2008年07月15日

長男誕生!

2008年3月27日 長男が誕生しました!!

予定日より1週間遅れての出産です。毎回の検診に行くたび 大きい 大きいと言われていたので 早く出てきてくれる事を祈りつついましたが 一向に出てくる気配がない。
1度 出産というもうの経験しているだけに またあの痛みと戦うのかと思うと 恐ろしくなってきた。

予定日をすぎ 少しづつあせる・・・今日も検診・・・先生に 大きめといわれ 推定で3600はあるとのこと・・・ 

先生「今週いっぱいまで自然にまかせようか」

私「いや・・できたら もう出してしまいたいです。」

先生「じゃ〜明日出しちゃおっか」

えっ・・・そんな軽い感じで出産??まっいいや〜ということで 翌日出産することに もちろん陣痛は薬をつかっておこすので 正直 恐ろしくこわかった。

初めて娘ともはなれる 不安や心配 そして出産の恐怖・・・3人家族ものこりわずか そんなことがすべて 涙であふれ出してきてしまった。家族が増えるって すごく幸せなのに・・・。

出産当日 娘は母親が迎えにきて実家に 私は旦那と病院へむかう・・・そんな途中に どうしていいかわからない 不安をこんな言葉で旦那にあたってしまった。

「いいよね〜男はスッツキリして終わりかよ!!」

旦那はそんなこというなよ〜ってさらっと流してくれた。病院につき 病院服へ着替えて 陣痛室へ移動 さぁ〜いよいよ お腹がいたくなって始めるんだ!!覚悟はできてる!!

薬を入れられ 10分後 「体が大きいいから 効き目が弱いかも・・・今日中には生まれないかもっておもってね。」ってねなんて言われ 始まりました。

あぁ〜きたきた 痛くなってきたよ。ふー ふー こんな感じ こんな感じ 
この痛さが しばらく続くんだったよね。

って油断していたら 5分後 お〜いたい!!早いなぁ〜こんな早くに 5分間隔??しかも痛い時間も 長いぞ・・・。これがしばらくは チット
辛いかも・・・でも 頑張るしかない。

そんな痛みが30分 続き・・・いたぁ〜い!!!!!!!!!

いきなり 2〜3分間隔 隣には初めての出産する妊婦さんが しかも静かに痛みと戦っている!なのに私 けっこういたい 痛いって騒いでる。落ち着け 落ち着け!!
すると 隣の妊婦さん分娩台へいどう!頑張ってね!なんて余裕を見せ 見送った。
でも 本当はそんな余裕がない私。助産師さんに 痛いんですけど・・・というと。

「そんなに痛いの?じゃ〜チョット見てみるね」

わぁ〜もう9センチ開いてる すぐに準備して!!!

えっ?何?何?っという感じで 私もお産の準備が始まってしまった。


助産師「ハイ足乗せて」

私「痛い・・・チョット・・・チョット待って下さい」

助産師「・・・待ってたら 間に合わないわよ〜!!」

怒られた・・・。


私「きゃ〜いきみたい!!」

助産師「いきみたいなら ちゃんと足広げなさい!!」

また怒られた・・・。

そんな感じで うぅ〜ん うぅ〜んといきみ いよいよ 長男が誕生しようとしている。

助産師「はい いきんで」

私「うぅ〜ん うぅ〜ん・・・はっはっ・・・」

助産師「もう少し頑張って!」

私「もう頑張れません!!」

助産師「今頑張らないでいつ頑張るのよ〜!!」

また怒られてるけど・・・。

私「うぅ〜ん うぅ〜ん 痛い!! きゃ〜痛い!!もう無理 もう無理!!」

助産師「無理じゃない!!」

またまた 怒られてるし・・・。


私「いったぁ〜い!!ギャ〜!!」




12時15分 無事長男誕生!スパルタ助産師さんのおかげで 今日中に生まれないとまで言われていたのに わずか1時間45分という 超〜安産で出産しました。
 これから 4人家族 そして2児の母となって 毎日がハチャメチャですが 楽しくすごしていますよ!!
出産はつらいけど あの痛さは子供を見ると忘れてしまえるんだよね。だから きっとみえない 何かすごい力を子どもは持っている気がする。
それは きっと女にしか味わえない わからない すごい特別なものなんどろうな。


パートナーエージェント


goodblog1 at 16:16│