2020年08月07日

『DAY 10 ウチを愉しむ10枚の画像 六日目 レトロで昭和なグッズたち』~コロナな日々に想うこと㊱

また日が空いてしまいました。
コロナは相変わらず。感染者の増加などで、いろんなことが不自由で理不尽なまま、時すでに立秋を迎えました。さて「DAY 10」も後半戦。今回は本から少し離れます。

今を去ること8年前、るっこら夫婦が自分たちの家にある古いものや昭和な手作り品を集めて北浜のギャラリー「遊気Q」さんで企画した「大正・昭和の懐かし想ひ出作品展」。
奈良の御所市で電気屋さんをしていた祖父宅(義父の実家)を引き払う時に持ち帰ったものが大半でした。
まるきり新品の物もあれば、もう動かないものまでさまざまですが、どれをとっても昭和レトロな香り漂う逸品…と思っておりますので、ご紹介 笑。

①東京芝浦電気株式会社 スナック3
IMG_2766
下記は、センセが展示につけたキャプションです。
トースター、ミニフライパン、ミニミルクパンを擁し、トーストと目玉焼き、さらにホットミルクまで一度にできて、さらに銀色に輝く素敵なおぼんまでついているという優れものです。
各社が競って、50機種もの新製品を発表したこの年、東芝はこの製品の他に、電気かつお節削り機、電気ねぎ切り機、電気靴磨き機、電気皿を発表しました。
電気皿は現在のホットプレートの原型で、通電して15分で110度になったそうです

②カナモリ ソーダサイフォン R-7 
IMG_2767
最近、家で炭酸水をハコ買いしているるっこら家としては、使ってみたいのですが、まだ実行に至らず。さて、いかがなものでしょうか?

③YASHIKA Editor(編集用)
    YASHIKA   8-E I(8ミリカメラ)
 Konica カメラ

IMG_2775
8ミリはるっこらの父親が、Editorとカメラは義父が愛用していました。昭和な親父たちの高価なおもちゃだったな〜。

④IBM 電動タイプライター
IMG_2762
これは、るっこらの父親の会社から持ち帰りました。電源を入れてキーを叩くと、すごい勢いで文字が打ち出されます。音もかなりのもんでしたー。


⑤東芝 扇風機
IMG_2757
これについては、以前FBにこんな記事を書きました。

実家からやってきた、一人きりのとき視線を感じる扇風機。
そんでもって、首降ってて一定の角度にさしかかると決まってふぅ~っと熟女のようなためいき。
めちゃ意味深で気になる 笑。
以前読んだ(たしか大島弓子さんの)漫画に「笑う換気扇」というのがありました。
「かかってくる前に必ずひと呼吸置く電話機」とかも。
古き昭和の愛すべき電化製品たち、
細く長く、平成の世を渡っていってほしいものです。
⑥ダイヤル式電話 ⑵ 2222
IMG_2749
こちら営業用に早い段階で引いた電話だそうです。番号、覚えやすっ!


⑦森組電気製作所製 最新式電話機
IMG_2758
こちらについては、最新式電話機とありましたが、使い方わからないのです…とにもかくにもレトロなデザインに惹かれております。

⑧東芝 オープンリール式テープレコーダー
IMG_2747
こちらは完全に新品のようで、タグやビニール袋までそのままですね。

⑨東芝 ICラジオ
IMG_2770
こちら、短波放送も聴けるので気に入っていましたが、何故かある日突然、聴くことができなくなっちゃいました。残念!(ちなみに、横に写っている木製のスイッチ、用途不明です。ご存じのかた教えてください。)

⑩ナショナル-パナソニック Hi-Fi Sound 
2 Speakers System ラジオ
ラジオ台
FullSizeRender
こちらも全く動かない〜のですが、おもむきのあるラジオ。下にある木製の家具は、もう少し小さい製品を入れるためのラジオ台です。
今のところセンセの好きなローソク台の入れ物になっております。

ホコリもさまになる〜てな感じでずっと放置しちゃっておりますが、見れば見るほど良き時代を感じさせてくれます。

*** 「DAY 10」については、よく知らなかったので、遡ってほかのかたのアップも見せていただきました。それによると、下記のようなバトンのようです。 
10日間に渡って自分のお気に入りの品物を公開し、現在の閉塞した状況を共有して連帯しようという主旨でイギリスの詩人Paul Mundenさんが始められたチャレンジ。外出自粛で気分が沈むなか、少しでも気分を明るくするために、自宅の中や窓から見える「なにか」の写真を毎日ひとつアップし、10日間、毎日どなたかお一人にバトンを渡してゆく、というもの。
るっこらは新たに『ウチを愉しむ10枚の画像』としちゃいます。




