たとえば、お留守番ができないわんこがいたとして、その対処として

①いついかなる時もお留守番をさせない
②お留守番ができるように練習する

どちらがわんことその家族にとって幸せ?

たとえば、クレートに入れると出たい!出たい!と吠え続けるわんこがいたとして、その対処法として

①一生涯クレートに入れない
②クレートトレーニングする

どちらがわんことその家族にとって必要?

一生お留守番をしないで暮らせるか、というと、一般的にはちょっと難しい。
一生クレート(ケージ、サークル含む)に入らないで暮らせるか、というと、これもちょっと難しい。
災害があって避難所生活をする可能性は高くないとしても、年をとって入院する可能性は低くない。
そうしたときに、病気(痛みとか)のストレス、治療のストレスに加えて、ケージ暮らしのストレスが加わったら、治るのも遅くなるかもしれないのです。

わんこを想うのなら、
本当の幸せを、その場しのぎではなく、長い目で見てあげることが必要だと思うのです。
わんこを家族と思うなら、わんこが大切な存在なら、ぜひ。


 ▼このくらいから勉強していただくと、将来は幸せしかにゃいです
IMG_8270(1)






よろしければこちらをポチっとお願いします↓過去のブログのアーカイブはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/gooddoglabo/

★ここに登場するBuddy以外のわんこエピソードは、ご家族の方が「うちのこのことでどなたかのお役に立てるなら」というご理解をいただき書かせていただいています。
これぞ真実の💓わんこ愛💓
皆様のご快諾とっても感謝です!