タグ

タグ:ジョニー・ゴンサレス

10.14 WBAフェザー級ダブル防衛戦

カテゴリ:
10月14日
アメリカ カリフォルニア州カーソン
スタブ・ハブセンター

maresk

①WBA世界フェザー級タイトルマッチ(レギュラー)

元IBF世界バンタム級王者
元WBC世界スーパーバンタム級王者
元WBC世界フェザー級王者
この試合が初防衛戦
WBA世界フェザー級レギュラー王者:アブネル・マレス(メキシコ出身・アメリカ)
戦績:33戦30勝15KO2敗1分
備考:2敗はジョニー・ゴンサレスレオ・サンタ・クルスに敗れたもの

VS

元WBCスーパーバンタム級シルバー王者
WBC世界フェザー級7位:アンドレス・グティエレス(メキシコ)
戦績:37戦35勝25KO1敗1分
備考:1敗は元WBC・WBA統一世界スーパーフライ級王者のクリスチャン・ミハレスに敗れたもの



②WBA世界フェザー級タイトルマッチ(スーパー)

元IBF世界バンタム級王者
元WBC世界スーパーバンタム級王者
元WBA世界フェザー級スーパー王者
この試合が2度目の王座の初防衛戦となる
WBA世界フェザー級スーパー王者:レオ・サンタ・クルス(メキシコ出身・アメリカ)
戦績:35戦33勝18KO1敗1分
備考:1敗はカール・フランプトンに敗れ、1期目のWBA世界フェザー級スーパー王座を奪われたもの。
フランプトンにはダイレクトリマッチでリベンジしている。

VS

この試合が2度目の世界王座挑戦
元NABO北米スーパーバンタム級王者:クリス・アバロス(アメリカ)
戦績:32戦27勝20KO5敗
備考:2015年2月の世界王座初挑戦ではカール・フランプトンに敗れた。フランプトンへの挑戦権をかけた挑戦者決定戦で日本の石本康隆を下した経験を持つ。

カテゴリ:
10月7日
アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルス
ステープルズセンター


WBA世界フェザー級王座統一戦

元IBF世界バンタム級王者
元WBC世界スーパーバンタム級王者
元WBA世界フェザー級スーパー王者
この試合が2度目の王座の初防衛戦
WBA世界フェザー級スーパー王者:レオ・サンタ・クルス(メキシコ)
戦績:35戦33勝18KO1敗1分
備考:1敗はカール・フランプトンとの初戦に敗れたもの。第2戦でリベンジした。

VS

2011年バンタム級スーパー4優勝
元IBF世界バンタム級王者
元WBC世界スーパーバンタム級王者
元WBC世界フェザー級王者
この試合が初防衛戦
WBA世界フェザー級レギュラー王者:アブネル・マレス(メキシコ出身・アメリカ)
戦績:33戦30勝15KO2敗1分
備考:2敗はジョニー・ゴンサレスとレオ・サンタ・クルスとの初戦に敗れたもの

カテゴリ:
7月22日
メキシコ チワワ
リエンゾ・チャッロ・パッラール


WBC南米スーパーフェザー級タイトルマッチ

元WBO世界バンタム級王者
元WBC世界フェザー級王者
この試合が初防衛戦
WBC南米スーパーフェザー級王者
WBC世界スーパーフェザー級6位:ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
戦績:73戦63勝53KO10敗
備考:西岡利晃長谷川穂積との対戦で日本でも知られる。

VS

元フィリピンフェザー級王者:ジェシー・ロサレス(フィリピン)
戦績:22戦21勝9KO無敗1分

カテゴリ:
7月1日
東京・後楽園ホール


日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

この試合が5度目の防衛戦
日本スーパーフェザー級王者
IBF・WBO世界スーパーフェザー級4位:尾川堅一(帝拳)
戦績:22戦21勝16KO1敗
備考:1敗は三好祐樹に敗れたものだが、再戦で1ラウンドTKO勝ちしてリベンジ済み。

VS

この試合が4度目のタイトルマッチ
日本スーパーフェザー級13位:山元浩嗣(ワタナベ)
戦績:36戦20勝4KO13敗3分
備考:タイ、フィリピン、メキシコで試合を経験。
フラッシュ・エロルデの孫ファン・マルティン・エロルデや、西岡利晃長谷川穂積と拳を交えたジョニー・ゴンサレスとも対戦している。


