タグ

タグ:マーロン・タパレス

カテゴリ:
7月19日
東京 後楽園ホール


OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ

この試合が3度目の防衛戦
OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者:レネ・ダッケル(フィリピン)
戦績:26戦19勝6KO6敗1分
備考:OPBF王座初挑戦では井上拓真に敗れたが、2度目の挑戦で王座を獲得

VS

元韓国スーパーフライ級王者
元WBOアジアパシフィックスーパーフライ級暫定王者(日本認可前)
この試合が諸々含めてタイトルマッチ9戦目
日本スーパーフライ級3位
OPBF東洋太平洋スーパーフライ級13位:木村隼人(ワタナベ)
戦績:35戦26勝17KO9敗
備考:9敗にはAJバナルオーレイドンマーロン・タパレスなどに敗れたものを含む。

カテゴリ:
3月11日
中国・香港
香港コンベンション&エキシビションセンター

※この日のメインはレックス・ツォvs向井寛史


スーパーバンタム級8回戦

元WBCインターナショナルフライ級王者:レイ・メグリノ(フィリピン)
戦績:47戦23勝20KO20敗4分
備考:ポンサクレックとの3度目の対戦にして初勝利を挙げて台頭。
デンカオセーンテーパリットマーロン・タパレスソニー・ボーイ・ハロプンルアン久保賢司ジョナタン・バアトとも対戦。

VS

日本スーパーバンタム級:ストロング小林佑樹(六島)
戦績:16戦10勝5KO6敗
備考:2015年12月31日に山本隆寛の持つOPBF東洋太平洋バンタム級王座に挑戦するも、2ラウンドTKO負け。
その後、同門のマーク・ジョン・ヤップが山本からOPBF王座奪取。

カテゴリ:
2016年11月26日→2017年4月8日
英国・カーディフ→ランカシャー州マンチェスター
モーターポイント・アリーナ→マンチェスターアリーナ


WBO世界バンタム級挑戦者決定戦
※王者はマーロン・タパレス

元IBF世界スーパーフライ級王者
WBO世界バンタム級3位:ゾラニ・テテ(南アフリカ)
戦績:27戦24勝20KO3敗
備考:3敗はモルティ・ムタラネファン・アルベルト・ロサスロベルト・ドミンゴ・ソーサに敗れたもの。

VS

元OPBF東洋太平洋スーパ-フライ級王者
元WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王者
WBOアジアパシフィック・バンタム級王者
WBO世界バンタム級1位:アーサー・ビラヌエバ(フィリピン)
戦績:31戦30勝16KO1敗
備考:1敗はマックジョー・アローヨとのIBF世界スーパーフライ級王座決定戦に敗れたもの。


バンタム級勢力図 簡易まとめ

カテゴリ:
<WBCランキング>

WBC&リング誌認定王者:山中慎介(帝拳)
戦績:29戦27勝19KO無敗2分
備考:WBC王座を12連続防衛中。


1位:スリヤン・ソー・ルンビサイ(タイ)
戦績:56戦48勝24KO7敗1分
備考:元WBC世界スーパーフライ級王者。
KO負けの経験はないものの、日本での2試合・・佐藤洋太戦では2度、山中戦では3度倒れるなど、倒れない選手というわけではない。


2位:ルイス・ネリー(メキシコ)
戦績:22戦22勝16KO無敗
備考:WBCシルバー王者。当面の「最強の挑戦者」候補。


3位:エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
戦績:15戦15勝10KO無敗
備考:3月11日にオマール・ナルバエスとのIBF世界バンタム級王座挑戦者決定戦に挑む。


4位:ペッチ・ソー・チトパッタナ(タイ)
戦績:40戦40勝25KO無敗
備考:WBCユースシルバー王座を4年にわたって守り続けるサウスポー。


5位:大森将平(ウォズ)
戦績:19戦18勝13KO1敗
備考:元日本バンタム級王者。
1敗は現WBO王者のマーロン・タパレスとの王座挑戦者決定戦に2ラウンドTKO負けを喫したもの。
その後、タパレスがプンルアンを攻略して王座を獲得、4月23日に大森は挑戦者として再びタパレスに挑む。


6位:カルロス・カールソン(メキシコ)
戦績:24戦22勝13KO2敗
備考:他のWBCランカーが山中との対戦を避ける中、3月2日の山中の12度目の王座防衛戦の相手に名乗りをあげた。


7位:カリム・ゲルフィ(フランス)
戦績:29戦25勝7KO3敗1無効試合
備考:ファン・カルロス・レベコのWBA世界フライ級暫定王座に挑戦して敗れた経験を持つ。
2014年4月にザナット・ザキヤノフに敗れたのが直近の黒星


