タグ

タグ:三浦隆司

カテゴリ:
世界王者になる前に闘い、その後、両者ともに世界王者となった試合

1960年12月24日
ファイティング原田vs海老原博幸

1968年9月2日
大場政夫vs花形進 第1戦(第2戦は大場政夫のWBA世界フライ級王座3度目の防衛戦)

1980年2月21日
渡辺二郎vs小林光二

2001年7月16日
日本フライ級タイトルマッチ
坂田健史vs内藤大助
※引き分けで坂田が防衛に成功

2007年9月15日
日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
小堀佑介vs三浦隆司
※小堀が判定勝ちで王座防衛に成功。

2011年3月5日
日本バンタム級タイトルマッチ
山中慎介vs岩佐亮佑
※山中がTKO勝ちで防衛に成功。

2013年8月25日
日本ライトフライ級タイトルマッチ
井上尚弥vs田口良一
※井上が判定勝ちで王座を奪取。


<上記リストに加わる可能性がある試合>
田中恒成vs原隆二

井上拓真vs福原辰弥

小國以載vs和氣慎吾

カテゴリ:
10月7日
東京 後楽園ホール


①日本スーパーフェザー級タイトルマッチ


この試合が6度目の防衛戦
日本スーパーフェザー級王者
IBF・WBO世界スーパーフェザー級4位:尾川堅一(帝拳)
戦績:23戦22勝17KO1敗

VS

この試合が初の日本王座挑戦
日本スーパーフェザー級5位:東上剛司(ドリーム)
戦績:33戦13勝2KO15敗5分

※上記の試合は尾川堅一の王座返上により中止。



②日本スーパーフェザー級王座決定戦
※前王者は尾川堅一。当初は日本スーパーフェザー級挑戦者決定戦として行われる予定だったが、尾川の王座返上により王座決定戦に格上げされる運びとなった。

この試合が初の日本王座挑戦
日本スーパーフェザー級1位:末吉大(帝拳)
戦績:16戦15勝10KO1敗
備考:1敗は伊藤雅雪に敗れたもの。尾川堅一と同門の帝拳ジム所属。

VS


この試合が初の日本王座挑戦
日本スーパーフェザー級2位:高畑里望(たかはた・りぼ。ドリーム)
戦績:21戦13勝5KO7敗1分
備考:7敗の中には内藤律樹江藤伸悟三瓶数馬、尾川堅一、金子大樹に敗れたものを含む。
東上剛司と同門のドリームジム(三浦利美=クラッシャー三浦会長)所属

カテゴリ:
アメリカ カリフォルニア州イングルウッド
フォーラム


WBA世界ライト級タイトルマッチ

元WBC世界フェザー級王者
元WBA世界スーパーフェザー級王者
元WBC世界ライト級王者
WBC世界ライト級ダイヤモンド王者
この試合が2度目の防衛戦
WBA世界ライト級王者:ホルヘ・リナレス(ベネズエラ出身・帝拳ジム所属)

戦績:45戦42勝27KO3敗

備考:3敗はファン・カルロス・サルガドアントニオ・デマルコセルヒオ・トンプソンに敗れたもの。

プロデビュー戦は2002年12月15日辰吉丈一郎の復帰戦の前座だった。


VS


2012年ロンドン五輪バンタム級金メダリスト

WBCライト級シルバー王者

WBC・WBA世界ライト級1位:ルーク・キャンベル(英国)

戦績:18戦17勝14KO1敗

備考:1敗はイヴァン・メンディに敗れたもの。

ロンドン五輪では準決勝で清水聡を破った。


カテゴリ:
8月3日
ロシア ソチ


WBCインターナショナルライト級王座決定戦

WBCユーラシアパシフィックライト級正規王者:ベイジ・サルカニャン(アルメニア出身・ロシア)
戦績:19戦16勝3KO1敗1分1無効試合
備考:2016年10月には三浦隆司に王座を奪われた元WBC世界スーパーフェザー級王者ガマリエル・ディアスを下している。
WBCユーラシアパシフィックライト級暫定王者は畑山隆則魔裟斗と戦った崔龍洙

