ボクシング備忘録

ボクシングについてマイペースに書くブログ

アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

タグ:ミラン・メリンド

東京・後楽園ホール


IBF世界スーパーフライ級王座挑戦者決定戦

元日本スーパーフライ級王者
WBOアジアパシフィックスーパーフライ級王者
WBO世界スーパーフライ級6位
IBF世界スーパーフライ級3位:船井龍一(ワタナベ)
戦績:37戦30勝21KO7敗

VS

IBF世界スーパーフライ級7位:ビクター・エマヌエル・オリボ(メキシコ)
戦績:18戦15勝7KO2敗1分
備考:2敗はミラン・メリンドホセ・ブリーゲル・キリノに敗れたもの。


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。


井岡vsニエテスに加えて、ヘッキー・ブドラーvs京口紘人のWBA世界ライトフライ級タイトルマッチがマカオで開催される方向で話が進んでいる模様。



12月31日
マカオ


WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

元WBA世界ミニマム級王者
前IBF世界ライトフライ級王者(返上)
この試合が初防衛戦
WBA世界ライトフライ級スーパー王者:ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)
戦績:35戦32勝10KO3敗
WBAレギュラー王者はカルロス・カニザレス

VS

元OPBF東洋太平洋ミニマム級王者
前IBF世界ミニマム級王者(返上)
この試合で2階級制覇とジムの先輩である田口良一の仇討ちを狙う
WBA世界ライトフライ級1位:京口紘人(ワタナベ)
戦績:11戦11勝8KO無敗


アフィリエイト収入はボクシング振興のために使用していきます。

神奈川 横浜アリーナ


ワールドボクシングスーパーシリーズ・シーズン2・スーパーライト級1回戦
WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBA世界スーパーライト級王者:キリル・レリク(ベラルーシ)
戦績:24戦22勝19KO2敗
備考:2敗はリッキー・バーンズランセス・バルテレミに敗れたもの。

VS

元IBF世界スーパーライト級王者
WBA世界スーパーライト級1位:エデュアルド・トロヤノフスキー(ロシア)
戦績:28戦27勝24KO1敗
備考:1敗はジュリウス・インドンゴにIBF王座を奪われたもの。

IMG_1914

この日の横浜アリーナは井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノ拳四朗vsミラン・メリンドと合わせてトリプル世界戦、WBSSを前面に押し出したイベントになる。

神奈川 横浜アリーナ


WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

元WBCライトフライ級ユース王者
元日本・OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
この試合が4度目の防衛戦
WBC世界ライトフライ級王者:拳四朗(BMB)
戦績:13戦13勝7KO無敗
備考:父は元日本ミドル級、OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者の寺地永

VS

この試合が再起戦
元IBF世界ライトフライ級王者
WBC世界ライトフライ級6位:ミラン・メリンド(フィリピン)
戦績:40戦37勝13KO3敗

9月8日(日本時間9日)
アメリカ カリフォルニア州イングルウッド
フォーラム
「スーパーフライ3」


WBC世界スーパーフライ級挑戦者決定戦

元WBO・WBA統一世界フライ級王者
この試合が前回の2階級制覇挑戦失敗からの再起戦
WBC世界スーパーフライ級1位:ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
戦績:39戦36勝25KO3敗
撃破してきた選手をピックアップするとファン・カルロス・サンチェス(初黒星をつけられた後、リベンジ)、ブライアン・ビロリアミラン・メリンドジョバンニ・セグラエルナン・マルケスカルロス・クアドラス

VS

WBC世界スーパーフライ級7位:フェリペ・オルクタ(メキシコ)
戦績:40戦36勝30KO4敗
備考:4敗のうち、特筆すべきは2度のオマール・ナルバエス挑戦における2-1判定負け(初戦)と、2-0判定負け(再戦)。

東京 後楽園ホール


スーパーフライ級10回戦

元OPBF東洋太平洋ミニマム級王者
元日本ミニマム級王者
元WBA世界ミニマム級王者
元WBC世界フライ級王者
元IBF世界ライトフライ級王者
IBF世界ライトフライ級5位
WBO世界ライトフライ級12位:八重樫東(大橋)
戦績:32戦26勝14KO6敗
備考:6敗はイーグル京和辻昌建井岡一翔ローマン・ゴンサレスペドロ・ゲバラミラン・メリンドに敗れたもの。辻以外は世界王座獲得経験者。
シーサケット・ソールンビサイのプロデビュー戦の相手でもある。

VS

2度の王座獲得経験を持つ元WBOアジアパシフィックスーパーフライ級王者(通算防衛数0)
WBO世界スーパーフライ級14位:向井寛史(六島)
戦績:24戦16勝6KO5敗3分
備考:2度のWBOアジアパシフィク王座はいずれもインタノン・シッチャモアンとの王座決定戦で獲得したもの。
2度の世界挑戦経験を持ち、1度目はポンサクレック・ウォンジョンカムのWBC世界フライ級王座に挑戦して負傷引き分け、2度目はシーサケット・ソールンビサイのWBC世界スーパーフライ級王座に挑んで敗れた。

↑このページのトップヘ