タグ

タグ:ジョセフ・ディアス

ジョセフ・ディアスvsラファエル・リベラ

カテゴリ:
9月16日
アメリカ ネバダ州ラスベガス
Tーモバイルアリーナ

※この興行のメインイベントはゲンナディ・ゴロフキンvsサウル・カネロ・アルバレス

gggcanelo


フェザー級12回戦

WBC世界フェザー級2位
WBO世界フェザー級1位:ジョセフ・ディアス(アメリカ)
戦績:24戦24勝13KO無敗

VS

元WBC FECARBOXフェザー級王者:ラファエル・リベラ(メキシコ)
戦績:28戦25勝16KO無敗2分1無効試合
備考:ウィルフレド・バスケスジュニアに勝利した経験を持つ

ライアン・マーティンvsフランシスコ・ロホ

カテゴリ:
9月16日
アメリカ ネバダ州ラスベガス
Tーモバイルアリーナ

※この興行のメインイベントはゲンナディ・ゴロフキンvsサウル・カネロ・アルバレス

gggcanelo

WBC米大陸ライト級タイトルマッチ&WBAインターコンチネンタルライト級王座決定戦

この試合が2度目の防衛戦
WBC米大陸ライト級王者
IBF世界ライト級9位:ライアン・マーティン(アメリカ)
戦績:19戦19勝11KO無敗

VS

WBCラテンライト級暫定王者
WBC世界ライト級8位:フランシスコ・ロホ(メキシコ)
戦績:22戦20勝13KO2敗
備考:2敗はオマール・ディアスエマヌエル・ロペスに敗れたもの。

カテゴリ:
9月16日
アメリカ ネバダ州ラスベガス
Tーモバイルアリーナ

※この興行のメインイベントはゲンナディ・ゴロフキンvsサウル・カネロ・アルバレス


フェザー級12回戦

WBC世界フェザー級2位
WBO世界フェザー級1位:ジョセフ・ディアス(アメリカ)
戦績:24戦24勝13KO無敗
備考:2015年から、長谷川穂積と戦ったオラシオ・ガルシアなどタフな相手との試合経験が多く、今回のララとの試合が世界挑戦に向けた最終試験の意味合いを持つものと思われる。

VS

WBC世界フェザー級5位:ホルヘ・ララ(メキシコ)
戦績:31戦29勝21KO無敗2分
備考:2016年4月にフェルナンド・モンティエルを1ラウンドKOでくだし、引導を渡した。

カテゴリ:
5月6日
アメリカ・ネバダ州ラスベガス
Tモバイルアリーナ


フェザー級10回戦

NABF北米フェザー級王者
WBO世界フェザー級2位
WBC世界フェザー級2位:ジョセフ・ディアス(アメリカ)
戦績:23戦23勝13KO無敗
備考:前回の試合でオラシオ・ガルシア長谷川穂積と対戦)に判定勝ち

VS

元NABF北米スーパーバンタム級暫定王者
IBF世界スーパーバンタム級9位:マヌエル・アビラ(アメリカ)
戦績:22戦22勝8KO無敗
備考:デビッド・デラ・モラヨアンドリス・サリナスレネ・アルバラードプロスパー・アンクラーを下し、前回の試合ではワシル・ロマチェンコのデビュー戦の相手を務めたホセ・ラミレスに勝利。

カテゴリ:
3月23日
アメリカ カリフォルニア州インディオ
ファンタジースプリングカジノ


フェザー級10回戦

元IBF世界バンタム級王者:ランディ・カバジェロ(アメリカ)
戦績:23戦23勝14KO無敗
備考:大場浩平に勝ちIBF世界バンタム級王座挑戦権を獲得
スチュアート・ホールとのIBF世界バンタム級王座決定戦に勝利して王座を獲得
→体重超過で初防衛戦の試合中止&王座剥奪という経緯の後、2016年にルーベン・ガルシア・エルナンデスと2年ぶりの復帰戦を行っている。

VS

元WBCスーパーフライ級ユース王者:ビクトル・プロア(メキシコ)
戦績:32戦28勝21KO2敗2分
備考:2敗はラウル・マルティネスジョセフ・ディアスに敗れたもの。

カテゴリ:
2月24日
アメリカ フロリダ州パルムベイ
トニー・ロサ・コミュニティセンター


WBOラテンスーパーフライ級タイトルマッチ

WBOラテンスーパーフライ級王者
WBO世界スーパーフライ級5位:リカルド・ロドリゲス(メキシコ)
戦績:18戦15勝4KO3敗
備考:3敗はジョバン二・デルガドに敗れたものと、デビッド・カルモナに2敗したもの。
ジョバンニ・デルガドはジョセフ・ディアスディエゴ・デ・ラ・ホーヤに敗れている。

