タグ

タグ:ピーター・クイリン

カテゴリ:
10月19日
アメリカ ネバダ州ラスベガス
モンテカルロ・リゾート&カジノ


ミドル級10回戦

元ペンシルバニア州スーパーウェルター級王者:ガブリエル・ロサド(アメリカ)
戦績:35戦23勝13KO11敗1無効試合
備考:11敗の中にはゲンナディ・ゴロフキンピーター・クイリンジャーメル・チャーロデビッド・レミューに敗れたものが含まれる。
ここ2試合はウィリー・モンロー・ジュニアマーティン・マレーに連敗中。

VS

元NABO北米スーパーウェルター級王者:グレン・タピア(アメリカ)
戦績:27戦23勝15KO4敗
備考:4敗はジェームス・カークランドミシェル・ソロ、レミュー、ジェイソン・クイッグリーに敗れたもの。


カテゴリ:
9月8日
アメリカ ネバダ州ラスベガス
ハードロックホテル&カジノ


ライトヘビー級10回戦

元WBO世界ミドル級王者:ピーター・クイリン(アメリカ)
戦績:34戦32勝23KO1敗1分
備考:1敗はダニエル・ジェイコブスに1ラウンドTKO負けを喫したもの。

VS

対戦相手未定


カテゴリ:
10月22日
東京 両国国技館


WBA世界ミドル級タイトルマッチ

元WBA世界ミドル級暫定王者
元WBO世界ミドル級暫定王者
この試合が初防衛戦
WBA世界ミドル級レギュラー王者:アッサン・エンダム(カメルーン出身・フランス)
戦績:38戦36勝21KO2敗
備考:2敗はピーター・クイリンデビッド・レミュー、いずれも世界王者経験者に敗れたもの。
またWBA世界ミドル級スーパー王者はWBC・IBF王座も保持する3団体統一王者ゲンナディ・ゴロフキン

VS

ロンドン五輪ミドル級金メダリスト
この試合が2度目の世界王座挑戦となる
WBA世界ミドル級1位:村田諒太(帝拳)
戦績:13戦12勝9KO1敗
備考:1敗は前回エンダムに敗れたもの。

カテゴリ:
7月8日
オーストラリア ニューサウスウェールズ
フラタニティクラブ


WBCアジアコンチネンタルスーパーミドル級王座決定戦
※前王者はライアン・ブリーズ

元OPBF東洋太平洋ミドル級王者
4度目の世界挑戦で王座を獲得した元WBC世界スーパーミドル級王者
この試合が2年ぶりの復帰戦:サキオ・ビカ(カメルーン出身・オーストラリア)
戦績:42戦32勝21KO7敗3分
備考:7敗はサム・ソリマンジョー・カルザゲルシアン・ビュテジャン・ポール・メンディアンドレ・ウォードアンソニー・ディレルアドニス・スティーブンソンに敗れたもの。メンディ以外は世界王者経験者。
日本でも荒木慶大と2度対戦して2度ともKO・TKO勝ち。
日本ミドル級王座を9度防衛した鈴木悟を破って勢いに乗る荒木が敗れたことで、東洋以上のミドル級のレベルを痛感したものだった。

余談1:鈴木悟も荒木に敗れた後にサム・ソリマンに敗れ、荒木同様に東洋以上のミドル級のレベルに跳ね返されている。

余談2:ボクシングを引退した鈴木悟はその後K−1やシュートボクシングに転向し、K−1では魔裟斗らと対戦、シュートボクシングではアンディ・サワーと対戦、日本王座を獲得するなどした。

VS

元オーストラリア西部ライトヘビー級王者:ルーク・シャープ(オーストラリア)
戦績:22戦14勝6KO5敗3分
備考:ピーター・クイリンと戦ったマイケル・ゼラファや、セルゲイ・コバレフと戦った ブレイク・カパレロに敗れている。


カテゴリ:
12月5日
アメリカ・ニューヨーク州ブルックリン
バークレイズセンター

WBA世界ミドル級レギュラータイトルマッチ
※スーパー王者はゲンナディ・ゴロフキン

この試合が3度目の防衛戦
WBA世界ミドル級レギュラー王者:ダニエル・ジェイコブス(アメリカ)
戦績:31戦30勝27KO1敗
備考:1敗はドミトリィ・ピログとのWBO世界ミドル級王座決定戦に敗れたもの

VS

この試合で王座返り咲きを狙う、元WBO世界ミドル級王者:ピーター・クイリン(アメリカ)
戦績:33戦32勝23KO無敗1分





カテゴリ:
9月12日
アメリカ・コネチカット州マシャンタケット
フォックスウッズリゾート

ミドル級10回戦

元WBO世界ミドル級王者:ピーター・クイリン(アメリカ)
戦績:32戦31勝22KO1分
備考:1分けはアンディ・リーのWBO世界ミドル級王座に挑戦するはずだったが、体重超過で挑戦権を失った末、引き分けたもの。

VS

OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級6位:マイケル・ゼラファ(オーストラリア)
戦績:18戦17勝9KO1敗
備考:1敗はアリフ・マゴメドフに敗れたもの

カテゴリ:
4月11日
アメリカ・ニューヨーク
ブルックリン バークレーズセンター


ガルシアvsピーターソンと同じ興行


WBO世界ミドル級タイトルマッチ

元アイルランドスーパーミドル級王者
元NABA・NABF北米ミドル級王者
元NABF北米スーパーウェルター級王者
前回の試合でマット・コロボフとの王座決定戦を制し、
この試合が初防衛戦
WBO世界ミドル級王者
アンディ・リー(アイルランド)
戦績:36戦34勝24KO2敗。2敗はブライアン・べラフリオ・セサール・チャベス・ジュニア
VS
3度の防衛に成功していたが、マット・コロボフを回避して王座を返上した
前WBO世界ミドル級王者
ピーター・”キッド・チョコレート”クイリン(アメリカ)
戦績:31戦31勝22KO無敗


このページのトップヘ

見出し画像
×