タグ

タグ:村田諒太

カテゴリ:
4月15日
神奈川 横浜アリーナ


①WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

元WBCユースライトフライ級王者
元日本・OPBF東洋太平洋ライトフライ級2冠王者
この試合が3度目の防衛戦
WBC世界ライトフライ級王者:拳四朗(BMBボクシングジム所属)
戦績:12戦12勝6KO無敗
備考:父は元日本ミドル級王者・元OPBF東洋太平洋ミドル級王者の寺地永。寺地の唯一の黒星は竹原慎二に敗れたもの。

VS

この試合が再起戦
前WBC世界ライトフライ級王者
WBC世界ライトフライ級1位:ガニガン・ロペス(メキシコ)
戦績:35戦28勝17KO7敗
備考:日本で木村悠から王座を奪取し、拳四朗に敗れて王座を失った。





②WBC世界フライ級タイトルマッチ

元WBCユースフライ級王者
元OPBF東洋太平洋フライ級王者
この試合が3度目の防衛戦
この試合で16連続KO勝ちの日本記録更新に挑む
WBC世界フライ級王者:比嘉大吾(白井・具志堅スポーツジム所属)
戦績:15戦15勝15KO無敗
備考:日本ボクシング史上で唯一、全勝全KO勝ちでの世界王座獲得を達成。
15連続KO勝ちは浜田剛史渡部あきのりと並ぶ日本タイ記録。
ただし「世界戦を含む15連続KO勝ち」「プロデビュー以来の15連続KO勝ち」となると日本ボクシング史上では比嘉大吾のみがこれを成し遂げている。

VS

この試合が世界王座初挑戦
WBC世界フライ級2位:クリストファー・ロサレス(ニカラグア)
戦績:29戦26勝17KO3敗
備考:2月23日にエリエセール・ケサダとの試合を控えているが、比嘉戦を前にキャンセルするかどうかは不明。
3敗はキービン・ララカリド・ヤファイアンドリュー・セルビーに敗れたもの。
3敗しているが、KO負けの経験はない。





③WBA世界ミドル級タイトルマッチ

2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリスト
2度目の挑戦で世界王座を獲得し、この試合が初防衛戦
WBA世界ミドル級レギュラー王者:村田諒太(帝拳ボクシングジム所属)
戦績:14戦13勝10KO1敗
備考:1敗はアッサン・エンダムとのWBA世界ミドル級王座決定戦に論議を呼ぶ2ー1判定負けを喫したもの。再戦でリベンジしてWBA世界ミドル級王座を獲得。
なお、レギュラー王者とはスーパー王者がいる階級に設置される王座で
現在のミドル級の場合、WBAスーパー王者はWBC・IBFの王座も保持する3団体統一王者ゲンナディ・ゴロフキンが存在する

VS

前EBU欧州ミドル級王者
この試合が世界王座初挑戦
WBA世界ミドル級7位:エマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)
戦績:29戦27勝5KO2敗
備考:2敗はビリー・ジョー・サンダースミシェル・ソロに敗れたもの。

カテゴリ:
(実現するなら)5月12日
場所未定


WBA世界ライト級タイトルマッチ

元WBC世界フェザー級王者
元WBA世界スーパーフェザー級王者
元WBC世界ライト級王者(2度防衛後、ダイヤモンド王者に切り替えられた)
この試合がWBA王座4度目の防衛戦
WBA・リング誌認定世界ライト級王者:ホルヘ・リナレス(ベネズエラ出身・日本・帝拳ジム所属)
戦績:47戦44勝27KO3敗
備考:3敗はファン・カルロス・サルガドアントニオ・デマルコセルヒオ・トンプソンに敗れたもの。

VS

2008年北京五輪フェザー級金メダリスト
2012年ロンドン五輪ライト級金メダリスト
元WBO世界フェザー級王者
世界最速・プロ7戦目で世界王座2階級制覇を達成した
WBO世界スーパーフェザー級王者:ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
戦績:11戦10勝8KO1敗
備考:1敗はプロ2戦目でオルランド・サリドの持つWBO世界フェザー級王座に挑んだものの、2-1判定負けで世界最速での世界王座獲得記録達成を逃したもの。

カテゴリ:
5月5日(日本時間5月6日)
アメリカ 会場未定


WBA・WBC・IBF・リング誌認定世界ミドル級タイトルマッチ

この試合が
WBA19度目、WBC8度目、IBF5度目の防衛戦
WBAスーパー・WBC・IBF統一世界ミドル級王者:ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)
戦績:38戦37勝33KO無敗1分
備考:WBAレギュラー王者は村田諒太

VS

元WBC・WBA統一世界スーパーウェルター級王者
元WBC世界ミドル級王者
元WBO世界スーパーウェルター級王者
IBF世界ミドル級5位
WBC世界ミドル級2位
WBA世界ミドル級1位
リング誌認定世界ミドル級王者:サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)
戦績:52戦49勝34KO1敗2分
備考:1敗はフロイド・メイウェザーに敗れたもの。
アルバレスが保持するリング誌認定王座は
バーナード・ホプキンスvsフェリックス・トリニダード戦でホプキンスがIBF・WBC・WBAの3団体王座を統一するとともにリング誌認定王座を獲得

