タグ

タグ:比嘉大吾

拳四朗vsペドロ・ゲバラ

カテゴリ:
10月22日
東京 両国国技館

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

元日本・OPBF東洋太平洋ライトフライ級2冠王者
リング誌世界ライトフライ級6位
この試合が初防衛戦
WBC世界ライトフライ級王者:拳四朗(BMB)
戦績:10戦10勝5KO無敗

VS

元WBC世界ライトフライ級王者
この試合で世界王座返り咲きを狙う
リング誌世界ライトフライ級1位
WBC世界ライトフライ級1位:ペドロ・ゲバラ(メキシコ)
戦績:33戦30勝17KO2敗1分
備考:2敗はジョン・リエル・カシメロ木村悠に敗れたもの。
ともに世界戦での2-1判定負けで、特に2015年11月の木村戦での判定はゲバラに気の毒なものだった。

kenguevara

比嘉大吾vsトマ・マソン

カテゴリ:
10月22日
東京 両国国技館


※この日のメインイベントはアッサン・エンダムvs村田諒太第2戦

WBC世界フライ級タイトルマッチ

元WBCフライ級ユース王者
元OPBF東洋太平洋フライ級王者
この試合が初防衛戦
WBC世界フライ級王者:比嘉大吾白井具志堅スポーツ)
戦績:13戦13勝13KO無敗
備考:全勝全KO勝ちでの世界王座獲得は日本初の快挙。
連続KO勝ちの日本記録はエキサイトマッチでおなじみの浜田剛史の持つ15連続KO。

VS

この試合が世界王座初挑戦
WBC世界フライ級6位:トマ・マソン(フランス)
戦績:21戦17勝5KO3敗1分
備考:2013年12月、ブライム・アスロウムの弟であるレドゥアン・アスロウムに引導を渡した。
2015年9月には亀田大毅と対戦したシルビオ・オルティアーヌにも勝利。

↓WBCランキング
wbcrating

カテゴリ:
①IBF世界ミニマム級王者:京口紘人(ワタナベ)
戦績:8戦8勝6KO無敗
王座獲得戦:2017年7月23日ホセ・アルグメドに判定勝ちで王座獲得。
防衛数:0回


②WBO世界ミニマム級王者:福原辰弥(本田フィットネス)
戦績:29戦19勝7KO4敗6分
王座獲得戦:2017年2月26日モイセス・カジェロスとの暫定王座決定戦に判定勝ちで王座獲得。
その後、当時の正規王者高山勝成の引退により正規王者に昇格。
防衛数:0回


③WBA世界ライトフライ級王者:田口良一(ワタナベ)
戦績:30戦26勝12KO2敗2分
王座獲得戦:2014年12月31日アルベルト・ロッセルに判定勝ちで王座獲得。
防衛数:6回


④WBC世界ライトフライ級王者:拳四朗(BMB)
戦績:10戦10勝5KO無敗
王座獲得戦:2017年5月20日ガニガン・ロペスに判定勝ちで王座獲得。
防衛数:0回


⑤WBO世界ライトフライ級王者:田中恒成(畑中)
戦績:9戦9勝5KO無敗
王座獲得戦:2016年12月31日モイセス・フェンテスとの王座決定戦(前王者はドニー・ニエテス)に5ラウンドTKO勝ちで王座獲得&2階級制覇達成。
防衛数:1回
備考:元WBO世界ミニマム級王者。


⑥WBA世界フライ級王者:井岡一翔(井岡)
戦績:23戦22勝13KO1敗
王座獲得戦:2015年4月22日ファン・カルロス・レベコに判定勝ちで王座獲得&3階級制覇達成。
防衛数:5回
備考:元WBC・WBA統一世界ミニマム級王者、元WBA世界ライトフライ級レギュラー王者。


⑦WBC世界フライ級王者:比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)
戦績:13戦13勝13KO無敗
王座獲得戦:2017年5月20日、体重超過した前王者ファン・エルナンデスに6ラウンドTKO勝ちで王座獲得。
日本ボクシング史上初めて全勝全KO勝ちでの世界王座獲得を達成
防衛数:0回


