July 06, 2011

2011年上半期ニコマス20選+サムネ1選

このエントリを書いているといつも
半年という時の流れを振り返るきっかけに
なってしまっていますねぇ。
年頭に掲げた抱負―「仕掛け」というところでしたが、
割とアクティブに動けた半年だったのではないでしょうか?
その中で色々と学ばせて頂いたことも多く、
本当にホントに感謝です。

確かに、前回2010年下半期からブログのエントリ数も増えて、
それだけ色んなイベントに参加・出演したのだなぁ、と思います。

色々と制作に没頭する時間も多く、
年々動画視聴数も減っているのですが、
それでも「2」の発売もあり、感性を刺激されたPの
エッジの効いた作品が多数上がっていたやに感じます。
事実、とりあえずマイリストに放り込んだ作品数は
2010下期を超えてましたしね。

それでは自分styleということで、ジャンルごとにー




【音楽】

01 YUKIHO MEDLEY REM@STER feat.fftq 
Music:fftq氏 + Movie:合作

自分が敬愛してやまないfftq氏の
渾身の楽曲群を彩る至高の映像。
追いつきたいと思う一方で、
いつまでも高みにいてもらいたいなどと思ってしまいます。
『DREAM』のリミックスとか技術的に謎すぎます…

【PV】

02 【MAD】今時のJ-POPに今時のアイドルの動画をつけてみた。
deadblue238P

でっぶるさんからPSPに入ったこの動画のデモを
見せていただいたのがなんと2010年の6月という…
なんかこのまくしたてるような、スピード感と
映像の躍動感に、気分がどんどん高揚させられて
気付いたら動画を見ながら泣いてました。
理由は全く分からないのですが。
スゴい、です。

03 アイドルマスター2 「moonlight」
影彦P

アイマス2でデビューの新人さん、
と評するには余りにも突き抜けてました。
「アイマス2のPVってこうやって作るのかー」という
一つの指針を示したと同時に、
その個性的な雰囲気にやられました…
曲が醸す浮遊感とか、
不意に映る背景の気球がとても幻想的。

04 アイドルマスター 支援ライブ
  「Believe」Folder5(ONE PIECE OP2)
ぎょP

この上半期、非っっ常に多作だったぎょP。
正に甲乙つけ難し、という感じなんですが、
なぜ自分がこれに一番惹かれたんでしょうか?
やはり投稿された時期という影響もあるんだと思います。
けど、こういう眩しいくらいにまっすぐなメッセージって
心の柔らかい部分を鷲掴みにするじゃないですか。

05 アイドルマスター 「Uphill city」
FRISKP

チカチカPV好きなんです。
「2」のステージ・バックスクリーン
Vi衣装は本当に細かいところも
よく光る上に、色もすっごい綺麗なので
ずっと眺めてても飽きません。
アイドルもさることながら、「ステージ」自体の
魅力を引き出せてるPVだと思います。

06 アイドルマスター2 relations M@STER VERSION
翼P

公式旧曲のPVは、もっと2のリメイクで
アップされるかと思ってたんですが、
なんでしょう、なんか下手なもの作れないという
ハードル的なものもあるのでしょうか。
それを軽やかに越えていく余裕というか、
「どや!」という圧倒感。
こういう先陣を切っていくような動画に
シーンを引っ張っていただきたいです。

07 アイドルマスター『Snow halation』μ's
うしわかP

なんというか、自分的に「2」PVのハイライト的存在なんです。
うしわかさんの選曲として意外だったこともありますが、
こんな素晴らしい楽曲をリリースする「ラブライブ!」を
教えてもらったことに心から感謝してます。
『Snow halation』という曲がもの凄い好きになりすぎて…
「Fly High!」のところでいいつも泣いてしまいます。

(あとこれ聴いてこのマッシュアップ思いつきました。多謝!)

08 アイドルマスター 「light prayer」
Miki.bmp

影彦Pに続く新人P第2弾。
選曲とエフェクトが本当にキモですね。
MTVのPV風という感じがなんかやたらツボなんです。
自分は結構味付け濃い目が好きみたいですね。

09 アイドルがTVをやっつけちゃったんだよ
二酸化硫黄P

正直PV作者としての硫黄Pを余り知らなかったのですが、
これは本当にやられました…
そしてちょっとアイロニックなコンセプトもあり、
実写合成も技術的に凄いです。見どころ多し。

10 アイドルマスター 春香 「乙女よ大志を抱け!! 〜17才ver〜」
ふらいんP

これは推さずにはいられませんでした。
なんていうか、パーフェクトですね。
完璧なんです。いろいろと。
絶対みんな好きだよね。きっと。
これだけ万人受けできるものを作れる才能に感服。

