健康情報館 >  >> 東京モーターショー2007 エコカーはメーカーを救うのか?

東京モーターショー2007 エコカーはメーカーを救うのか?

[10/30終了]常陸ポーク[旨]豚生姜焼300g【1円スタート】【大量】
 第40回東京モーターショーが2007年10月26日から11月11日までの17日間、千葉市の幕張メッセで開催される。トヨタや日産、ホンダをはじめ、国内外の自動車メーカーや部品メーカー約240社が参加し、520台の車両を展示する。主催の日本自動車工業会によると、そのうちの71台が世界初公開となるという。9月に開かれた欧州最大規模のフランクフルトモーターショーでは、低公害型ディーゼルエンジン車やハイブリッドカー、燃料電池車で環境技術を競ったが、「東京」もそれを踏襲しているようだ。トヨタや日産などはそれらに加えて、若者向けのコンセプトカーを出展し、低迷する国内の販売市場を刺激する。若者向けコンセプトカーやエコカーは、自動車メーカーを救うのだろうか。
最新健康情報は・・・健康ランキング




■「環境」と「若者」がキーワード

 華やかな「東京モーターショー」が10月26日から開幕する。出展される車両をみると、「環境」と「若者」がキーワードのようだ。

 トヨタは会社をあげて「環境」に取り組む。ハイブリッドカーの販売は言うに及ばず、たとえば生産工場への部品輸送をとっても、トラック輸送を控えて専用貨物列車「TOYOTA LONG PASS EXPRESS」を増便するなど、環境への配慮を徹底する。ある個人投資家は「トヨタのうまさというか、強さは徹底的にやること」と感心する。

 東京モーターショーでは、「レクサス」ハイブリッドを初公開するほか、炭素繊維強化プラスティックを採用した軽量カー「1/X」(エックス分の1)や、健康をテーマにした「RiN」を出展する...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