⑧WBO世界フライ級王者:木村翔(青木)
戦績:18戦15勝8KO1敗2分
王座獲得戦:2017年7月28日ゾウ・シミンに11ラウンドTKO勝ちで王座獲得。
防衛数:0回


⑨WBO世界スーパーフライ級王者:井上尚弥(大橋)
戦績:13戦13勝11KO無敗
王座獲得戦:2014年12月30日オマール・ナルバエスに2ラウンドKO勝ちで王座獲得&2階級制覇達成。
防衛数:5回
備考:元WBC世界ライトフライ級王者


⑩WBC・リング誌認定世界バンタム級王者:山中慎介(帝拳)
戦績:29戦27勝19KO無敗2分
王座獲得戦:2011年11月6日クリスチャン・エスキベルとの王座決定戦(当時、王座を返上する予定とされた前王者はノニト・ドネア)に11ラウンドTKO勝ちでWBC王座獲得。
2016年9月16日アンセルモ・モレノとの再戦に7ラウンドTKO勝ちでリング誌認定王座も獲得。
防衛数:12回(世界王座の防衛回数日本記録は具志堅用高の13回)


⑪WBA世界スーパーバンタム級レギュラー王者:久保隼(真正)
戦績:12戦12勝9KO無敗
王座獲得戦:2017年4月9日ネオマル・セルメニョに10ラウンド終了TKO勝ちで王座獲得。
防衛数:0回
備考:スーパー王者はギジェルモ・リゴンドー、暫定王者はモイセス・フローレス


⑫IBF世界スーパーバンタム級王者:小國以載(角海老宝石)
戦績:21戦19勝7KO1敗1分
王座獲得戦:2016年12月31日ジョナサン・グスマンに判定勝ちで王座獲得
防衛数:0回


⑬WBA・WBCダイヤモンド・リング誌認定世界ライト級王者:ホルヘ・リナレス(ベネズエラ出身・帝拳ジム所属)
戦績:45戦42勝27KO3敗
王座獲得戦:2016年9月24日アンソニー・クロラに判定勝ちでWBA・リング誌認定世界ライト級王座獲得。
防衛数:1回
備考:元WBC世界フェザー級王者、元WBA世界スーパーフェザー級王者、元WBC世界ライト級王者。3階級制覇王者。


9月13日
大阪 エディオンアリーナ(大阪府立体育館)
※会場から察するに、井岡一翔の試合もここに組み込まれる可能性が高い


IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ

元OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者
元日本スーパーバンタム級王者
この試合が初防衛戦
IBF世界スーパーバンタム級王者:小國以載(おぐに・ゆきのり。角海老宝石)
戦績:21戦19勝7KO1敗1分
備考:1敗は和氣慎吾に東洋王座を奪われたもの。前回、その和氣を破って世界王座に就いていたジョナサン・グスマンに勝利して王座を獲得した。

VS

元日本バンタム級王者
元OPBF東洋太平洋バンタム級王者
この試合が2度目の世界王座挑戦
IBF世界スーパーバンタム級3位:岩佐亮佑(いわさ・りょうすけ。セレス
戦績:25戦23勝15KO2敗
備考:2敗は山中慎介リー・ハスキンス、いずれも世界王者経験者に敗れたもの。


カテゴリ:
8月10日
東京 後楽園ホール


日本スーパーウェルター級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
日本スーパーウェルター級王者
IBF世界スーパーウェルター級15位:井上岳志(ワールドスポーツ)
戦績:11戦10勝5KO無敗1分