カテゴリ:
2017年2月11日→2月18日→5月20日
アメリカ メリーランド州 オクソンヒル
MGMナショナルハーバー


WBC世界フェザー級王座統一戦

この試合が2度目の防衛戦
WBC世界フェザー級正規王者:ゲイリー・ラッセル(アメリカ)
戦績:28戦27勝16KO1敗
備考:この王座は日本でもおなじみのジョニー・ゴンサレスを4ラウンドTKOで下して手に入れたもの。
1敗はワシル・ロマチェンコとのWBO世界フェザー級王座決定戦に敗れたもの。

VS

この試合が初防衛戦
WBC世界フェザー級暫定王者:オスカル・エスカンドン(メキシコ)
戦績:27戦25勝17KO2敗
備考:この暫定王座はロビンソン・カステリャノスを7ラウンドKOで下して手に入れたもの。
2敗はネオマル・セルメニョモイセス・フローレスに、ともに2-1で敗れたもの


この日は前座にアントニオ・ラッセルゲイリー・アントゥアン・ラッセルも出場。二人はゲイリー・ラッセルの弟。

カテゴリ:
5月5日
ロシア エカテリンブルグ DIVS
※この興行ではシェーン・モズリーvsマゴメド・クルバノフが行われたり、シェーン・モズリー・ジュニアも出場する予定。


WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王者
IBF世界スーパーフェザー級11位
WBO世界スーパーフェザー級3位:エフゲニー・チュプラコフ(ロシア)
戦績:17戦17勝9KO無敗
備考:2年前にディミトリィ・キリロフに勝利した。

VS

元フィリピンスーパーフライ級王者
元フィリピンバンタム級王者
元WBCインターナショナルスーパーフェザー級シルバー王者:エデン・ソンソナ(フィリピン)
戦績:44戦36勝13KO6敗2分
備考:6敗はマリオ・ジュン・デ・アシス河野公平サイレンス・マブサリチャード・オリサプンルアンジョナサン・オケンドに敗れたもの

カテゴリ:
3月25日
メキシコ・チワワ
ホセ・ネリ・サントス市営体育館


WBCインターナショナルスーパーフェザー級シルバータイトルマッチ

元WBO世界バンタム級王者
元WBC世界フェザー級王者
この試合が2度目の防衛戦となる
WBCインターナショナルスーパーフェザー級シルバー王者
WBC世界スーパーフェザー級6位:ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
戦績:72戦62勝52KO10敗
備考:日本の西岡利晃、長谷川穂積と対戦したことで知られる。
その他にもフェルナンド・モンティエルイスラエル・バスケスイレーネ・パチェコジェリー・ペニャロサエリオ・ロハスダニエル・ポンセ・デ・レオンアブネル・マレスホルヘ・アルセゲイリー・ラッセルらと対戦している

VS

WBCラテンスーパーフェザー級暫定王者:セルヒオ・アリエル・エストレラ(アルゼンチン)
戦績:37戦20勝11KO14敗3分
備考:WBCラテンスーパーフェザー級正規王者はアルベルト・メルカド

カテゴリ:
・現王者

WBAスーパー王者:ジェスレル・コラレス(パナマ)
戦績:23戦21勝8KO1敗1無効試合
備考:1敗はジョナタン・アレナスに敗れたもの


WBAレギュラー王者:ジェイソン・ソーサ(アメリカ)
戦績:25戦20勝15KO1敗4分
備考:1敗はトレシーン・ウィギンスに敗れたもの。


WBC王者:ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)
戦績:32戦31勝28KO1敗
備考:1敗はルイス・エデュアルド・フローレスに敗れたもの


IBF王者:ゲルボンタ・デービス(アメリカ)
戦績:17戦17勝16KO無敗
備考:世界前哨戦の相手はマリオ・マシアス


WBO王者:ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
戦績:8戦7勝5KO1敗
備考:1敗はオルランド・サリドに敗れたもの。



・前、元王者

前WBAスーパー王者、WBA5位:内山高志(ワタナベ)
戦績:27戦24勝20KO2敗1分
備考:11連続防衛の末、ジェスレル・コラレスに敗れ王座陥落、ダイレクトリマッチでも惜敗


前WBAレギュラー王者、WBA4位:ハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ)
戦績:34戦31勝22KO1敗1分1無効試合
備考:ライト級に転向?


