2007年06月

2007年06月28日

UDON(2006年、東宝)

UDON制作者側の思い入れがあまりに強い映画の場合、観客を引かせてしまうことがある。また逆に、制作者の思い入れがあまりに感じられない映画の場合、ストーリー云々の前に白けてしまうことがある。本当に、映画って(小説も、テレビドラマも)奥が深くて面白いものだ。この「UDON」は香川県出身の本広克行監督が「ソウルフード=うどん」を思い入れたっぷりに、熱く、熱く作り上げている。まるで、釜揚げうどん大盛りみたいに。続きを読む

goodkage3 at 17:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 星4 

2007年06月26日

選挙(2007年公開中、アステア)

選挙日本における選挙運動が、いかに奇異なものであるか。2005年秋、自民党から川崎市議補選に立候補することになった「山内さん」。自分の考えで政策を訴えたいと思うが、党からは「3秒に1回、必ず名前を言え」、「『妻』と呼ぶな。『家内』と呼べ」など、細かい「ドブ板選挙」の指示が飛ぶ。英題「CANPAIGN」、ニューヨーク在住の想田和弘監督。続きを読む

goodkage3 at 11:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 星4 

2007年06月25日

カスタムメイド10.30(2005年、クロックワークス)

カスタムメイド10.30東京ドーム以降、各地に建てられたドーム球場のフィールドの内寸は、東京ドームを基準にしているのだと聞いたことがある。その理由は、主目的であるはずの野球のためではなく、東京ドームにやって来る外タレのドームコンサートのセットをそのまま使えるようにするためだそうだ(詳細は未確認)。そのためか、ドーム球場では日本縦断で様々なイベントが催されているし、西武球場(現グッドウィル)での渡辺美里のコンサートなどもよく知られている。そんな中、我らが広島の市民球場は? 続きを読む

goodkage3 at 03:29|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 星3 

2007年06月22日

グエムル 漢江の怪物(2006年、韓国ハピネット)

グエムル韓流はあまり詳しくないんだけど、ソン・ガンホっていい役者だなあ。この映画、「韓国初の本格怪獣映画」的な宣伝文句だったように思うけど、そういうパニック・アクションではなく、怪獣を媒介にした家族愛を描く作品だと思った方がいいと思う。そう考えれば、怪物グエムルが何のもったいつけもなく冒頭からガンガン登場してくる意味も、理解できるってもんだ。続きを読む

goodkage3 at 03:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 星4 

2007年06月21日

ラフ(2006年、東宝)

ラフ教師役はベテランの職業俳優。取り巻く生徒たちは「なるべく素のままでいい」と言われ、素人っぽさを演技で出す。そのなんともいえないバランス間の上に立つドラマが、NHKの「中学生日記」。そうさ、「中学生日記」なら素人っぽさも魅力だろうさ。けど、劇場で公開する映画となれば、素人っぽさを笑って済ますわけにはいきますまい。続きを読む

goodkage3 at 04:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 星2 

2007年06月20日

スキージャンプ・ペア8(2005年)

スキージャンプ・ペア8
一世を風靡…したのか、そうでないのかはよく分からないけど。たまに無性に観たくなる。DVDを購入したのはシリーズ第3弾のこれと、劇場版の2本。あー、初期のやつも観たいときがあるんだよなあ。セブンイレブンの「ベスト版」なるものを購入するか、それとも今さらながらDVDボックスに手を出すか。
続きを読む

goodkage3 at 02:27|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 再観賞 

2007年06月19日

ゴジラ FINAL WARS(2004年、東宝)

ゴジラ FINAL WARS1954年から始まったゴジラ映画の第28作、公式発表では「ラスト作品」。今は邦画市場が活況だからいいけど、下火になったら「困ったときにはゴジラでも」となりそうな気もする。ともかく、ゴジラ誕生50年記念の集大成。続きを読む

goodkage3 at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 星5 

父親たちの星条旗(2006年、米WB)

父親たちの星条旗劇場公開は「父親たちの星条旗」、「硫黄島からの手紙」の順。けど「父親たち」を劇場で観られなかったので、私の心の中での公開順は逆。さてさて、どうなるかな。続きを読む

goodkage3 at 03:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 星4 

2007年06月18日

ミッション:インポッシブル(1996年、米パラマウント)

ミッション:インポッシブル映画は雑食系なもんで、おどろおどろしいホラー以外のジャンルはどれでも観るのだけど、「ミッション:インポッシブル」は未体験。先ごろ公開された作品を含めすでに3作がレンタル店にも並んでいるが、まずは最初から勉強。このブログは自動的に…消滅しません。続きを読む

goodkage3 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 星5 

2007年06月17日

グレムリン2 新・種・誕・生(1990年、米WB)

グレムリン2グレムリンから6年、続編の映画。第1作を観たとき、格別にいい映画だとは思わなかったので、続編が公開されたときには「へぇ〜」という感じ。第1作公開時に高校生だったはな垂れ小僧は、いつの間にやら大学4年となり、ひとり暮らしを謳歌していた。当時見た予告編では、ランボーをパロってギズモが弓矢で敵を討つシーンが印象的だった。続きを読む

goodkage3 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 星3 

2007年06月16日

グレムリン(1984年、米WB)

