暗記バカのボクシングブログ

WOWOWボクシング検定2連覇、日本ボクシング検定1級合格のボクシング知識暗記バカのにわかファンである筆者がマイペースに書くブログ。暗記バカのにわかファンと名付けていただいた酒屋の長男さん、ありがとうございます。

当ブログのアフィリエイト収入はボクシング界の振興に直結します。

タグ:ゾラニ・テテ





























カザフスタン ヌルスルタン(旧アスタナ
バリーズ・アリーナ


WBC世界バンタム級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBC世界バンタム級正規王者:ノルディン・ウーバーリ(フランス)
戦績:15戦15勝11KO無敗
備考:暫定王者は井上拓真

VS

元OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者
WBC世界バンタム級15位:アーサー・ビラヌエバ(フィリピン)
戦績:36戦32勝18KO3敗1分

日時・会場は現時点で未定

ワールドボクシングスーパーシリーズ・バンタム級トーナメント決勝戦
WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ


元IBF世界フライ級王者
元WBA世界スーパーフライ級暫定王者
元WBO・WBC統一世界バンタム級王者
元WBO・IBF統一世界スーパーバンタム級王者
元WBA世界フェザー級スーパー王者
元WBO世界スーパーバンタム級王者
WBCバンタム級ダイヤモンドベルト保持者
5階級制覇王者
この試合が2度目の防衛戦
WBA世界バンタム級スーパー王者:ノニト・ドネア(フィリピン)
戦績:45戦40勝26KO5敗
備考:1回戦でライアン・バーネットに4ラウンド終了・棄権によるTKO勝ち。
準決勝では代役のステフォン・ヤングゾラニ・テテの負傷欠場のため)

VS

元日本ライトフライ級王者
元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBC世界ライトフライ級王者
元WBO世界スーパーフライ級王者
3階級制覇王者
この試合がWBA3度目、IBF王座は初防衛戦
WBAレギュラー・IBF・リング誌認定世界バンタム級王者:井上尚弥(大橋)
戦績:18戦18勝16KO無敗
備考:1回戦ではファン・カルロス・パヤノに1ラウンドKO勝ち。
準決勝ではエマヌエル・ロドリゲスに2ラウンドKO勝ち。



スコットランド グラスゴー
ザ・SSEハイドロ


ワールドボクシングスーパーシリーズ・バンタム級トーナメント準決勝
WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦
リング誌認定世界バンタム級王座決定戦

元日本ライトフライ級王者
元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBC世界ライトフライ級王者
元WBO世界スーパーフライ級王者
この試合が2度目の防衛戦
WBA世界バンタム級レギュラー王者:井上尚弥(大橋)
戦績:17戦17勝15KO無敗
備考:1回戦ではファン・カルロス・パヤノに1ラウンドKO勝ち。
WBAバンタム級スーパー王者は一足先にWBSS決勝に駒を進めたノニト・ドネア

VS

この試合が2度目の防衛戦
IBF世界バンタム級王者:エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
戦績:19戦19勝12KO無敗
備考:1回戦ではジェイソン・モロニーに2ー1(115-113、115-113、113-115)判定勝ち。


この試合の勝者がノニト・ドネアとWBSSバンタム級トーナメント決勝戦を行う。




アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。


4月27日
アメリカ


ワールドボクシングスーパーシリーズ・バンタム級トーナメント準決勝
WBAスーパー・WBO世界バンタム級王座統一戦


元IBF世界フライ級王者
元WBA世界スーパーフライ級暫定王者
元WBO・WBC統一世界バンタム級王者
元WBO・IBF統一世界スーパーバンタム級王者
元WBA世界フェザー級スーパー王者
元WBO世界スーパーバンタム級王者
WBCバンタム級ダイヤモンドベルト保持者
この試合が初防衛戦
WBA世界バンタム級スーパー王者:ノニト・ドネア(フィリピン)
戦績:44戦39勝25KO5敗
備考:1回戦でライアン・バーネットに4ラウンド終了・棄権によるTKO勝ち。

VS

元IBF世界スーパーフライ級王者
この試合が4度目の防衛戦
WBO世界バンタム級王者:ゾラニ・テテ(南アフリカ)
戦績:31戦28勝21KO3敗
備考:1回戦でミハイル・ミーシャ・アロイアンに12ラウンド3-0判定勝ち。


スコットランド グラスゴー
ザ・SSEハイドロ



ワールドボクシングスーパーシリーズ・バンタム級トーナメント準決勝

WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦
※WBAレギュラー王者には統一戦が原則認められないルールのはずなのでIBF世界バンタム級タイトルマッチになる可能性も?

