タグ

タグ:ティモシー・ブラッドリー

カテゴリ:
9月2日
メキシコ ハリスコ州グアダラハラ


WBCラテンスーパーウェルター級王座決定戦
※前王者はグイド・ニコラス・ピット

元IBF世界ライト級王者:ミゲール・バスケス(メキシコ)
戦績:43戦38勝14KO5敗
備考:デビュー戦の相手はサウル・アルバレス
2敗目の相手はティモシー・ブラッドリー、3敗目はまたもサウル・アルバレスに敗れた。
4敗目はミッキー・ベイにIBF世界ライト級王座を奪われたもので、5敗目はアルヘニス・メンデスに敗れた。

VS

元WBCラテンスーパーフェザー級王者:ホセ・ダニエル・ルイス(メキシコ)
戦績:47戦34勝24KO10敗2分1無効試合
備考:昨年10月にウンベルト・ソトに敗れている。他にも世界挑戦経験者クラスに負けた経験が多い。

カテゴリ:
6月17日
アルゼンチン ブエノスアイレス
マイクロエスタディオ・ムンシパル


元WBA世界ウェルター級暫定王者
WBC世界スーパーウェルター級9位:ディエゴ・チャベス(アルゼンチン)
戦績:28戦25勝21KO2敗1分
備考:2敗はキース・サーマンブランドン・リオスに敗れたもの、1分はティモシー・ブラッドリーと引き分けたもの。


VS

元WBC中米カリブウェルター級王者:ジーン・カルロス・プラダ(ベネズエラ出身・アメリカ)
戦績:36戦32勝22KO3敗1分
備考:3敗はルイス・カルロス・アブレグジャック・クルカイカルロス・アダメスに敗れたもの。


カテゴリ:
7月2日
クイーンズランド ブリスベン
サンコープスタジアム


WBO世界ウェルター級タイトルマッチ

元OPBF東洋太平洋フライ級王者
元WBC世界フライ級王者
元IBF世界スーパーバンタム級王者
元WBC世界スーパーフェザー級王者
元WBC世界ライト級王者
元WBO世界ウェルター級王者
元WBC世界スーパーウェルター級王者
元WBO世界ウェルター級王者
世界タイトル6階級制覇
この試合が3度目の王座の初防衛戦
WBO世界ウェルター級王者:マニー・パッキャオ(フィリピン)
戦績:67戦59勝38KO6敗2分
備考:6敗は
ルスティコ・トレカンポメッグン・シンスラット
エリック・モラレスとの初戦(3度戦いパッキャオの2勝2KO1敗)
ティモシー・ブラッドリーとの初戦(3度戦いパッキャオの2勝1敗)
ファン・マヌエル・マルケスとの4戦目(4度戦いパッキャオの2勝1敗1分)
フロイド・メイウェザーとの初戦に敗れたもの

VS

元豪州ウェルター級王者
元WBOオリエンタルウェルター級王者
元PABAウェルター級王者
元WBAパンアフリカンウェルター級王者
IBFインターコンチネンタルウェルター級王者
WBAオセアニアウェルター級暫定王者
WBOインターコンチネンタルウェルター級王者
WBO世界ウェルター級2位:ジェフ・ホーン(オーストラリア)
戦績:17戦16勝11KO無敗1分
備考:2016年4月に2階級制覇王者ランドール・ベイリー、12月に元世界挑戦者のアリ・フネカを下して勢いに乗る。

カテゴリ:
2月18日
アメリカ オハイオ州 シンシナティ
シンタスセンター

WBA世界ウェルター級暫定タイトルマッチ
※正規王者はキース・サーマン

この試合が2度目の防衛戦
WBA世界ウェルター級1位・暫定王者:デビッド・アバネシャン(ロシア)
戦績:24戦22勝11KO1敗1分
備考:前回の試合でシェーン・モズリーに判定勝ち。
1敗はアンドレイ・クリモフに敗れたもの。


vs

元WBO世界スーパーライト級暫定王者
元IBF世界スーパーライト級王者
この試合で暫定ながら2階級制覇を狙う
WBA世界ウェルター級3位:レイモント・ピーターソン(アメリカ)
戦績:38戦34勝17KO3敗1分
備考:3敗はティモシー・ブラッドリールーカス・マティセダニー・ガルシアに敗れたもの。
IBF世界スーパーライト級王座はアミール・カーンから奪取した。