②ホプキンスを破ったジャーメイン・テイラーが獲得

③テイラーを破ったケリー・パブリックが獲得

④パブリックを破ったセルヒオ・マルチネスが獲得

⑤マルチネスを破ったミゲール・コットが獲得

⑥コットを破ったアルバレスが獲得、という変遷をたどっている。

カテゴリ:
3月10日
アメリカ カリフォルニア州カーソン
スタブハブセンター


ミドル級10回戦

2012年ロンドン五輪ミドル級銀メダリスト:エスキバ・ファルカオ(ブラジル)
戦績:19戦19勝13KO無敗
備考:ロンドン五輪決勝では村田諒太に敗れた

VS

元WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王者:サリム・ラルビ(フランス)
戦績:30戦20勝7KO8敗2分




カテゴリ:
3月3日
アメリカ ニューヨーク州ブルックリン
バークレイズセンター


WBC世界ミドル級暫定王座決定戦
※WBC正規王者はゲンナディ・ゴロフキン。次戦でサウル・カネロ・アルバレスとのリマッチを行うことが既定路線のため、暫定王座が設置された。

前IBF世界スーパーウェルター級王者
WBC世界ミドル級1位:ジャーモル・チャーロ(アメリカ)
戦績:26戦26勝20KO無敗
備考:WBC世界スーパーウェルター級王者のジャーメル・チャーロは双子の弟にあたる。
トレーナーはロニー・シールズ浜田剛史のWBC世界スーパーライト級王座初防衛戦の相手として来日したこともある)

VS

WBC世界ミドル級4位:ウーゴ・センテーノ・ジュニア(アメリカ)
戦績:28戦26勝14KO1敗1無効試合
備考:1敗はマチェイ・スレッキに敗れたもの。
前回の試合でイェフゲン・ヒトロフに初黒星をつけたイマヌウェル・アリームに3ラウンドKO勝ちで初黒星をつけて、今回のチャンスを掴んでいる。
ヒトロフは村田諒太が銀メダルを獲得した2011年アゼルバイジャン・バクーでの世界選手権のミドル級金メダリスト。

ここからは余談。
また、その世界選手権の準決勝で村田はエスキバ・ファルカオに勝利している。
村田とファルカオは2012年ロンドン五輪の決勝でも対戦し、村田が判定勝ち。
そして2018年7月15日に村田諒太のWBA世界ミドル級王座2度目の防衛戦で再び戦うという計画もあるとか。


カテゴリ:
4月15日
神奈川 横浜アリーナ


WBA世界ミドル級タイトルマッチ

2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリスト
2度目の挑戦で世界王座を獲得し、この試合が初防衛戦
WBA世界ミドル級レギュラー王者:村田諒太(帝拳)
戦績:14戦13勝10KO1敗
備考:1敗はアッサン・エンダムとのWBA世界ミドル級王座決定戦に論議を呼ぶ2ー1判定負けを喫したもの。再戦でリベンジしてWBA世界ミドル級王座を獲得。
なお、レギュラー王者とはスーパー王者がいる階級に設置される王座で
現在のミドル級の場合、WBAスーパー王者はWBC・IBFの王座も保持する3団体統一王者ゲンナディ・ゴロフキンが存在する

VS

前EBU欧州ミドル級王者
この試合が世界王座初挑戦
WBA世界ミドル級7位:エマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)
戦績:29戦27勝5KO2敗
備考:2敗はビリー・ジョー・サンダースミシェル・ソロに敗れたもの。

カテゴリ:
①WBA世界スーパーウェルター級王座決定戦(1991年2月23日
※当時の前王者はジュリアン・ジャクソン
カーロス・エリオット(アメリカ出身・八戸帝拳)vsジルベール・デュレグアドループ出身・フランス)
結果:デュレが7ラウンドTKO勝ちで新王者
備考:カーロス・エリオットは三代目J Soul BrothersELLYの父。


②WBA世界ライト級タイトルマッチ(2001年7月1日
畑山隆則(横浜光)vsジュリアン・ロルシー(フランス)
結果:ロルシーが3-0判定勝ち(118-110、117-112、117-111)で新王者


③WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(2002年10月9日
佐藤修(協栄)vsサリム・メジクンヌ(フランス)
結果:メジクンヌが3-0判定勝ち(116-112、117-111、119-110)で新王者


④WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(2005年4月29日
マヤール・モンシプール(イラン出身・フランス)vs仲里繁(沖縄ワールドリング)
結果:モンシプールの6ラウンドTKO勝ち。4度目の防衛に成功。


⑤WBA世界ミドル級レギュラー王座決定戦(2017年5月20日
※当時の前王者はダニエル・ジェイコブス(アメリカ)
アッサン・エンダム(カメルーン出身・フランス)vs村田諒太(帝拳) 第1戦
結果:エンダムが2-1判定勝ち(115-112、116-111、110-117)で暫定王者から正規王者に昇格。

