2008年11月13日

1 ニルギリとは?

おいしい紅茶 癒しと健康【おいしい紅茶の種類】
 1 ニルギリとは?

 ダージリン・アッサムと並ぶインド3大紅茶の一つであるニルギリは現地の言葉で「青い山脈」を意味し、南インドのアラビア海寄りに走るニルギリ山脈の丘陵地帯にあるタミルナード州標高1700m〜2000m前後の地味豊かな高地で生産されます。
 青い山脈の豊富な滋養分に恵まれ、スロープ、崖、高原、隅のあらゆる生産可能な場所に茶園が広がり、25000ヘクタールの茶園で、年間5万6000トンの生産量を誇ります。
 マイルドでオーソドックスです。北の産地で作られるダージリンやアッサムに比べると、個性が弱いお茶といえます。


  こんな特徴を生かして、ブレンドにも多く用いられます。日本茶にたとえると、番茶やほうじ茶のような感じといえます。
 産地に近い南インド一帯では、インド全域でポピュラーなミルクティーよりも、ショウガと砂糖を加えたものが多く飲まれています。
 風味にクセがないので、どんな食べ物にもマッチしやすく、TPOも選びません。
 透明感のある鮮やかなオレンジ色の水色が美しく、ハーブやフルーツを加えたアレンジティー、アイスティーにも適しています。
 上質紅茶の親しみやすい香気と伸びやかな美味しさ、輝くようなオレンジ色の水色は他の紅茶には無い魅力なっています。
上質のニルギリはかすかにバラの香りがします。
●ニルギリ
1 ニルギリとは?
2 ニルギリは利用方法が幅広い
3 ニルギリの歴史
【おいしい紅茶の種類】
●ダージリン      ●アッサム        ●ニルギリ      ●ウバ 
●ヌワラエリヤ    ●アールグレイ      ●キャンディ 
●ティンブラ      ●キーマン        ●ルフナ 
●ジャワ        ●ラプサンスーチョン   ●ケニア

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