転職での志望動機の書き方について

転職での志望動機の書き方

転職活動には、履歴書が必ず必要となります。
履歴書に書くなかでも、志望動機が最も重要なもので、魅力を感じるような内容であれば、採用担当者も会ってみたいと思うはずです。

さて志望動機には、必ず書いた方がいいことが3つあります。
1. その業界の魅力について
成長性、社会性など、自分が魅力を感じた点は、どの部分でしょうか。
特に異業界から転職する際は、今までの業界にはない魅力を強調するといいでしょう。
その業界に対して魅力を感じたかは、必ず書いておいた方がいいポイントです。

2.会社の魅力について
いろんな会社の中で、その会社をなぜ選んだか、の理由を書きましょう。
経営理念、方向性、価値観、など自分と共感できる部分が必ずあるはずです。

3.仕事の魅力について
魅力を感じるところ、やりがいを感じるところなど、仕事の魅力について述べましょう。
イメージとして、自分が実際に仕事をすることを、具体的に書くことが大切です。
そのためにも、ホームページや求人票を見て、業務内容がどのようなものがあるかということを、しっかり把握しておきましょう。

以上を踏まえれば、しっかりとしたオリジナルの志望動機ができるはずです。



保育士求人と条件について

保育士求人と条件

保育士の求人は、少子化の影響で減少していますから、求人情報をとくにチェックしておき、求人、転職情報サイトに登録しておきましょう。

保育士になりたいと思ったのは、なぜでしょうか。
もちろん、子どもが好きと言うのは当然でしょう。
でも仕事ですから、好きだけでは続けていくことができず、理想だけでは生活していくことは、できないでしょう。
給与や就業条件も大切です。

保育士の資格を持っていなくても、いろいろな仕事があります。
インターネットでたくさん募集しているようです。
少子化だとしても、やるべきことは減っていないのです。
保育士の資格を持っていない人の場合は、働きながら保育士の受験をサポートしてくれる職場もあります。

地域限定の保育士求人情報を、見てみませんか。
まずは情報を収集しましょう。

転職支援サイト リクナビ薬剤師について

転職支援サイト リクナビ薬剤師

薬剤師の転職支援サイトに、業界最大手とされる「リクナビ薬剤師」があります。
リクルートが運営しているサイトで、プロの専任アドバイザーもいます。

アドバイザーに求人先を紹介してもらうために、登録する必要があります。
登録も紹介も無料で利用できます。

サイト内には、紹介されていないマル秘の好条件求人もあり、お得です。
求人先との給与、勤務時間などの、条件交渉も行ってくれます。

このサイトは条件別の検索がしやすいのも特徴です。
・都道府県別求人検索
・プレミア求人検索→採用意欲の高い求人先をまとめています。
・人気条件別検索→年収600万円以上、土日休み、駅の近くで通勤に便利、など人気求人先をまとめています。
・業種別求人検索→病院、薬局、ドラッグストア、企業など業種別の求人先をまとめています。

薬剤師求人プレミアでは、求人傾向、生の転職体験談なども掲載しています。
転職成功例は、転職を考える人におおいに参考になると思います。












IT業界への転職とスキルアップについて

IT業界への転職とスキルアップ

IT系の仕事をするためには、常に最新情報が必要ですし、既修得技術も、スキルアップしなければ使いものにならなくなる、可能性もあります。

IT業界への転職を希望するのであれば、「仕事をしながら勉強もする」この覚悟が必要でしょう。
また、IT業界の仕事はどこもハードですから、その方たちが入れ替わり別の会社に転職することで、どこの会社もブラック企業と呼ばれるような、社員を酷使する傾向になってしまっています。

こうした業務内容に疑問を持ち、まったく異なった社風にしようとがんばっている、新しいIT企業もあります。
健全なIT企業に勤めたい方は、そうした新しいタイプの企業を探すと良いでしょう。

ママさん技術者の再就職を、応援している会社もあり、そのような会社は、子育てと両立できるような体勢も取られていますので、探せばホワイトな企業もあるのです。

どうしてもIT業界への転職を希望する方で、プライベートも家庭も充実させたいという方は、そのような待遇の会社をとことん探してみましょう。





WEBデザイナーの面接での質問について

WEBデザイナーの面接での質問

WEBデザイナーが転職などの面接の際に、よく聞かれることを見ていきましょう。

・どうしてWEBデザイナーを目指そうと思ったのか
・これまでWEBデザイナーとして、どのようなスキルや技術を身につけてきたか
・なぜ今までの職場を辞めて、この職場を選んだのか

将来を見据えたビジョンや、さらなるスキルアップのためなど、ポジティブな内容の方が相手に好印象を与えます。
面接の際に聞かれる質問は、ある程度パターンが決まっているので、あらかじめよく対策を練っておくようにしましょう。