2020年07月24日

『DAY 10 ウチを愉しむ10枚の画像 五日目 知人・友人が著した本たち』~コロナな日々に想うこと㉟

コロナな日々のアップ、ほとんど1か月ぶり、というのも緊急事態宣言が5月に解除されて以来、すこしずつ人々が外出できるようになり「何だかひと息モード」な世の中だったから、もう打ち止めになればなと…でもそんなに甘くなかったようです。うーむ。

さて気を取り直して。
「DAY10」5日目は、お知り合いになってやりとりをした事のある著名なかたが出版された本たちをご紹介(敬称略)。 

「きものであそぼ」遠藤 瓔子
IMG_2697

“むかし着物“を着始めた一番初めからバイブルにしていた本。カルチャー講座などで実際にお会いする機会があり、瓔子さんが北海道に行かれていた頃、FBでご縁ができました。京都に戻られたのでまたお会いできたらな♫

「偏愛京都」マツモトヨーコ
IMG_2322
同級生のFBから繋がったご縁。本業は画家であり、イラストレーターとしてご活躍中。関西での個展には時々行かせてもらっています。FBでのユニークなアップや辛口コメントにはさすが関西人らしさが 笑。

「建造物ウクレレ化保存計画」伊達伸明
IMG_2324
みんぱくの来館者ボランティアをしていた時お知り合いになった伊達さん。SNSとは無関係なかたですが、ご近所ということもあって夫婦ぐるみでお付き合いさせていただいています。またディープ大阪ハシゴ酒ツアーがしたい♫

「通崎好み」通崎睦美
IMG_2698


こちらもご本業は音楽家…ですが、著書や新聞、雑誌などへの寄稿は数知れず。きっかけはもちろん、彼女の銘仙コレクターとしての側面が入り口。夫婦で参加したトークショーでお声がけして以来のお付き合いです♫

「モノポの巣」山田和明
IMG_2316
恒例の絵本原画展で引き付けられたカレンダーがきっかけ、その後個展でお会いしてお話できました。ほのぼのタッチの絵の印象そのままのソフトなお人柄でした。やさしい色遣いの世界は、まんま、私のど真ん中。


「石田節子のきものでおでかけ」石田節子
IMG_2700

こちらも、着物を着始めた頃、気さくな感じに憧れました。一度地元の百貨店でお会いできた時は感動して言葉が出ず…でも、その後歳と共にふてぶてしくなり、上京の際夫婦でお店に押しかけてお話ができました。

「いぬいいこねここねこ」黒田征太郎
IMG_2317
センセがミナミで隣り合わせ、Dengana Manganaのドラマー、コクーンさんとのライブペインティングをして頂いたのはもう何年前?
絵に向かう姿勢はいつも若者みたい、変わらない魅力♫


「シーラの着物スタイル」シーラ・クリフ
IMG_2323
彼女だけはSNSのみの繋がりでまだお会いしたことがないんですが、日本人より着物の素晴らしさを伝えてくれるカリスマ的存在。その着こなしは大胆かつめちゃくちゃチャーミングで可愛い!憧れです。

「やさしい水彩の時間」あべまりえ
IMG_2366
お仕事で知り合った美佐子さんを通じてFBで繋がったまりえさん。文化財となった素敵なお家をアトリエに、ほんわかしたタッチやお人柄とは対照的なアクティブさで独自の世界を広げておられます。

「平成着物図鑑」君野倫子
IMG_2701

その昔、かわいい小物や手ぬぐいの小気味良い使い方をお手本にさせていただいた倫子さん。百貨店のワークショップで夫婦してお会いできました!歌舞伎にも造詣が深く、松本幸四郎さん監修の著書も何冊か出されています。

*** 「DAY 10」については、よく知らなかったので、遡ってほかのかたのアップも見せていただきました。それによると、下記のようなバトンのようです。 
10日間に渡って自分のお気に入りの品物を公開し、現在の閉塞した状況を共有して連帯しようという主旨でイギリスの詩人Paul Mundenさんが始められたチャレンジ。外出自粛で気分が沈むなか、少しでも気分を明るくするために、自宅の中や窓から見える「なにか」の写真を毎日ひとつアップし、10日間、毎日どなたかお一人にバトンを渡してゆく、というもの。
るっこらは新たに『ウチを愉しむ10枚の画像』としちゃいます。