11 【アイドルマスター】Welcome to this nicom@s world!
ATP

動画説明文で感極まって、
なんか色んな想いが溢れてしまいました。
短い1分という時間に
これまでの軌跡がギュッと詰まっていて
見終えた瞬間の何とも言えない満ち足りた虚脱感。

【MMD・3DCG・手描きなど】

12 【第6回MMD杯本選】アルタイルの星見表
cyanP

今までどちらかと言えば、アイマスMMDは
否定派とは言わないまでも
PVの代替としてはどことなく苦手意識がありました。
ところが最近の動きをみると、MMDでしかできない
表現の追求という別の方向性が出てきて、
違う楽しみ方ができるようになってきました。
そこで出てきたこの作品。
別に全然アイマスじゃないんですよ。けど、
想像を駆り立てられる、後半の意味深なカットの数々に
気付くと飲み込まれてました。ズルイです。
日本人は夏の夜空の星を見上げるの、みんな好きじゃないですか…

13 【Colorful paint合作支援で】“HELLO!!【アイマス手描き】
タカシP

「支援動画」という体ながら作品として
すごく 完成されていて、合作参加Pが
タカシPタッチで次々描かれていくのに
すごくワクワクしてしまいます。

14 【けいおん!】 放課後ライブ4U! 【im@s】
合作

アイマスと同じく音楽が魅力のけいおん!も
めちゃめちゃ好きなんです、自分。
クロスオーバーのさせ方も各人違ったアプローチがあって
長時間でも非常に飽きさせない構成でした。
千早と澪は相似形すぎて、二人とも好きすぎるw

15 ready-set-go
r60tamaru氏 (P名なし)

処女作というのはあまりに似つかわしくない、
というよりblenderでこういうモデルを作る人は
ニコマス外でも、そうそういないのですが
しかも6分半という長さで、
ものすごい数のキャラクターが登場し、
それぞれが楽器を奏でるというボリューム感。
もうドアが開いてローズの音が聞こえた瞬間
世界に引き込まれます…

16 【3DCG】アイドルマスターSDでMEGARE!
ジャパネットP

こちらは2作目になるのですが、
ready-set-goと同じくフルモデル3DCGの
デフォルメキャラを公式PV風に仕上げています。
なんというか開いた口がふさがらないというか…
MMDのようにオリジナルに近づける、という方向性より
こうした路線の方が個人的には大好きです。

【ネタ・趣味路線】

17 スマイル体
どきゆりP

奇才、としてもはや語るまでもないですよねw
シュールさが炸裂しすぎてヤバいですw
やよい父との会話で腹筋崩壊したwww

18 おいアイマスがニュース番組で取り上げられてるぞ
ドリP

力技と「違和感仕事しろ」が織りなす
ひとつのブロードキャスティング。
14分もよう作りますわw
しかもこの後、フランスで取り上げられたり、
こないだTBSでも普通にやってましたし、
ある意味予言動画?w

19 アイドルマスター2「おそ松くん音頭」ジュピター
アトロポスP

ネタかPVかで非常に悩みましたがw
敢えてこちらでw
ニコマス昭和メドレー3で見た時の
インパクトは飛びぬけてました。
フルバージョンではシンクロがハマりすぎてて
もうやめて!ってくらいに…w

20 アイドルマスター乳率ランキング
クロダ氏(P名なし)

これは生放送視聴中にアップされたばかりのものが
リクエストで流れてきて出会ったのが運の尽きでしたw
もう一つ紹介するごとに「やかましいわ!w」と
ツッコミたくなるほど詰め込まれたネタの数々。
そして最後にはとんでもない大オチが待っているという…w
個人的に、softalkボイスは
よりシュール感が増すので大好きですw

サムネ一選
冷麺スターライン
黒土がんも氏(P名なし)

いやぁ、サムネもそうなんですが、
中身もとんでもないっすよw
悔しい…!でも腹筋崩壊しちゃうwww
―みたいなw
そういえば前回のサムネ一選も
「やよい親父のチキンライス」だったり、
食べ物系は秀逸なネタが多いですねw


―というわけで、以上20+1選でした。

下半期はアニメも始まり、
さらなる展開が待っているのでしょう。
まだまだまだまだアイマスで楽しめそうですね。

個人的にも下半期は更にあっと言わせる企みもあり、
もっともっと一緒に楽しもうじゃあありませんか。

今後ともよしなにどうぞ…



goodbye_thumb at 20:44│Comments(0)TrackBack(0)twitterでつぶやく iDOLM@STER | 20選

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索





アクセスカウンタ