転職フェアを活用しようについて

転職フェアを活用しよう

企業担当者と会い、いろんな話を聞くことができるだけではなく、転職フェアは多くのメリットがあります。

・書類上では、ハンデがある人でも、「人物」をアピールできるチャンスである
この機会でいい印象を残すことができれば、後日その会社に応募した際、書類選考の通過する確率が高まるかもしれません。

・キャリアカウンセリングを受講できたり、転職ノウハウを教えてくれるコーナーもある
求人企業のブースの他にも、キャリアコンサルタントなどに相談することのできるコーナーが、設置させていることもあります。

・来場者たちの姿を見て刺激を受けて、「仲間」を作ることができる

転職をする時の注意点について

転職をする時の注意点

転職の際のコツとしては、なぜ自分は転職を希望しているのかを明確にしておくことです。
じっくり転職したい理由を把握しておくことがポイントです。

これから転職をする時の注意点としては、転職して年収を上げたいという経済的理由は誰しもがあると思いますが、お金を意識しすぎると判断を誤ることがあるということです。
報酬が多いと思ったら実は営業のノルマがきつかったり、完全能力給制であったりして苦労する可能性もあるのです。
落ち着いて自分の実力を活かせる職場を探して転職先に移りましょう。

良かったと思える転職をする為には、自分の今までの経験を活かせるキャリアップのための転職が望ましいです。

ぜひともその職場で力を発揮するように、普段から仕事に関連した勉強時間などをもうけたり、資格試験を取得することを目標にしてみたりして、前向きに行動していきましょう。 看護師 おすすめ 転職サイト テープライター 資格講座 がくぶん

MR転職の支援サイトについて

MR転職の支援サイト

MRの転職に関する支援サイトが増えています。
これは日本に進出した外資系製薬企業が積極的に中途採用を展開しており、日本の製薬会社も優秀なMRの獲得を迫られているせいではないでしょうか。

MRはMedical Representativeの略で医薬情報担当者を意味します。従って、単なる営業とは異なり、医師に対して自社の医薬品に対する安全性や副作用などの情報を提供する高い能力が要求されるわけです。

MRの仕事は間接的にではありますが、人の人命に関わる仕事です。
その意味でやり甲斐がある仕事であるといえますし、反面非常に責任が重い仕事でもあります。
いい加減な気持ちで取り組むことができないため、厳格な倫理観が要求されます。

また、医師との密なコミュニケーションを絶えず図る事も重要な仕事の一つ。
信頼を得る事なくしては、情報の提供、収集、伝達が出来るはずがありません。 治験コーディネーター 薬剤師 薬剤師 福利厚生 研修制度充実

介護福祉士の資格と就職・転職について

介護福祉士の資格と就職・転職

介護福祉士は、社会福祉士、精神保健福祉士の3つを合わせて、三福祉士と呼ばれています。
1987年に創設された国家資格です。

介護関係の学校を卒業すると、自動的に介護福祉士の資格が与えられるようになっています。
しかし、介護職に就職しない若者が多いのが実態で、介護の現場では介護福祉士が不足しているのです。
あなたは介護福祉士になろうと思いますか。

自分がどのような仕事をするかによって、その必要な資格は変わってきます。
これから介護をやるためには、介護福祉士の資格は必要と考えておくべきでしょう。
もちろん、資格以前の問題として、介護の現場の理解を高めることが大切です。

専門的知識及び技術をもって、介護を行うことができると認定されています。
就職・転職活動の場は、養護老人ホームやデイケアセンターなどです。
介護職を必要とする現場は、どこでも介護福祉士の働き場所と言えるでしょう。

さて、現代の介護福祉士は、看護師などと同じ社会的な地位を得ているとは言えません。
つまり、看護師にはそれなりの地位があるのですが、介護福祉士はそれよりも下に見られることが多いので
す。
その業務内容の過酷さのために、離職率が高いことも、周知の事実です。

介護職への転職・就職と資格について

介護職への転職・就職と資格

介護職に関する資格は、いろいろたくさんあります。
一番ポピュラーな資格は、ホームヘルパーですね。
1級と2級があり、2級は専門学校などで簡単に取得することができます。

そのほかの専門的な資格を見ていきましょう。
介護福祉士、介護支援専門員、理学療法士、社会福祉士、臨床心理士などです。
それぞれの資格に応じで、できる仕事の内容が異なってきます。

資格を取得しておくことで、就職・転職の際や職場での仕事内容について、有利な立場になることができます。
もちろん、その職場での資格の取り扱い方は、それぞれ異なっていますから、仕事を探す段階でチェックしておくことが大切です。

介護職の求人は、ここ数年間高水準で推移しています。
つまり、いつでも就職・転職できるということです。
その上、資格を武器にして、少しでも給料の良い職場を探すことができるのです。