ボクシング備忘録

ボクシングについてマイペースに書くブログ

タグ:井上尚弥

WBSSスーパーバンタム級日本代表決定トーナメント私案

Aブロック
Bブロック
亀田和毅vs小國以載



WBSSスーパーバンタム級トーナメント・本大会私案

Aブロック
レイ・バルガスvs日本代表決定トーナメント優勝者
アイザック・ドグボエvsジェネシス・セルバニア
Bブロック

WBSSシーズン2ではバンタム、スーパーライト、クルーザーの3階級でトーナメントが行われる。

終了→①10月7日
日本・神奈川 横浜アリーナ
バンタム級1回戦 井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノ→井上の1ラウンドKO勝ち
スーパーライト級1回戦 キリル・レリクvsエデュアルド・トロヤノフスキー→レリクの12ラウンド3-0(3者とも115-113)判定勝ち


ロシア・エカテリンブルク エカテリンブルク・エキスポ


アメリカ・フロリダ州オーランド CFEアリーナ


アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズ レイクフロントアリーナ
スーパーライト級1回戦 レギス・プログライスvsテリー・フラナガン
スーパーライト級1回戦 アンソニー・イギvsイバン・バランチェク


英国 スコットランド・グラスゴー ザ・SSEハイドロ
スーパーライト級1回戦 ジョシュ・テイラーvsライアン・マーティン


アメリカ・イリノイ州シカゴ UICパビリオン
クルーザー級1回戦 マイリス・ブリーディスvsノエル・ミカエリアン(ノエル・ゲバーと表記されることも)

ロシア エカテリンブルク


ワールドボクシングスーパーシリーズ・シーズン2・バンタム級1回戦
WBO世界バンタム級タイトルマッチ

元IBF世界スーパーフライ級王者
この試合が3度目の防衛戦
WBO世界バンタム級王者:ゾラニ・テテ(南アフリカ)
戦績:30戦27勝21KO3敗

VS

2012年ロンドン五輪フライ級銅メダリスト
2016年リオデジャネイロ五輪フライ級銀メダリスト→大会後にドーピング違反でメダル剥奪
WBO世界バンタム級10位:ミハイル・ミーシャ・アロイアン(アルメニア出身・ロシア)
戦績:4戦4勝無敗

IMG_1913

英国スコットランド グラスゴー
SSEハイドロ


ワールドボクシングスーパーシリーズ・シーズン2・バンタム級1回戦
WBA世界バンタム級タイトルマッチ

元IBF世界バンタム級王者
この試合が2度目の防衛戦
WBA世界バンタム級スーパー王者:ライアン・バーネット(英国)
戦績:19戦19勝9KO無敗

VS

元IBF世界フライ級王者
元WBA世界スーパーフライ級暫定王者
元WBO・WBC統一世界バンタム級王者
元WBO・IBF統一世界スーパーバンタム級王者
元WBA世界フェザー級スーパー王者
元WBO世界スーパーバンタム級王者
この試合が再起戦にして7年ぶりのバンタム級での世界戦
5階級制覇王者:ノニト・ドネア(フィリピン)
戦績:43戦38勝24KO5敗

アメリカ フロリダ州オーランド
CFEアリーナ


ワールドボクシングスーパーシリーズ・シーズン2・バンタム級1回戦
IBF世界バンタム級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
IBF世界バンタム級王者:エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
戦績:18戦18勝12KO無敗

VS

この試合が世界王座初挑戦
IBF世界バンタム級3位:ジェイソン・モロニー(オーストラリア)
戦績:17戦17勝14KO無敗
備考:前哨戦で元WBA世界スーパーフライ級王者の河野公平を破った。

神奈川 横浜アリーナ


ワールドボクシングスーパーシリーズ・シーズン2・スーパーライト級1回戦
WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBA世界スーパーライト級王者:キリル・レリク(ベラルーシ)
戦績:24戦22勝19KO2敗
備考:2敗はリッキー・バーンズランセス・バルテレミに敗れたもの。

VS

元IBF世界スーパーライト級王者
WBA世界スーパーライト級1位:エデュアルド・トロヤノフスキー(ロシア)
戦績:28戦27勝24KO1敗
備考:1敗はジュリウス・インドンゴにIBF王座を奪われたもの。

IMG_1914

この日の横浜アリーナは井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノ拳四朗vsミラン・メリンドと合わせてトリプル世界戦、WBSSを前面に押し出したイベントになる。

フィリピン ケソン市
EDSAスカイドーム


バンタム級10回戦

WBA世界バンタム級暫定王者:レイマート・ガバリョ(フィリピン)
戦績:19戦19勝16KO無敗
備考:前回の試合でステフォン・ヤングに判定勝ちでWBA世界バンタム級暫定王座を獲得。
WBAスーパー王者はライアン・バーネット、レギュラー王者は井上尚弥

VS

元タンザニアフライ級王者:ジュリウス・キサラウェ(タンザニア)
戦績:36戦29勝15KO6敗1分
備考:2017年10月にジェイソン・モロニーと対戦している。

神奈川 横浜アリーナ


WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

元WBCライトフライ級ユース王者
元日本・OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
この試合が4度目の防衛戦
WBC世界ライトフライ級王者:拳四朗(BMB)
戦績:13戦13勝7KO無敗
備考:父は元日本ミドル級、OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者の寺地永

VS

この試合が再起戦
元IBF世界ライトフライ級王者
WBC世界ライトフライ級6位:ミラン・メリンド(フィリピン)
戦績:40戦37勝13KO3敗

神奈川 横浜アリーナ


ワールドボクシングスーパーシリーズ・シーズン2・バンタム級1回戦
WBA世界バンタム級タイトルマッチ

元日本ライトフライ級王者
元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBC世界ライトフライ級王者
前WBO世界スーパーフライ級王者
この試合が初防衛戦
WBA世界バンタム級レギュラー王者:井上尚弥(大橋)
戦績:16戦16勝14KO無敗

VS

元WBA世界バンタム級スーパー王者
WBA世界バンタム級4位::ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ)
戦績:21戦20勝9KO1敗
備考:アンセルモ・モレノを攻略してWBA世界バンタム級スーパー王座を獲得、その後ラウシー・ウォーレンとの再戦に敗れて初黒星・王座陥落。
再起後は3連勝中。

wbsss2qf
IMG_1913

・バンタム級



・スーパーライト級



↓食べて応援!カンロ飴!マイナスイメージを吹っ飛ばせ!

↑このページのトップヘ