2016年12月07日

吉田 幸生『ソロピアノライブ』@サロン・ど・あいり

ちょっと前のおはなし。
ライブなるものに一人で行くことはないのですが、
今回「行こう!」と決めていたのは、
くまさんこと吉田幸生さんのソロピアノライブ。
くまさんは、センセの大学時代のクラブの先輩。
まだセンセとるっこらが結婚する前に
2人の行く末を案じてセンセに「しっかりせよ」と
苦言をくださったかたでもあります 笑。

ライブ当日、急遽センセも行けることになりまして、
晩秋の神戸・三宮ほどちかくの
サロン・ど・あいり」へ。

あらなんだか素敵な……

DSC_1805

でも写真は一枚しか撮る余裕がなかったわ~
目の前に並んだ可愛いお弁当に目がいって……
呑む、というよりは楽しく食べながら始まったライブ。
セットリストはくまさんのFBから引用。

1 my back pages (ボブディラン)のKeith Jarrettバージョン
2 ボヘミアンラプソディ(クイーン)
3 アディオスノニーノ(ピアソラ)

4 そらの子守唄(オリジナル)
5 屋久島の月(オリジナル)

6 ラビングドリーム(オリジナル)
7 リベルタンゴ(ピアソラ)


ふだんはシャンソンピアニストとして活躍されているくまさん。
こういうソロライブはそんなにチャンスがないのです。
今回お目当ての「ボヘミアンラプソディ」は
るっこらもグッチさんの替え歌のほうで親しいのですが 笑。


https://www.youtube.com/watch?v=ebfOheB_YrQ

もちろんこの日のくまさんの演奏、素晴らしかったです♪
オリジナルで作られた曲には泣きそうになってしまいましたし、
個人的には後半の「リクエストコーナー」も楽しくて。
くまさんのぼそぼそっとしたMCにも引き込まれるんですよね、面白くて……って、
いいのかエライ先生をつかまえてこんな感想で。
でも実はるっこら、
最近センセの実家にあるピアノにちょこっと触ってたりしてるので 笑、
いや~これがプロの指……とその鮮やかな動きにみとれてたのが主なんですがね。

さて、
このかたの奥さまは、以前お話しした着物スタイリストみっちょぶさん。
というわけで、くまさんもライブはばっちりこんな和の感じで
オトコ2人のショット 笑。
あっ、背中のピアノ紋を撮るの忘れた~!

DSC_1809


DSC_1822


ちょこんと愛くるしいボクは、お利口でライブを楽しんでいた息子ちゃんなり♪

ちなみにるっこらはこんなの。

名称未設定 1


この上にお気に入りの薔薇の市松模様長羽織着用でしたよ。
みっちょぶさんとのツーショットも撮ればよかったね~

この日ちょっと寒かったけど、楽しい夜でした♪
「ボヘミアンラプソディ」の原曲ですがQUEENのはあまりに有名なので、
るっこらはこちらを紹介。
デーモン閣下は極めて真面目に歌っておられますが
ちょっと笑えてしまうのは何故?


https://www.youtube.com/watch?v=alqFeehG_9A


2016年11月29日

晩秋の散策@南港と北浜~るっこらのFBより

何のかので11月ももう終わり!
早かったのは結構お出かけしたからかも。

こう見えて出不精なので、一度外出すると容易には帰らない!
朝から最近がんばってるエクササイズのクラスに出たあと実母におつきあい。
前回はいつ行ったかわからないほど久しぶりの「セール」へ。
久々の南港、海も空も綺麗でした。
それに先がけて行ったのが「幸せのキルト展」。
刺繍好きの母と素晴らしい作品の数々を堪能♪ 特に「世界のキルト」は圧巻!でした。
帰りはこれまたちょっと久しぶり……の青山ビル。
びぎゃらさんでは「川淵直樹展」、
遊気Qさんでは日本画の北村瑞枝さんとお話してきました。


intex


そうそう、先日の母との体験談を投稿したらアップしてもらえました。
記事のほうは→こちらをご覧くださいませね。

「京都きものパスポート」のHPです♪

2016年11月17日

”健康のおはなし”します(第2回目)”@FMハイホー「昼ドキ・木曜日」

本日FMハイホー(FM81.4)
「昼ドキ・木曜日」(12:00~13:54) という番組で
13時より15分間、ちょこっと“健康のおはなし”します。
パソコンではこちら←から聴けます。

http://www.jcbasimul.com/?radio=%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%9B%E3%83%BC

hi-ho


第2回目です。よろしくお願いします♪

2016年11月14日

庭のもみぢも色づいて~るっこらのFBより♪

ぽっかり空いた日曜日。
センセは川へ命の洗濯に行きました……
こんなときこそお片づけ、といかねばなりませんが
そこはそれ、
ゆっくり朝ご飯を食べたあと
知人のイベントに行くべきか(この場合は着物着用で)、
欲しかった図録をネットで見つけた徒歩圏の「天牛書店」に行くべきか。
迷った結果、健康重視(!)で久々のノルディックウォーキング。
たまたま和もの関連が続きましたが、
近くの古書店「blackbird books」とはしごして欲しかった本をオトナ買い。