グレムリン何で今さらグレムリンなん?という疑問もあるでしょうが。私にとって思い出深い映画なのだ。高校1年の私、初のデートで選んだのがこの映画。1984年12月から公開され、映画館に行ったのは冬休み中の1月の3日だか4日。話題の映画だったこともあり、劇場は親子連れを中心にギュウギュウのすし詰め状態。2人で壁に張り付くように立ち見したことを思い出す。

続きを読む

goodkage3 at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 星4 

2007年06月15日

日本以外全部沈没(2006年、クロックワークス・トルネードフィルム)

日本以外全部沈没昨年の東宝「日本沈没」のリメイク映画化に合わせ、便乗人気を狙ったパロディ映画。原典の小松左京は映画化を許可、原作の筒井康隆は自ら出演している。監督は、あの「コアラ課長」「ヅラ刑事」の河崎実。続きを読む

goodkage3 at 03:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 星3 

2007年06月14日

Watch with me〜卒業写真〜(2007年公開中、T・JOY)

Watch with me 卒業写真ハイファイ・セット(ユーミン)の歌をバックに、北部九州の方言が飛び交う。予告編を見たとき、胸のきゅーんってなったもんね。映画の内容はよく知らなかったけど、「卒業写真」と「聞き慣れた方言」の2つの要素があるだけで、もう劇場に行くしかなかとです。続きを読む

goodkage3 at 23:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 星3 

ディパーテッド(2006年、米WB)

ディパーテッド香港映画の名作「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイク版。最近のハリウッド映画のリメイク版はがっかりさせられることが多い。「インファナル・アフェア」のオリジナルがかなりいい出来だったので、ディパーテッドは観るべきかどうするか悩んだ。結局、劇場公開時はパスし、DVDにて自宅で鑑賞。続きを読む

goodkage3 at 03:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 星4 

2007年06月13日

めぐみ 引き裂かれた家族の30年(2006年、米GAGA)

めぐみ1977年11月、突如新潟から女子中学生が姿を消した。家出か、誘拐か、それとも…。当時から現在までの約30年間を、横田めぐみさんの両親、滋さん早紀江さんへのインタビュー、ニュース映像を中心に振り返るドキュメンタリー。続きを読む

goodkage3 at 02:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 星4 

2007年06月11日

フラガール(2006年、シネカノン)

フラガール今から20数年前、中学時代の後輩に「トキワ君」という名の子がいた。「常磐」という字で、先輩からは「ジョウバン」という名で呼ばれていた。記憶が定かではないのだけれど、このフラガールの舞台となった「常磐ハワイアンセンター」は、テレビCMだったか、何かの番組のロケに使われていたんじゃないかと思う。だからこそ、「トキワ君」に向かって先輩たちが「ジョウバン」というニックネーム(っていうか読み間違い?)を付けたような気がする。曖昧な記憶ばかりですみませぬ。続きを読む

goodkage3 at 02:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 星5 

2007年06月10日

名探偵コナン 迷宮の十字路(2003年、東宝)

名探偵コナン 迷宮の十字路名探偵コナンの劇場版第7作。十字路は「クロスロード」と読まないと、子どもに笑われるから気をつけよう。京都を舞台に、服部平次の初恋相手探しと、仏像窃盗・殺人犯捜しの2つのテーマを軸にストーリーが進む。続きを読む

goodkage3 at 03:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コナン | 星4

2007年06月09日

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド(2007年公開中、米ディズニー)

パイレーツオブカリビアン ワールド・エンドカリブの海賊の謎が全て明らかになる! 3部作完結編(らしい)。ジャック・スパロウ船長がクラーケンに捕まってからどうなったのか、10カ月も待たされたもんね。
記事タイトルの最後は、配給会社名を書くのを基本としているけど、カリブの海賊シリーズはブエナ・ビスタとせず、あえて「ディズニー」で。ディズニー映画であるということを忘れんようにしとかなきゃ。
続きを読む

goodkage3 at 21:45|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 星3 

イヌゴエ 幸せの肉球(2006年、AMG)

イヌゴエ 幸せの肉球だんだん蒸し暑くなりつつある現在、そんな季節にこそ、こういう癒し系邦画でほっとしたいところですな。

続きを読む

goodkage3 at 04:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 星4 

2007年06月08日

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト(2006年、米ディズニー)

パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェストカリブの海賊3部作の最終作?(まだあるかもね)は、これまでのエピソードを解いていくらしいのだけど、かなり難解な内容だそうだ。そんなわけで、夜勤を終え、軽く飲み、寝る前に復習観賞会。観ているうちに娘が学校に出掛けてしまった。寝不足状態で観ても、笑いとアクションなど見るべきところは多く、一気に観てしまう。そろそろ、満を持して「ワールド・エンド」を観に劇場に行くか。続きを読む

goodkage3 at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 再観賞