VS

WBC中米カリブスーパーフライ級王者:カルロス・ナルバエス(プエルトリコ)
戦績:15戦15勝6KO無敗



ボクシング ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村 

カテゴリ:
3月11日
アメリカ ニューヨーク州ニューヨーク
ターニングストーン リゾート&カジノ


ライト級10回戦

アテネ五輪フライ級金メダル
元WBA・IBF統一世界フェザー級王者
元WBA世界スーパーフェザー級暫定王者(当時の正規王者は内山高志
元WBA世界ライト級暫定王者(当時の正規王者はリカルド・アブリル
ユリオルキス・ガンボア(キューバ)
戦績:26戦25勝17KO1敗
備考:1敗はテレンス・クロフォードに敗れたもの。
全盛時にはジョナサン・バロスオルランド・サリドホルヘ・ソリスダニエル・ポンセ・デ・レオンマイケル・ファレナスダーレイ・ペレスらを下している。

VS

元WBCフェザー級シルバー王者:レネ・アルバラード(ニカラグア)
戦績:31戦24勝16KO7敗
備考:7敗はオルランド・リゾジェスレル・コラレスリカルド・ロッキー・フアレスエリック・ハンタージョセフ・ディアスアンドリュー・カンシオマヌエル・アビラに敗れたもの。
ロビンソン・カステリャノスジェイソン・ベレスには勝利。

カテゴリ:
12月17日
アメリカ・カリフォルニア州イングルウッド
フォーラム

NABF北米フェザー級タイトルマッチ

この試合が4度目の防衛戦
NABF北米フェザー級王者
WBC世界フェザー級3位:ジョセフ・’ジョジョ’ディアス(アメリカ)
戦績:22戦22勝13KO無敗


VS

元WBC米大陸スーパーバンタム級王者:オラシオ・ガルシア(メキシコ)
戦績:32戦30勝22KO1敗1分
備考:1敗は日本で長谷川穂積に敗れたもの。


カテゴリ:
9月17日
アメリカ・テキサス州アーリントン
AT&Tスタジアム


①ミドル級12回戦

元WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王者
WBO世界ミドル級11位:ガブリエル・ロサド(アメリカ)
戦績:33戦23勝13KO9敗1無効試合
備考:ゲンナディ・ゴロフキンのWBA王座6度目の防衛戦の相手。この日にビリー・ジョー・サンダースと対戦する話もあったが、サンダースに断られた。

VS

元NABA・NABO北米ミドル級2冠王者
WBO世界ミドル級15位:ウィリー・モンロー・ジュニア(アメリカ)
戦績:22戦20勝6KO2敗
備考:ゴロフキンの14度目の防衛戦の相手。この日にサンダースと対戦する話もあったが、断られた。



②NABF北米フェザー級タイトルマッチ

WBC世界フェザー級3位
この試合が3度目の防衛戦
NABF北米フェザー級王者:ジョセフ・ディアス(アメリカ)
戦績:21戦21勝12KO無敗

VS

アメリカ・スーパーフェザー級:アンドリュー・カンシオ(アメリカ)
戦績:22戦17勝13KO3敗2分
備考:前戦で日本でもおなじみのウーゴ・カサレスをKOしている。



③スーパーバンタム級10回戦

WBCユース・スーパーバンタム級王者:ディエゴ・デラ・ホーヤ(メキシコ)
戦績:15戦15勝9KO無敗
備考:オスカー・デラ・ホーヤの従兄弟。

VS

元NABA北米フェザー級王者:ルイス・オルランド・デル・バーレ(プエルトリコ)
戦績:25戦22勝16KO2敗1無効試合


カテゴリ:
3月6日
アメリカ・カリフォルニア州
ロサンゼルス べラスコシアター

「ラ・ファイトクラブ」

スーパーバンタム級10回戦

ジョセフ・”ジョジョ”ディアス(アメリカ)
戦績:14戦14勝9KO無敗
VS
ジョバンニ・デルガド(メキシコ)
戦績:17戦15勝9KO2敗



スーパーバンタム級6回戦

サンティアゴ・ゲバラ(メキシコ)
戦績:8戦8勝3KO無敗
VS
カルロス・モラレス(メキシコ)
戦績:11戦7勝3KO1敗3分


このページのトップヘ

見出し画像
×