンを下している。
ホセ・シバタ・フローレスにも勝利している。



カテゴリ:
2017年1月13日
東京・後楽園ホール

スーパ-ウェルター級10回戦?

元日本・OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王者
日本スーパ-ウェルター級6位:チャールズ・ベラミー(八王子中屋)
戦績:30戦26勝17KO3敗1分
備考:2014年にジャーメル・チャーロとの世界王座挑戦者決定戦に臨んだが判定で敗れた。

VS

この試合で15連続KO勝ちの日本タイ記録樹立を目指す
日本ウェルター級8位:別府優樹(久留米櫛間)
戦績:14戦14勝14KO無敗
備考:15連続KO勝ちの記録保持者は浜田剛史渡部あきのり


カテゴリ:
10月1日
アメリカ。
試合会場未定。

IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ


この試合が3度目の防衛戦
IBF世界スーパーウェルター級王者:ジャーモル・チャーロ(アメリカ)
戦績:24戦24勝18KO無敗
備考:双子の弟、ジャーメル・チャーロもWBC世界スーパーウェルター級王者である。

VS

この試合が世界王座初挑戦
IBF世界スーパーウェルター級1位:ジュリアン・ウィリアムス(アメリカ)
戦績:24戦22勝14KO無敗1分1無効試合


このページのトップヘ

見出し画像
×