VS

元WBCフランス語圏ライト級王者:ヘディ・スリマニ(チュニジア出身・ベルギー)
戦績:30戦27勝15KO3敗
備考:2015年11月には元IBF世界スーパーフェザー級王者ムゾンケ・ファナに勝利。
直近の黒星はリチャード・カミーに敗れたもの。


カテゴリ:
7月15日
アメリカ カリフォルニア州イングルウッド
ザ・フォーラム


WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

前WBO世界スーパーフェザー級暫定王者(返上)
この試合が初防衛戦
WBC世界スーパーフェザー級王者:ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)
戦績:32戦31勝28KO1敗
備考:1敗はルイス・エデュアルド・フローレスに1ラウンドTKO負けしたもの。

VS

元日本スーパーフェザー級王者
元WBC世界スーパーフェザー級王者
この試合で王座返り咲きを狙う指名挑戦者
WBC世界スーパーフェザー級1位:三浦隆司(帝拳)
戦績:36戦31勝24KO3敗2分
備考:3敗は小堀佑介内山高志フランシスコ・バルガスに敗れたもの。この3人はいずれも世界王者経験者。

カテゴリ:
3月10日
スペイン バレンシア州
サーカス・ベニドーム


スーパーフェザー級8回戦

元WBOインターコンチネンタルバンタム級王者:サヒブ・ウサロフ(タジキスタン/ロシア)
戦績:21戦21勝8KO無敗
備考:現WBA世界バンタム級スーパー王者のザナット・ザキヤノフや2004年アテネ五輪ライトフライ級金メダリストのヤン・バルテレミを下している。

VS

ルスラン・ベルチュク(ロシア)
戦績:17戦11勝4KO6敗
備考:この試合がオレグ・マリノフスキーに敗れてからの再起戦。

カテゴリ:
3月27日
東京 後楽園ホール
第59回フェニックスバトル


①フェザー級10回戦

元OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者
WBO世界スーパーバンタム級15位:松本亮(大橋)
戦績:19戦18勝16KO1敗
備考:1敗はビクトル・ウリエル・ロペスに敗れたものだが、再戦でリベンジ済み。

VS

日本バンタム級11位:坂本英生(フジタ)
戦績:23戦17勝5KO3敗3分
備考:3敗は菊池永太益田健太郎高野誠三に敗れたもの。



②スーパーライト級8回戦

日本スーパーライト級13位:井上浩樹(大橋)
戦績:6戦6勝5KO無敗
備考:井上尚弥井上拓真とは従兄弟にあたる。

VS

2015年・第62回全日本スーパーライト級新人王:藤田光良(鹿児島)
戦績:12戦10勝3KO2敗
備考:2敗はジャンボおだ信長書店ペタジーニファイン新井に敗れたもの。



③ライトフライ級8回戦

元日本ミニマム級王者
元OPBF東洋太平洋ミニマム級王者
WBO世界ライトフライ級3位:原隆二(大橋)
戦績:23戦21勝12KO2敗
備考:2敗は田中恒成高山勝成に敗れたもの

VS

金沢晃佑(大鵬)
戦績:24戦14勝7KO6敗4分



④ライト級8回戦

元日本スーパーフェザー級王者:岡田誠一(大橋)
戦績:26戦19勝11KO6敗1分
備考:6敗は三浦隆司金子大樹アレハンドロ・サナブリア松田雄太ネリー・サギラン斉藤正樹に敗れたもの

VS

日本ライト級6位:山田健太郎(全日本パブリック)
戦績:16戦8勝6KO7敗1分
備考:2012年9月の山本浩嗣戦を皮切りに、内藤律樹伊藤雅雪緒方勇希1戦目・2戦目、スパイス松下と6連敗中。



⑤ライト級8回戦(幻の2014年ライト級全日本新人王決定戦)

2014年ライト級東日本新人王:平岡アンディ(大橋)
戦績:8戦8勝5KO無敗
備考:2014年の全日本新人王では平岡の棄権により山口が全日本新人王となっていた。