DSC_1697

DSC_1699


新たな出逢いがあると
家での整理をがぜんがんばりたくなるメリット有り♪

DSC_1702


途中、ノルディックに詳しいご主人のいる「グランティエラ」と、
近くにあるけどなかなか行けてない緑地公園のもみぢと、
帰り道の旧いお家や路地を楽しみながら
行きそびれていた食バン専門店「春日」にも寄りました。

DSC_1695


DSC_1700


川帰りのセンセに焼いてもらったバタートーストも美味しかった。
ひとりでのんびりゆったり、もたまにはGOOD♪


2016年11月03日

古都の秋~ちゃっかり、きものパスポート@金閣寺&堂本印象美術館

急速に秋、深まって。
この時期、涼しくなるとやたら動き出す、というのは
毎年のことのようです。

義母の次は実母、と
身内ネタが続いてしまいますが
決して親孝行をひけらかしたいわけではございませんよ 笑。
るっこらは欲張りなので、自分も楽しんでしまおう……というわけで
今回、夏に91歳を迎えたものの、
ひとつ違いの兄(伯父)を亡くし、ちょっと弱気になりつつある母を
久々の京都に連れ出し、さりげな~く自分が行きたかった場所へといざなうのが目的。

今回行きたかったのは、こちら。

DSC_1469


京都は北区、きぬかけの路にある堂本印象美術館です。

母方の祖母が京都の出ということもあって
京の街なかにはかなり詳しい母なのでいつも安心しているのですが、
実は北山辺りに関しては母もよく知らないらしい、
ということが直前にわかり、あせったるっこら。
何せ年寄り連れということで、バスがもし混んだら……
人が多すぎたら……といろいろと悩みつつ
まずは意外なことに、これまた母が行ったことがなかったという金閣寺へGO。

DSC_1461


DSC_1458


いや~、修学旅行学生と遠足小学生、
そして海外からの観光客でごった返しておりました……が、
母はしごく上機嫌、老若男女をかき分けるようにしてお庭を散策、はいポーズ 笑。

DSC_1463


そしてるっこらは、
6,7年前のお遍路さん以来になりますが、
久々に再開したご朱印をいただくことに。

1478088270609


その間、急に姿が見えなくなった母、
なんとベトナムからの旅行者さんに依頼されて
ちゃっかりツーショットにおさまってるし!
いや~何語でコミュニケーションを取ったやら、
驚くべき社交術、脱帽!

さて、金閣寺をあとにして向かった美術館の展示はこちら。

DSC_1471


何度か前を通ったものの、入れたのは初めて。
富士山好きのるっこらにとって
堂本印象画伯といえば
木華開耶媛」の作者というイメージに直結していたのですが
今回この美術館を訪れてその考えが浅かったということを知りました!

下記、HPより転載しますと、
印象は日本画だけでなく、油彩による家族の肖像画シリーズ、旅先の風景を瀟洒にとらえたペン画なども描いたことに加え、茶道具類の絵付けから豪華婚礼衣装の下絵までジャンルを超えた様々な作品を手がけました。1966年(昭和41)に開館した当館も印象自身によるデザインです。本展では、印象の知られざる工芸品や商品デザインなど様々な作品を入り混ぜ、その多彩で華やかな活動の軌跡を紹介します。

今回は、そういう画伯の多岐にわたる作品の数々を
いろんな角度から紹介するという楽しい企画ですが、
中に入ると、周りにひしめく観光客や学生たちの喧噪が嘘のよう、
あくまでひっそり、ゆっくりと作品や館内を観て回れたのはラッキー♪
ことに動画を上映しているサロンは、
左大文字から東山三十六峰を遠く見渡す絶景、
眼下には画伯自身のアトリエも見下ろせる落ち着いた空間。
母と貸切状態でのんびりと過ごすことができました。
来年1月からはリニューアルのためしばらく閉館するそうなので
もう一度くらいは足を伸ばしたいなあと思いました。

さて、写真を母に頼むのはなかなか勇気がいるので
るっこらの自撮りはこちらで。

DSC_1472


そういえば2年前京都に来たとき、
この羽織を母が着てたっけ。
この時期、京都やっぱり素敵。
あ、今回「きものパスポート」も駆使いたしましたよん。
美術館無料、はさすがに魅力的なり♪