カテゴリ:
4月23日
オーストラリア・クイーンズランド


WBO世界ウェルター級タイトルマッチ

元OPBF東洋太平洋フライ級王者
元WBC世界フライ級王者
元IBF世界スーパーバンタム級王者
元WBC世界スーパーフェザー級王者
元WBC世界ライト級王者
元WBO世界ウェルター級王者
元WBC世界スーパーウェルター級王者
元WBO世界ウェルター級王者
世界タイトル6階級制覇
この試合が3度目の王座の初防衛戦
WBO世界ウェルター級王者:マニー・パッキャオ(フィリピン)
戦績:67戦59勝38KO6敗2分
備考:6敗は
ルスティコ・トレカンポメッグン・シンスラット
エリック・モラレスとの初戦(3度戦いパッキャオの2勝2KO1敗)
ティモシー・ブラッドリーとの初戦(3度戦いパッキャオの2勝1敗)
ファン・マヌエル・マルケスとの4戦目(4度戦いパッキャオの2勝1敗1分)
フロイド・メイウェザーとの初戦に敗れたもの

VS

元豪州ウェルター級王者
元WBOオリエンタルウェルター級王者
元PABAウェルター級王者
元WBAパンアフリカンウェルター級王者
IBFインターコンチネンタルウェルター級王者
WBAオセアニアウェルター級暫定王者
WBOインターコンチネンタルウェルター級王者
WBO世界ウェルター級2位:ジェフ・ホーン(オーストラリア)
戦績:17戦16勝11KO無敗1分
備考:2016年4月に2階級制覇王者ランドール・ベイリー、12月に元世界挑戦者のアリ・フネカを下して勢いに乗る。

→中止になりました


カテゴリ:
11月5日
アメリカ・ネバダ州ラスベガス
トーマス&マックセンター


WBO世界ウェルター級タイトルマッチ


WBO世界ウェルター級王者:ジェシー・バルガス(アメリカ)
戦績:28戦27勝10KO1敗
備考:1敗はティモシー・ブラッドリーとのWBO世界ウェルター級王座決定戦に敗れたもの

VS

元OPBF東洋太平洋フライ級王者
元WBC世界フライ級王者
元IBF世界スーパーバンタム級王者
元WBC世界スーパーフェザー級王者(アジア人初の3階級制覇を達成)
元WBC世界ライト級王者(アジア人初の4階級制覇を達成)
元WBO世界ウェルター級王者(アジア人初の5階級制覇を達成)
元WBC世界スーパーウェルター級王者(アジア人初の6階級制覇を達成)
フィリピンの国民的英雄にして上院議員:マニー・パッキャオ(フィリピン)
戦績:66戦58勝38KO6敗2分
備考:アメリカに進出してからの黒星はエリック・モラレスティモシー・ブラッドリーファン・マヌエル・マルケスフロイド・メイウェザーに敗れた4つのみ。


カテゴリ:
4月9日
アメリカ・ネバダ州ラスベガス
GMグランドガーデンアリーナ

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ

元WBC・WBO統一世界スーパーライト級王者
元WBC世界スーパーライト級王者
元WBO世界ウェルター級王者
この試合が2度目の防衛戦
WBO世界ウェルター級王者:ティモシー・ブラッドリー(アメリカ)
戦績:36戦33勝13KO1敗1分1無効試合
備考:パッキャオとは1勝1敗

VS

元OPBF東洋太平洋フライ級王者
元WBC世界フライ級王者
元IBF世界スーパーバンタム級王者
元WBC世界スーパーフェザー級王者
元WBC世界ライト級王者
元WBO世界ウェルター級王者
元WBC世界スーパーウェルター級王者
元WBO世界ウェルター級王者
この試合で王座返り咲きを狙う
WBO世界ウェルター級2位:マニー・パッキャオ(フィリピン)
戦績:65戦57勝38KO6敗2分