8位:ヘスス・マルチネス(コロンビア)
戦績:24戦23勝11KO1敗
備考:1敗はウィリアム・ウリナに敗れたもの。


9位:スチュアート・ホール(英国)
戦績:27戦20勝7KO5敗2分
備考:元IBF世界バンタム級王者。
英国のライバルのジェイミー・マクドネル、リー・ハスキンスとの初戦で敗れながらも、2013年にブシ・マリンガとの王座決定戦を制してIBF世界バンタム級王座獲得。
その後の世界戦ではポール・バトラー、ランディ・カバジェロ、リー・ハスキンスとの2戦目にいずれも敗北。


10位:ライアン・バーネット(英国)
戦績:16戦16勝9KO無敗
備考:ノニト・ドネアと対戦したアントニー・セットゥルに勝利。


11位:ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ)
戦績:19戦18勝9KO1敗
備考:元WBA世界バンタム級スーパー王者。
アンセルモ・モレノを山中より先に攻略し、WBAスーパー王座獲得。
2度目の防衛戦でラウシー・ウォーレンにリベンジされて王座陥落


12位:プンルアン・ソーシンユー(タイ)
戦績:56戦52勝35KO4敗
備考:2度王座に就いた経験を持つ元WBO世界バンタム級王者。
4敗はステファーヌ・ジャモエパウルス・アンブンダ亀田和毅、マーロン・タパレスに敗れたもの。


13位:アーサー・ビラヌエバ(フィリピン)
戦績:31戦30勝16KO1敗
備考:1敗はマックジョー・アローヨとのIBF世界スーパーフライ級王座決定戦に敗れたもの。


14位:ポール・バトラー(英国)
戦績:24戦23勝12KO1敗
備考:元IBF世界バンタム級王者。
2階級制覇を狙って階級を下げ、ゾラニ・テテのIBF世界スーパーフライ級王座に挑戦するが、8ラウンドTKO負け。


15位:マーク・ジョン・ヤップ(フィリピン/六島ジム所属)
戦績:37戦25勝11KO12敗
備考:現OPBF東洋太平洋バンタム級王者。



<他団体王者>

WBAスーパー王者:ザナット・ザキヤノフ(カザフスタン)
戦績:28戦27勝18KO1敗
備考:1敗はサヒブ・ウサロフに敗れたもの


WBAレギュラー王者:ジェイミー・マクドネル(英国)
戦績:32戦29勝13KO2敗1分
備考:亀田和毅の挑戦を2度に渡って退けている。


IBF王者:リー・ハスキンス(英国)
戦績:37戦34勝14KO3敗
備考:岩佐亮佑との暫定王座決定戦に勝ち、暫定王座を獲得。その後正規王者に昇格。


WBO王者:マーロン・タパレス(フィリピン)
戦績:31戦29勝12KO2敗
備考:4月23日にエディオンアリーナで大森将平の挑戦を受ける。


<リング誌バンタム級ランキング>
リング誌ランキングとは・・アメリカで最も老舗のボクシング雑誌であるリング誌が独自に作成するランキング。
メジャー4団体のランキングよりも実力重視で作成されている傾向が強い。

ring

王者:山中慎介 WBC・リング誌認定王者

1位:ジェイミー・マクドネル WBAレギュラー王者(スーパーバンタム級転向の噂あり)

2位:ファン・カルロス・パヤノ 元WBAスーパー王者

3位:リー・ハスキンス IBF王者

4位:アンセルモ・モレノ 元WBAスーパー王者(スーパーバンタムに転向)

5位:マーロン・タパレス WBO王者

6位:ザナット・ザキヤノフ 現WBAスーパー王者

7位:ラウシー・ウォーレン 前WBAスーパー王者

8位:亀田和毅 元WBO王者(スーパーバンタムに転向)

9位:ゾラニ・テテ 元IBFスーパーフライ級王者

10位:ルイス・ネリー WBC2位



マーロン・タパレスvs大森将平 第2戦

カテゴリ:
4月23日
エディオンアリーナ(大阪府立体育館)


WBO世界バンタム級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBO世界バンタム級王者:マーロン・タパレス(フィリピン)
戦績:31戦29勝12KO2敗
備考:2敗はブリックス・レイと、元WBA世界スーパーフライ級暫定王者のデビッド・サンチェスに敗れたもの

VS

元日本バンタム級王者
この試合が世界王座初挑戦
WBO世界バンタム級7位:大森将平(ウォズ)
戦績:19戦18勝13KO1敗
備考:1敗はタパレスとのWBO世界バンタム級王座挑戦者決定戦に敗れたもの。


