ブログネタ
ニンテンドー3DS に参加中!

タイトル

今こそ、エデンの戦士たちを再評価するときだ!


本日2013年2月7日(木)。いよいよニンテンドー3DS用ソフトとして、リメイク版『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』が発売される。2000年にプレイステーションで発売されてから12年。再び、任天堂ハードにエデンの戦士たちが凱旋したというのは感慨深い。一般的に、賛否両論といわれている本作だが、その魅力をきちんと理解してプレイすれば、実はかなり革新的な作品だということにすぐ気づくだろう。今回は、本作を遊ぶ前の事前知識として、本作の魅力をまとめてみた。



slime理由その01  冒険のない世界からはじまる冒険譚
redline

ドラクエ7は、これまでのシリーズとまったく違うところから始まる。世の中に魔物が一匹も存在しない。だから、主人公たちにとって、「魔物」や「冒険」は絵本の中の出来事でしかない。そう、あの禁断の扉を開けてしまうまでは…。


slime理由その02  最初の強敵は、スライム
redline

シリーズの伝統の通り、本作も最初に戦うモンスターはスライム。だが、主人公たちは魔物と出会うことすらも初めて。武器らしい武器も持っていない。中ボスの曲で戦うスライム戦を体験できるのは本作だけ!


slime理由その03  ファミコンゲームへのオマージュ
redline

本作の特徴である「石版」。割れている石版を集めて、台座に納めると、別世界にワープする。これは、カセットを本体に挿しこむといろいろなゲームが遊べたファミコンへのセルフパロディでもある。


slime理由その04  小さな物語が断続してつづいていく
redline

本作はスタート地点から広大な世界へ旅立っていくというシリーズの伝統を破壊!小さな物語が断続的につづいていく。「今日はここまで」というやめ時が分かりやすく、社会人に優しい設計!


slime理由その05  小さな物語は、やがて壮大な叙事詩へ
redline

ショートストーリーばかりかと思いきや、それらを繋いでいくとやがて壮大な物語が見えてくるという仕掛けに。物語り全体の規模は、ロト三部作を軽く超えるほど。


slime理由その06  「日常」⇒「非日常」 を行き来するRPG
redline

これもシリーズ史上初の試み。主人公たちは平和な「日常」と、魔物が跋扈する「非日常」を交互に行き来しながら、何者かに隠れされた世界の謎に挑んでいく。


slime理由その07  そして、日常が侵食されていく恐怖!
redline

平穏だったはずの「日常」は、物語が進むに連れて少しずつ変化が起きていく。いままでは「非日常」の産物だった魔物たちが「日常」にも姿を見せるように…!しかも、その引き金を引いたのは自分たち!


slime理由その08  シリーズ初のタイムトラベル物
redline

過去の歴史を変えることによって、現在の世界を改変していく。これをくり返していくことにより、世界は少しずつ本来の姿を取り戻していく。


slime理由その09  少年は、旅先でさまざまな人間の業を知る
redline

魔物たちは人間を支配するために、心のスキをついた攻撃を仕掛けてくる。それによって、運命を狂わされていく人々をエデンの戦士たちは見ていくことに。イベントクリアしても幸せになれないという話も。


slime理由その10  別れの時は、とつぜんやってくる
redline

パーティーの主戦力であり、いつもみんなを引っ張っていたリーダーがまさかの脱退!? しかし、よく思い出すと序盤のほうでこの事態を匂わせる意味深な発言が…。


slime理由その11  そして少年は、自分の足で歩き出す
redline

リーダーの脱退に伴い、新リーダーのバトンを急に渡されることになった主人公。いつも自分を引っ張ってくれていた彼はもういない。自分の意思で前に進まなければならないという“成長”が描かれる。


slime理由その12  時をこえて、世代を超えて、想いは届く
redline

弟分を心配する兄貴分の想いは、時をこえて、世代をこえて、新しい戦士の姿となって主人公たちの前に現れる。彼の子孫は、彼と同じ技を持ち、主人公をサポートしていくことに。


slime理由その13  神が見捨てた世界
redline

魔王に対抗する力である神は、すでに世界のどこにも存在しなかったという絶望。


slime理由その14  マリベルがすっげー可愛い
redline

話しかけるといつも主人公に当たってくるマリベル。しかし、彼女は一度も音をあげない。きつい言葉の裏には、主人公を叱咤し、心配する様子が垣間見える。そして、最後の最後のある一瞬だけ本心をもらす。


slime理由その15  石版からはじまり、石版に終わる
redline

中盤の展開の意味をよーく理解しておくと、エンディングでグッとくる。



ブログ代表
ネタバレを含む記事を読みたい方は、「ここ」をクリックしてみてくれ。


1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!