カテゴリ:
11月7日
アメリカ・ネバダ州ラスベガス
トーマス&マックセンター

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ

元WBO・WBC統一世界スーパーライト級王者
元WBO世界ウェルター級王者
この試合が2度目の王座の初防衛戦
WBO世界ウェルター級王者:ティモシー・ブラッドリー(アメリカ)
戦績:35戦32勝12KO1敗1分
備考:マニー・パッキャオとは2度戦って1勝1敗の五分の成績を残す。

VS

元WBA世界ライト級王者
この試合で2階級制覇を狙う、WBO世界ウェルター級3位:ブランドン・リオス(アメリカ)
戦績:36戦33勝24KO2敗1分
備考:2敗はライバルのマイク・アルバラードとの第1戦に敗れたものと、マニー・パッキャオに敗れたもの


カテゴリ:
10月15日
英国・ヨークシャー州シェフィールド
シェフィールドアリーナ

IBF世界ウェルター級タイトルマッチ

この試合が3度目の防衛戦
IBF世界ウェルター級王者:ケル・ブルック(英国)
戦績:35戦35勝24KO無敗

VS

元WBA世界ウェルター級暫定王者
この試合で王座返り咲きを狙う
IBF世界ウェルター級4位:ディエゴ・チャベス(アルゼンチン)
戦績:26戦23勝19KO2敗1分
備考:2敗はキース・サーマンブランドン・リオスに敗れたもの、1分はティモシー・ブラッドリーと引き分けたもの。


ブルック、今回もなかなか骨のある挑戦者を選びましたねー

カテゴリ:
10月3日
アメリカ

IBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
IBF世界スーパーフェザー級王者:ホセ・ぺドラサ(プエルトリコ)
戦績:20戦20勝12KO無敗
備考:アルベルト・ガルサマイケル・ファレナスに勝っている

VS

この試合が2度目の世界王座挑戦となる
IBF世界スーパーフェザー級15位:エドナー・チェリー(バハマ/アメリカ)
戦績:43戦34勝19KO6敗2分1無効試合
備考:7年前の世界王座初挑戦ではティモシー・ブラッドリーの持つWBC世界スーパーライト級王座に挑んで判定負け

カテゴリ:
6月27日
アメリカ・カリフォルニア州カーソン
スタブハブセンター

ウェルター級12回戦→WBO世界ウェルター級王座決定戦(メイウェザーが王座返上の移行のため)

元WBC・WBO統一世界スーパーライト級王者
元WBO世界ウェルター級王者:ティモシー・ブラッドリー(アメリカ)
戦績:34戦31勝12KO1敗
備考:マニー・パッキャオとは2度戦って1勝1敗。

VS

WBA世界スーパーライト級王者:ジェシー・バルガス(アメリカ)
戦績:26戦26勝9KO無敗
備考:フロイド・メイウェザーの秘蔵っ子として売り出された選手。


カテゴリ:
12月13日
アメリカネバダ州ラスベガス コスモポリタン・オブ・ラスベガス

ウェルター級12回戦

元WBCユースウェルター級王者
元WBCユーススーパーライト級王者
元WBC・WBO世界スーパーライト級王者
マニー・パッキャオと1勝1敗の
前WBO世界ウェルター級王者
ティモシー・ブラッドリー(アメリカ)
戦績:33戦31勝12KO1敗
vs
元WBO南米スーパーウェルター級王者
元WBO南米ウェルター級王者
元WBA世界ウェルター級暫定王者
ディエゴ・チャベス(アルゼンチン)
戦績:25戦23勝19KO2敗

元ウェルター級王者同士のサバイバルマッチ。
テクニックのブラッドリーか、強打のチャベスか。


この興行では
マウリシオ・へレラvsホセ・ベナビデスのWBA世界スーパーライト級暫定戦
マット・コロボフvsアンディ・リーのWBO世界ミドル級王座決定戦もセットされている。

このページのトップヘ

見出し画像
×