黒龍

黒龍久しぶりに日本酒です。
大好きな黒龍酒造の『大吟醸』と『大吟醸九頭竜』
この年末年始は日本酒を止めようと思ったのですが
正月の食事はやはり日本酒に合う物が多くて我慢できずに買いに行きました。
特に今晩は九頭竜を試したい。
九頭竜は黒龍酒造がお燗専用に醸造した大吟醸酒。錫の酒器で人肌でやりたいと思います。

グーパパgoo_papa  at 13:50コメント(5) この記事をクリップ! 

琥珀エビスと十四代純米焼酎

琥珀エビスこの時期に発売する『琥珀エビス』これがたまりません!!
激動のクリスマスが終わり昨晩はこのエビスにスペアリブとシーフードサラダで一杯。
我が家のささやかなクリスマスでした。


十四代焼酎『十四代秘蔵純米焼酎』
これも結構いけます。米焼酎でこれだけまろやかな焼酎も中々ありません。
青森で贔屓にしている小料理屋の女将に格安で譲ってもらいました。
開けるのはある人と約束があってコレは3月までお預けです!!

グーパパgoo_papa  at 19:19コメント(6) この記事をクリップ! 

恵比寿会

34322e3a.JPG出張で近くに来たくうママと恵比寿の隠れ家で軽く?一杯?初の花を迎えて。あっという間に時間が過ぎました。



グーパパgoo_papa  at 21:19コメント(6) この記事をクリップ! 

ニッカウヰスキー仙台工場(宮城峡) 5

NIKKA宮城峡宮城峡原酒Single Cask

 





今週の出張で仙台から山形に行く途中の作並温泉手前に
ニッカウヰスキー仙台工場がある。
今までは良く前を通っていたものの時間が無く素通り。
今回は少しばかり時間に余裕が出来たので工場に立ち寄った。

ニッカの余市工場はスコットランドのハイランド地方の蒸留所と同じで、
海岸近くに位置しているがこの工場は宮城峡と言える山の中に位置する
素晴らしい環境下にある。

工場に寄った理由はただ一つ。
工場でしか手に入らないSingle Caskのモルトウヰスキーを手に入れるため。

今回購入は宮城峡SingleCask10年(60度) 
ちなみに横にある2本は(小さなボトル)以前北海道出張で購入した、
余市SingleCask15年・20年。

家に戻ってからゆっくりストレートで味わってみた。

余市は海に近くピートがスコットランドと似ているため、
スモーキーで力強い原酒。
宮城峡は森に囲まれている為かまろやかでフルーティ感が特徴。
どちらも日本のウイスキーの誇りと言えるだけの酒である事に間違えはない。

余市工場がニッカの始まりだが、創設者『竹鶴政孝』の職人気質が
生み出したウヰスキーは、経営者気質の『鳥井信治郎』(マーケティング力で成功した)
サントリーウイスキーに販売量は及ばないが私は好きだ。

最近は低アルコールの酒や、焼酎が主流だが、
食後や寝る前に少しだけなら、ハードリカーであるウイスキーが私には一番。

最低8年は樽で熟成させる。
時が樽の中のウイスキーを変えていく。時が味を育てていく。
ウイスキーの世界は意外と面白いと思う。
うんちくを頭に描いてウイスキーの世界に入って見ては如何ですか?

※『ウィキペディア(Wikipedia)』で竹鶴政孝を参考にして。

 



グーパパgoo_papa  at 00:03コメント(6) この記事をクリップ! 

チョット?一杯

dbde642e-久しぶりに恵比寿会を楽しんでます。


グーパパgoo_papa  at 19:48コメント(2) この記事をクリップ! 

恵比寿で!!

キャンプで知り合ったWoochanと、お互いの会社が恵比寿。
ひょんとしたことで一杯やりました!!
いつもは仕事仲間と行く店。
違う仲間と楽しいひとときを!
また行きましょう!!
Woochan良い店でしょ?


グーパパgoo_papa  at 23:20コメント(0) この記事をクリップ! 

一寸一杯

ワイン
メルシャン甲州きいろ香
甲州ワインと言うと、日本のワインだから・・
せっかく飲むんだっらた、フランス・イタリアの方が・・・・
今はワインにする葡萄は、土壌改良が進み美味しく
品種改良された葡萄栽培が進んでいるらしい。
このワインはある本で読んだ事があり、
一度飲んでみたいと探して居たのですが
中々入手出来ずにいたところ、
仙台出張でよく使う寿司屋のカウンターを眺めて居たら
目が点に・・・
出会ってしまいました。
『メルシャン甲州きいろ香2005』
早速親方に『高い??』→そんなに飲みたいなら良いよ定価で!!
2300円その代わり一杯飲ませなさい!!とのこと。
早速飲みました。
フルーツ香が生きていながら、適度な酸味ときりっとした辛さ!!
一言『旨い!!』
市場で1500程度の生産量らしいので、出回る時期には探し回ろうと思う。
誰か手に入ったら一緒に宜しくね。


焼酎
次に百年の孤独 コレは旨いけど、ああ百年の孤独だと言う程度。
 鬼楽、山形の十四代の先代が仕込んだ酒らしい
『違ったらごめんなさい』十四代の限定酒です。
これもタダで試飲させていただいた。
ふくよかな味でした。もちろん美味しかったですよ。


グーパパgoo_papa  at 19:21コメント(0) この記事をクリップ!