第8オレンジ惑星

巨大娘メインのイラストブログです

2014年12月

zushin1

年の瀬に大きな娘さんを落描き。下乳に見惚れる間もなく一撃で潰されてしまいますね。
威圧感を与える表情を!と思って描いたら何だか怖くなりすぎた気が・・・。

気がつけば明日で2014年も終わりです。
11月くらいからイラストを公開し始めて思った以上に多くの方から反応を得られており、驚きと共に大変感謝しています。来年も自分の描きたいものばかりお見せする事になると思いますが、お付き合いいただけると幸いです。

それでは、良いお年を!!





時雨沢恵一著・「ソードアート・オンラインオルタナティブガンゲイルオンラインⅠ-スクワッド・ジャム-」を読みました(タイトル長い…)。

あらすじに書いてあった身長183cmの女子大生って時点でAmazonのカートに即投げ入れました。
黒星紅白氏の表紙を見てレジ精算を光速で終わらせました。

なんて書いてみましたが、内容は銃撃戦の描写が中々濃いいお話でした。ソードアート・オンライン自体はアニメで観ていたので大体の世界観なんかはわかっていたというのもありますが、全くの初見さんでも問題なく読めると思います。やたらと銃の説明が細かいなーと思っていたら時雨沢氏がソードアート・オンライン二期の銃器監修をやられていたんですね…。納得。ストーリーは適度にミスリードをさせてくれるところもあり、最後まで結末の読めない熱い戦いが繰り広げられています。

さて、サイズフェチ的な描写ですが、実はあんまり出てきていません。勿論そういった層に向けて書かれている作品では無いので当然といえば当然ですが。最初の主人公の姿が出てくるところに全身像、最後のところで身長差を出してくれるところがあります。身長差の挿絵はグッと来ました。最後まで読んでいると、その時の台詞も合わせて尚のこと良いです。






イラストあげました。
放尿絵は初めて描きましたね。
湯気だけだと温泉かと間違うくらいに大量に出してくれています。
拙文ですが、このイラストを元にSSを書いてみました。

=====================================================================
「うぅ~どこかにトイレ無いかな・・・」
真冬のある早朝、一人の女子校生がトイレを求めていた。
日直の為早くに家を出てきたのだが、この寒さで急にもよおしてきてしまった。
少女の通学路の途中に民家はほとんど無い。大部分は山や畑に囲われている田舎町だ。
「そういえばあそこならいけるかも・・・」
若干内股気味に歩を進めながら、少女の頭に用を足せる場所が思い浮かんだ。


少女が訪れたのは林道を抜けた先にある廃校だった。
誰も居ないことを確認し、少女は敷地内のプールへと急いだ。
プール内には3分の1程度水が入っている。長年放置されていたようで大分汚れている。
「うん、ここなら大丈夫そう」
そう呟くと、少女はプールの中へ足を踏み入れる。
ズゥン・・・ズゥン・・・
はるか上空から降ろされる巨大なローファーに包まれた足。
少女は身長150メートル近い巨人だった。
本来ならもよおした際には専用のトイレに行くことになっているのだが、
今回は緊急事態。その辺に垂れ流すよりはまだマシだろうと思い、ここを選んだ。
「誰も来ない内にすませないと・・・」
スカートの中に手を入れ、パンツを下ろす。
冬の冷気に触れる面積が増えるととなお一層尿意が増す。
プールを跨ぐようにしゃがみ込む。プールの全長よりも巨大な横幅を持つ桃尻が地面に接近する。
もし彼女の真下にいれば、それだけで腰を抜かしてしまう程の迫力だろう。
そして、ブルッと短く身体を震わせた後に「放水」が始まった。
ドォォォッッ・・・
薄っすらとした黒い茂み付近の割れ目から大量の黄金水が放たれる。
ちょっとした滝よりも勢いがあり、ドボドボとプールの中へ注がれている。
多少の水があれば水洗トイレ的な役割を果たしてくれるかもと期待していたが、
大量過ぎる尿の前には意味をなさず、辺りには強烈なアンモニア臭を漂わせていた。
もっとも彼女の顔の高さまではあまり臭ってこないようだ。
「ふぅ・・・助かったぁ・・・」
1分近くに渡り放尿を続けた後、少女は安堵の表情を浮かべて一息ついた。
尿の排出先となったプールはほとんど黄色く変色しており、あたりにはもうもうと湯気が立ち込めていた。
なみなみと注がれた黄金水は今にも溢れそうだ。
「そろそろ行かないとね」
プール横に置いた鞄からポケットティッシュを取り出し「放水口」をしっかりと拭く。
立ち上がりパンツを履くと、プールを軽々と跨ぎ超えた。
ドシンドシンと地面を揺らしながら通学路へ戻る少女。
少女の起こす地響きに合わせて、プールに残された尿の池が波打っていた。
=====================================================================

poodeoshikko

甘城ブリリアントパークの11話にちらっと出てきたモブ子さん。
ショートで巨乳でちょっとクールそうな感じがたまりません。
おまけに周りのキャラと比較してみると割と背も高いようです。死角が無い・・・。
是非とも彼女に更なる出番を!

甘ブリ_水着モブ子

イラストあげました。
先日からネットで話題になっている例のタートルネックを後輩に着せてみました。
先輩との体格差がおかしなことになっているのは気のせいです。
先輩が縮小しているのか後輩が巨大化しているのかはお好きにご想像下さい。

keyhole

↑このページのトップヘ