元日本ライトフライ級王者
元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBC世界ライトフライ級王者
元WBO世界スーパーフライ級王者
この試合が2度目の防衛戦
WBA世界バンタム級レギュラー王者:井上尚弥(大橋)
戦績:17戦17勝15KO無敗
備考:1回戦ではファン・カルロス・パヤノに1ラウンドKO勝ち。
WBAバンタム級スーパー王者はノニト・ドネア

VS

この試合が2度目の防衛戦
IBF世界バンタム級王者:エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
戦績:19戦19勝12KO無敗
備考:1回戦ではジェイソン・モロニーに2ー1(115-113、115-113、113-115)判定勝ち。


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

WBSSシーズン2バンタム級準決勝

①WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦

元日本ライトフライ級王者
元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBC世界ライトフライ級王者
元WBO世界スーパーフライ級王者
この試合が2度目の防衛戦
WBA世界バンタム級レギュラー王者:井上尚弥(大橋)
戦績:17戦17勝15KO無敗
備考:1回戦ではファン・カルロス・パヤノに1ラウンドKO勝ち。

VS

この試合が2度目の防衛戦
IBF世界バンタム級王者:エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
戦績:19戦19勝12KO無敗
備考:1回戦ではジェイソン・モロニーに2ー1(115-113、115-113、113-115)判定勝ち。



②WBAスーパー・WBO世界バンタム級王座統一戦

元IBF世界フライ級王者
元WBA世界スーパーフライ級暫定王者
元WBO・WBC統一世界バンタム級王者
元WBO・IBF統一世界スーパーバンタム級王者
元WBA世界フェザー級スーパー王者
元WBO世界スーパーバンタム級王者
WBCバンタム級ダイヤモンドベルト保持者
この試合が初防衛戦
WBA世界バンタム級スーパー王者:ノニト・ドネア(フィリピン)
戦績:44戦39勝25KO5敗
備考:1回戦でライアン・バーネットに4ラウンド終了・棄権によるTKO勝ち。

VS

元IBF世界スーパーフライ級王者
この試合が4度目の防衛戦
WBO世界バンタム級王者:ゾラニ・テテ(南アフリカ)
戦績:31戦28勝21KO3敗
備考:1回戦でミハイル・ミーシャ・アロイアンに12ラウンド3-0判定勝ち。


準決勝のカード確定を受けて、バンタム級決勝で見たいカードのアンケートを実施します。



WBSSシーズン2 スーパーライト級準決勝

①IBF世界スーパーライト級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
IBF世界スーパーライト級王者:イバン・バランチェク(ロシア)
戦績:19戦19勝12KO無敗
備考:1回戦ではアンソニー・イギとのIBF王座決定戦に7ラウンドTKO勝ち。

VS

この試合が世界王座初挑戦
IBF世界スーパーライト級7位
WBC世界スーパーライト級1位:ジョシュ・テイラー(英国)
戦績:14戦14勝12KO無敗
備考:1回戦ではライアン・マーティンに7ラウンドTKO勝ち。
WBSS参戦前にはビクトル・ポストルを破る金星を挙げ、このトーナメントの優勝候補と目されている。



②WBC暫定・WBA世界スーパーライト級王座統一戦

この試合が3度目の防衛戦
WBC世界スーパーライト級暫定王者・ダイヤモンドベルト保持者:レギス・プログライス(アメリカ)
戦績:23戦23勝19KO無敗
備考:1回戦ではテリー・フラナガンに12ラウンド3-0判定勝ち。
WBC正規王者はホセ・カルロス・ラミレス
テイラーと並んでこのトーナメントの優勝候補と目される。

VS

この試合が2度目の防衛戦
WBA世界スーパーライト級王者:キリル・レリク(ベラルーシ)
戦績:25戦23勝19KO2敗
備考:1回戦は日本でエデュアルド・トロヤノフスキーに12ラウンド3-0判定勝ち。


準決勝のカード確定を受けて、スーパーライト級決勝で見たいカードのアンケートを実施します。







WBSSシーズン2クルーザー級準決勝


①クルーザー級12回戦

WBSSシーズン1・クルーザー級ベスト4
元WBA世界クルーザー級王者
WBA世界クルーザー級1位:ユニエル・ドルティコス(キューバ)
戦績:24戦23勝21KO1敗
備考:1敗はWBSSシーズン1・クルーザー級準決勝で、準優勝者ムラット・ガシエフに敗れたもの。
シーズン2・1回戦ではマテウス・マステルナクに判定勝ち。

VS

IBF世界クルーザー級1位:アンドリュー・タビチ(アメリカ)
戦績:17戦17勝13KO無敗
備考:1回戦ではルスラン・フェイファーに判定勝ち。






②WBO世界クルーザー級暫定タイトルマッチ

元WBO世界クルーザー級王者
WBO世界クルーザー級暫定王者:クジストフ・グロワッキ(ポーランド)
戦績:32戦31勝19KO1敗
備考:1敗はオレクサンデル・ウシクに敗れてWBO王座を奪われた際のもの。
1回戦ではマクシム・ヴラソフとのWBOクルーザー級暫定王座決定戦に判定勝ち