VS

この試合が初のタイトルマッチ
日本スーパーウェルター級1位:長濱陸(白井・具志堅スポーツ)
戦績:8戦7勝3KO無敗1分

カテゴリ:
7月28日
中国 上海
上海オリエンタルスポーツセンター


アテネ五輪ライトフライ級銅メダリスト
北京五輪ライトフライ級金メダリスト
ロンドン五輪ライトフライ級金メダリスト
この試合が初防衛戦
WBO世界フライ級王者:ゾウ・シミン(中国)
戦績:10戦9勝2KO1敗
備考:1敗は井岡一翔に初黒星をつけたアムナット・ルエンロエンに敗れたもの

VS

前WBOアジアパシフィックフライ級 王者
この試合が世界王座初挑戦
WBO世界フライ級8位:木村翔(青木)
戦績:17戦14勝7KO1敗2分
備考:坂本真宏に判定勝ちでWBOアジアパシフィックフライ級王座を獲得。
7月11日
元WBA世界ミニマム級王者のクワンタイ・シスモーゼンとの対戦が決まっていたが、キャンセルして今回の世界戦に向かう。


フライ級の他団体王者は
WBA王者:井岡一翔(井岡)
WBC王者:比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)
IBF王者:ドニー・ニエテス(フィリピン)

カテゴリ:
6月13日
東京 後楽園ホール


OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ
※前王者は世界戦のために返上した、現WBC世界フライ級王者の比嘉大吾

元WBCアジアライトフライ級王者
元WBCインターナショナルライトフライ級王者
前OPBF東洋太平洋フライ級シルバー王者(=暫定王者?)
比嘉の王座返上にともなって暫定から正規に昇格し、今回が初防衛戦
OPBF東洋太平洋フライ級王者:リチャード・クラベラス(フィリピン)
戦績:21戦17勝14KO2敗2分
備考:2敗はペドロ・ゲバラのWBC世界ライトフライ級王座に挑戦して敗れたものとジョナサン・レフギオに敗れたもの。

VS

この試合が初のタイトルマッチ
OPBF東洋太平洋フライ級3位:中山圭祐(ワタナベ)
戦績:12戦9勝4KO2敗1分
備考:2015年4月に久高寛之に敗れた。

アンドリュー・セルビーvsクリストファー・ロサレス

カテゴリ:
5月26日
英国・ウェールズ カーディフ
モーターポイント・アリーナ


WBC世界フライ級王座挑戦者決定戦
5月20日にファン・エルナンデスvs比嘉大吾のWBC世界フライ級タイトルマッチが行われる。

WBC世界フライ級8位:アンドリュー・セルビー(英国)
戦績:8戦8勝5KO無敗
備考:前回の試合でアーデン・ディアレに勝利。ディアレは日本で比嘉や江藤光喜と対戦した。

VS

WBC世界フライ級7位:クリストファー・ロサレス(ニカラグア)
戦績:25戦23勝15KO2敗
備考:2敗はキービン・ララカリド・ヤファイに敗れたもの。
ララは日本で井岡一翔と対戦した。
ヤファイは現WBA世界スーパーフライ級王者。5月13日に英国で村中優の挑戦を受ける

試合発表時のランキングは以下の通り。
nhh



カテゴリ:
5月21日
東京 有明コロシアム


①WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ

元日本ライトフライ級王者
元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBC世界ライトフライ級王者
この試合が5度目の防衛戦
WBO世界スーパーフライ級王者:井上尚弥(大橋)
戦績:12戦12勝10KO無敗
備考:
・4戦目での日本王座獲得は辰吉丈一郎と並ぶ日本最速タイ記録
・5戦目でのOPBF東洋太平王座獲得は日本国内では2位タイの記録。
(最速は田中恒成の4戦目。5戦目での東洋王座獲得は他に三原正小島英次、八重樫東が達成している。)
・6戦目での世界王座獲得は日本国内では2位の記録
(最速は田中恒成の5戦目)
・8戦目での世界王座2階級制覇達成は7戦目で達成したワシル・ロマチェンコに続く世界2位タイ記録・日本最速タイ記録(田中恒成も8戦目での2階級制覇を達成)
・2階級制覇を達成した時の相手オマール・ナルバエスはフライ級とスーパーフライ級の2階級を制覇し、フライ級で16度、スーパーフライ級で11度、通算27度の防衛(通算27度の世界王座防衛は世界最多記録)に成功していたが、井上はそのナルバエスを2ラウンドでKOした。

