2017年12月12日

晩秋、着物でお出かけ♫その②たなみん寄席

さてさて、その①でご紹介した母とのお出かけ、
鴻池(東大阪市)から北浜、は遠いと思いきや、JR一本で乗り入れ、
乗り換えた地下鉄ひと駅で着いちゃいます~♪

はい、この日は大阪おとめのお祭り、
少名彦名神社神農祭が開かれていました。

image


るっこらの庭だった(笑)北浜に勤めていた頃から
毎年この時期、お参りに行くようになりましたが、
もともとこの辺りは道修町という薬の街。
江戸時代、外国からの薬はいったん全部ここに集まってから全国に広まったとか。

そんなわけで、この時期「船場博覧会」などイベントもいろいろ開かれるのですが、
今回はこんなのを見つけて申し込みました。

image


ここに本社のある田辺三菱製薬のイベント「道修町たなみん寄席」
「大阪人につける薬」というテーマでしたが、
桂米紫さんの「イモリの黒焼き」と、桂春之輔さんの「まめだ」
実は春之輔さん、るっこらの兄の高校落研のひとつ先輩。
来春、大名跡の桂春団治を継承されることになっていますが、
このお噺(まめだ)は以前センセと息子が寄席に出かけたときの出しもの。
内容を聞いてとっても辛かったけど、ぜひ一度生で聞きたいと思っていました。

さて、当日は史料館を見学することができると聞いて
京都に行っていたセンセと夕方待ち合わせ。

image


image


image


image


センセも久々の着物で古い史料を堪能 笑。

image


母も久々の落語は楽しかったみたい。
入口でぱちり♪

image


このあと、なんと母は近くのステーキ屋さんでお肉もぺろり。
ちょっとは元気になったかな~

image


今年も神農さん、無事におまいりできてよかった。
浪速のまち、今年も年の瀬の候♪



2017年12月11日

晩秋、着物でお出かけ♫その①「大阪の粋 大正浪漫と昭和モダンの暮らし方」@鴻池会所

速い速い!と思っている間に、もう師走も軽く三分の一過ぎました。
まあ今さらあわてても仕方ないので 笑、ぼちぼちアップ。

先日FBで見つけたこのイベント、
「大阪の粋 大正浪漫と昭和モダンの暮らし方」。

image


東大阪市にある歴史的建造物・鴻池会所での催しでした。
船場の暮らし、といえばこの人。

image


戦前は生粋のお嬢だった実母であります。
夏以来老人性鬱の診断を受けへこんでおりましたが、
治療(投薬)して頂き、ちょっとばかし復活して、一緒に出掛けました。

実はるっこら、初日の吉岡幸雄先生のセミナー
「大正浪漫の色について」にも
中学時代の同級生・Ch子と参加いたしましたが、
この日は同志社女子大青木美保子先生による
「大正・昭和の大阪和装ファッション」という内容。
聞けば聞くほど自由で楽しい、この時代の大阪和装♪
先生の授業、学生さんに混じって受けてみたいなあ~と思いました。

会所は、こんな感じのおくどさんもある大きなお屋敷。

image


新田の管理・運営が行われていたので、もちろんこんな資料も残っています。

image


そして展示のほうは、こんな感じで、
主催のSTUDIO TREE・松下久美子さんの家に伝わる素晴らしい着物や小物が
四季折々、催事に合わせたしつらいで飾られてあります。

image


image


image


もちろん、さまざまなテーブルコーディネイトも
和と洋、古今のイメージで展開されていました。

image


お庭もひろびろ。

image


受付のかたに写真を撮っていただきました♪
母には長羽織がコートみたい 笑。
でも身びいきながら黄色も映える…と思わせるところがさすが。

image


さてこのあと、北浜にハシゴ 笑。
ちょっと無理させちゃうかな~と思いつつ、
母ともうひとつのイベント(その②)へGO♪

2017年12月09日

初冬の万博公園で~NOGさんのFBより~

以前個展にお邪魔したNOGさんこと野口英一さん。
初夏に書いたブログでも少しご紹介いたしました。

そのNOGさんからお話を頂いて、
初冬の万博公園に行ってまいりました。

名称未設定 3

ね~!
素敵な瞬間を切り取って
素敵な文章も書いて頂いたので
ちょっと恥ずかしいですが、こちらにもアップさせて頂きました♪

二人一緒の写真ははっきり言ってほとんどないんです。
それは
いつもセンセが変顔したりするし
るっこらもことごとくキンチョーするからですが 笑、
NOGさんのレンズを通すとこんな世界になるのかあって感動♪
選びきれなくて幾つか持って行ったアンティーク羽織りものたちも
全部綺麗に写し取って頂けて感激♪

