タグ

タグ:内藤律樹

カテゴリ:
10月7日
東京 後楽園ホール


①日本スーパーフェザー級タイトルマッチ


この試合が6度目の防衛戦
日本スーパーフェザー級王者
IBF・WBO世界スーパーフェザー級4位:尾川堅一(帝拳)
戦績:23戦22勝17KO1敗

VS

この試合が初の日本王座挑戦
日本スーパーフェザー級5位:東上剛司(ドリーム)
戦績:33戦13勝2KO15敗5分

※上記の試合は尾川堅一の王座返上により中止。



②日本スーパーフェザー級王座決定戦
※前王者は尾川堅一。当初は日本スーパーフェザー級挑戦者決定戦として行われる予定だったが、尾川の王座返上により王座決定戦に格上げされる運びとなった。

この試合が初の日本王座挑戦
日本スーパーフェザー級1位:末吉大(帝拳)
戦績:16戦15勝10KO1敗
備考:1敗は伊藤雅雪に敗れたもの。尾川堅一と同門の帝拳ジム所属。

VS


この試合が初の日本王座挑戦
日本スーパーフェザー級2位:高畑里望(たかはた・りぼ。ドリーム)
戦績:21戦13勝5KO7敗1分
備考:7敗の中には内藤律樹江藤伸悟三瓶数馬、尾川堅一、金子大樹に敗れたものを含む。
東上剛司と同門のドリームジム(三浦利美=クラッシャー三浦会長)所属

カテゴリ:
9月2日
東京 後楽園ホール


ライト級10回戦

OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィックスーパーフェザー級2冠王者
WBO世界スーパーフェザー級3位:伊藤雅雪(伴流)
戦績:23戦21勝10KO1敗1分
備考:1敗は内藤律樹に敗れたもの

VS

フィリピン スーパーフェザー級:グレン・エンテリナ(フィリピン)
戦績:14戦11勝8KO2敗1分
備考:2敗はジュニー・サルガオルマーク・ウルバノフに敗れたもの

カテゴリ:
7月1日
東京・後楽園ホール


日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

この試合が5度目の防衛戦
日本スーパーフェザー級王者
IBF・WBO世界スーパーフェザー級4位:尾川堅一(帝拳)
戦績:22戦21勝16KO1敗
備考:1敗は三好祐樹に敗れたものだが、再戦で1ラウンドTKO勝ちしてリベンジ済み。

VS

この試合が4度目のタイトルマッチ
日本スーパーフェザー級13位:山元浩嗣(ワタナベ)
戦績:36戦20勝4KO13敗3分
備考:タイ、フィリピン、メキシコで試合を経験。
フラッシュ・エロルデの孫ファン・マルティン・エロルデや、西岡利晃長谷川穂積と拳を交えたジョニー・ゴンサレスとも対戦している。


カテゴリ:
12月3日
東京・後楽園ホール
第556回ダイナミックグローブ

日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

WBO世界スーパーフェザー級13位
WBC世界スーパーフェザー級11位
IBF世界スーパーフェザー級10位
この試合が3度目の防衛戦
日本スーパーフェザー級王者:尾川堅一(帝拳)
戦績:20戦19勝16KO1敗

VS

この試合で王座返り咲きを狙う
前日本スーパーフェザー級王者:内藤律樹(E&Jカシアス)
戦績:16戦15勝5KO1敗
備考:1敗は尾川堅一に日本王座を奪われた際のもの。

この両者は昨年12月以来の再戦。


カテゴリ:
9月10日
東京・後楽園ホール

日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

WBO世界スーパーフェザー級12位
WBC世界スーパーフェザー級11位
IBF世界スーパーフェザー級10位
この試合が2度目の防衛戦
日本スーパーフェザー級王者:尾川堅一(帝拳)
戦績:19戦18勝15KO1敗

VS

元WBCユース・スーパ-フェザー級王者
日本スーパーフェザー級1位:松下拳斗(千里馬神戸)
戦績:50戦34勝13KO9敗7分
備考:直近の5敗はウェート芹江匡晋瀬藤幹人金子大樹内藤律樹に敗れたもの。
また2011年には敵地メキシコでダンテ・ハルドンにKO勝ちをおさめている。
かつてのリングネーム、本名は玉越強平。
池原信遂に初黒星をつけたことで関西ではそれなりに知られている。

カテゴリ:
7月28日
東京・後楽園ホール

OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ

この試合が2度目の防衛戦
OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者
WBO世界スーパーフェザー級11位:伊藤雅雪(伴流)
戦績:20戦18勝8KO1敗1分
備考:1敗は前日本王者の内藤律樹との日本タイトルマッチに敗れたもの

VS

OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級15位:アーニー・サンチェス(フィリピン)
戦績:23戦15勝6KO7敗1分
備考:アンドレス・グティエレスレイ・バルガスオスカー・バルデスといったホープと対戦している。


カテゴリ:

12月14日

東京・後楽園ホール


①日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

この試合が4度目の防衛戦

日本スーパーフェザー級王者

WBC世界スーパーフェザー級8位内藤律樹E&Jカシアス)

戦績:13135KO無敗


VS

この試合が日本タイトル初挑戦

日本スーパーフェザー級1

WBC世界スーパーフェザー級13位:尾川堅一(帝拳)

戦績:171614KO1






②OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ


元WBCライト級ユース王者

この試合が初防衛戦

OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者:伊藤雅雪(伴流)

戦績:19戦17勝8KO1敗1分


VS


この試合が2度目のタイトル挑戦

OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級1位:江藤伸悟(白井・具志堅)

戦績:21戦17勝9KO3敗1分




カテゴリ:
6月8日
東京・後楽園ホール

ライト級10回戦

3度防衛中の日本スーパーフェザー級王者:内藤律樹(E&Jカシアス)
戦績:12戦12勝5KO無敗
備考:父はカシアス内藤。

VS

元日本・OPBF東洋太平洋ライト級王者:荒川仁人(八王子中屋→ワタナベ)
戦績:31戦25勝16KO5敗1分
備考:世界王座挑戦経験あり。5敗は加藤善孝に2度、ダニエル・エストラーダオマール・フィゲロアホルヘ・リナレスに敗れたもの。




カテゴリ:
2015年2月9日
東京・後楽園ホール

ダイヤモンドグローブ

第36回チャンピオンカーニバル
日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

この試合が3度目の防衛戦、未だ無敗の
日本スーパーフェザー級王者
内藤律樹(ないとう・りっき。E&Jカシアス)
戦績:11戦11勝5KO無敗
vs
元WBCユースライト級王者
この試合が日本王座初挑戦、未だ無敗の
日本スーパーフェザー級1位
伊藤雅雪(いとう・まさゆき。伴流)
戦績:17戦16勝7KO1分


このページのトップヘ

見出し画像
×