VS

WBO南米スーパーフライ級王者
この試合が世界王座初挑戦
WBO世界スーパーフライ級2位:リカルド・ロドリゲス(メキシコ出身・アメリカ)
戦績:19戦16勝5KO3敗
備考:3敗中2敗はデビッド・カルモナに敗れたもの。



②IBF世界ライトフライ級王座統一戦

元OPBF東洋太平洋ミニマム級王者(上述の通り、プロ5戦目で獲得)
元日本ミニマム級王者
元WBA世界ミニマム級王者
元WBC世界フライ級王者
この試合が3度目の防衛戦
IBF世界ライトフライ級正規王者
3階級制覇王者:八重樫東(大橋)
戦績:30戦25勝13KO5敗
備考:日本のジム所属の3階級制覇王者は亀田興毅井岡一翔ホルヘ・リナレス長谷川穂積がいるが、3階級ともチャンピオンから王座を奪取しての3階級制覇達成は八重樫のみが成し遂げたことである。
(他の選手は3階級の内、王座決定戦を含んだり、3階級すべてが王座決定戦での奪取であったりする)
5敗はイーグル京和辻昌建、井岡一翔、ローマン・ゴンサレスペドロ・ゲバラに敗れたもの。辻戦以外は世界タイトル戦、世界王座統一戦での黒星。

VS

この試合が初防衛戦
IBF世界ライトフライ級暫定王者:ミラン・メリンド(フィリピン)
戦績:37戦35勝12KO2敗
備考:2敗はファン・フランシスコ・エストラーダハビエル・メンドサに敗れたもの


③フェザー級8回戦

ロンドン五輪バンタム級銅メダリスト:清水聡(大橋)
戦績:2戦2勝2KO無敗

VS

山本拓哉(エディタウンゼント)
戦績:14戦8勝4KO6敗


前日の5月20日には、このダブル世界戦と同じ有明コロシアムで村田諒太・比嘉大吾・拳四朗のトリプル世界挑戦、愛知では田中恒成vsアンヘル・アコスタ戦が行われ、2日間で6試合もの世界戦が行われることになる。


5.20 村田・比嘉・拳トリプル世界戦

カテゴリ:
5月20日
東京・有明コロシアム


①WBA世界ミドル級レギュラー王座決定戦
※前レギュラー王者はダニエル・ジェイコブス
スーパー王者はWBAスーパー・WBC・IBFの3団体統一王座を保持するゲンナディ・ゴロフキン


元WBA世界ミドル級暫定王者
元WBO世界ミドル級王者
この試合が初防衛戦となる
WBA世界ミドル級1位にして暫定王者:アッサン・エンダム(カメルーン出身・フランス)
戦績:37戦35勝21KO2敗
備考:従来の呼称は「ハッサン・ヌダム・ヌジカム Hassan N'Dam N'Jikam」で、「Hassan N'Dam」の部分をフランス語読み?するとアッサン・エンダムとなる?(村田諒太の世界戦の相手ということで世間の人が読みやすい、覚えやすいスッキリした名前に改訂したか?)
2敗は元WBO世界ミドル級王者のピーター・クイリンと、元IBF世界ミドル級王者のデビッド・レミューに敗れたもの。

VS

ロンドン五輪ミドル級金メダリスト
この試合が世界王座初挑戦
WBA世界ミドル級2位:村田諒太(帝拳)
戦績:12戦12勝9KO無敗
備考:デビュー戦で当時の日本・OPBF東洋太平洋ミドル級王者・柴田明雄にノンタイトル戦ながら2ラウンドTKO勝ちしている。