VS

2014年ライト級全日本新人王:山口祥吾(西遠)
戦績:13戦10勝5KO2敗1分
備考:2敗は近藤明広前田絃希に敗れたもの。


この興行のチケットは松本選手のtwitterアカウントから購入できるようです。




ボクシング ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村 

カテゴリ:
2月18日
メキシコ メキシコシティ アレナ・コリセオ


WBCラテンスーパーフェザー級暫定タイトルマッチ
※正規王者はセルヒオ・アリエル・エストレラ

この試合が初防衛戦
WBCラテンスーパーフェザー級暫定王者:エデュアルド・エルナンデス(メキシコ)
戦績:24戦21勝17KO無敗3分
備考:前回の試合で元WBC世界スーパーバンタム級王者のビクトル・テラサスに2ラウンドKO勝利。

VS

元コロンビアフェザー級王者:ロドルフォ・プエンテ(コロンビア)
戦績:22戦18勝14KO2敗2分
備考:2敗はデビュー戦でウィルマー・ジネテに敗れたものと、2015年11月に元WBA世界フェザー級スーパー王者のシンピウェ・ベチェカに敗れたもの。



ボクシング ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村 

カテゴリ:
・現王者

WBAスーパー王者:ジェスレル・コラレス(パナマ)
戦績:23戦21勝8KO1敗1無効試合
備考:1敗はジョナタン・アレナスに敗れたもの


WBAレギュラー王者:ジェイソン・ソーサ(アメリカ)
戦績:25戦20勝15KO1敗4分
備考:1敗はトレシーン・ウィギンスに敗れたもの。


WBC王者:ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)
戦績:32戦31勝28KO1敗
備考:1敗はルイス・エデュアルド・フローレスに敗れたもの


IBF王者:ゲルボンタ・デービス(アメリカ)
戦績:17戦17勝16KO無敗
備考:世界前哨戦の相手はマリオ・マシアス


WBO王者:ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
戦績:8戦7勝5KO1敗
備考:1敗はオルランド・サリドに敗れたもの。



・前、元王者

前WBAスーパー王者、WBA5位:内山高志(ワタナベ)
戦績:27戦24勝20KO2敗1分
備考:11連続防衛の末、ジェスレル・コラレスに敗れ王座陥落、ダイレクトリマッチでも惜敗


前WBAレギュラー王者、WBA4位:ハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ)
戦績:34戦31勝22KO1敗1分1無効試合
備考:ライト級に転向?


元WBA暫定王者、WBA1位:ブライアン・バスケス(コスタリカ)
戦績:37戦35勝19KO2敗
備考:2敗は内山とフォルトゥナに敗れたもの


前WBC王者:フランシスコ・バルガス(メキシコ)
戦績:26戦23勝17KO1敗2分
備考:ミゲール・ベルチェルトに11ラウンドTKO負けで王座陥落


元WBC王者、WBC1位:三浦隆司(帝拳)
戦績:36戦31勝24KO3敗2分
備考:ミゲール・ローマンとの挑戦者決定戦に勝利、ベルチェルトへの挑戦権を獲得した


前IBF王者:ホセ・ペドラサ(プエルトリコ)
戦績:23戦22勝12KO1敗
備考:ゲルボンタ・デービスに敗れ王座陥落


前WBO王者、WBO14位:ローマン・マルチネス(プエルトリコ)
戦績:35戦29勝17KO3敗3分
備考:3度この王座に就いた実力者。
3敗はリッキー・バーンズミゲール・マイキー・ガルシア、ワシル・ロマチェンコに敗れたもの。


元WBO暫定王者、WBO1位:オルランド・サリド(メキシコ)
戦績:61戦43勝30KO13敗4分
備考:元IBF、WBO世界フェザー級王者。


元IBF王者:マルコム・クラッセン(南アフリカ)
戦績:41戦33勝17KO6敗2分
備考:2度この王座に就いた。
最初の王座はムゾンケ・ファナ、2度目の王座はロバート・ゲレロに奪われた。



・他階級の元世界王者

元WBA世界フェザー級スーパー王者:ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)
戦績:28戦26勝21KO1敗1分
備考:2階級制覇を狙って挑んだワシル・ロマチェンコ戦で完敗。
父親のジョブ・ウォータースも元プロボクサー。

元WBO世界バンタム級、元WBC世界フェザー級王者、WBC6位:ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
戦績:72戦62勝52KO10敗
備考:現WBCインターナショナル・スーパーフェザー級シルバー王者


