ごんざれすの輪・Run日記

自転車やマラソン、仕事のことなどを、書き綴っていきます。

先日5月1日、初めてのデイキャンプに行ってきました。(*´Д`*)

場所は丹波市にある、「森のひととき」というところです。

森のひとときMAP
 

 GW直前にもかかわらず、運良く1ヶ所、デッキハウスというところが空いていました。

前日に泊まりのお客さんがいるとのことで、12時からの利用だそうですが、それでも十分です。

なにせ初デイキャンプ。

とりあえずバーベキューができればいいや♪ くらいですので(゚∀゚)アヒャヒャ

前日にこれでもかというくらい、色々と食材を買い、朝から出発です。

今後、装備が増えるにつれ積載量が変わっていくはずなんで、まずは今回の積載量を。

車積載の様子


スカスカ。全然余裕の量です。(´∀`)

早めに着いて、まずは周りで遊んでみようと。

着いたのは10時過ぎ。

ところが、すでにデッキハウスは空いているとのこと。

さっそく移動します。

デッキハウス


こんな感じで、手前に車を止められます。

BlogPaint
 

屋根の奥に見える緑のものが、寝泊まりできる小屋のようになっています。

実際は、頑丈な四角のテントのような感じです。

中には電気もついてますし、小さな冷蔵庫も1つあります。

写真に写っている手前の屋根のあるスペースには、テーブルとイスと、バーベキューグリルがあります。

また、階段を降りた1階部分には、かまどもあります。

色々と手持ちの装備が整っているならオートキャンプのエリアなどが安く自由にできますが、このデッキハウスだとほぼ手ぶらでも利用できるし、しっかり日陰もありつつ子供が疲れたらテントスペースで転がれるので、小さな子連れだとかなり使い勝手がいいように思います。(´∀`*)

ま、そんなこんなでさっそく炭を熾していきます。

肉に野菜に魚介類。

色々焼きつつ、食べます。(´∀`)

今回、バーベキューをしながら思ったのは、こちらの備え付けのグリル、丸型でわりと大きいんです。

しかも、炭を置く部分から上の肉を乗せる網まで少し離れているため、炭の消費量が少し多く感じます。

家庭で使う、一般的なバーベキュー台と比べて・・・ですが。

しかも、炭を置く部分に割りと大きめの穴が空いているため、そのまま使うと小さな炭だとポロポロ落ちてしまいます。

なので、バーベキュー用の厚めのホイルを敷いて使いました。

しっかり食べて、遊びます。

川原

やっぱり自然の中で遊べるっていいですね!(´∀`*)

夕方までいっぱい遊びました。

いっぱい汗もかいたし、お風呂に入ります。

ここは、こじんまりとしてはいますが、露天風呂付きの大浴場があります。

露天風呂

キャンプ場でこのようなお風呂があるのはありがたいです。

写真でみるほど広い感じではなかったですが、それでも湯船につかり、のんびりできました。

下の子も年長さんになり、活動範囲がどんどん広くなってきました。

これからも色んなところに行きたいです。(*´Д`*)
 

今日・・・といっても、日付は4月30日の話ですが。(´∀`)

夜勤明けで帰ってくると、さっそく荷物が届いてました。(*´Д`*)

まずはこちら。

イピネル8

フランスの折りたたみナイフ。オピネルの#8です。(*´Д`*)

キャンプなどではよく使われるナイフです。 

同シリーズ、大きさ違いでいくつかラインナップがあります。

そしてこちら。

コンボクッカー箱
 
これまたキャンプ用の鍋などで有名な、ロッジのコンボクッカーです。(*´Д`*)

最近はやり(?)の、スキレット(鉄なべというか、鉄のフライパン)が2つ重なり、ダッチオーブンのようにも使えるという、初心者はまずはこれを買っとけ的なものです。(*´Д`*)

早速開封。

コンボクッカー中身

はっきりいって重いです。

でも、重いのと鉄の厚みがあるのとで、料理が美味しくできるそうです。

薄い方は溝があって蓋のようになり、重ねて使用できます。

コンボクッカー重ねる
 
有名ドコロでは、ル・クルーゼのようなイメージが近いでしょうか?

蓋自体重いので、圧力鍋的になります。

小ぶりなダッチオーブンといった感じです。

ちなみにこれがダッチオーブンです。

ダッチオーブン

蓋のふちに炭をのせることで、上からも熱を加え、文字通りオーブンのように調理ができます。(色々種類があるようですが)

しかし、足つきのため、基本的には直火でないと、調理は難しいです。

なので、 蓋に炭はのせられないけど、家のIH調理器でも使えるという、今回のものを買ったのです。

コンボクッカー箱
 
また、スキレットと言われるものは蓋は別売りであるんですが、普段のお手入れ(油をひく)といったこともやりくいのです。

ところがこのコンボクッカーだと、ふたの役割として、もう1つのスキレットを重ねるわけですから、手入れもしやすいです。

買った時点で、もうかなり満足です。(*´Д`*)

このコンボクッカー、さらにすごいのが、シーズニングが不要なところです。

新品のダッチオーブンやスキレットなど、種類によっては錆止めの工業用ワックスがぬられているものがあります。

また、新品の鍋だと、鋳鉄でできた商品は表面に細かな気泡があり、その中に食材が入り込んでくっつきやすくなったりします。

そのため、このワックスを取り除き、表面を油の膜でコーティングする、「シーズニング」という作業が必要になるのです。

ところがこのコンボクッカー、シーズニングが不要なのです!(☆゚∀゚)

そういう商品もあるのです。

でも、毎回使ったあとは水分を飛ばして油をひいておくという作業は必要なんですけどね。(´∀`)

ということで、試運転をかねて、小洒落て「アヒージョ」を作ってみました。

いわゆるオリーブオイル漬け焼き?みたいなヤツです。(おおざっぱですみません)

残り野菜で作ってみましたが、これがなかなかうまい。(*´Д`*)

食べた後の残ったオリーブオイルは、パンを浸してたべるとこれまたうまい。(*´Д`*)

もっと早くに知りたかったです。(*´Д`*)

これからは、家でもキャンプでも、いっぱい使っていきたいです。(´∀`) 

少し前から、キャンプやらデイキャンプやらに、かなり惹かれております。(*´Д`*)

実際、ちょこちょことバーベキューをやったりなんかして。

そおすると、やはり気になるもんです。

道具やらなんやら。(´∀`;)

で、とあるお店に行ってきました。

京都の宝ヶ池にあるWILD-1という、アウトドアショップ。

 
wild1-kyoto画像


で、買っちゃいました。(*´Д`*)

こんなもの。


いわゆる、熱いものをつかむ、皮の手袋です。

そしてこんなものも。(*´Д`*)


これは、鍋敷きです。

そして、オオモノは注文してる最中です。

近々出かけます。

・・・ズブズブと、沼にハマっているようです。(゚∀゚;;;)アヒャヒャ

このページのトップヘ