タパレスvs大森・第1戦の動画。
↓1ラウンド


↓2ラウンド

※当ブログの第1戦の記事はこちら


ボクシング ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村 

カテゴリ:
12月31日
島津アリーナ京都


スーパーバンタム級8回戦


元日本バンタム級王者
IBF世界バンタム級14位
WBC世界バンタム級13位:大森将平(ウォズ)
戦績:18戦17勝12KO1敗
備考:1敗は現WBO世界バンタム級王者のマーロン・タパレスに敗れたもの

VS

元OPBF東洋太平洋フライ級王者:ロッキー・フェンテス(フィリピン)
戦績:45戦35勝20KO8敗2分
備考:2014年に2敗しているが、アムナットローマン・ゴンサレスの持つフライ級世界王座に挑んだ際のもの。



この日の興行は
井岡一翔vsスタンプ・キャットニワット
ジョナサン・グスマンvs小國以載
のダブル世界戦。

カテゴリ:
12月末→12月30日と決定
会場未定→有明コロシアムに決定

WBO世界バンタム級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBO世界バンタム級王者:マーロン・タパレス(フィリピン)
戦績:31戦29勝12KO2敗
備考:2敗はブリックス・レイデビッド・サンチェスに敗れたもの

VS

元OPBF東洋太平洋スーパ-フライ級王者
この試合が世界王座初挑戦
日本で2例目の兄弟世界王者を狙う
WBO世界バンタム級12位:井上拓真(大橋)
戦績:8戦8勝2KO無敗



年末にはこの試合を含めて
井上尚弥の4度目の防衛戦(ルイス・コンセプションとの統一戦が交渉中とのこと)→河野公平との1戦が決定
八重樫東の2度目の防衛戦
と合わせてトリプル世界戦を計画中とのこと。
おそらく清水聡井上浩樹も出場するのではないだろうか。

※追記。
井上拓真の右拳の負傷により、タパレスvs拓真戦は中止となりました。





カテゴリ:
10月8日
東京・後楽園ホール

日本スーパーフライ級王座決定戦
※前王者は石田匠

この試合が初の日本王座挑戦
日本スーパーフライ級1位:中川健太(レイスポーツ)
戦績:15戦12勝9KO2敗1分

VS

16歳の時にタイでプロデビュー
元韓国スーパーフライ級王者
元WBOアジアパシフィックスーパーフライ級暫定王者
この試合が2度目の日本王座挑戦
日本スーパーフライ級4位:木村隼人(ワタナベ)
戦績:33戦25勝16KO8敗
備考:AJ・バナルオーレドンマーロン・タパレス、石田匠に敗れている。

カテゴリ:
8月24日
京都・島津アリーナ京都

バンタム級10回戦

WBC世界バンタム級5位:エドガル・ヒメネス(メキシコ)
戦績:35戦22勝16KO11敗2分
備考:エリック・モラレスの弟、イバン・モラレスに初黒星をつけて世界ランク入り。

VS

前日本バンタム級王者
バンタム級2位:大森将平(ウォズ)
戦績:17戦16勝11KO1敗
備考:1敗は現WBO世界バンタム級王者のマーロン・タパレスに敗れたもの

カテゴリ:
7月22日

WBO世界バンタム級タイトルマッチ

この試合が2度目の王座、2度目の防衛戦(通算でも2度目の防衛戦)
WBO世界バンタム級王者:プンルアン・ソーシンユー(タイ)
戦績:55戦52勝35KO3敗
備考:3敗はシュテファーヌ・ジャモエパウルス・アンブンダ亀田和毅に敗れたもの。
現在の王座は赤穂亮とのWBO王座決定戦に2ラウンドKO勝ちで獲得。

VS

この試合が世界王座初挑戦の指名挑戦者
WBO世界バンタム級1位:マーロン・タパレス(フィリピン)
戦績:30戦28勝11KO2敗
備考:直近の黒星はデビッド・サンチェス(前WBA世界スーパーフライ級暫定王者)に敗れたもの。
前回、WBO指名挑戦者決定戦で大森将平を2ラウンドKOで下した

カテゴリ:
12月16日
日本 京都
島津アリーナ

日本バンタム級タイトルマッチ

WBO世界バンタム級挑戦者決定戦
※王者はプンルアン・ソーシンユー

WBO世界バンタム級1位:マーロン・タパレス(フィリピン)
戦績:29戦27勝10KO2敗
備考:直近の黒星は前WBA世界スーパーフライ級暫定王者デビッド・サンチェスに敗れたもの

VS

IBF世界バンタム級4位
WBO世界バンタム級3位:大森将平(ウォズ)
戦績:15戦15勝10KO無敗

2位のザナット・ザキヤノフがWBA世界バンタム級暫定王座挑戦のため、1位のタパレスと3位の大森が挑戦権を争う事となった。


このページのトップヘ

見出し画像
×