実は最近二人の間にちょっとした気持ちのすれ違いが続いておりましたが……
この日NOGさんといっぱいお話できて
センセがまたひとあし、前へ♪
るっこらも曇ったガラスを拭き取って
ぴかりとした気分を取り戻せたような心持ちです。

NOGさん本当にありがとうございました♪





2017年11月28日

久々のさをり@Musubi

思い立ったら予約して、”色と戯れ”に行けるさをり織りのMusubiさん。
いろんな色に囲まれながらYukari先生と話してるだけでも楽しい♪
とはいえ、織りに行くのは久しぶり。
春から続くるっこらの肩関節周囲炎も少しずつ良くなってきたので、
文字通り「肩慣らし」も兼ねてこんなものを織ってきました。

image


以前作ったマフラーよりだいぶ短めですが、
いつものように糸を切って結んだあとは……

image


ハサミでじょきじょきっとさらに短く切り落とします。

image


ミシン苦手なるっこらなんで、
端っこは手縫いて始末して、
栞がわりのゴムをつけ、はい完成♪

image


image

ちょっときちきちになっちゃったけど 笑、
手近にあった文庫本に合わせてみました♪
閉じるとこんな感じ。

image


織りならではのざっくり感が出ました。
手触りもなかなかいいかも♪
長さにゆとりがあるんでかなりぶ厚い本でも余裕です。
さて、次回は季節ものにトライしようかな~



2017年11月16日

久々、街ぶらり。

しょっちゅう北~南へと大阪縦断はしているものの、
途中下車がなかなかできない……
ついで、ついで、を待ってばかりいると機会を逃す、というわけで
雨をおしてえいやっと出掛けた展示みっつ。

まずは帰阪されるごとにお会いするのが楽しみなマツモトヨーコさんと
陶芸家萩原千春・朋子さんご夫婦の「絵・陶」展@The 14th.Moon+MANIFESTO GALLERY

ここのギャラリーは以前もヨーコさんの個展でお邪魔しましたが、
場所がちょっと変わっててあせりました。
今回はお三方のコラボレーションということで、
ちょこっと植物をあしらった陶芸と
ちっちゃな額に入ったヨーコさんの作品がかざられています。

image


image


やっとオトナ買いできたヨーコさんのハンカチ。

image


他にもこのお店に置かれている小物は気になるものばかり~!
カフェもやっているそうですのでまたゆっくりお邪魔したいなあ♪

そしてお隣のGALERIE CENTENNIALでは「A WONDERLAND ON THE WALL」。
これはFBで気になっていたメブキコウさんという作家さんの作品展。
もともとはアクリル画をされていたそうですが、
ある時から刺繍を独学で始めたとか。

image


動物などのリアルさはもちろんですが、
おにぎりやお寿司シリーズは
豆ご飯、焼きおにぎりに赤飯など、
粒だったお米がひと差しずつ糸で表現されています!

image


お習字や吹き出しに書かれたせりふシリーズなども
思わず笑えてくるものばかり。

image


この日ご本人にお会いできたのですが、
作品のオモシロ感を正面切って押しつけるタイプではない控えめな女性 笑。
しばらくは作品とともにFBを遡って楽しませて頂きます♪

そして最後は、
天満橋からてくてく歩いてたどりついた古巣・北浜の青山ビルにあるびぎゃらさんにて、
吹きガラスと椅子の「村松学小島優」展。

いつものことですが、ガラス作品は画像を撮るのに臆してしまうので
今回は外のしつらえのみパチリ……
そしてここで時間切れアウト~友人とのまち合わせのため、駅へと走ったるっこらでした。

image


さて下の画像は
雨上がり、そろそろ晩秋の堺筋での一枚。

image


びぎゃらさんではなく
レトロビル・生駒ビルヂングです。
そろそろ祭りの準備も始まっているところ。
大阪お留めのお祭り.神農さんももう来週です~
一年、早いなあ。