元IBF世界フェザー級王者、IBF3位:ビリー・ディブ(オーストラリア)
戦績:47戦42勝24KO4敗1無効試合
備考:三浦隆司のWBC王座3度目の防衛戦で来日。3ラウンドにワンパンチKO負け。


元WBO世界スーパーバンタム級、フェザー級王者:ファン・マヌエル・ロペス(プエルトリコ)
戦績:40戦35勝32KO5敗
備考:スーパーフェザー級ではフランシスコ・バルガスに敗れ、世界への踏み台となった。


・地域王者

NABF北米王者、WBC4位:テビン・ファーマー(アメリカ)
戦績:29戦24勝5KO4敗1分
備考:元WBC王者のガマリエル・ディアスに判定勝ちしている。


前WBCインターナショナル・シルバー王者:エデン・ソンソナ(フィリピン)
戦績:43戦35勝12KO6敗2分
備考:スーパーフライ級で河野公平と戦った経験もある。無敗のホープアドリアン・エストレラを2RTKOして再浮上してきた


元WBOラテン王者:カルロス・ルイス(メキシコ)
戦績:19戦15勝5KO3敗1分
備考:長谷川穂積と対戦したことで日本でも知られる。
2016年12月16日にデイネル・ベリオに敗れた。


コロンビア王者:デイネル・ベリオ(コロンビア)
戦績:20戦19勝11KO無敗1分
備考:WBO上位ランカーだったカルロス・ルイスを喰って浮上。


OPBF東洋太平洋&WBOアジアパシフィック王者、WBO4位:伊藤雅雪(伴流)
戦績:22戦20勝9KO1敗1分


日本王者、IBF4位:尾川堅一(帝拳)
戦績:21戦20勝16KO1敗



カテゴリ:
2月4日
メキシコ キンタナ・ロー州カンクン
オアシス・ホテル・コンプレックス


①契約体重・ラウンド数不明

元WBO・IBF統一世界ミニマム級王者:フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア(メキシコ)
戦績:25戦20勝13KO4敗1分
備考:4敗はサルバドール・アリアスローマン・ゴンサレスドニー・ニエテスモイセス・フエンテスに敗れたもの。
また、WBO・IBF世界ミニマム級王座統一戦では高山勝成を破って王座統一を果たしている。
前回の試合ではクリソン・オマヤオ井上尚弥のデビュー戦の相手としておなじみ、田中恒成とも対戦している)を破っている

VS

OPBF東洋太平洋スーパ-フライ級14位
日本スーパーフライ級10位:長井一(ワタナベ)
戦績:23戦14勝4KO7敗2分



②WBCラテンライト級王座決定戦

WBCインターナショナル・ライト級シルバー王者
WBC世界ライト級1位:ダンテ・ハルドン(メキシコ)
戦績:35戦30勝23KO5敗
備考:5敗はトマス・ラミレス玉越強平(のちの松下拳斗)、ミゲール・ローマン三浦隆司アドリアン・エストレラに敗れたもの。

VS

メキシコ・ライト級:フランシスコ・ロホ(メキシコ)
戦績:20戦18勝11KO2敗
備考:2敗はオマール・ディアスエマヌエル・ロペスに敗れたもの

カテゴリ:
3月25日
英国・ランカシャー州マンチェスター
マンチェスターアリーナ


WBA・WBCダイヤモンド・リング誌認定世界ライト級タイトルマッチ

元WBC世界フェザー級王者
元WBA世界スーパーフェザー級王者
元WBC世界ライト級王者
この試合が3つの王座の初防衛戦
WBA・WBCダイヤモンド・リング誌認定世界ライト級王者:ホルヘ・リナレス(ベネズエラ/日本・帝拳)
戦績:44戦41勝27KO3敗
備考:3敗はファン・カルロス・サルガドアントニオ・デマルコセルヒオ・トンプソンに敗れたもの。
後にサルガドは内山高志に、トンプソンは三浦隆司に敗れた。

VS

この試合で前回のリベンジと王座奪回を狙う
前WBA世界ライト級王者
リング誌認定世界ライト級4位:アンソニー・クロラ(英国)
戦績:39戦31勝13KO5敗3分
備考:前回のリナレスとの試合がリング誌王座をかけるにふさわしいカードと認定されていた。