元WBA暫定王者、WBA1位:ブライアン・バスケス(コスタリカ)
戦績:37戦35勝19KO2敗
備考:2敗は内山とフォルトゥナに敗れたもの


前WBC王者:フランシスコ・バルガス(メキシコ)
戦績:26戦23勝17KO1敗2分
備考:ミゲール・ベルチェルトに11ラウンドTKO負けで王座陥落


元WBC王者、WBC1位:三浦隆司(帝拳)
戦績:36戦31勝24KO3敗2分
備考:ミゲール・ローマンとの挑戦者決定戦に勝利、ベルチェルトへの挑戦権を獲得した


前IBF王者:ホセ・ペドラサ(プエルトリコ)
戦績:23戦22勝12KO1敗
備考:ゲルボンタ・デービスに敗れ王座陥落


前WBO王者、WBO14位:ローマン・マルチネス(プエルトリコ)
戦績:35戦29勝17KO3敗3分
備考:3度この王座に就いた実力者。
3敗はリッキー・バーンズミゲール・マイキー・ガルシア、ワシル・ロマチェンコに敗れたもの。


元WBO暫定王者、WBO1位:オルランド・サリド(メキシコ)
戦績:61戦43勝30KO13敗4分
備考:元IBF、WBO世界フェザー級王者。


元IBF王者:マルコム・クラッセン(南アフリカ)
戦績:41戦33勝17KO6敗2分
備考:2度この王座に就いた。
最初の王座はムゾンケ・ファナ、2度目の王座はロバート・ゲレロに奪われた。



・他階級の元世界王者

元WBA世界フェザー級スーパー王者:ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)
戦績:28戦26勝21KO1敗1分
備考:2階級制覇を狙って挑んだワシル・ロマチェンコ戦で完敗。
父親のジョブ・ウォータースも元プロボクサー。

元WBO世界バンタム級、元WBC世界フェザー級王者、WBC6位:ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
戦績:72戦62勝52KO10敗
備考:現WBCインターナショナル・スーパーフェザー級シルバー王者


元IBF世界フェザー級王者、IBF3位:ビリー・ディブ(オーストラリア)
戦績:47戦42勝24KO4敗1無効試合
備考:三浦隆司のWBC王座3度目の防衛戦で来日。3ラウンドにワンパンチKO負け。


元WBO世界スーパーバンタム級、フェザー級王者:ファン・マヌエル・ロペス(プエルトリコ)
戦績:40戦35勝32KO5敗
備考:スーパーフェザー級ではフランシスコ・バルガスに敗れ、世界への踏み台となった。


・地域王者

NABF北米王者、WBC4位:テビン・ファーマー(アメリカ)
戦績:29戦24勝5KO4敗1分
備考:元WBC王者のガマリエル・ディアスに判定勝ちしている。


前WBCインターナショナル・シルバー王者:エデン・ソンソナ(フィリピン)
戦績:43戦35勝12KO6敗2分
備考:スーパーフライ級で河野公平と戦った経験もある。無敗のホープアドリアン・エストレラを2RTKOして再浮上してきた


元WBOラテン王者:カルロス・ルイス(メキシコ)
戦績:19戦15勝5KO3敗1分
備考:長谷川穂積と対戦したことで日本でも知られる。
2016年12月16日にデイネル・ベリオに敗れた。


コロンビア王者:デイネル・ベリオ(コロンビア)
戦績:20戦19勝11KO無敗1分
備考:WBO上位ランカーだったカルロス・ルイスを喰って浮上。


OPBF東洋太平洋&WBOアジアパシフィック王者、WBO4位:伊藤雅雪(伴流)
戦績:22戦20勝9KO1敗1分


日本王者、IBF4位:尾川堅一(帝拳)
戦績:21戦20勝16KO1敗



カテゴリ:
2017年2月11日2月18日
アメリカ オハイオ州 シンシナティ
シンタスセンター


WBC世界フェザー級王座統一戦

この試合が2度目の防衛戦
WBC世界フェザー級正規王者:ゲイリー・ラッセル(アメリカ)
戦績:28戦27勝16KO1敗
備考:この王座は日本でもおなじみのジョニー・ゴンサレスを4ラウンドTKOで下して手に入れたもの。
1敗はワシル・ロマチェンコとのWBO世界フェザー級王座決定戦に敗れたもの。

VS

この試合が初防衛戦
WBC世界フェザー級暫定王者:オスカル・エスカンドン(メキシコ)
戦績:27戦25勝17KO2敗
備考:この暫定王座はロビンソン・カステリャノスを7ラウンドKOで下して手に入れたもの。
2敗はネオマル・セルメニョモイセス・フローレスに、ともに2-1で敗れたもの


カテゴリ:
9月24日
メキシコ

スーパーフェザー級10回戦

元WBO世界バンタム級王者
元WBC世界フェザー級王者
WBC世界スーパーフェザー級4位:ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
戦績:71戦61勝51KO10敗
備考:10敗の中でも主なものはイスラエル・バスケスジェリー・ペニャロサ西岡利晃ダニエル・ポンセ・デ・レオンゲイリー・ラッセルに敗れたもの。
フェルナンド・モンティエル長谷川穂積アブネル・マレスを下している。