VS

WBSSシーズン1・クルーザー級ベスト4
元WBC世界クルーザー級王者
WBCクルーザー級ダイヤモンドベルト保持者
WBC世界クルーザー級1位:マイリス・ブリーディス(ラトビア)
戦績:26戦25勝18KO1敗
備考:1敗はWBSSシーズン1クルーザー級準決勝で優勝者のオレクサンデル・ウシクに敗れてWBC王座を吸収された際のもの。
シーズン2・1回戦ではノエル・ミカエリアンに判定勝ちでWBCダイヤモンドベルトを入手。

WBSSシーズン2バンタム級準決勝

①WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦

元日本ライトフライ級王者
元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBC世界ライトフライ級王者
元WBO世界スーパーフライ級王者
この試合が2度目の防衛戦
WBA世界バンタム級レギュラー王者:井上尚弥(大橋)
戦績:17戦17勝15KO無敗
備考:1回戦ではファン・カルロス・パヤノに1ラウンドKO勝ち。

VS

この試合が2度目の防衛戦
IBF世界バンタム級王者:エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
戦績:19戦19勝12KO無敗
備考:1回戦ではジェイソン・モロニーに2ー1(115-113、115-113、113-115)判定勝ち。



②WBAスーパー・WBO世界バンタム級王座統一戦

元IBF世界フライ級王者
元WBA世界スーパーフライ級暫定王者
元WBO・WBC統一世界バンタム級王者
元WBO・IBF統一世界スーパーバンタム級王者
元WBA世界フェザー級スーパー王者
元WBO世界スーパーバンタム級王者
WBCバンタム級ダイヤモンドベルト保持者
この試合が初防衛戦
WBA世界バンタム級スーパー王者:ノニト・ドネア(フィリピン)
戦績:44戦39勝25KO5敗
備考:1回戦でライアン・バーネットに4ラウンド終了・棄権によるTKO勝ち。

VS

元IBF世界スーパーフライ級王者
この試合が4度目の防衛戦
WBO世界バンタム級王者:ゾラニ・テテ(南アフリカ)
戦績:31戦28勝21KO3敗
備考:1回戦でミハイル・ミーシャ・アロイアンに12ラウンド3-0判定勝ち。


準決勝のカード確定を受けて、決勝で見たいカードのアンケートを実施します。



アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

英国スコットランド グラスゴー
SSEハイドロ



バンタム級10回戦

この試合が再起戦
元IBF世界バンタム級王者
ワールドボクシングスーパーシリーズ・シーズン2・バンタム級リザーバー
IBF世界バンタム級7位:ポール・バトラー(英国)
戦績:28戦26勝14KO2敗
備考:2敗はゾラニ・テテエマヌエル・ロドリゲス、WBSSのベスト4二人にに敗れたもの

VS

この試合が井上尚弥に敗れて以来の再起戦
元フランスバンタム級王者:ヨアン・ボワイヨ(フランス)
戦績:47戦41勝26KO5敗1無効試合


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

日時・会場 未定


ワールドボクシングスーパーシリーズ・バンタム級トーナメント準決勝

WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦

元日本ライトフライ級王者
元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBC世界ライトフライ級王者
元WBO世界スーパーフライ級王者
この試合が2度目の防衛戦
WBA世界バンタム級レギュラー王者:井上尚弥(大橋)
戦績:17戦17勝15KO無敗
備考:1回戦ではファン・カルロス・パヤノに1ラウンドKO勝ち。
WBAバンタム級スーパー王者はライアン・バーネット

VS

この試合が2度目の防衛戦
IBF世界バンタム級王者:エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
戦績:19戦19勝12KO無敗
備考:1回戦ではジェイソン・モロニーに2ー1(115-113、115-113、113-115)判定勝ち。

<雑記>
優勝候補に挙げられていたロドリゲスがモロニーに2-1まで追い詰められ、シーズン1のスー亜pーミドル級トーナメントで1回戦敗退だったロブ・ブラント村田諒太からWBA世界ミドル級王座を奪取するなど、WBSS主催者の「選手の力を見定める能力」をまざまざと見せつけられた日曜日でしたね。そして、その中でパヤノを1ラウンドで葬った井上尚弥の図抜けた強さも改めて実感。
おそらくWBSSトーナメントの3試合をトータル10ラウンド以内で終わらせて優勝という離れ業をやってのけるような気がします。
よく井上尚弥がWBSSをドラゴンボールの天下一武道会に例えていますが、井上の強さは悟空とピッコロが決勝で戦ったときの天下一武道会にスーパーサイヤ人の悟空が出ている、くらい群を抜いているように思いますね。


・アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

↑このページのトップヘ