2020年07月04日

今年の7月4日は土曜日~♪ChicagoとLeonid&Friendsと

るっこらは家にいるときたいがいFMをパソコンで聴いております。
一人なので歌い放題~というわけで、
かかった曲(たいがい古い洋楽)の歌詞をすぐ検索して一緒に♬
こういう時パソコンは便利…なんですが、
実はradikoでいつものFM COCOLOという局が聴けなくなっている…のに気づいたのは、
J:COMのお兄さんが工事に来てくれた次の日。

radiko3


え~!
番組表という青いラインに表れてくる局名が全部…関東圏じゃないか!
そしてCOCOLOはというと
この番組は配信エリア外のため、聴くことができません。プレミアム会員に登録すると聴くことができます。

という冷たい表示…なんですと!?

あれこれチェックすると、聴けるのは東京、埼玉、横浜…の局ばかり。
でもまあ、新鮮ではあるし、昔の歌も結構かかるし。
と、何となく楽しんでいるうちに、Chicagoの曲がかかりました。

中学生だったるっこらはこのバンド、詳しく知らなかったけど
深夜放送の洋楽ヒット曲番組でよくかかる彼らの曲は聴いていたし、
何より思い出深い歌は「Saturday in the park」。
1学年16クラスもあった中学で、1組だけ音楽室のある新館に近かった離れ組、3年16組。
きれいな音楽室に早めに行った男子がピアノでよくこの曲のイントロを嬉しそうに弾いていた~。
副題に”4th of July"とついているSaturday、そう、まさに今日のこと!



今はYou Tubeで観られるんですね~これは若い頃の画像だなあ。
私が初めて映像で彼らをちゃんと認識したのは80年代のMTVの
素直になれなくて」が初めてだったけど、
その時はずいぶん印象が違っていた(MTVの動画がないわ~涙)。
もちろん70年代当時はご本人映像などめったに見ることはできなかったもんね。

で、今回見つけたのが、このChicagoをコピーして演奏しているLeonid&Friendsさんの動画!
Chicagoの曲をたくさん演奏しているロシアのアーティストですが、かっこいい!
こんな記事を見つけたので、ちょっと読んでみて、あれこれ聴いてみた~

で、私はやっぱりこの曲が好きかな…当時まったく意味がわからなかった…(今もあんまりわかんない)けど、必死で歌ってみようとした思い出の曲 「Questions 67/68



ちなみにChicagoご本人たちは1967年の結成以来、メンバーの変更を行いつつ今も活動しています。










2020年07月02日

びわパフェ

ちょっと前、久々に知人のきもの屋さん、ごはん屋さんを激励に行ったときの画像。

  FullSizeRender

ほんと、着物でお出かけしない間に単衣の季節、そして、あっという間に薄物の季節!
はずれないうちにこちらでもアップ〜!

次のお出かけ、夏着物…
果たしていつになることかしら。


2020年07月01日

マスクという小さな戦士たち~コロナな日々に想うこと㉞

雨上がり。 小さな戦士たち。 きっと誰かを守ってくれた。 ありがとうね。
FullSizeRender

上のアップをFBにしたのはおよそ半月前。 関東ではまだまだ感染が減る感じではないですが。 ここ北摂でもマスク使用率はやっぱり前ほどではなく、 その代わりに地面に落ちているマスク率が相変わらず多いです。
 
FBにアップした時は「落としてしまうことがある」という反応も多かったですが、 るっこら的には「落としたとしても拾いにかえってもらえない扱い」という印象、 もしくは「打ち捨てられた」という印象が強いんですが… 色メガネで見すぎかなあ? 確かに、町のあちこちで普通に販売されるようになったし、希少価値もなくなったかもやけど あの時あの瞬間、 もしかしたらこのマスクがなかったら、という事態もなかったとは言えないのでは。 なのにこの扱いはないんちゃうかなあ、って。 

 そういえばすでに「コロナごみ」という言葉が表れているようです↓

 
とりたてて環境問題をどうこう言うのはるっこららしくないけど
まだまだ多い放置マスク、目の当たりにするとやっぱりつらい。