VS

日本スーパーフェザー級12位:山元浩嗣(ワタナベ)
戦績:33戦19勝3KO12敗2分
備考:西岡と暫定王座を争ったナパポーン細野悟フラッシュ・エロルデの孫であるファン・マルティン・エロルデと対戦経験がある。


カテゴリ:
8月13日
オーストラリア ビクトリア州メルボルンパーク
ファンクションセンター

WBAオセアニアライト級暫定タイトルマッチ
※正規王者は加藤義孝と引き分けたブランドン・オギルヴィエ

この試合が初防衛戦
WBAオセアニアライト級暫定王者:ウィル・トムリンソン(オーストラリア)
戦績:28戦25勝13KO2敗1分
備考:2敗はジェリー・ベルモンテスフランシスコ・バルガスに敗れたもの

VS

2005年スーパーバンタム級西軍代表:ハリケーン風太(カシミ)
戦績:27戦20勝11KO6敗1分
備考:前回は2015年末にジョニー・ゴンサレスに敗れた。

カテゴリ:
10月14日
アメリカ・アリゾナ州グレンデール
ギラ・リバー・アリーナ

IBF世界フェザー級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
IBF世界フェザー級王者:リー・セルビー(英国)
戦績:22戦21勝8KO1敗

VS

元WBO世界フライ級王者
元WBO世界スーパーフライ級王者
元WBO・WBC統一世界バンタム級王者(WBC王座は長谷川穂積から奪取)
この試合で4階級制覇を狙う
IBF世界フェザー級10位:フェルナンド・モンティエル(メキシコ)
戦績:60戦54勝39KO4敗2分
備考:4敗はマーク・ジョンソンジョニー・ゴンサレスノニト・ドネアビクトル・テラサスに敗れたもの

カテゴリ:
9月12日
アメリカ・ネバダ州ラスベガス
MGMグランド

スーパーフェザー級10回戦

元WBO世界バンタム級王者
元WBC世界フェザー級王者
WBC世界スーパーフェザー級3位:ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
戦績:67戦58勝49KO9敗
備考:西岡利晃長谷川穂積との対戦で日本でもおなじみ。

VS

WBO世界フェザー級10位:ジョナサン・オケンド(プエルトリコ)
戦績:29戦25勝16KO4敗
備考:4敗はオスカー・アンドラーデファン・マヌエル・ロペスウィルフレド・バスケス・ジュニアアブネル・マレスに敗れたもの。

8月1日
メキシコ

WBC米大陸スーパーフェザー級王座決定戦

元WBO世界バンタム級王者
元WBC世界フェザー級王者
WBC世界フェザー級6位:ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
戦績:66戦57勝48KO9敗

VS

橋本和樹(真正)
戦績:15戦11勝7KO4敗

カテゴリ:
3月28日
アメリカ・ネバダ州ラスベガス
パームス・カジノ・リゾート


WBC世界フェザー級タイトルマッチ

元NABF北米、WBC米大陸、メキシコ、NABO北米バンタム級王者
元WBO世界バンタム級王者(防衛2度)
元WBCFECARBOX、IBOフェザー級王者
この試合が現在の王座では3度目、通算では7度目の防衛戦
WBC世界フェザー級王者
ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
戦績:65戦57勝48KO8敗。
8敗には西岡利晃イスラエル・バスケスダニエル・ポンセ・デ・レオンジェリー・ペニャロサに敗れたものが含まれる。
倒した選手には長谷川穂積
フェルナンド・モンティエル
ホルヘ・アルセ
エリオ・ロハス
アブネル・マレス
イレーネ・パチェコ
マーク・ジョンソン
アドニス・リバス
ラタナチャイ・ソー・ウォラピン
マウリシオ・パストラーナがいる
VS
この試合が2度目の世界王座挑戦となる
WBC世界フェザー級6位
ゲイリー・ラッセル(アメリカ)
戦績:26戦25勝14KO1敗。1敗はワシル・ロマチェンコ



スーパーウェルター級12回戦

元WBC米大陸スーパーウェルター級王者
WBO世界スーパーウェルター級1位
ジャーメル・チャ―ロ(アメリカ)
戦績:25戦25勝11KO無敗。
2014年5月にはチャーリー太田を下している
VS
元NABF北米・NABO北米・WBAインターナショナル、WBCシルバースーパーウェルター級王者
WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王者
WBO世界スーパーウェルター級2位
ヴァネス・マーティロスヤン(アルメニア/アメリカ)
戦績:37戦35勝21KO1敗1分
1敗はデメトリアス・アンドレイドとのWBO世界スーパーウェルター級王座決定戦に敗れた際のもの。

このページのトップヘ

見出し画像
×