↓アッサン・エンダム、前回の試合の動画。




②WBC世界フライ級タイトルマッチ

この試合が初防衛戦
WBC世界フライ級王者:ファン・エルナンデス(メキシコ)
戦績:36戦34勝25KO2敗
備考:2011年8月に井岡一翔のWBC世界ミニマム級王座に挑戦して判定負けした経験を持つ。

VS

前OPBF東洋太平洋フライ級王者
この試合が世界王座初挑戦
WBC世界フライ級1位:比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)
戦績:12戦12勝12KO無敗
備考:twitterアカウントは@dk_daigo1130

エルナンデスの前回の試合




③WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

この試合が2度目の防衛戦
WBC世界ライトフライ級王者:ガニガン・ロペス(メキシコ)
戦績:34戦28勝17KO6敗
備考:2016年3月に木村悠からこの王座を奪取した。

VS

前日本・OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
この試合が世界王座初挑戦
WBC世界ライトフライ級4位:拳 四朗(BMB)
戦績:9戦9勝5KO無敗
備考:4月に久田哲也との日本王座防衛戦を控えていたが、この世界戦が決まったために試合を直前にキャンセルし王座を返上、世界王座奪取に臨む。
父は元日本ミドル級王者・元OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者の寺地永
twitterアカウントは@KenshiroooooKen


※また5月20日には愛知県で田中恒成vsアンヘル・アコスタも行われる。

カテゴリ:
4月13日
東京 後楽園ホール

①WBOアジアパシフィックスーパーフェザー級タイトルマッチ

この試合がWBOアジアパシフィック王座の初防衛戦
OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィックスーパーフェザー級王者
WBO世界スーパーフェザー級4位:伊藤雅雪(伴流)
戦績:22戦20勝9KO1敗1分
備考:1敗は内藤律樹の日本スーパーフェザー級王座に挑戦して敗れたもの。

VS

元WBOオリエンタルフェザー級王者:ロレンソ・ビラヌエバ(フィリピン)
戦績:35戦32勝28KO2敗1無効試合
備考:2敗はダウド・ヨルダンジェリー・カストロベルデに敗れたもの



②ウェルター級10回戦

元日本スーパーライト級王者
前OPBF東洋太平洋スーパーライト級王者
IBF世界スーパーライト級14位:小原佳太(三迫)
戦績:19戦16勝15KO2敗1分
備考:2敗はデビュー戦で熊野和義に敗れたものと、世界戦でエデュアルド・トロヤノフスキーに敗れたもの。

VS

元WBOアジアパシフィックウェルター級王者:ラリー・シウ(インドネシア)
戦績:31戦24勝20KO7敗
備考:5月27日にシリモンコン・シンワンチャーとの試合も予定されている



③ライト級8回戦

元日本・OPBF東洋太平洋ライト級王者
日本ライト級2位:加藤善孝(角海老宝石)
戦績:39戦30勝9KO7敗2分
備考:7敗は荒川仁人との初戦、三垣竜次近藤明広大村光矢中谷正義リッキー・シスムンド、ダウド・ヨルダンに敗れたもの。
荒川仁人(ホルヘ・リナレスとも対戦経験がある)とは3度戦い、加藤の2勝1敗。

VS

日本ライト級10位:吉野修一郎(三迫)
戦績:3戦3勝2KO無敗
備考:クラウドファンディングでサポーターを募集中。



④スーパーバンタム級8回戦

前日本バンタム級王者
IBF世界バンタム級11位:益田健太郎(新日本木村)
戦績:33戦26勝14KO7敗
備考:7敗の中には大竹秀典岩佐亮佑大森将平らに敗れたものがあり、
勝ち星としては川口裕冨山浩之介などOPBF王者経験者には勝利している。

VS

元WBCユーラシアパシフィックスーパーフライ級王者:ロメル・オリベロス(フィリピン)
戦績:12戦8勝3KO3敗1分
備考:3敗は奥本貴之比嘉大吾ジョナス・スルタンに敗れたもの。


4月23日
エディオンアリーナ(大阪府立体育館)