ここまでフランスの全勝。

そして・・・

⑥WBC世界フライ級タイトルマッチ(2017年10月22日
比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)vsトマ・マソン(フランス)
結果:比嘉の7ラウンドTKO勝ち


⑦WBA世界ミドル級タイトルマッチ(2017年10月22日)
アッサン・エンダムvs村田諒太 第2戦
結果:村田の7ラウンド終了TKO勝ち。


⑧WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ(2017年12月30日
井上尚弥vsヨアン・ボワイヨ
結果:井上の3ラウンドTKO勝ち

カテゴリ:
2月10日
アメリカ テキサス州サンアントニオ
アラモドーム


ライト級12回戦

IBF世界ライト級4位:リチャード・カミー(ガーナ)
戦績:27戦25勝22KO2敗
備考:2敗はIBF世界ライト級王座決定戦でロバート・イースターに敗れたものと、デニス・シャフィコフに敗れたもの。

VS

IBF世界ライト級10位:アレハンドロ・ルナ(アメリカ)
戦績:22戦22勝15KO無敗
備考:ここまでにアドルフォ・ランデロスダニエル・アッタークリストバル・クルスアンドレイ・クリモフらを下してきている。

カテゴリ:
IBF世界ミニマム級王者:京口紘人(ワタナベ)

WBO世界ミニマム級王者:山中竜也(真正)

WBA・IBF統一世界ライトフライ級王者:田口良一(ワタナベ)

WBC世界ライトフライ級王者:拳四朗(BMB)

WBC世界フライ級王者:比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)

WBO世界フライ級王者:木村翔(青木)

WBO世界スーパーフライ級王者:井上尚弥(大橋)

※リング誌認定世界バンタム級王者:山中慎介(帝拳)

IBF世界スーパーバンタム級王者:岩佐亮佑(セレス)

IBF世界スーパーフェザー級王者:尾川堅一(帝拳)

WBA・WBCダイヤモンド・リング誌認定ライト級王者:ホルヘ・リナレス(ベネズエラ出身・帝拳)

WBA世界ミドル級王者:村田諒太(帝拳)

カテゴリ:
最優秀選手(MVP):井上尚弥(大橋)

技能賞:田口良一(ワタナベ)

殊勲賞:尾川堅一(帝拳)
    村田諒太(帝拳)
    木村翔(青木)

敢闘賞:ホルヘ・リナレス(ベネズエラ出身・帝拳ジム所属)

努力賞:岩佐亮佑(セレス)

新鋭賞:比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)
    京口紘人(ワタナベ)
    拳四朗(BMB)
    山中竜也(真正)
    
KO賞:井上尚弥、比嘉大吾

年間最高試合:田口良一vsミラン・メリンド
次点:比嘉大吾vsファン・エルナンデス
   尾川堅一vsテビン・ファーマー 

特別賞:井岡一翔(井岡)
    小國以載(角海老宝石)
    五十嵐俊幸(帝拳)

カテゴリ:
2018年2月10日
英国 ランカシャー州ブラックプール
ウィンターガーデン


英国ミドル級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
英国ミドル級王者
WBO世界ミドル級13位:トミー・ラングフォード(英国)
戦績:20戦19勝6KO1敗
備考:1敗はアフタンディル・クルツィゼに敗れたもの

VS

WBAインターナショナルミドル級王者
WBA世界ミドル級9位:ジャック・アーンフィールド(英国)
戦績:27戦25勝6KO2敗
備考:2敗はセロ・レンダニック・ブラックウェルに敗れたもの。


カテゴリ:
2018年2月17日
英国 マンチェスター
マンチェスターアリーナ


ワールドボクシングスーパーシリーズ スーパーミドル級準決勝
WBA世界スーパーミドル級タイトルマッチ

4度目の挑戦で世界王座を獲得し、この試合が2度目の防衛戦
WBA世界スーパーミドル級スーパー王者:ジョージ・グローブス(英国)
戦績:30戦27勝20KO3敗
備考:3敗はカール・フロッチに2度敗れたものと、バドゥ・ジャックに敗れたもの。いずれも世界戦。

VS

元WBA世界ミドル級暫定王者
WBA世界スーパーミドル級2位
IBOスーパーミドル級王者:クリス・ユーバンク・ジュニア(英国)
戦績:27戦26勝20KO1敗
備考:1敗はビリー・ジョー・サンダースに敗れたもの。
父は元WBO世界ミドル級・スーパーミドル級2階級制覇王者のクリス・ユーバンク

カテゴリ:
12月8日
オーストラリア ビクトリア フレミントン
メルボルンパビリオン


IBFユーススーパーウェルター級王座決定戦

前OPBF東洋太平洋ミドル級王者:ドワイト・リッチー(オーストラリア)
戦績:20戦15勝2KO1敗4無効試合
備考:1敗は太尊康輝にOPBF東洋太平洋ミドル級王座を奪われたもの。

VS

ニュージーランドスーパーウェルター級王者:シェイ・ブロック(ニュージーランド)
戦績:13戦12勝6KO無敗1分
備考:前回の試合でガナー・ジャクソンと引き分け。


このページのトップヘ

見出し画像
×