カテゴリ:
2月25日
英国・ヨークシャー州ハル
アイス・アリーナ

WBCシルバー・ライト級タイトルマッチ

ロンドン五輪バンタム級金メダリスト
この試合が2度目の防衛戦となるWBCライト級シルバー王者
WBC世界ライト級4位:ルーク・キャンベル(英国)
戦績:16戦15勝12KO1敗
備考:1敗はイヴァン・メンディに敗れたもの。
ロンドン五輪準決勝では清水聡を破っている

VS

WBC米大陸ライト級王者:ハイロ・ロペス(メキシコ)
戦績:27戦21勝14KO6敗
備考:日本で三浦隆司と戦ったダンテ・ハルドンエドガル・プエルタと戦った経験を持つ


カテゴリ:
2017年1月28日
アメリカ・カリフォルニア州インディオ
ファンタジー・スプリング・カジノ


WBC世界スーパーフェザー級挑戦者決定戦

元日本スーパーフェザー級王者
前WBC世界スーパーフェザー級王者
WBC世界スーパーフェザー級1位:三浦隆司(帝拳)
戦績:35戦30勝23KO3敗2分
備考:3敗は小堀佑介内山高志フランシスコ・バルガスら、世界王者経験者に敗れたもの。

VS

WBC世界スーパーフェザー級2位:ミゲール・ローマン(メキシコ)
戦績:67戦56勝43KO11敗
備考:11敗の内訳は
マイケル・ドミンゴ・・・日本で熟山竜一ホルヘ・リナレスと対戦
へナロ・ガルシア・・・日本で長谷川穂積西岡利晃と対戦
ホルヘ・ソリス・・・日本で内山高志と対戦
エデュアルド・エスコベド
フェルナンド・ベルトラン
ミゲール・ベルトラン・ジュニア
アントニオ・エスカランテ
ジョナサン・バロス・・・日本で細野悟と対戦
ハビエル・フォルトゥナ
アントニオ・デマルコ・・・ホルヘ・リナレスの3階級制覇初挑戦を阻止
ダンテ・ハルドン・・・三浦隆司や玉越強平(松下拳斗)と対戦
となっている。


カテゴリ:
2017年1月28日
アメリカ・カリフォルニア州インディオ
ファンタジー・スプリング・カジノ

WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

この試合が2度目の防衛戦
WBC世界スーパーフェザー級王者:フランシスコ・バルガス(メキシコ)
戦績:25戦23勝17KO無敗2分
備考:この王座は三浦隆司から奪ったもの。

VS

WBO世界スーパーフェザー級暫定王者:ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)
戦績:31戦30勝27KO1敗
備考:1敗はルイス・エデュアルド・フローレスに敗れたもの



カテゴリ:
12月31日
東京・大田区総合体育館

①WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

元日本ライトフライ級王者
この試合が5度目の防衛戦となる
WBA世界ライトフライ級王者:田口良一(ワタナベ)
戦績:28戦25勝11KO2敗1分
備考:2敗のうち1敗はWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥に日本王座を奪われたときのもの。

VS

この試合が初の世界王座挑戦
WBA世界ライトフライ級3位:カルロス・カニザレス(ベネズエラ)
戦績:16戦16勝13KO無敗
備考:2015年10月には現在WBA1位のロベルト・バレラに勝利している。
それでも、バレラが世界1位なんだよ。



②WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者:ジェスレル・コラレス(パナマ)
戦績:22戦20勝8KO1敗1無効試合
備考:1敗はデビュー2戦目でジョナタン・アレナスに敗れたもの。
このアレナス、コラレスの王座獲得に刺激を受けたのか?、今年3年ぶりに現役復帰。

VS

元OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者
11度の防衛に成功していた
前WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者:内山高志(ワタナベ)
戦績:26戦24勝20KO1敗1分
備考:1敗は前回コラレスに大番狂わせの2ラウンドKO負けを喫し、12度目の防衛に失敗したもの。
1分はマイケル・ファレナス戦、偶然のバッティングにより続行不可能となり3ラウンド負傷引き分けとなったもの。
ファレナスもコラレスも、3度目の防衛戦で内山からダウンを奪った三浦隆司もサウスポー。


このページのトップヘ

見出し画像
×