※この日はマーロン・タパレスvs大森将平・第2戦とダブル世界戦。


WBA世界フライ級タイトルマッチ

元日本ライトフライ級王者
元WBC・WBA統一世界ミニマム級王者
元WBA世界ライトフライ級王者
この試合が5度目の防衛戦
WBA世界フライ級王者:王者:井岡一翔(井岡)
戦績:22戦21勝13KO1敗
備考:1敗は元IBF世界フライ級王者のアムナットに敗れたもの

VS

元WBCライトフライ級ユース王者
元WBCインターナショナルフライ級シルバー王者
この試合が66戦目にして初の世界王座挑戦
WBA世界フライ級2位:ノックノイ・シットプラサート(タイ)
戦績:66戦62勝38KO4敗
備考:デビュー2戦目から5戦目にかけて4連敗。以降は61連勝中。


カテゴリ:
2月25日
フィリピン ジェネラルサントス市
ラガオジム


WBFアジアパシフィックスーパーフライ級王座決定戦

フィリピン バンタム級:ロリト・ソンソナ(フィリピン)
戦績:25戦20勝9KO1敗4分
備考:1敗はアーデン・ディアレに敗れたもの
エデン・ソンソナ(日本で河野公平と対戦)の弟で、マルビン・ソンソナ(マカオで下田昭文と対戦)の従兄弟にあたる。

VS

元フィリピンライトフライ級王者:レンレン・テソリオ(フィリピン)
戦績:27戦15勝4KO9敗3分
備考:来日して五十嵐俊幸比嘉大吾と対戦。



ボクシング ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村 

カテゴリ:
2016年・男子プロボクシング年間表彰

MVP:山中慎介(帝拳)

技能賞:井上尚弥(大橋)

殊勲賞:小國以載(角海老宝石)

KO賞:山中慎介、井岡一翔(井岡)

努力賞・敢闘賞:石本康隆(帝拳)

新鋭賞:比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)

年間最高試合:2016年9月16日 山中慎介vsアンセルモ・モレノ(パナマ)

年間最高試合(世界戦以外):2016年9月10日 亀海喜寛vsヘスス・ソト・カラス(メキシコ)

特別功労賞:長谷川穂積(真正)

特別賞:木村悠(帝拳)、原田正彦金子繁治



優秀選手賞 
※原則的に年間でタイトルを防衛(勝利あるいは引分)した世界チャンピオン、またはそれに匹敵する活躍が認められた選手を称える賞

高山勝成(仲里)

田口良一(ワタナベ)

田中恒成(畑中)

八重樫東(大橋)

井岡一翔(井岡)

河野公平(ワタナベ)

井上尚弥(大橋)

カルロス・クアドラス(メキシコ/帝拳)

山中慎介(帝拳)

長谷川穂積(真正)

小國以載(角海老宝石)

ホルヘ・リナレス(ベネズエラ/帝拳)





ボクシング ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村 

カテゴリ:
2月4日
東京 後楽園ホール


スーパーフライ級10回戦(比嘉大吾 世界前哨戦)

WBCユース&OPBF東洋太平洋フライ級王者
WBC世界フライ級3位:比嘉大吾白井具志堅スポーツ)
戦績:11戦11勝11KO無敗

VS

フィリピンフライ級:ディオメル・ディオコス(フィリピン)
戦績:14戦10勝3KO1敗3分
備考:1敗はフェル・モラレスに敗れたもの


WBC世界フライ級王座の流れ

4階級制覇王者のローマン・ゴンサレスがWBC世界フライ級王座を返上

1位のナワポン・ソー・ルンビサイと2位のファン・エルナンデスで王座決定戦(記事はこちら

王座決定戦の勝者は初防衛戦で1位と戦わなければならない

現在、3位である比嘉大吾が王座決定戦後の1位になることが有力

ということで、この試合が比嘉大吾の世界王座挑戦の前哨戦となることが有力視されている。

このページのトップヘ

見出し画像
×