第8オレンジ惑星

巨大娘メインのイラストブログです

カテゴリ: サイズフェチ的作品紹介

※ネタバレありますのでご注意下さい。

放送時見逃してしまった事もあり、ヴァルキリードライブマーメイドの3巻を買ってしまいました。
買ったのは発売日の直後くらいなのですが、仕事などでバタバタしている内に観るのが後ろ倒しになる体たらくでしたが、ようやく観れたのでぼちぼち感想を。

32


この巻に収録されている5話で、何かのきっかけで巨大化してしまった未弐見(みにみ)にみという少女が出てきます。はい、この話目的で購入しました。

で、ここからサイズフェチ目線での感想。話す声にもしっかりエコーがかかっており、歩いた際の地響きの揺れ具合や音も十分に重さが伝わってくる素晴らしいものでした。その他には、何本ものドラム缶に入ったカレーを一人であっさりと平らげてしまったり、海水浴で勢い良く飛び込み凄まじい水しぶきをあげる、ウォータースライダーの台となる等、個人的に見どころ満載でした。はたまた眠っている間に身体は更に大きくなり、それまで身に着けていた水着が弾け飛ぶシーンもあり、EDを迎える前から満足してしまいました。

後半はその大きくなった身体で盛大に転んだり、その娘のパートナーである女の子を胸で受け止めたりと、前半に負けず劣らず満足出来るものでした。普通サイズで、ですが同じディスクに収録されている6話にも出てきます。

作中では乳輪付近の血管までしっかりと描かれており、その描写の細かさには驚かされました…。


VALKYRIE DRIVE - MERMAID - 03 [Blu-ray]
井口裕香
KADOKAWA メディアファクトリー
2016-02-24

「ジャングルDEいこう!」というOVA作品があります。1997年に発表され、2003年にはDVDでまとめて出ています。

ものすごくざっくり粗筋を説明すると、主人公の10歳の女の子が、花の巨乳精霊ミイになって様々な騒動に巻き込まれていく、というお話です。

全部で3話収録されているのですが、その3話目に主人公が巨大化して怪獣と戦うシーンが入っています。人間サイズでもぶるんぶるんと豪快に揺れる乳が、巨大娘のものとなれば迫力満点です。身体の重みで道路ごと地下鉄の駅まで踏み抜いてしまったり、そのまま転んで巨体がビルに倒れんだり、胸の谷間で人を押し潰したりファインプレー連発してくれています。正直ストーリー展開は無茶苦茶なものが多いですけどね。90年代アニメ的な絵柄ですが、キャラクターはむちむちだし、巨大化した際の重量感溢れる描写もしっかりなされています。見応えは充分あると言えます。なお、ドラマCD第1巻によれば、ミイのスリーサイズはB114-W59-H90だそうです。

私自身が初めて購入した巨大娘を取り扱ったアニメということもあり、個人的には物凄く思い入れ深い作品です。あの当時はまだネット通販も一般的でなかったし、そもそも自分のカードや銀行口座を持っていませんでした。代引きだと家族に不審に思われる可能性があったので、わざわざ都内の大型書店まで買いに行った覚えがあります。懐かしい。

このDVD自体は現在廃盤になっているようですが、またこうした巨大娘ものの作品がもっと出てきてくれると嬉しいですね。ニッチな市場のはわかっていますとも・・・。

Mii

はい!大好きです!

というわけで大きな女の子がたくさん出てくる漫画の紹介というか感想です。
現在月刊キスカで連載されている「大きい女の子は好きですか?」という作品です。ビル並みに大きい巨大娘モノではなく、現実世界であり得るレベルの長身少女たちを描いた漫画となります。

姉の差し金で、大学の女子バレー部の寮で働くことになった主人公。バレー部ということで部員は部長を除いて全員高身長。明確に何センチと描かれてはいませんが、電車の吊革のぶら下がっている棒が目の前にくるくらいですから2メートル近くはあると推測できます。

IMAG0368
電車ではこんな感じ。大きいですね。

あとはエロ漫画的な展開で、色んな女の子とあれやこれやしけ込みます。が、決して雑な話の進め方ではなく、きちんと1人1人の心情を描いてくれています。

ストーリーもしっかりしているのですが、やはりサイズフェチ的にこのような長身美女たちに囲まれるシチュエーションに関心がいってしまいますね…。
IMAG0369

基本的に皆主人公より大きいので、このような「ずん」みたいな重たい効果音が入ります。こういう重さを出す音はたまらなく好きです。ズゥンとかドシンとか。リアルGTSならズシッも有りですね。細かい描写も行き届いています。

高身長爆乳であれば、ハグされるとこんな状態になります。
IMAG0370

もう顔より大きいですからね。仮にこんな乳でビンタなんかされたら一撃でノックダウンされそうです。

画力も申し分なく上手いし何よりエロい。まだ連載が続いているようですので、続刊を楽しみに待ちたいと思います。


↑このページのトップヘ