2008年03月18日

音のおはなし

さて、今回はちょっとバンドマンらしく
音楽の話題をしてみましょう。

今更ながら僕はベーシスト。

はたから見ると、
あんまし真面目にやってないように映るかも・・・
基本スタイルとして、
あまりストイックな練習は好きじゃない。

曲はすぐに忘れるし、
本番中はいつも酔っ払ってるし、
歌詞も良く間違える。

でも僕はベーシスト。

そんな僕だけど、
どうしても譲れないのは、
そのイデオロギー。

何の為にやるのか?

それだけは間違ってはいけません。

誰のためにやるのか?

それを忘れてはいけません。


そして、
ぼくはここ十数年ずと探している『音』があります。
僕が目指すサイコーの『音』。

それは、
『聴こえない、存在感のある低音』

心に響くとかそんなロマンチックな話ではなく、
物理的に聴こえない、聴こえにくい音。
それが僕の目指す音です。

コレがベースの音って聞き分けられるのは嫌。
無くなってみて、初めてなにか違和感を覚えるような、
そんな音です。

でも、コレには問題があります。

自分でモニターできません!!



おしまい。




good_fellow at 00:12コメント(0) この記事をクリップ!
DIARY 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
moblog
DAW